Wiki内検索
メニュー
最近更新したページ
最新コメント
タグ
カテゴリー
アクセス数

最新コメント

仮面ライダーW サイクロンジョーカーエクストリーム




第10弾

10-001☆☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザプリズムトルネード2600
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル輝く!閃光の雄姿ゼンエイのとき タイリョク+300 ヒッサツ+200
スロット 100 100 70 60 60 50
相性◎=攻撃ベスパ相性適性(攻3,防1,体2,必0)
備考申し分のない必殺値を持ち、基礎ステータスこそ若干控えめだが、前衛に置くだけで体力と必殺威力が激増するスキルを持つため防御以外は高水準でまとまる。防御適正1のおかげで防御補強もある程度行えるため割とオールラウンダー。
弱点は攻防の基礎ステータスの低さだが、攻撃ベスパなので攻撃面を補う事は容易い。残る防御を補う為にもパートナーは8-053SR 影月6-023LR 電王LF02-001LR フォーゼESなどから選びたい。劇中の相棒フォームである10-008SR WFJも有効である。後はテディ等でカバーしていこう。クレイドールへのメタ対策としてマシンハードボイルダーを使うことで差し引き120のRPが残る為、お互いの防御が手薄になった状態でこちらも必殺技を使える。先に攻撃出来れば相手の鼻をへし折ってやることも可能だ。
また、技属性メタであるケルベロスのAP-30対策としては仮面ライダーWCAXが欲しいが、それ以外ならAP増強ができる006-021LR パンチホッパー006-011SR オーズタマシーCと組ませて補おう。
01弾から固有システムが廃止され以前ほどの強さはなくなったが、防御以外のステータスを底上げできる強力なダチ01-001LR フォーゼBSが登場。03からは相性がきっちり噛み合う上に与ダメージ増強&アビリティ発動による追加効果も期待できる03-008SR メテオも登場した。
10-002☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザプリズムスライサー2300
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキル全ての記憶を合わせてコウエイのとき なかまのコウゲキ・ひっさつ+200
スロット 100 90 80 60 50 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体2,必2)
備考8-005SR アクセルと似たスキルを持つ。あちらは耐えて必殺で逆転と言う戦法なら、こちらは火力重視のスキル。べスパはいないが、必殺適性が高いのでどちらかといえば必殺番長デッキ向けか。スロットが若干不安定なのは頭が痛いところ。前衛に置くなら属性で解決なのだが、前線に置くにはあまりにも攻防が低い。相性でも補強が難しく、必殺も下位技なので素直に後ろに回し、スロットはパートナーに任せよう。05のメモリチェンジシステム復活に伴い、これら下位技持ちカードでメモリチェンジ→トリプルライダーキックを行えるようになった。CJXへのメモリチェンジボーナスのおかげで他の下位技持ちWよりRPを確保しやすいのが利点。
10-003☆☆
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 350タイリョク 450
ヒッサツワザエクストリームストームキック2200
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル光の剣、光の盾あいてとゾクセイがおなじだと ひっさつ・チームタイリョク+100
スロット 90 90 70 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体2,必1)
備考前衛に出すには防御が薄く、後衛にしても体力450とそれほど高くはないという何とも中途半端なカード。スキルも相手同調で(位置は問わない)、元の体力が高くないこともあって上昇値も物足りないのが現状。
10-004
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 500タイリョク 550
ヒッサツワザエクストリームストームブロウ1800
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル究極のダブルなかまとゾクセイがおなじだと ひっさつ+150
スロット 90 80 70 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体2,必0)
備考Nにして全ステータス500以上という、驚異のステータス重量型。今回も☆1のインフレ傾向は続くようだ。
唯一の泣き所は、重量型特有の必殺技威力の低さ。体力が多い上にスキルに配置指定がないため、後衛としても良い働きができる(後衛作戦の関係上ブレイカーに置くべきか)。
さらに下位技が故にトリプルキックも可能…といいたい所だが、Wの天敵クレイドールエクストリームでRP50を奪われてしまうので発動するチャンスは少ない。技属性なので ライドパワー増強SPを駆使してダブルアタック+オイウチが出てくれれば何とか発動できる可能性があるのは救いだが、他のステータス重量型と比べるとやはりキツイ。
10-065チャンスカード
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 450
ヒッサツワザプリズムスライサー2050
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル光の奔流ゼンエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと あいてのひっさつ-300
スロット 90 90 70 70 50 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考キャンペーンカードの一枚。05から復活したメモリチェンジでは効果が変更されたことにより超技属性である001-075 000HKからこのカードでメモリチェンジすることでトリプルライダーキックを放ちやすくなる利点もある。
ステータスはT-076と同じで、必殺技演出とスキルが異なる。必殺技は同弾SRと同じ下位技。スキルは他カードからの流用ではなくこのカード独自のもので、相手の必殺を大きく下げるという中々の物だが条件が厳しめ。防御、体力共に高くはないので後衛でカバーしよう。

