Wiki内検索
メニュー
最近更新したページ
最新コメント
タグ
カテゴリー
アクセス数

最新コメント

オススメ低レアカード

オススメ低レアライダー

基本ステータスやスキル、必殺値が比較的高いN、R(LR、SRの再録を含む)のライダーを記載する。そのため、ここに記載するライダーは以下の条件を3つ以上満たしているN、Rのライダーとする。条件を5つ以上満たしている場合はライダー名を太字、本文を赤文字(携帯からでは太字が表示されない為)で表示する。
  • 専用システムを持っている。
  • アビリティ持ちのライダーである。
  • 攻撃、防御、体力いずれかの数値が550以上である。
  • 基本ステータス(攻撃、防御、体力)の合計が1400以上である。
  • 必殺技の数値が2300以上である。
  • AP上昇スキル持ちである。
  • スキル合計値+250(万能スキルなら+200)以上持ちである。
  • ベストパートナーに属している。
  • 純粋なスロット合計値が430以上である
  • 純粋なスロットの下限値が60以上である。
  • コウエイタイプがガードヲカタメロ、アイテヲヨクミロ、アイテヲブットバセのどれかである。
※スキル系の条件の場合、下の条件も守られているものとする。
  1. 相手同調スキルではない
  2. 敵をマイナスするスキルは自分プラス、敵をプラスするスキルは自分マイナスとして計算する
  3. APは10ポイントを100換算する


第1弾

  • 1-003R 仮面ライダーキバ ガルルフォーム
    速属性。防御べスパ持ち。なにより味方同調属性スキルが発動すれば属性効果と合わせてAP+30というAP補正持ちカードの開祖にふさわしい強力なAP補正を持つ。必殺技威力も及第点。そして、上記条件を5つ満たしているのはもはや説明不要の強さを持っていると言っていいだろう。欠点は、キバ全体に言えることだがSPカードによるキバ専用のメタがあるということ。
  • 1-009R 仮面ライダーキバ ドガバキフォーム
    力属性。属性効果込み実質総合力は同弾の1-001LR仮面ライダーキバ キバフォームと互角以上。必殺も2400と高く、スロットも安定。スキルも良好であり、今の目で見てもSRクラスと遜色ない実力を秘める。後衛には備考以外では高値になってしまうが、4弾SR仮面ライダーディケイドや7弾LRシャドームーン辺りを持っていれば組み合わせたい。
  • 1-011R 仮面ライダーキバ エンペラーフォーム
    技属性。高レア再録を除き、必殺技のその威力は2500と未だRカード中最高であり、更に必殺べスパ持ちなので威力が更に上げられる。他の能力もソツなく揃えているので下手なLRより強い。欠点はライダースキルが後衛型だということ。だが キバメタのSPサガの影響を受けにくいという考え方もあるので一概に欠点とは言えない点も。
  • 1-018R 仮面ライダー電王 ロッドフォーム
    技属性。防御ベスパ。後衛発動スキル、高い体力から後衛向きだが、必殺技がSR相当のため、ベストパートナーと組めば前衛でも闘える。
  • 1-020N 仮面ライダー電王 アックスフォーム
    力属性。体力が非常に高く、ライダースキルにより、ノーマルカード離れした守備強化を施す1枚。攻撃・防御の低さもあって完全な後衛向き。第3弾までははその抜群の安定感から低レアデッキで多用されていた縁の下の力持ちのカードである。欠点は作戦が「サポートハマカセロ」、バラけた相性適性だということだが、元より相性に期待できない低レアカードの補強には未だ有効。スキルを無効にするスペシャルカードを使用すれば適性相性の悪さも長所に変わる。
  • 1-021R 仮面ライダー電王 アックスフォーム
    力属性。攻撃べスパ持ちで体力が600と高め。一応前衛発動スキルだが、増加量は100と抑え目。前衛で使用すると紙防御という欠点が気になるので、後衛として使ってもOK。
  • 1-028R 仮面ライダー新1号
    技属性。必殺べスパにして守備をがっちり固める高体力とライダースキルにより、総合力強化に一役買ってくれる。攻撃以外はSR版新1号と対等なので、低い攻撃を補う手段さえ用意できれば前衛でも戦える。
  • 1-035R 仮面ライダーBLACK
    速属性。必殺べスパかつ高い体力で、スキルで防御を高めるため総合力強化に一役買ってくれる。…と、上記の1-028R 新1号と類似した特徴を持つ。防御の上昇幅では劣るが、属性と後衛作戦「ガードヲカタメロ」により使い分けできる範疇にある。何気に必殺以外の基礎ステータスは高いため前衛においてもそこそこ使える。

