Wiki内検索
メニュー
最近更新したページ
最新コメント
タグ
カテゴリー
アクセス数

最新コメント

メモリチェンジ

メモリチェンジは7弾から登場した仮面ライダーWの劇中でのメモリチェンジを再現した専用システムで、ゼンエイが仮面ライダーWのときのみ使用可能。

ライダーアビリティ「メモリチェンジ」とは別物。1度のバトルで両方の使用はできないのでどちらかを選択することになる。

本編ではファングジョーカーから他のフォームや、他のフォームからファングジョーカーにはチェンジできない設定だがガンバライドではできる。
またサイクロンジョーカー以外からサイクロンジョーカーエクストリームにもチェンジできない設定だが、ガンバライドではできる。

「仮面ライダーW サイクロンジョーカー」扱いになったスーパータッグカードも、チェンジに使用可能。

使い方

1.ゼンエイがWの時、サクセンフェイズで緑ボタンを押しカードスキャン画面を開く。
2.ゼンエイとは別のフォームのWのカードをスキャンすると完了。上がったステータスが表示される。 (コウエイと同じフォームのカードはスキャンできない。)


メモリチェンジの効果

  • 姿と必殺技とスロットアイコンは使ったカードの物になる。
  • 使ったカードのフォームによって2つの効果が発動する(下記の表を参照)


【メモリチェンジ効果(05以降)】
サイクロンジョーカーAP+10属性効果2倍
サイクロンメタル次のラウンドのみAP+20 次のラウンドのみボウギョ+400
サイクロントリガー次のラウンドのみAP+20次のラウンドのみひっさつ+400
ヒートジョーカー次のラウンドのみコウゲキ+400次のラウンドのみ属性効果3倍
ヒートメタルコウゲキ+200ボウギョ+200
ヒートトリガー次のラウンドのみコウゲキ+400次のラウンドのみひっさつ+400
ルナジョーカーチームタイリョク+250次のラウンドのみ属性効果3倍
ルナメタルチームタイリョク+250次のラウンドのみボウギョ+400
ルナトリガー1ラウンドごとにチームタイリョク+120ひっさつ+200
ファングジョーカー1ラウンドごとに相手チームから体力を80奪う次のラウンドのみ属性効果3倍
サイクロンジョーカーエクストリーム1ラウンドごとにライドパワーがたまりやすくなる次のラウンドのみ相手の属性効果封印
サイクロンジョーカーゴールドエクストリーム1ラウンドごとにライドパワーがたまりやすくなる次のラウンドのみ相手の属性効果封印

【メモリチェンジ効果(006まで)】
サイクロンジョーカーAP+10 属性効果2倍
サイクロンメタル 次のラウンドのみAP+20次のラウンドのみボウギョ+300
サイクロントリガー 次のラウンドのみAP+20 次のラウンドのみ必殺+300
ヒートジョーカー 次のラウンドのみコウゲキ+300次のラウンドのみ属性効果3倍
ヒートメタル コウゲキ+150ボウギョ+150
ヒートトリガー 次のラウンドのみコウゲキ+300次のラウンドのみ必殺+300
ルナジョーカー1ラウンドのみチームタイリョク+200 次のラウンドのみ属性効果3倍
ルナメタル1ラウンドのみチームタイリョク+200 次のラウンドのみボウギョ+300
ルナトリガー1ラウンドごとにチームタイリョク+80 必殺+150
ファングジョーカー 1ラウンドごとに相手チームから体力を60奪う次のラウンドのみ属性効果3倍
サイクロンジョーカーエクストリームエクストリームチャンス
サイクロンジョーカーゴールドエクストリームエクストリームチャンス

第10弾移行の際の修正は以下の通り。
対象フォーム修正前修正後
サイクロンメタル防御+400防御+300
サイクロントリガー必殺+400必殺+300
ヒートジョーカー攻撃+400攻撃+300
ヒートメタル攻撃・防御+200攻撃:防御+150
ヒートトリガー攻撃・必殺+400攻撃・必殺+300
ルナジョーカー体力+250体力+200
ルナメタル体力+250・防御+400体力+200・防御+300
ルナトリガー必殺+200必殺+150
ファングジョーカー属性効果4倍属性効果3倍

劇中でいう「相性」のいいメモリの組み合わせ(サイクロンジョーカー、ヒートメタル、ルナトリガー)は上記の効果がメモリチェンジ後永続で発揮され、「相性」の悪いメモリの組み合わせは次の1ラウンドだけより強力に適用される。

