Wiki内検索
メニュー
最近更新したページ
最新コメント
タグ
カテゴリー
アクセス数

最新コメント

仮面ライダーキバ キバフォーム



第1弾

1-001☆☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 600
ヒッサツワザダークネスムーンブレイク2500
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル秘められた魔皇力ゼンエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと タイリョク+150
スロット 100 100 60 70 60 50
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻1,防0,体2,必3)
備考バランスの良いステータスとスロットだが攻防が低くなりがち。1弾ではレアリティ相当の強さを誇ったカードだが、登場が早かったことが災いし後続カードのステータスインフレや万能型スキルの増加、8-061SP 仮面ライダーサガの登場により、単体としての活躍は窮地に立たされている。しかし、どうなろうとキバ勢でも数少ないLRである事実は変わらないので何としても使いこなしたい。
有望な後衛は、やはり必殺べスパでも有数の実力を持つ7-001LR WCJ002-027LR Xか。どちらも痒いところに手が届く文字通りのベストパートナーであり、最終ステータスはトータルバランスに優れる。また、10-016LR スカルを後衛に置くと、このカードの長所である体力・必殺威力に特化したデッキになる。弱点の攻防は放置なので、5-057SP 仮面ライダーX(マーキュリー回路)002-060SP ゼクターで生存率と火力を引き上げておきたいところ。
そして、006-059SPSR キバ飛翔態の登場でこのカードにも光が当たる可能性が出てきた。2ラウンド限定だが006-024LR ダークキバ以上の弱体化を相手に施しつつ、キバ限定の効果で必殺威力も強化される。SPサガと相討ちになってもキバ自身のスキルは元から貧弱で、問題となっていた後衛ライダーのスキル分も飛翔態の効果でほぼ取り返すことができる。
01稼動後は味方同調スキルの発動条件緩和や体力の重要性アップにより、体力を上げるスキルが見直され、トータルバランスの高さがさらに活きる形となった。現在は一部のシステムが復活し、06にてとうとう超技属性のキバフォームが登場したことでお役御免の状況となったが、カメンライド素材としては差別化が出来る為、全く使えない訳ではない。
1-002
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 300タイリョク 500
ヒッサツワザブラッディーパンチ2000
コウエイガンガンセメロ
ライダースキルヘルズゲート解放コウエイのとき なかまのコウゲキ+150
スロット 90 70 60 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体2,必0)
備考3弾までは前衛スキャン時にスキップすると登場したのがコレ。スキップ時の後衛1-017N 電王SFとの相性は△、どちらのスキルも発動しないという泣ける性能。前後逆なら両方のスキルと電王のSR並みの必殺でそこそこましなチームになったのだが…。
4弾からは一応ベスパ持ちの2-002R ディケイド、第7弾からはやはりベスパ持ちの6-003R Wサイクロンジョーカー、001弾からはベスパを失ったがコンボチェンジのできるP-156N オーズタトバコンボがスキップ時に登場。このカードと比べればチョイスは改善されている。
なおこのカード、スロットの合計値が400とダントツに低く、当時は優秀だったスキルも今では地味。残念だがお払い箱としか言いようがない。…が、下位技は筐体排出分ではこのカード一枚のみなので トリプルキックを狙いたい場合はこのカードしかない。P-002のほうがいくらかマシなステータスなのでもし持っていればそちらを使おう。
HGギャラリー平成ライダーセレクション前編のデータタグにも同一バーコードのデータタグあり。

第2弾


2-019☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 550
ヒッサツワザダークネスムーンブレイク2200
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル天才の遺伝子ゼンエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと コウゲキ+200
スロット 90 80 60 80 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体2,必0)
備考必殺技をダークネスムーンブレイクにし、カードの性能的には前衛向きになった1-002の強化版という感じ。前衛で使うときは後衛は技属性&防御強化がお勧めだが、中でも強力なのが4-049 イクサBMとのコンビ。相性ボーナスでボウギョが+150、タイリョクが+250補強され、互いのライダースキルでコウゲキも+450と強力に。RとNの組み合わせながら並のSR以上の性能を発揮する。必殺R平均程度なのでSPはお馴染み5-057SP マーキュリー回路がお勧め。001弾よりベルトランプルーレットが廃止されたが安定して使えるオススメカード。

第3弾

3-032☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 550
ヒッサツワザダークネスムーンブレイク2200
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル天才の遺伝子ゼンエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと コウゲキ+200
スロット 90 80 60 80 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体2,必0)
備考イラスト・裏面テキスト以外は第2-019と全く同じのバーコード再録カード。2-019のイラストがジャンプ前の大きく足を上げたポーズなのに対し、こちらはヘルズゲートをオープンしてキックしているポーズのものになっている。