第2弾

  • 2-002R 仮面ライダーディケイド
    技属性。味方との同調スキルだが、スキルで防御が上がり、体力も550、さらに防御べスパに入っていて作戦もアイテヲヨクミロとRながらなかなか高水準な一枚。前衛に置こうとする場合、防御はべスパで補えるため、必殺をあげられるスキルを持っているカードと組ませても良い。余談だが、カードバトル大戦では第4弾の大会にて決勝戦の相手がこのカードをカメンライドさせ(4-016カブトライダーフォーム)、後衛に1-018Rロッドフォームを置くという、低レアのみで構成されたデッキで挑んでくる。
  • 2-025R 仮面ライダーキバ ドガバキフォーム
    力属性。元の数値とスキルにより、単体で体力800という低レア離れした数値を叩き出してくれる。防御が低いのが難点だが、体力にモノを言わせて強引に乗り切ることも不可能ではない。
  • 2-026R 仮面ライダーキバ エンペラーフォーム
    技属性。50が1つしかない安定したスロットに2300の必殺技。前衛に置けば無条件に攻撃があがる。防御と必殺には適正が各2振られているので後は後衛を吟味すればかなり高いレベルでバランスが取れる。と、Rカードとしては高水準であるほか、現在だから解かるが、何気にキバは低レアは優遇されているのが解かる1枚。

第3弾


第4弾

  • 4-020R 仮面ライダーカイザ
    力属性。高体力のヨクミロ、後衛向けスキルと後衛向け。スキル込みなら体力700となるので、体力充填に定評がある。さらに必殺べスパ所属である。
  • 4-030R 仮面ライダーナイト
    速属性。防御が伸ばせる後衛向けスキル、高体力、アイテヲヨクミロと完全な後衛型。
  • 4-039R 仮面ライダー電王 ソードフォーム
    速属性。攻撃が低めだがスキルと相性のおかげで伸びやすい。体力は充分なので防御とR相応の必殺値を伸ばせれば、強力なカードになりうる。
  • 4-049N 仮面ライダーイクサ バーストモード
    技属性。キバ限定ではあるが、攻撃を激増させる後衛スキルを持つ。上昇した攻撃を活かす後衛作戦「アイテヲブットバセ」と、高めの体力でサポートは万全。キバでさえあればパートナーは選ばないが、ダブルアタックの関係上ガルル・ドガバキ・エンペラーの3フォームから選ぶのが得策か。

第5弾

  • 5-010R 仮面ライダーディエンド
    力属性。能力値・必殺技共に見所はないが、必殺べスパ、更に作戦・スキルから後衛向き。スロットも50が1つしかないので安定している隠れた良カード。唯、後衛には別候補として1-028R 仮面ライダー新1号というライバルがいる。ゲキレツアイコンと後衛作戦、体力と防御どちらを重視するかで使い分けよう。
  • 5-021R 仮面ライダーアギト グランドフォーム
    技属性。どこでも無条件でAPを増やすスキルが強力。必殺ベスパだが、ヒッサツは低いので後衛で使うと吉。
  • 5-024R 仮面ライダーナイト
    技属性。4-030Rと同じスキル。しかも、体力が増えたのでさらに後衛向きになった。しかし、属性と相性適正がやや変化したので、どちらを使うかは前衛と相談するべきである。
  • 5-035R 仮面ライダーブレイド キングフォーム
    力属性。能力合計値1500に攻撃べスパで攻撃は1000に到達できる。後衛時はアイテヲブットバセで威力の底上げをしてくれる。欠点はスキル発動がしにくいということ。後衛でどう補うか等の課題を克服出来るかが鍵。

第6弾

  • 6-005N 仮面ライダーW ヒートメタル
    力属性。アイテヲヨクミロの後衛作戦と550のタイリョクを持つカード。相性適性がコウゲキに2振られているのでコウゲキも上がりやすい。後衛向けのカードではあるが、地味にステータスの合計値が1400ある。
  • 6-011N 仮面ライダーディケイド コンプリートフォーム
    速属性。ノーマルカードでありながら、スロット合計430ありゲキレツ値が100のスロットあり。さらにヒッサツの高さが2400とSR並みの能力を持つ。APもスキル込みで20上がる。
  • 6-049R 仮面ライダーネガ電王
    技属性。2-035SRの再録。もちろんその強力さもSR相応で上記条件を6つ満たせるほど。前衛向きスキルは相手同調だが、発動すればかなり強力。