第11弾

11-001☆☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザプリズムトルネード2700
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル闇を払う激光コウゲキ・ボウギョ・ひっさつ・チームタイリョク すべて+100
スロット 100 100 70 70 50 50
相性◎=体力ベスパ相性適性(攻1,防2,体3,必0)
備考スキル込みで体力以外は10-001LRと同等以上になる。後衛でも力を発揮でき、ケータッチCFの強化版と言えるカード。しかも後衛向け技属性がほとんどいなかった体力ベスパであったため、11-020LR 響鬼紅と並び、技属性体力デッキに重宝される1枚である。
スロットは100・70・50が2つずつとやや不安定。同弾のSPカード11-066SP ガイアメモリなどを使えば相手のAPを下げつつ攻撃も強化できる。また前弾LRと違い無条件スキル持ちなので、後衛に置けばクレイドールエクストリームの脅威に怯えなくてもいいのも嬉しい。原作繋がりの006-045SR アクセルブースターを加え、AP補強する事でケルベロスにも対抗でき、守備面も相性ボーナスで固められるので技属性CJXらしい必殺番長スタイルに磨きがかかる。
11-002☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザプリズムスライサー2200
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル究極への飛翔ゼンエイのとき アタックポイント+10
スロット 90 90 70 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体0,必2)
備考ステータス合計値は1300と少々頼りないものの、スロットはスキル発動によりレアながら100の数値を確保出来るのが嬉しい。
11-003
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 450
ヒッサツワザエクストリームストームキック1800
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル過激な二人ゼンエイのとき コウゲキ・ボウギョ+100 チームタイリョク-100
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体1,必0)
備考前衛に置くだけで攻撃と防御が上がるのは魅力的だが、ただでさえ低い体力が更に削られるのは痛い所。また、必殺技の威力が低いので使うならこちらも補う必要がある。
11-004
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 350タイリョク 450
ヒッサツワザエクストリームストームブロウ2000
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキルオレたちの街は、オレたちが守るなかまとゾクセイがおなじだと チームタイリョク+150
スロット 90 80 70 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考仲間との属性同調で体力を強化出来るが元の体力は低め。スキルは位置を指定しないので前衛で使用して、後衛で補えるか。

002弾

002-041
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザプリズムスライサー1950
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル街を照らす光明コウエイのときなかまとゾクセイがおなじだと なかまのひっさつ+200
スロット 80 80 80 60 60 60
相性◎=なし相性適性(攻1,防2,体0,必0)
備考11-002と比べてもあまりステータスは変わらないが、必殺威力がかなり下がってしまった。後衛指定スキルなので素直に後衛に置こう。

004弾

004-042☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザプリズムトルネード2200
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル想像の上を行く二人ゼンエイのときなかまとゾクセイがおなじだとコウゲキ+200
スロット 90 80 90 60 50 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体2,必1)
備考スキルも合わせれば能力バランスがよいので先発使用も悪くない。その場合、防御は後衛で補うべき。今までのWCJXのRよりはずいぶんと扱いやすいだろう。

006弾

006-044
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザプリズムトルネード2000
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル地球とひとつにゼンエイのとき ひっさつ+100
スロット 90 90 80 60 50 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考Nとしては高めの必殺はスキルと相性で伸ばすことができる。これを活かして相手より先に必殺技を撃ちたい所。50が2つあるスロットや低めの防御は後衛でフォローしたい。

