Wiki内検索
メニュー
最近更新したページ
最新コメント
タグ
カテゴリー
アクセス数

最新コメント

ショッカーライダー No.1


第2弾

2-036☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 300ボウギョ 500タイリョク 600
ヒッサツワザ指ミサイル2600
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキルホープ改造人間ゼンエイのとき あいてのアタックポイント-20
スロット 100 80 70 60 50 70
相性◎=防御ベスパ相性適性(攻0,防3,体2,必0)
備考コウゲキは全カード中ワースト1位タイ、相性適正値も耐久面に全振りな為、どう補強するか方針を決める必要がある。
01より3人で組めるようになった上に防御ベスパに所属しているため、パートナー候補は存外に豊富で困らない。4ラウンド勝負を見越した長期戦であれば、このカードを指定するスキルを持つ4-059N ショッカーライダーNo.5SR753。長所を限界まで伸ばせる001-001LR オーズタトバC。必殺を上げつつ攻撃を補強してくれる7-025LR シャドームーンや体力の相性値に着目して10-019SR ディケイド激情態11-020LR 響鬼紅。バランスを考慮するなら6-023LR 電王LF005-026SR ライダーマンが後衛候補で挙がる。
また、2on2時代は非現実的だった、火力に重点を置いた構成も01なら実現できる。この場合、後衛には005-039LR NEW電王SF004-020SR カリスを組ませるといい。AP差が10になってしまうが、攻撃900・防御1200・必殺3100と実戦レベルで戦えるまでに補強される上にべスパチームで更に敵の防御を-200してくれる。05弾では05-019LR 斬鬼が登場し、火力を上げ相性が完全に噛み合う相方も得た。更には06弾で06-015LR 轟鬼が登場。こちらも相性が完全に噛み合い、元の体力600に加え、ライダースキルで必殺威力とチームタイリョクを容易に補強する事が可能となった。
強力な同業者である8-021LR ファイズAFとは属性と耐久で差別化を図りたい。幸い10弾以降の属性効果変更により、技属性ならではの「ゲキレツ1発程度なら必殺技を出せるだけのRPを確保できる」というメリットが明確になったので、差別化には成功している。
実戦では技属性定番メタ003-060SP ケルベロスIIの他、7-056SRSP イカデビルに注意。今でこそ20程度のAP補正を持つデッキは少なくないが、それでも相手がコーヒー電王あたりを仕込んでいるようなら警戒しておきたい。

第3弾

3-044
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 350タイリョク 450
ヒッサツワザ指ミサイル2100
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル悪魔のライダーゼンエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと あいてのコウゲキ-100
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体2,必0)
備考ステータスもスロット配列もスキルも2-036と大きくタイプが異なる。条件が付き、APを下げられなくなったスキルがショッカーライダーの生命線だった「ホープ改造人間」に比べるとどうしても見劣りする。一応自身の低いボウギョをサポートすることのできる能力なのだが…。しかしこのカード以外ショッカーライダーはどれもコウゲキが350以下しかないので、他のNショッカーライダーに比べれば前衛としては強い。それでもどんぐりの背比べレベルだが。

第4弾

4-058
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザ指ミサイル1800
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキル裏切り者抹殺命令あいてが新1号のとき あいてのボウギョ-200
スロット 80 80 70 70 60 60
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体2,必0)
備考スロットは80〜60の数値で固められたバランス型。総ステータスや必殺技威力が3-044にも劣るため、相手前衛が新1号の時は後衛に置くのがベター。某モビルスーツを髣髴させるイラストは非常に格好いい。

第5弾

5-052
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 350タイリョク 600
ヒッサツワザ指ミサイル1500
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキル地下組織の力コウエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと あいてのアタックポイント-10
スロット 90 80 70 60 50 70
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体1,必0)
備考コウゲキ・ボウギョ・必殺技威力が最低クラスで前衛で使うのはもはや拷問の域。後衛向きのスキルを持ち、タイリョクは高めなので後衛に置こう。相手との属性一致なので発動させづらいものの、一応汎用性があるスキルにかなり多い体力を考えると4-058Nよりはまだ使えるか。イラストは原作再現風で描かれており、手にゲルショッカー首領の正体を収めたテープのトランクを持っている。

005弾

005-054☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザ指ミサイル2200
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル人間の心など必要ないゼンエイのときコウゲキ・ひっさつ+150 ボウギョ-100
スロット 90 80 70 60 60 60
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻0,防1,体0,必3)
備考ゲキレツアイコンは蹴なので注意。だが蹴になったことにより1号などのライダーとダブルキックを撃てるようになった。50のないスロットに加え、スキル込みなら2350に達する必殺技威力が魅力。これまで難点だった攻撃の低さも解消している。SR版以外ロクに戦えなかったショッカーライダー勢としてはまさに福音だろう。
唯一の弱点は、スキルを発動するとボウギョが300に下がる点。ボウギョの重要性が下がった昨今とはいえこれはちょっと危険なので、後衛でフォローしたいところ。おあつらえ向きに4-059N ショッカーライダーNo.5があるので、1〜2年越しのショッカーライダーデッキ復活には持ってこいである。また、初登場以来久々のベスパ持ちであり、しかも高レア昭和ライダーに多い必殺ベスパ。そのため同弾の新1号等と組ませると正真正銘の『正義と偽者のベストパートナー』が誕生する。
3on3になってからはネックであった防御の低さも比較的容易にカバーする事が可能となった。相性を意識するならお馴染みの002弾と、06弾から新たに登場したストロンガーチャージアップを置く事で必殺3050、体力1850、攻撃950、防御1100と実戦でも十分に戦えるステータスを確保する事が出来る。しかし真のショッカーライダーファンなら、是非とも新1号、新2号を引き連れたい所(?)。上記の新1号に加え、01弾新2号、06弾新2号の登場により、念願の正義と偽者3人ベストパートナーが完成する。ただしどちらも防御面においてはかなり厳しいモノがある為、AP効果で早々にケリをつけるスタイルとなる。当然その際は7-056SRSP イカデビルなどのカウンターSPに注意しよう。
06弾現在、未だに新カードが登場しないショッカーライダーではあるが、幸いパートナーには困らない為、運用次第では現在でも十二分に戦えるポテンシャルを秘めている。元祖ダークライダーの意地を見せつけてやろう。

ジャンボカードダス

J-031
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 350タイリョク 450
ヒッサツワザ指ミサイル2100
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル悪魔のライダーゼンエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと あいてのコウゲキ-100
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体2,必0)
備考タッグファイリングシート第2弾に収録。バーコードは3-044の再録で、J-032 ショッカーライダー No.5とのセット。



ガンバライドデータ
声:不明
武器:無し
必殺技:指ミサイル
下位技:無し
専用システム:無し

原作設定
登場作品:仮面ライダー
人間名:?(ゲルショッカーのホープ怪人)

ゲルショッカーがライダーの設計図を基に作り出した仮面ライダーの同型の改造人間。仮面ライダー新1号に成りすまし、アンチショッカー同盟の壊滅を目的に悪事の限りを尽くした。
2012年08月12日(日) 20:06:32 Modified by ID:Y0+uI2LAjA




スマートフォン版で見る