つまり基本フォームに位置づけられる3フォーム(CJ、HM、LT)は安定して能力を発揮でき、その他応用形態に位置付けられる6フォーム(CM、CT、HJ、HT、LJ、LM)は能力が発揮されるまでに1ターンのタイムラグがある上に効力も長続きしないが得られる力は大きい、という事になる。

ファングジョーカーは特殊で、1ラウンドごとに相手のチーム体力-60(自チームの体力+60)、次の1ラウンドのみ属性効果3倍となる。ファング側の効力は恒常的に発生するが、ジョーカー側の効果は応用形態と同様に1ターンで切れるため注意が必要。

006弾まではサイクロンジョーカーエクストリームはエクストリームチャンス発動。例外的にサイクロンジョーカーエクストリームで戦闘開始した場合でも、戦闘開始直後にエクストリームチャンスは発動する。ただしこの場合、メモリチェンジで他のフォームに切り替えると、エクストリームチャンスで得たボーナスは消失するので注意。
01でエクストリームチャンスはメモリチェンジ共々廃止されてしまったが05で復活しなかったため、サイクロンジョーカーエクストリームは効果が変更になった。その際の「1ラウンドごとにライドパワーがたまりやすくなる」の効果は、攻撃成功時&ラウンド開始時にライドパワーが+9加算される。

尚、フォームチェンジ時にはダブルドライバーのカットインが入る。

【注意】
  • ライダーアビリティ「メモリチェンジ」を使うとこちらのメモリチェンジは使えなくなる。
    • ラウンド2で専用システムのメモリチェンジをせずライダーアビリティのメモリチェンジが発動した場合、次のラウンドでは専用システムのメモリチェンジは選択できない。
  • 後衛に同一フォームのWが居る場合、そのカードはスキャン出来ない。
    • 例:前衛にW HM、後衛にLT→メモリチェンジで前衛のHMはLTにはチェンジ出来ない
  • メモリチェンジに使うカード、元のカード共にレアリティは関係しない(NのHMとSRのHMでは効果は変わらず攻撃&防御+150)。
  • メモリチェンジを行った場合、スロットアイコンと必殺技はメモリチェンジに使用したカードのもの(ただしメモリチェンジでアップした分を除いた必殺技の素の威力はメモリチェンジ前と同じ)になる。
  • 006弾までは上記に加えスロット数値も変更されていた。
  • メモリチェンジ前と同一フォームにメモリチェンジは不可。ただし、メモリの片方だけでも違えばメモリチェンジ可能。CPU戦でメモリチェンジ後にEXステージに突入した場合、フォーム名と必殺技、スロットのみ持ち越した状態でバトルが開始される。基礎ステータスや属性、ライダースキルはメモリチェンジ前のものがそのまま維持される。なお、メモリチェンジで得たボーナスはEXステージに持ち越されず、新たにメモリチェンジを行うことが可能であり、1戦目のメモリチェンジ前の形態に戻すこともできる。
  • 何らかの方法で属性効果を倍増した場合、属性効果は加算ではなく乗算される
    • 例:ファングジョーカーにチェンジ+SPスーパー1 … AP+10×3×2=次のラウンドのみAP+60
  • メモリチェンジによる属性効果の倍加はいわゆる属性ボーナスのみが対象である。属性の相性関係によるダメージ補正等には影響しない。
    • 参考:力属性「コウゲキ+100」、技属性「ライドパワー増加量+3」、速属性「AP+10」が2倍3倍になるのであって、仮に有利な属性関係(技属性→速属性等)で攻撃、200ダメージ通っていたと仮定して、メモリチェンジ後同一条件の攻撃を行った場合200からさらにダメージが増加するというわけではない。
2016年07月26日(火) 22:09:22 Modified by ID:BpmTsnBxfA

添付ファイル一覧(全5件)
702ada3d47c2b154.jpg (15.00KB)
Uploaded by ID:3OZYR0TLYw 2009年10月07日(水) 02:49:05
aa4d46723469fdfb.jpg (13.86KB)
Uploaded by ID:3OZYR0TLYw 2009年10月07日(水) 02:49:05
855524d7d4a3b916.jpg (13.39KB)
Uploaded by ID:3OZYR0TLYw 2009年10月07日(水) 02:49:05
72b4f1084b0963b0.jpg (16.29KB)
Uploaded by ID:3OZYR0TLYw 2009年10月07日(水) 02:49:05
701ac1f56a098870.jpg (14.68KB)
Uploaded by ID:3OZYR0TLYw 2009年10月07日(水) 02:49:05



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。