05

05-044☆☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 550
ヒッサツワザダブルプリズムエクストリーム2800
サポートアイテヲブットバセ
ライダーアビリティメモリチェンジ
ライダースキル最後の…変身!ひっさつ+350 アタックポイント+20
スロット 100 100 70 60 60 50
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻2,防0,体1,必3)
備考アビリティ実装記念にW48話で披露した劇中必殺技を引き下げLRに返り咲き。目を見張るのは7-001LR WCJをも越える3人目の2800の必殺威力。スキルと相性もフル活用すれば04-043SR ディケイドCFに匹敵する威力に跳ね上がり、かつ安定スロットにAP補正が加わり、必殺番長として申し分無い性能を発揮する。特に超技属性という点が非常に大きく、前衛時はクレイドールエクストリームに対してマシンハードボイルダーを使うか、仮面ライダーコアを使用して超属性効果とダブルアタックをそれぞれ1回発動すればぎりぎり差し引き103〜104が。仮面ライダーインペラーを使用し、ダブルアタック1回+タイフーンを発動させれば差し引き150のライドパワーが残る為、お互いの防御が手薄になった状態でこちらも必殺技を使える。問題は上記SRディケイドCF同様、素のステータスが低いままという点。幸い基本ステータスを底上げする必殺ベスパは多いので、デッキ志向に合わせて選ぶといいだろう。手薄な防御を補強するために攻撃の適正を無視する場合、アビリティが死に技能になるが致し方ない所でもある。
相性は必殺ベスパの攻撃2。となると前記のクレイドールエクストリーム対策のために03-051SR 新1号を入れるのがオススメ。また、体力適正1なので定番の01-012LR アギトShFを後衛に置きスキルで上がらない他ステータスを上げるのもいい。
スキル名は48話にて、翔太郎とフィリップが文字通り「最後の変身」をする際に叫んだ台詞から。
なお、筐体によっては05のCPU戦(いつもの・スペシャルバトル問わず)でこのカードをメモリチェンジで使用した後にシングル(チーム)必殺を撃とうとすると、2回目のボタンチャレンジ(エクストリームマキシマムドライブ演出)でフリーズするバグがある。このカードでメモリチェンジした後は、絶対に必殺技を撃たないように。CJXのメモリチェンジボーナスにはライドパワーが溜まりやすくなる効果があり、多少不利な状況でも必殺技が撃てる確率が高いので注意しよう。また、順次修正されているみたいなので場所によっては起こらない場合もある。

06

06-039☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザダブルプリズムエクストリーム2350
サポートアイテヲブットバセ
ライダーアビリティメモリチェンジ
ライダースキル永遠の相棒なかまとゾクセイがおなじだとコウゲキ・ひっさつ・チームタイリョク+150
スロット 100 90 60 70 60 50
相性◎=攻撃ベスパ相性適性(攻3,防2,体0,必0)
備考順調にSR落ち。CJGXを除けば初の上位技持ちSRとなった。LR版との相違点は速属性への変更と、追加攻撃アビリティと相性の良い攻撃ベスパであること。防御適性2でもあり、攻3防2のベスパ系と組ませれば攻防をキッチリ固める事が可能。撲殺面を追及するならお馴染みの03-008SR メテオで連続カンストダメージを狙うか、守備面を03-020LR 装甲響鬼で補強したりと、様々なデッキ構想を生み出せるのも利点。必殺面に重きを置いた構成の多かったCJXだが、やはりネックとなるクレイドールエクストリームを打開する為にも、影響の少ない撲殺面に磨きを掛けられるのは一筋の光明ともいえるだろう。スキル名はW48話タイトル「残されたU/永遠の相棒」から。
なお、前弾で発生していたフリーズバグだが、筐体を問わず今弾で完全に修正されている模様。

ジャンボカードダス

J-081☆☆
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 350タイリョク 450
ヒッサツワザエクストリームストームキック2200
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル光の剣、光の盾あいてとゾクセイがおなじだと ひっさつ・チームタイリョク+100
スロット 90 90 70 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体2,必1)
備考タッグファイリングシート第6弾に収録。バーコードは10-003の再録で、J-082 仮面ライダーオーズ タトバコンボとのセット。

