Wiki内検索
メニュー
最近更新したページ
最新コメント
タグ
カテゴリー
アクセス数

最新コメント

仮面ライダークウガ ペガサスフォーム



第2弾

2-009☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 550
ヒッサツワザブラストペガサス2300
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル数千倍の五感ゼンエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと アタックポイント+20
スロット 100 90 80 50 60 50
相性◎=体力ベスパ相性適性(攻1,防0,体3,必1)
備考速属性戦限定だが、AP+30という高いAP補正を持つ。体力に不安はないものの、攻撃・防御が低めなのでここを後衛で補いたい。
パートナーは10-019SR DCD激情態が優秀で、このカードの弱点を悪魔スキルで補いつつ、激情態のピーキーなスロットをこのカードのスキルで補う相補的な関係になる。APを犠牲にしない方針なら、緑のクワガタ・体への負荷が高いフォーム繋がりで002-001SR オーズガタキリバCが良い。攻撃に難が残るものの、スキル発動時に+30のAP差を付けつつ、さらに必殺技威力が伸びる。
2-010
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 500タイリョク 450
ヒッサツワザ疾風弾1800
コウエイガンガンセメロ
ライダースキルアークルの超力コウエイのとき なかまのタイリョク+200
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体1,必1)
備考攻撃・必殺が低く、ライダースキルも後衛向き。前衛の体力補助に使うのがベターか。

第3弾

3-017☆☆
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 450
ヒッサツワザブラストペガサス2100
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル壊す者と守る者ゼンエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと タイリョク+150
スロット 90 80 70 60 70 50
相性◎=防御ベスパ相性適性(攻0,防3,体1,必0)
備考ブラストペガサスがR落ち。スキルの属性同調対象が相手ではなく仲間になったので、前弾SRより使いやすくなっている。体力は自らのスキルで補強でき、相性適性で防御を補強できると総合バランスに優れているので、後衛は割と自由に選べる。01弾からのシステム変更により後衛選択の幅が更に広がったと言える。ただし、速属性かつ防御の適性2以上のカードという条件だと、必殺技威力の向上のみ4-002SR ディケイド6-023LR 電王LFといった高レアの独壇場になることだけは覚えておこう。
守備面に偏らせるのであれば、001-002R オーズタトバCを後衛に置くことで相性ボーナスとスキルで防御が900まで伸びる。必殺技威力の補填は、さらなる守備増強を兼ねた5-057SP 仮面ライダーXで行おう。
3-018
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 500タイリョク 450
ヒッサツワザ疾風弾1800
コウエイガンガンセメロ
ライダースキルアークルの超力コウエイのとき なかまのタイリョク+200
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体1,必1)
備考2-010と裏面の説明・絵柄以外同カード。

第4弾

4-023☆☆
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 350タイリョク 550
ヒッサツワザブラストペガサス1700
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキル千里眼ゼンエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと ボウギョ+200
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防2,体1,必0)
備考防御が低い点はスキルが発動すれば何とか補えるが、必殺技威力の低さが泣き所。相性や後衛のライダースキルで補おう。素の総ステータスは2-009SRに匹敵する。
4-024
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 400タイリョク 600
ヒッサツワザ疾風弾1600
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル封印エネルギー射出コウエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと なかまのひっさつ+200
スロット 90 70 60 50 80 70
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体2,必0)
備考攻防と必殺技の低さから前衛で戦わせるには不安。体力は高いので、素直に後衛で前衛の支援に徹しよう。

第5弾

5-020
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 500タイリョク 450
ヒッサツワザブラストペガサス1800
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル万物の瞳コウエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと あいてのアタックポイント-10
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体0,必2)
備考速属性の属性効果を打ち消す事が出来る。やはり後衛で使うのが無難か。

第11弾

11-037
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 450
ヒッサツワザブラストペガサス2100
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキル強すぎる感覚ゼンエイのとき ひっさつ+200 アタックポイント-10
スロット 90 90 70 60 50 60
相性◎=なし相性適性(攻0,防0,体1,必2)
備考ようやく実現した劇中仕様「FORMRIDE」カードの背景色やペガサスフォームのシンボルカラーに沿った技属性をひっさげ、6弾ぶりの参戦を果たした。スキルにより必殺技威力はNとしてはかなり高い2300に達するが、その他のステータスが低くAP減少まで受けるのは痛い。そこで仮面ライダーシンによりAP減少を帳消しにし、さらに必殺ベスパのライダーを後衛につければラウンド3の時点で攻撃力700以上・防御力650以上・必殺威力2700ジャストに達する。技属性のためチーム必殺をラウンド3の時点で放てる可能性も一応残されているし、ラウンド4ではまず間違いなく威力2850のチーム必殺技が撃てる…がディケイドライバー用と割り切った方が無難なのには変わりない。シンプルに004-063SP ドグマ親衛隊でAPマイナスをプラスに変える手もある。

005弾

005-029
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 550
ヒッサツワザブラストペガサス2000
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル射抜くものを手になかまとゾクセイがおなじだとコウゲキ+150
スロット 90 90 70 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考00○弾環境では初登場。スキルは仲間属性同調のみで発動し、必殺技威力も相変わらずNとしてはそれなりと比較的扱いやすい。前衛配置時は防御の薄さを念頭に入れてパートナーを選びたいところ。
余談だが、005弾PVでスカイライダーと一緒にコアにぶん殴られている。前弾参戦ライダーであるスカイライダーはともかく、クウガが何をした…。

03

03-025
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザブラストペガサス2050
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル来たれ!天馬の弓よ!あいてとゾクセイがおなじだとコウゲキ+100
スロット 80 80 60 70 70 60
相性◎=なし相性適性(攻0,防0,体1,必2)
備考スキルは相手との属性同調にして+100という貧弱さ。必殺強化を主眼に据えた方が良い。

ジャンボカードダス

J-023☆☆
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 450
ヒッサツワザブラストペガサス2100
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル壊す者と守る者ゼンエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと タイリョク+150
スロット 90 80 70 60 70 50
相性◎=防御ベスパ相性適性(攻0,防3,体1,必0)
備考タッグファイリングシート第2弾に収録。バーコードは3-017の再録でJ-024 仮面ライダーアギト グランドフォームとのセット。



ガンバライドデータ
声:松原大典
武器:ペガサスボウガン(小型銃)
必殺技:ブラストペガサス
下位技:疾風弾
専用システム:無し

原作設定
登場作品:仮面ライダークウガ
武器:ペガサスボウガン
必殺技:ブラストペガサス
人間名:五代雄介(演:オダギリジョー)

ペガサスフォームは空を飛ぶ敵を発見したいという思いで4つ目に変身した姿。
五感能力や第六感(洞察力など)に優れ、研ぎ澄まされた感覚で遠く離れた敵や隠れた敵を察知し、発見した相手を手にした拳銃などを変形させた「ペガサスボウガン」を武器で射抜く。
力の消耗が激しい為ほとんど動くことが出来ず、50秒間しかフォームが持続しない。制限時間を過ぎるとグローイングフォームを介して変身を強制的に解除されてしまい、その後二時間は変身能力が失われてしまう。
2018年05月23日(水) 19:57:58 Modified by ID:2iwkBu0HLg




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。