第4弾


4-046
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 450
ヒッサツワザダークネスムーンブレイク1900
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル疾走!真紅の鉄馬コウエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと なかまのアタックポイント+10
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=攻撃ベスパ (6弾まで)相性適性(攻2,防0,体1,必0)
備考属性同調の条件のみで後衛にいながら前衛のAPを増加できるスキルを持つ。2-036SR ショッカーライダーNo.1と組ませて常時AP30の有利をとることも可能。かつてベストパートナーがいたがある条件を満たすとバグが起こるため、現在は失っている。因みに相性では攻撃が上がり易い。後衛型にしてはちと体力が低いのが欠点。

第6弾

6-047☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 600
ヒッサツワザダークネスムーンブレイク2500
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル秘められた魔皇力ゼンエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと タイリョク+150
スロット 100 100 60 70 60 50
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻1,防0,体2,必3)
備考まさかの1-001LRの再録。レアリティが下がったため入手しやすくなった。1-001LRにも言えることだが、8-042SR イクサSMのスキルで攻撃力を750まで上昇させることが可能となり、更にキバのスキルも噛み合うので体力が1350あるのは心強い。相性は完全に噛み合っている訳ではないが、ボーナスでは防御が+150、必殺技が+250され、高いレベルでバランスのとれた原作再現チームが作れる。LRかつ必殺べスパゆえの必殺技威力の高さを活かし、原作再現の7-055SRSP キャッスルドランを狙うのが有効だ。

第8弾


8-039
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 550
ヒッサツワザダークネスムーンブレイク2200
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル天才の遺伝子ゼンエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと コウゲキ+200
スロット 90 80 60 80 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体2,必0)
備考2-019P-0303-032と同様のバーコード。また再録されました。使い易いのは間違いないのだが。

第10弾

10-036
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 450タイリョク 550
ヒッサツワザダークネスムーンブレイク1900
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル弟子にしてくださいコウエイのときなかまがイクサだとなかまのチームタイリョク+200
スロット 90 80 90 50 60 50
相性◎=なし 相性適性(攻0,防2,体1,必0)
備考スキル名・内容からして、同弾NイクサBMのためにあると言っても過言ではないカード。但し、N同士の組み合わせのため、相性は悪いので注意。
一方、753イクサ8-042SR イクサSMの両SRとは相性が良く、防御+300のボーナスが得られる(753イクサとならスキルで+600になる)。

001弾

001-037☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 400タイリョク 550
ヒッサツワザダークネスムーンブレイク2150
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル人類最大の敵なかまとゾクセイがおなじだとコウゲキ+200
スロット 80 70 70 60 70 70
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体0,必2)
備考これまでのキバの中では比較的高い攻撃力を誇る一枚。スロットも安定しており、必殺威力も悪くない。高めの体力を生かして後衛でも活躍できる。7-053SR イクサBMと組ませるのも良いだろう。
001-073★★★★
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 600タイリョク 450
ヒッサツワザキバ&オーズタッグキック2300
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル音色に導かれし狩人ゼンエイのときボウギョ+300
スロット 100 90 70 60 70 50
相性◎=体力ベスパ相性適性(攻0,防2,体3,必0)
備考素の状態で600という防御力に加えて更にスキルで+300上乗せされる上、防御力の相性適正が2振られているので防御面に関してはキバではトップクラスの性能と言える。低めな体力も体力ベスパなので大きく伸ばすことが出来る。反面、攻撃力に関しては何らフォローがされないので思い切って必殺技での勝利を狙うのが良い。仮面ライダーサガを使用されると、その防御力さえ危ういので注意しよう。

01

01-026
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 500タイリョク 450
ヒッサツワザダークネスムーンブレイク2100
サポートアイテヲブットバセ
ライダースキル運命の鎖ひっさつ+100
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=防御ベスパ 相性適性(攻0,防3,体1,必0)
備考主人公ライダーシリーズの1枚。比較的体力が高めの水準にあるキバKFの中では控えめの体力だが、防御ベスパに属しているため耐久力はなかなか。キバ飛翔態などで強化しよう。

06

06-034☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 550
ヒッサツワザダークネスムーンブレイク2400
サポートサポートハマカセロ
ライダースキル自分だけの音楽ひっさつ+200 アタックポイント+10
スロット 100 80 80 60 60 50
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻0,防2,体0,必3)
備考ベスパとスキルで必殺に秀でてはいるものの、良くも悪くもSR相応。とはいえ、スキル込みなら100上回る必殺技威力をはじめ1-001LRと比べて性能的には同等かそれ以上のものを持っている。また、高レアでは初となる無条件スキル持ちにして高体力なので、前衛・後衛問わず活躍できるのは無視できない長所である。
前衛ではSRSPキバ飛翔態での強化や、超技属性を生かしたチーム必殺技での速攻を狙っていきたい。また、技属性のカメンライド素材としての活躍にも期待できる。同時に登場したライダーシンドロームとのコンボ要因として最も優秀なのもポイントで技属性のディケイドにカメンライドさせればライダーシンドロームの効果を最大限に生かせる。
06-072★★★★
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 600タイリョク 500
ヒッサツワザダークネスムーンブレイク2300
サポートアイテヲブットバセ
ライダーアビリティレジェンドタッグ
ライダースキルライダータッグパワー スーパー1ゼンエイのときコウゲキ・ボウギョ+150
スロット 100 80 70 60 60 60
相性◎=攻撃ベスパ相性適性(攻3,防2,体0,必0)
備考06CP限定アビリティ「レジェンドタッグ」持ちのキバ。ライダーアビリティではスーパー1が登場する。
これまでのキバの中では合計1600と基礎ステータスがかなり高い1枚。超速属性でAPを高めることが出来るので先攻にも期待出来る。必殺技もSRSP飛翔態で十分カバー出来るので前衛として積極的に採用したいところ。攻撃ベスパともあって、追加攻撃系に属するレジェンドタッグと相性抜群。基礎ステータスの高さも合わせて屈強なキバフォームに仕上げる事が出来る一枚。