プロモーションカード

P-105
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 400タイリョク 450
ヒッサツワザエクストリームストームキック1900
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル地球全ての知識あいてとゾクセイがおなじだと アタックポイント+10
スロット 90 90 70 70 50 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体0,必2)
備考「テレビマガジン2010年7月号」に付属のカード。
P-107
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 450
ヒッサツワザエクストリームストームブロウ2100
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル地球(ほし)の記憶、己の掟コウエイのとき なかまのボウギョ+150
スロット 80 70 60 80 70 60
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体1,必1)
備考2010年7月発売のガンバライドチョコスナック第2弾に付いてくるプロモーションカード。P-108とは違い新規バーコード。タバック加工されているが☆一つ。80→70→60の並びが2回続き、50も無い安定したスロットを持っている。
P-108
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 400タイリョク 450
ヒッサツワザエクストリームストームキック1900
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル地球全ての知識あいてとゾクセイがおなじだと アタックポイント+10
スロット 90 90 70 70 50 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体0,必2)
備考2010年7月発売のガンバライドチョコスナック第2弾に付いてくるプロモーションカード。バーコードはP-105の再録。
P-120
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 500タイリョク 400
ヒッサツワザエクストリームストームブロウ2000
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル検索開始あいてとゾクセイがおなじだと あいてのひっさつ-150
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防0,体1,必2)
備考2010年7月3日〜4日開催「『劇場版 仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』公開記念カードバトル試写会 エントリーバトル」の参加記念品として配布されたカード。裏面のエンブレムは通常のライダーズクレストではなく、映画タイトルロゴが描かれている。
P-121
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 400タイリョク 450
ヒッサツワザプリズムトルネード2200
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル過激な二人ゼンエイのとき コウゲキ・ボウギョ+100 チームタイリョク-100
スロット 70 70 70 70 70 70
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体1,必0)
備考隠れた名カード?2010年7月30日〜8月10日にサッポロファクトリーで開催された「ガンバライド&ダイスオー ヒーローカードクエスト 札幌大会」および2010年8月7日〜15日にさいたまスーパーアリーナで開催された「仮面ライダーワールド2010超バイク大戦」にて配布されたカード。ヒーローカードクエストではダイスオーのプロモーションカード「P-035 ゴセイナイト」も同時に配布され、この2枚はつなぎ絵になっている。
このカードのスロット数値は全てが70で、属性効果を含めると80になる。「どこのスロットを止めても必ず80になるカード」とこれはある意味すごい。さらにSR 新サイクロン号(SR 新2号 新サイクロン号でもOK)を後衛に置き、さきほどの条件を満たすと「どこのスロットを止めても必ず120になるカード」になる。さらにさらに、少し条件が厳しいが相手が力属性の場合、003-011 オーズ ガタキリバC、速属性なら01-049 キックホッパーを後衛に置こう。ガタキリバCかキックホッパーのスキル効果でAPが+30上がり「どこのスロットを止めても必ず130になるカード」に!''
前例のないスロットのためか市場価格が高騰しており、過去弾のLRより高値で取引されることすらあるので注意。
さらに基礎ステータスが1200と圧倒的に低く、さらに元から少ない体力をさらに削ってしまうスキルのせいでそのままでの活躍は見込めない。なので前衛として使うならSRディケイド 激情態や体力向上に結構役立つ8-045R ディエンドなどの万能型スキルor体力アップ系スキルを持っているライダーを後衛に。
P-122
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 450
ヒッサツワザエクストリームストームキック1800
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル過激な二人ゼンエイのとき コウゲキ・ボウギョ+100 チームタイリョク-100
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体1,必0)
備考劇場版「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」公開記念として開催される「東京メトロスタンプラリー2010夏」の達成賞景品。バーコードは11-003の再録。裏面のエンブレムは通常のライダーズクレストではなく、映画タイトルロゴが描かれている。
P-123
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザプリズムトルネード2000
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル究極のダブルなかまとゾクセイがおなじだと ひっさつ+150
スロット 90 80 80 70 50 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体0,必1)
備考2010年8月7日公開の映画「劇場版 仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」の入場者特典として貰えるプロモーションカード。裏面のエンブレムは通常のライダーズクレストではなく、映画タイトルロゴが描かれている。
P-121同様に上位技であるプリズムトルネード持ち。P-121と比べて必殺技は劣るが基礎ステータスは高い。イラスト上はダブルエクストリームの絵柄である。
P-139
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 450
ヒッサツワザエクストリームストームキック1800
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル過激な二人ゼンエイのとき コウゲキ・ボウギョ+100 チームタイリョク-100
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体1,必0)
備考ガンバライドチョコスナック 第3弾に封入。バーコードは11-003の再録。イラスト上はダブルエクストリームの際にエクストリームメモリを開くシーン。