第7弾

  • 7-011R 仮面ライダーW ヒートトリガー
    速属性。低レアとしてはやや高めで安定した火力を持つ。耐久面はそれなりなので補強を。なお、後衛スキル持ちだが、スキルの内容とステータスを鑑みるに前衛で使うのが正しい。
  • 7-048N 仮面ライダーガタック ライダーフォーム
    力属性。属性効果もあいまって攻撃は高く、後衛を力属性にすることで+20という強めのAP補正を得られるためスロット面に不安はない。耐久面・必殺技威力が少しずつ足りないので、そこを後衛・SPで補強したい。

第8弾

  • 8-003R 仮面ライダーW ファングジョーカー
    技属性。前衛に置けば無条件に攻撃が強化される。必殺は少し威力が足りないが、相性も攻撃と必殺に2振られているので攻撃面は補いやすい。50がないスロット持ちなので安定して戦える。カードで補助してやればスロット負けがほぼ無くなる。能力値も平均で悪くは無く、防御面を強化出来れば十分。
  • 8-009R 仮面ライダーW サイクロンジョーカー
    技属性。合計値1450だが、攻撃が550とやや高い。スロットも50が無く60から80が各2つあるスロットなので安定して戦える。更に相手と属性が同じならAPを20も下げられると、条件を5つ満たせる程の隠れたカードであったのだが、01からメモリチェンジ廃止になってしまったので4つになってしまった。欠点がW全般に言えるが、W専用のメタがSPカードにあるということ。
  • 8-030R 仮面ライダーアギト トリニティフォーム
    力属性。同調スキルが発動すれば下手なSRより強くなれるのが売り。更にスロット下限値が60が3つと安定しているうえ、上位必殺技を見れるのが嬉しい。それ以外はレアリティがRらしいところのみで欠点らしい欠点が無い。後衛には8弾SRシャドームーンや6弾SR仮面ライダーディケイドを持ってこれれると○。
  • 8-038R 仮面ライダー電王 ライナーフォーム
    速属性。能力値が低いが、体力550に作戦がアイテヲヨクミロ。スロットも60か80のみで速属性から安定はしやすい。スキルは相手同調型ながら、発動すると合計800となる体力は後衛としては中々のレベル。P-102NEW電王と合わせれば体力1600までと下手なLR同士の組み合わせより増加する。防御の低さはSPカードのテディで補おう。
  • 8-040R 仮面ライダーキバ バッシャーフォーム
    速属性。体力が高い。しかも相手との同調が必要だが、スキルでAPと体力がさらにのびる。コウゲキとヒッサツが伸びやすい相性を持つ。前衛後衛どちらでも使用可能なオールラウンダー。
  • 8-045R 仮面ライダーディエンド
    力属性。上記キババッシャーまでとは言わないが、こちらは後衛におくだけで+200。計750上がる。