ジャンボカードダス

J-001
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 300タイリョク 500
ヒッサツワザブラッディーパンチ2000
コウエイガンガンセメロ
ライダースキルヘルズゲート解放コウエイのとき なかまのコウゲキ+150
スロット 90 70 60 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体2,必0)
備考タッグファイリングシート第1弾に収録。バーコードは1-002の再録でJ-002 イクサ セーブモードとセット。排出カード同様にジャンボカードダスでもトップを飾ったのはやはりキバだった。

プロモーションカード

P-000
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 300タイリョク 500
ヒッサツワザダークネスムーンブレイク2000
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル秘められた魔皇力ゼンエイのとき なかまとゾクセイがおなじだとタイリョク +150
スロット 90 70 60 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考2008年夏のイベント「プリ!キバ!ゴー!キャラクターまつり」配布カード。1-002の能力に1-001のライダースキルを組み合わせた内容。1-001の劣化版なので使い難い。しかし初期では貴重な原作技が使えるプロモカードである。一応前衛スキル持ちなのも嬉しい。ベルトランプルーレットの存在で昔よりは強くなっていた…はず。なお全カード中、初期プロモーション映像時そのまんまの仕様で発行された唯一のカードである。カードナンバーの記載が無いが、事実上P-000のナンバーが振られて扱われている。公式HPのカードリストにも掲載されていない。
P-002
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 500タイリョク 500
ヒッサツワザブラッディーパンチ2000
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキルヘルズゲート解放コウエイのとき なかまのコウゲキ+150
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体1,必0)
備考「仮面ライダーマガジン」バージョンと「石森章太郎 仮面ノ世界展の前売特典」バージョンがある。「仮面ノ世界」の価値については用語集を参照されたい。キバの宿命なのか、このカードも後衛向きである。作戦やスキルは攻撃型のサポートに向いている。
P-030☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 550
ヒッサツワザダークネスムーンブレイク2200
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル天才の遺伝子ゼンエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと コウゲキ+200
スロット 90 80 60 80 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体2,必0)
備考セブンイレブン限定商品4種に封入されているカード。イラスト・裏面テキスト以外は2-0193-032と全く同じ。

関連商品付属カード

T-015
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 300タイリョク 500
ヒッサツワザダークネスムーンブレイク2000
コウエイガンガンセメロ
ライダースキルヘルズゲート解放コウエイのとき なかまのコウゲキ+150
スロット 90 70 60 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考DXディケイドライバー付属。赤スキップ版と変わらないが必殺技がダークネスムーンブレイクなのが救いか。だが、ブラッディーパンチと変わらない威力なので後衛に置いても問題無い。
T-058
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 400タイリョク 550
ヒッサツワザダークネスムーンブレイク2100
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル拘束された力コウエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと なかまのボウギョ+250
スロット 90 80 70 60 50 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体1,必0)
備考レジェンドライダーシリーズに付属しているカード。例によって後衛向きだが、相手属性依存である代わりに上昇数値は高め。体力もある方なので守りを固める分には使えるか。50が2つあるスロットが痛いところ。



ガンバライドデータ
声:瀬戸康史
武器:無し
必殺技:ダークネスムーンブレイク キバ&オーズタッグキック
下位技:ブラッディーパンチ
専用システム:カメンライド(される側)

ディケイドでの登場も早かったのにカメンライドはなぜか第4弾にお預けとなった。

原作設定
登場作品:仮面ライダーキバ
武器:無し
必殺技:ダークネスムーンブレイク
人間名:紅渡(演:瀬戸康史)

バイオリニストにしてバイオリン製作者紅音也の息子。
父が作ったブラッディ・ローズを超えるバイオリンを作ろうと日夜奮闘する。
その行動は本能で突き動かされていて自分がなぜ変身できるのか、なぜ戦うのかも分かっていない。

仮面ライダーキバはキバットバットIII世が魔皇力アクティブフォースを注入後キバットベルトに収まることで魔皇力が活性化した渡がキバの鎧を纏った姿。
2013年11月24日(日) 10:26:29 Modified by ID:TPYzDDxLMA




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。