関連商品付属カード

T-076
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 450
ヒッサツワザプリズムトルネード (第9弾ではジョーカーサイクロンキック)2050
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル地球全ての知識あいてとゾクセイがおなじだと アタックポイント+10
スロット 90 90 70 70 50 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考ライダーヒーローシリーズW06 仮面ライダーWCJX初回生産付属カード。スキャン時、9弾ではWCJ、10弾以降はWCJXが登場。なお、9弾時点でのゲキレツアイコンは「蹴」なので注意。ステータスのバランスこそとれているが、相手依存のスキルもあってCJとしてもCJXとしてもパッとしない。
T-079
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 550タイリョク 450
ヒッサツワザプリズムスライサー1700
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル究極への飛翔ゼンエイのとき アタックポイント+10
スロット 80 80 60 80 60 60
相性◎=なし相性適性(攻2,防1,体0,必0)
備考「仮面ライダーバトル ガンバライド オフシシャルバインダー 第6弾 ―新たなる力、サイクロンジョーカーエクストリーム―」付属カード。80と60のみのスロットは速属性効果とスキルによりAP+20されて二分の一の確率で100か80のどちらかが出るという超安定型。さらにエクストリームチャンスでサイクロン・ジョーカーを出せば後衛ライダーに一切頼らずAP100〜120を実現できた。基本ステータス合計も1500と筺体排出分Nカード同様高い。ゆえにメモリチェンジ用というより先発向きなのだが、いかんせん必殺威力があまりに低い。属性効果を封印しても90か70のスロットに安定するので、11-069SP 仮面ライダーグレイブで必殺+600するのがベターか。
T-080
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザプリズムトルネード2100
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル超多色発光剣ゼンエイのとき チームタイリョク+100
スロット 80 70 70 70 70 60
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体1,必1)
備考セブンイレブン限定ポケットファイルに付属のカード。
AP70・90で下位技のT-079かAP80確約でプリズムトルネード持ちのP-121か、スロットの腕やデッキコンセプトに合わせよう。
TOY-013
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザプリズムトルネード2000
サポートアイテヲヨクミロ
ライダースキル地球とひとつにゼンエイのとき ひっさつ+100
スロット 90 90 80 60 50 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考タッグファイリングシート第9弾に収録。バーコードは006-044の再録で、TOY-014 仮面ライダーアクセルブースターとのセット。




ガンバライドデータ
声:桐山漣 菅田将暉
武器:プリズムソード(片手剣)
必殺技:ダブルプリズムエクストリーム プリズムトルネード
下位技:プリズムスライサー エクストリームストームキック エクストリームストームブロウ
専用システム:メモリチェンジ(01以前はエクストリームチャンス)
ライダーアビリティ:メモリチェンジ

原作設定
登場作品:仮面ライダーW
武器:プリズムビッカー
必殺技:ビッカーチャージブレイク ダブルエクストリーム他
人間名:左翔太郎(演:桐山漣)&フィリップ(演:菅田将暉)

仮面ライダーWがエクストリームメモリを使って変身したサイクロンジョーカーの強化形態でWの最強形態。
従来のフォームとは違い左翔太郎とフィリップの精神と肉体が一体となった形態である。
地球が持つ全ての記憶にアクセスする能力を持っており、ドーパントの性質や癖を把握し、常に優位性を保ったまま戦闘することが可能となっている。また、相手のメモリの力を無効化する事すら可能。
2012年07月27日(金) 09:02:16 Modified by ID:zkhTeMdXpw

添付ファイル一覧(全1件)
e4829643.gif (120B)
Uploaded by ID:C48AU4c8+A 2010年07月20日(火) 09:43:23



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。