第9弾

  • 9-005N 仮面ライダーW サイクロンメタル
    力属性。素の状態で防御600、スキル込みで800まで伸びる上にスペシャルカードでさらに伸びる余地のある驚異のカード。体力もそれなりにあるので耐久面では低レア屈指のスペックを持つ。反面、必殺技威力はともかく攻撃が悲惨極まりないレベルなので、火力をサポートアタックで補ったり、W必殺技を前提とした試合展開を組むなど何らかの対策を講じる必要がある。後衛使用も可能ではあるが、003-049N ダークカブトがいる現在では後衛に置くのは厳しいか。
  • 9-012N 仮面ライダーW ルナメタル
    力属性。ステータス合計値1500の重量型で、耐久寄りのバランスだが属性効果込みなら通常火力も問題なし。重量型特有の必殺技威力の低さが難点。
  • 9-013R 仮面ライダーアクセル
    技属性。Rでの体力べスパが珍しく、相手依存だがスキルが発動するとコウゲキが700に達し、守りも堅くなれる。唯、スロットに50が2つあるのが難点。
  • 9-016R モモタロス
    技属性。ステータス合計1500と50のないスロットを併せ持つが、随所にピーキーな面があるので長所を活かしたプレイングを必要とするキワモノ。防御350・90のないスロット・Rなのに3しかない相性適性と難点は多いが、長所は長所でSR級なので使いこなせればデカい戦果も夢ではない。
  • 9-017N モモタロス
    技属性。こちらもステータス合計1550にして体力600という優秀なステータスを持ち、上記のR版と同じく50のないスロットを併せ持つ優れたスペックを持つ。R版と異なりピーキーさは鳴りを潜めているので、扱いやすさではこちらが上。相手同調型のスキルは難点だが、発動すれば体力を削るため現行環境では侮れない。前衛使用にも耐えられるが、その場合は必殺技威力を補強したい。
  • 9-023N 仮面ライダースーパー1 スーパーハンド
    技属性。攻撃が高く、能力値合計も1500と高い。スロットも50が1つとやや安定。ライダースキルも相手との属性さえ合えば場所を選ばず使える。欠点は防御と必殺の低さとバラけた相性である。
  • 9-028N 仮面ライダーファイズ アクセルフォーム
    速属性。最高値が80だが50が無いスロットに能力合計値1400。防御こそ低いがSPカードで補えるうえ、上位必殺技も見れる。後衛に置けば、味方属性同調スキルで相手のAPを下げられるうえ、アイテヲヨクミロ持ちと前衛も後衛もそつなくこなせる。
  • 9-031N 仮面ライダーカブト ライダーフォーム
    力属性。ただでさえ高いコウゲキが、さらに属性とスキルでコウゲキが850まで伸びる前衛型。しかも、相性でもコウゲキが伸びやすい。他のステータスを補強してもよし、さらにコウゲキを伸ばしてもよし。
  • 9-042R 仮面ライダーディケイド コンプリートフォーム
    技属性。ゲキレツのキック以外すべて銃、50が無いという特徴的なスロットを持ち、味方と属性が同じならAPを底上げできる。
  • 9-047N 仮面ライダーダークカブト ライダーフォーム
    速属性。ノーマルカードにして攻撃・防御・体力の合計が全カード最高かつ驚異の1650というステータス重量型第1位を誇り、スロットも90こそないものの50がなく、60も1つしかないうえ、速属性という超安定型という強みを持つ。欠点は必殺技の数値が逆第1位と言っても良い程の低さなうえ、スキルがライダー同調のため、まず発動しないということ。
  • 9-045N 仮面ライダークウガ ライジングアルティメット (レッドアイ)
    技属性。体力が600と高く、後衛に置けば単体で750まで上がる。能力値合計も計1600という高いステータスを持つが必殺がNらしく弱いので強化出来れば前衛でも使える。
  • 9-052N 仮面ライダーBLACK RX
    技属性。体力が高く、後衛に置けば750まで上がるうえ、ガードヲカタメロ持ちから後衛向け。

第10弾

  • 10-007N 仮面ライダーW ルナトリガー
    速属性。スキルが同じ6弾SR版の廉価仕様といった印象を持たれやすいが、能力バランスが再調整されたことで元のカードより優秀になっている不思議なカード。ステータス合計1400・体力550・スロット下限60と基準ギリギリでの掲載ではあるが、速属性Wのスターターとしては低レア随一のスペックを持つ。難点はレアリティ故の必殺技威力の弱さ。
  • 10-012R 仮面ライダーアクセルトライアル
    力属性。アクセルトライアルとしては珍しい攻撃型。弱点は使いにくいスキルか。
  • 10-015N 仮面ライダーアクセル
    力属性。総ステータス1500、属性を含めれば攻撃700、万能型AP上昇スキルを持つとNカードとは思えないカード。ただし必殺技数値は圧倒的に低いので使用時にはカバーを。

第11弾

  • 11-014N 仮面ライダーアクセルトライアル
    力属性。攻撃が高く、前衛に置けば無条件でAPが増加。更に50が無く、70が半分を占める安定したスロットを持つ。防御は少し低いが、相性で十分補える。必殺が低いのが欠点。
  • 11-018N 仮面ライダーアギト バーニングフォーム
    力属性。攻撃と体力が高く、前衛に出せば必殺も100だが上がる。スロットは60〜80が2つずつある珍しい構成。欠点は防御が低いこと。防御や必殺技威力を補ってバランスを整えるか、高めの攻撃を引き上げるかは迷い所。
  • 11-030R 仮面ライダーディエンド コンプリートフォーム
    力属性。防御が600と高く、相性も防御寄りの高防御デッキ向けカード。スキルも仲間属性同調なので発動させやすい。体力が若干少ないのが難点か。
  • 11-035N ネガタロス
    力属性。基礎ステータス合計1550というステータス重量型。スキルが対イマジン限定発動という難点を抱えるが、配置は問わない上に550という高めの体力もあるため後衛使用もイケる。やはり低レア故の必殺技威力がネックだが、攻撃600+100(属性効果)と平常火力が高いため、比較的マシな部類か。
  • 11-036R 仮面ライダークウガ ドラゴンフォーム
    速属性。高めの体力を軸にバランス良くステータスが設定されており、相対的に低めの火力もちょっと補強するだけで問題解消する程度と、中々扱いやすい。スキルは仲間属性同調型だが配置を問わないため、カード資産のないビギナーにも優しい。唯一の難点は、同業者の少ない棒アイコン持ちのため、ダブルアタックを狙い辛いことだったが01弾より解消。使い勝手が上昇した。
  • 11-047R 仮面ライダーNEW電王ストライクフォーム
    力属性。電王と組むと前衛後衛関わらず攻撃が伸び、相性もコウゲキが伸びやすいので攻撃型電王と組むと良い。前衛で使ってもSR並のヒッサツと属性効果でコウゲキが伸びる。電王とのコンビにふさわしい一枚。
  • 11-053R 仮面ライダーディケイド 激情態
    技属性。必殺がRで2400と下手なSRより高く、前衛に置けば必殺とAPが増加する。欠点は体力が前衛で使用すると更に低くなってしまうこと。

001弾

  • 001-002R 仮面ライダーオーズ タトバコンボ
    超速属性。50が無いスロットに速属性で安定するうえ、味方属性同調スキルで防御があがる。コンボチェンジで様々な柔軟な対応も出来るのも強み。欠点は超属性で有利不利が激しいということである。
  • 001-023N 仮面ライダーエターナル
    力属性。守備重視のステータス重量型で、万能スキル持ちなので後衛でもフルスペックで活躍できる。スロットも4つが70で占められているため安定性は高い。難点は前衛配置時の火力の低さ。攻撃は属性・相性でフォローできるので、必殺技威力の補填に集中しよう。
  • 001-037R 仮面ライダーキバ キバフォーム
    力属性。属性と味方同調スキルでコウゲキが高めになる。スロットも安定している。万能スキルでしかも、体力も高いので前衛後衛どちらで使っても良い。ただし、前衛で使う場合は、相性で伸びやすいが、それでもヒッサツが不安なのでそれを補強できるカードを後衛にすると良い。

002弾

  • 002-028R 仮面ライダーX
    技属性。後衛をV3にすることで攻撃が800まで伸びる。守備に若干不安を抱えるので、相性適性を活かせるV3と組ませよう。固有名指定ではあるが、V3は002弾以降再び排出されているので今からでも入手が容易なのもポイント。

003弾

  • 003-003R 仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ
    技属性。技属性の仲間を使用するだけで前衛、後衛に関わらず攻防をプラスできるスキルが魅力。ステータスと必殺もRなりに安定しているが、最大の弱点は補うのが難しい90が3つ、50が3つという極端すぎるスロット。後衛作戦もサポートハマカセロなので、こちらを前衛に置き、後衛スキルでAPをあげるようにすると吉。
  • 003-004N 仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ
    速属性。レアリティがNだが合計値1500。無条件で防御強化。速属性でAPが上がるのでスロットも安定している。攻撃が550と高く相性適正で攻撃に多く振られているので組み合わせと結果しだいで攻撃がなんと1300にも達することも可能。条件を4つ満たせるその強さは、CPUむずかしいを撲殺することすらも出来る可能性を秘めている。欠点は必殺の数値が低いということ。
  • 003-023R 仮面ライダーギャレン
    超技属性。防御ベスパで後衛のときに味方同調でコウゲキがスキルを持つので攻防どちらも底上げできるうえ、前衛との同調スキルを意識しなければ超属性も気にならないナイスな後衛。
  • 003-034R 仮面ライダーブレイド
    力属性。コウゲキベスパで中々の性能を持っているので控えめの防御を補える力属性の後衛がいたら、前衛でも使える。もちろん、体力の高さと後衛でも発動するスキルを生かし、後衛で使っても良い。
  • 003-044N 仮面ライダーW ファングジョーカー
    速属性。安定したスロット、高めの体力、後衛スキルと完全な後衛型。
  • 003-054R シャドームーン
    超力属性。体力が600あり、合計値1400。防御べスパ持ちだが、無条件スキルもあいまって防御が更に高くなる。欠点は超属性ということ位である。

004弾

  • 004-012R 仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ
    速属性。此方はレアだが、体力べスパ持ち、基礎ステータス・仲間同調スキルで高い攻撃を確保出来る。速属性なのでスロットも安定する。特殊必殺技を見れるのも評価。しかも何気に条件を4つ満たせる程の実力を持つ。比較的新しめなので入手はしやすいはず。欠点は怖ろしいまでのピーキーなスロットである。
  • 004-016N 仮面ライダーバース
    超力属性。基本ステータスは並みだが、AP強化スキルを持っていて、さらにNにもかかわらず相性適正の合計値はR相当の4でありそれも自身の低い攻防を補えるものとなっていて、なかなか強力なカード。ただし、素のスロットに50が二つあるため注意は必要。超属性だということも忘れてはいけない。
  • 004-021R 仮面ライダーカリス
    超力属性。攻撃はやや高い程度だが、攻撃べスパ持ちで超力属性。更に力属性の仕様が強化変更された事が幸いし、べスパ属性込みで攻撃が1050から1250までと急激に上がる。味方と属性が同じならスキルで防御も上がるので攻守面は中々のものとなる。スロットも50が1つのみ、90が2つあるとそれなりの安定さはある。その反面、体力と必殺面が伸びないのでこれを補えれば十分強い。LRギャレンやLRバースと組めば足りない防御が補えてかつベスパ。後は超属性という不安定さであろう。
  • 004-027R スカイライダー
    超速属性。高い体力を特徴とし、スキル発動時は攻撃も650まで伸びる。前衛使用時は防御が若干低いことと超属性であることが気になるので、どちらかと言えば後衛向きか。
  • 004-040N 仮面ライダーキバ ガルルフォーム
    速属性。体力550、後衛作戦は「アイテヲブットバセ」、スキルも後衛にするとAP上昇するので完全に後衛にするのにふさわしい1枚。低レアなので簡単に手に入る、はず。
  • 004-041R 仮面ライダーW サイクロンジョーカー・ハードボイルダー
    技属性。高めの攻撃を軸にソツなく揃ったステータスによる安定感がウリ。スキルが相手属性同調なのが難点だが、配置は指定されていないので後衛でも戦える。難点は後衛作戦「サポートハマカセロ」くらいか。
  • 004-044N 仮面ライダースカル・スカルボイルダー
    力属性。高い体力に加え、攻撃を高めるスキル・適性と後衛作戦「アイテヲブットバセ」の噛み合いは良く、取り回しは良好。
  • 004-046N 仮面ライダースカルクリスタル
    技属性。全ステータス500超えにして万能スキル持ち。やはりステータス重量型お約束の必殺技威力の低さが難点となる。

005弾

  • 005-032N 仮面ライダーファイズ
    超速属性。ソツのないステータスに60のないスロットが光る。スキルも無条件発動、後衛作戦「アイテヲブットバセ」といった要素から後衛でも活躍できる。前衛時は超属性であることにだけ注意。
  • 005-036R 仮面ライダー響鬼 紅
    技属性。無条件スキルに高めの体力、50のないスロットと安定感のあるスペックを持つ。唯一難点となりうるのは、スロットの2/3が60で占められている点だが、裏を返せば「AP補正の効果が出やすい」ということでもある。
  • 005-054R ショッカーライダー No.1
    超速属性。必殺ベスパを持ち速属性なので最低スロット70は確保出来る。スキルも無条件発動だが、前衛で使うと防御が300であることに注意。
  • 005-027R ライダーマン
    速属性。650という高い体力と後衛作戦ガードヲカタメロで守りを固め、無条件後衛スキルでAPを底上げできる。

006弾

  • 006-010R 仮面ライダーオーズ シャウタコンボ
    技属性。90〜60しか出ないそのスロットは前弾SRより安定しているためメダル廃止される新1弾以降はコンボチェンジで劇中技を見るためにもお呼びがかかるか。後衛作戦もガードヲカタメロと上々。
  • 006-019R 仮面ライダーキックホッパー
    力属性。防御ベスパで合計1550のステータスと、600の高体力を持つ。欠点は基礎値が低い上、相性でも上がりづらい必殺技威力。
  • 006-022R 仮面ライダーパンチホッパー
    技属性。キックホッパーと同様の防御ベスパと高ステータスに加え、前衛時には相手のAPを減少させるスキルも持つ。キックホッパー同様に必殺技威力の低さが弱点。
  • 006-041R 仮面ライダーキバ エンペラーフォーム
    超速属性。必殺ベストパートナーに属し、50の無いスロットと超速属性で安定したAPが期待できる。高体力+アイテヲヨクミロなので後衛の方が適任。

01


02


03


04


05

  • 05-015R 仮面ライダーメテオ・マシンメテオスター
    アビリティ持ち・高い攻撃値・合計ステータス1450・体力ベスパ・穴の無いスロット&超速属性というスペックの高さだけでなく、相手同調ながらSR級のスキルも兼ね備えた強力な一枚。防御の薄さを補うことが出来れば存分に活躍してくれる。

  • 05-018R 仮面ライダーメテオストーム
    超技属性。攻防共に補うスキルによって、ギャラクシー&高い防御値をより生かすことが出来る。体力は低いものの相性値は体力に多く振られている為、体力寄りな後衛で補いたいところ。必殺技の威力も中々高い。

  • 05-030N 仮面ライダーブレイド
  • 05-031N 仮面ライダーギャレン
  • 05-032N 仮面ライダーカリス
    上記3枚のカードは「アビリティ持ち」「ステータスのいずれかの数値が550以上」「基本ステータス合計が1400以上」「ベスパ所属」、四つの項目をクリアしたカードである。それだけではなく、ブレイドはサポートがガードヲカタメロ、ギャレンはAP上昇スキル持ちでサポートがアイテヲヨクミロ、カリスにはスロットに50が無いと全員が5つ以上の項目をクリアしているかなり優秀なカード。また相性値が全て同じでSR相当の数値なのでこの3枚をスキャンするだけでもNカードで組んだチームとは思えないほど優秀なステータスを有する(ファンブック05号を参照)。

  • 05-046R 仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ
    技属性。後衛指定なものの、高い体力とSR級のスキル&体力ベスパでバランス良くステータスを補ってくれる。後衛作戦とベスパ持ちという点から、ブレイカーとしての運用が妥当か。


ジャンボカードダス



プロモーションカード

  • P-006N 仮面ライダーキバ エンペラーフォーム
    技属性。通称「セブンエンペラー」。万能スキルで無条件に必殺以外が+100強化。何より凄まじいのは必殺技が2700という、6弾までLR最上位タイ(3-014剣KF)、現在でも第3位に入る程の高さという点。欠点はプロモカード故に現在は入手困難という点。但し、かなりの数が出回ったためかオークションやショップでは安価で見つかる可能性はある。
  • P-021N 仮面ライダーディケイド
    技属性。なんと、SRである3-001SRの再録である。スキルは相手同調型だが、発動させれば強力なのは間違いなし。ベストパートナーが豊富な体力ベスパなため、時にはLRを凌ぐ性能になりうる一枚。
  • P-033N 仮面ライダーW サイクロンジョーカー
    技属性。ヒッサツ、基本ステータス、スロット、相性は平凡なNと変わりないが、特筆すべきはLRとまったく同じスキルにある。スキルでコウゲキとヒッサツが200も伸びるので、弱点の防御面を強化できる後衛が欲しいところ。
  • P-055N スーパータッグカード(仮面ライダーW CJ&仮面ライダーディケイド)
    技属性。Nとは思えないほどの高ステータス(特に必殺が2500)を誇るカード。スペシャルカードでさらに伸ばせるので文句なしである。
  • P-094N 仮面ライダーW ファングジョーカー
    力属性。通称「マックファング」。Nなのに2650というLR級のヒッサツを持つ。しかもスキルでAPを補強できる。弱点は防御、体力なのでここを克服すれば、実力を充分に発揮できる。
  • P-095N 仮面ライダーW サイクロンジョーカー
    技属性。8-008SRの再録。後衛向き味方同調スキルで、相手を大きく弱体化できる。体力も高いため後衛としては文句なし。必殺ベスパと、なんと条件を7つ満たせる。SR相当のステータスなので前衛で使っても強い。
  • P-102N 仮面ライダーNEW 電王ストライクフォーム
    速属性。別名「Nの皮を被ったLR」。スキル以外がLRと同じであるため、高い必殺威力、合計値、スロット値、体力、相性適正を持つ。上記5つを満たせるその強さはまさに「Nの皮を被ったLR」である。欠点はやはり、プロモゆえに普通には手に入りづらいこと。だが、劇場配布故かなりの数が出回ったので、ショップでは安価で見かけることが多い。
  • P-125N 仮面ライダーオーズ タトバコンボ
    技属性。体力600・必殺技威力2300と強力なカタログスペックを持ち、残った攻撃・防御に加えAPも前衛スキルで強化できる。加えて相性適性も合計4あるため、最終的にはSR級のカードに匹敵するデッキも構築可能。なお、「仮面ライダーオーズ フィッシュソーセージ」に付属のカード全てが同じ前衛スキルを持つため、程度の差こそあれ同商品のカードは全て本ページに記載可能なレベルであることを付記する。
  • P-145N 仮面ライダーオーズ タトバコンボ
    超技属性。2300の必殺威力を誇り、その必殺威力は仲間同調スキルで2450に上がる。さらに合計値430のスロット。そして必殺ベスパ持ちとNながらSRの他のタトバコンボにも引けはとらない。欠点はやはり超属性ということで有利不利がより激しいことだがそこは基本コンボらしく専用システムを生かそう。ガタキリバの存在や、ベスパグループから、必殺威力に依存した戦い方をすると良いかもしれない。プロモカードなので現在は入手困難だが、ショップなどで見かけたら手に入れておくといいだろう。
  • P-177N 仮面ライダーオーズ サゴーゾコンボ
    超力属性。別名「セブンサゴーゾ」。下位技だが2300の必殺威力に合計値430のスロット、さらに必殺ベスパ持ちとNながらSR級の強さを持つ。欠点は超属性ということで有利不利がより激しく、前衛ではスキルが発動しないということ。プロモカードなので現在は入手困難ということ。だがそれを余りある強さなうえ、スペシャルカードやコンボチェンジで十分に補える。
  • P-186N仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ
    速属性。50が無く、70が半分を占めるスロットに演出持ちの必殺技。更にタジャドルチャンスで強化も出来る。
  • P-191N仮面ライダーオーズ タトバコンボ
    技属性。ステータス合計値1400に低めの防御を補うスキル、さらに必殺べスパ持ちとただのPカードとしてはかなりの性能を持っている。さすがに必殺威力は大したことはないが、必殺べスパなので補うのは容易でコンボチェンジもあるので、初心者におすすめのカード。
  • P-192N仮面ライダーバース
    力属性。ステータス合計値1400に必殺べスパ持ち。体力が550あり、スロットの下限値も60であるため、後衛として高い性能を持っている。上記のP-191オーズと肩を並べる初心者におすすめのカード。
  • P-193N 仮面ライダーオーズ タトバコンボ/人造人間キカイダー
    超技属性。上記の条件を5つ満たした強力カード。(004弾まではオーズタトバコンボだったのでコンボチェンジも出来たため6つであった。)スキルは効果も低いが無条件で発動でき、ステータスと必殺威力、スロットはSRクラスでベストパートナーも持っている、と最初期のSRと同じ実力を持っている。004弾ではスキルの条件が厳しいがコンボチェンジを使えるということが、005弾からはスキルが無条件型に変化して 稼動すぐに高ステータスのキカイダーを使用できるという利点がある・・どころか 01アナウンス時点でも正式参戦の発表がないので 現在キカイダーを使うにはこのカードしかないという点でも価値が高い。欠点はどちらにも共通して超属性なため不安定だということ。
  • P-211N 仮面ライダーオーズ・プトティラコンボ
    超技属性。必殺威力はSR級であり体力も600と非常に高い。超属性による有利不利が激しいこととスロットの半分が50という凄まじいピーキーである欠点がある。組み合わせ次第でもLRとも対等に戦える隠れた良カード。
  • PR-049N 仮面ライダーオーズ タトバコンボ
    超技属性。001弾のCPカードの再録なので上記の条件を5つもクリアーしている。しかも高い必殺技を生かしやすい超技属性、低めのコウゲキ・ボウギョも伸びやすい相性、そしてセンコウを取り易いAP上昇スキル、と初心者にも非常に扱いやすいオールラウンダーである。
  • PR-051N 仮面ライダーメテオ
    技属性。通称「セブンメテオ」。べスパ持ちではないものの必殺が2600と高く、仲間も技にすることで2750、更にスロットも合計値430と優秀。

関連商品付属カード                                           

  • T-024N 仮面ライダーアギト グランドフォーム
    技属性。後衛に置くだけで体力が800まで増加出来る。
  • T-026N 仮面ライダーブレイド キングフォーム
    力属性。後衛と同じ属性なら防御が強化。必殺も2300、能力合計値も1500、特に防御はライダースキルと相性適性値に恵まれた結果、組み合わせ次第でレアリティにそぐわない固さになれる。とてもNカード相当のレアリティとは思えないハイスペックを誇る隠れた強カード。
  • T-027N 仮面ライダーゼロノス アルタイルフォーム
    速属性。後衛スキルで体力を大きく伸ばせるため、体力に不安のある前衛にオススメ。
  • T-053N 仮面ライダーディケイド コンプリートフォーム
    技属性。能力値こそ平凡だが、無条件でAP以外が全て100ずつ上昇するスキル。前衛は勿論、後衛でも使える。DXケータッチ付属なのであまり持ってる人が居ない、これを失くすとケータッチが使えないなどの理由からあまり使われないが、バンダイに電話すれば予備のカードを送ってもらえる。
  • T-057N 仮面ライダー電王 ライナーフォーム
    速属性。レジェンドライダーソフビ初回限定カード。前衛に置くだけで攻撃と必殺が200も上がり、能力値が合計1500、必殺2400とSRクラスの性能を持つ。欠点は攻撃力と体力が低く、スロット合計は400しかないこと(速の効果で410)、限定なので現在は入手不可能ということ。
  • T-081N 仮面ライダーオーズ タトバコンボ
    技属性。オーメダルセット01付属。ノーマルカードながら、2400とSRクラスの必殺威力を持ち、スキルで攻防を100、APを10強化出来る。欠点はスロットの合計値がノーマル標準値を下回る合計410(420)しかないということ。
2013年11月07日(木) 17:35:43 Modified by ID:TPYzDDxLMA




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。