Wiki内検索
メニュー
最近更新したページ
最新コメント
タグ
カテゴリー
アクセス数

最新コメント

仮面ライダーゼロノス アルタイルフォーム


第1弾

1-024☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 600
ヒッサツワザスプレンデッドエンド2500
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル消えゆく記憶ゼンエイのとき コウゲキ+150
スロット 100 90 70 60 60 50
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻1,防0,体1,必3)
備考ゲーム内での使用武器はゼロガッシャーサーベルモードで、微妙に分かりづらいが実は両手剣持ち。SRにふさわしく能力は高く、特に6-023LR 電王LF登場まで速属性ライダー最高だった必殺技威力はポイント。ライダースキルも配置指定のみで攻撃を600まで伸ばすため扱いやすい。スロットも速属性であることを踏まえれば特に問題はないので、残るは防御がやや低めなこと程度か。
単体でのステータスバランスが良く、パートナーが防御を補強できない場合も5-057SP 仮面ライダーX(マーキュリー回路)でフォローが間に合うレベルなので、基本的に必殺べスパならパートナーを選ばない度量の深さがこのカードの魅力。裏を返せば特化型にしづらいということなのだが、8-001LR WFJのようなピーキーなカードと組んでも、なお実戦で満足に戦える安定感は欠点を補って余りある。必殺べスパは003-019LR 龍騎サバイブなど優秀な後衛カードがどんどん増加しているため、弾が進むと同時に新たな可能性が次々見えてくる面白い1枚である。
1-025
ステータスコウゲキ 300ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザトリックショット2000
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル変身の代償コウエイのとき なかまのコウゲキ+100 ボウギョ-100
スロット 90 80 80 70 50 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考ゲーム内での使用武器はゼロガッシャーボウガンモード。当時は後衛作戦「サポートハマカセロ」にして前衛攻撃力を上げられる数少ないカードだったが、4弾での仕様変更により「サポートハマカセロ」の有用性が急落。スキルによるリスクがメリットに見合わない微妙なカードとなってしまった。現在では11-054N ディケイド激情態など扱いやすさに勝るカードが数多く存在するため、スペックだけ見ればこのカードの出番はほぼないだろう。HGギャラリー平成ライダーセレクション前編のデータタグにも同一バーコードの収録がある。
余談だが、排出カードでのボウガンモード&トリックショットはこのカードしか存在しないため、スペックで劣れども「ボウガンで戦うゼロノス」を見るためだけにこのカードを引っ張り出すことは有り得る。ベガフォーム&グランドストライクの登場が待ち遠しい。

第2弾

2-018
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザスプレンデッドエンド2200
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル忘れられた存在ゼンエイのとき コウゲキ+150 ボウギョ-100
スロット 90 80 70 60 70 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体0,必1)
備考全般的に1-024SRのスペックダウン版。防御が低いこと以外に目立った弱点がない点など主だった特徴も継承しているが、唯一にして最大の相違点は相性適性。このカードは防御の相性適性が高いため、防御べスパと組めば相性だけで弱点が埋まるのは嬉しい。必殺技威力もNカードとしてはかなり高いので、0○環境でもCPU戦なら余裕で前線に立てる中々使い勝手の良い1枚である。
防御べスパも後衛の層が厚いので、パートナー候補に困りはしない。強いて挙げるなら、原作再現である1-018R 電王RF6-023LR 電王LFはバランス重視のスキル強化という点からも有望なパートナーだろう。

第3弾

3-031
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザスプレンデッドエンド2000
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル緑と黄の記憶カードコウエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと なかまののボウギョ+200
スロット 90 90 70 70 50 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体2,必0)
備考ノーマルカードでは初めてマイナス効果がないスキル持ち。体力・スキル効果とも高いので、速属性前衛の後ろに付けてあげよう。10-071CC アクセルあたりと組むと相性○で、良い感じに弱点が埋まるのでオススメ。

第4弾

4-045
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 550
ヒッサツワザスプレンデッドエンド1900
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル人から忘れられるということゼンエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと あいてのボウギョ-150
スロット 90 90 70 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体1,必0)
備考スキルで相手の防御を削ることができるが、相手属性同調なので使いづらさが目立つ。自身の防御も低めな上に火力も控えめなので、後衛スキルやスペシャルカードでの補強は必須だが相性適性までバラけているのは苦しい。なにより体力以外は全面的に2-018Nに劣るため、正直なところ出番はそう多くないだろう。

第9弾

9-038
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザスプレンデッドエンド2000
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル俺はかーなーり、強い!コウゲキ+100
スロット 90 70 90 70 50 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体1,必1)
備考初の力属性にして、初の無条件発動スキルを持つゼロノス。属性効果と合わせて攻撃力は750になるが、基礎ステータスのインフレが著しいノーマルカードの中にあっては少々物足りない。

第11弾

11-047☆☆
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザスプレンデッドエンド2200
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル使命を超えた愛の理ひっさつ+150
スロット 90 90 90 50 50 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防2,体0,必0)
備考初の☆☆カードのゼロノスAF。属性は速に戻ったが第9弾同様無条件スキルを持ち、基礎ステータスや相性適性もレアリティ相応にパワーアップ。前衛・後衛問わず働きやすい上に、これまでのカードで組みづらかった攻撃べスパ寄りのカードと組みやすいのは嬉しいところ。ただしスロットがピーキーなので、パートナーにはAP補正持ちが欲しい。11-023SR ウラタロスと組めばどちらを前に出しても戦果を出せる。

005弾

005-041
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 450
ヒッサツワザスプレンデッドエンド2000
コウエイガンガンセメロ
ライダースキルゼロノスカードの能力あいてとゾクセイがおなじだとコウゲキ+200 ボウギョ-100
スロット 90 80 70 60 60 60
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体0,必1)
備考 11弾以来の登場だが素のステータスが低く、スキルも相手同調なので使いにくい。スキルが発動すると攻撃は上がるが、ただでさえ低い防御が減るのでご注意。

03

03-037
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 500タイリョク 450
ヒッサツワザスプレンデッドエンド2100
サポートガンガンセメロ
ライダースキルカードが勿体無いなかまが電王のときボウギョ・チームタイリョク+100
スロット 80 50 50 80 80 80
相性◎=攻撃ベスパ相性適性(攻3,防1,体0,必0)
備考初の技属性。スキルは電王指定だが攻撃ベスパの電王はコーヒー電王LR超電王などがいるので困らないだろう。80と50のスロットが特徴。

ジャンボカードダス

J-010
ステータスコウゲキ 300ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザトリックショット2000
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル変身の代償コウエイのとき なかまのコウゲキ+100 ボウギョ-100
スロット 90 80 80 70 50 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考タッグファイリングシート第1弾収録。バーコードは1-025Nの再録で、J-009 仮面ライダーキバ ドガバキフォームとのセット。

関連商品付属カード

T-027
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザスプレンデッドエンド2200
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキルチャクラ解放コウエイのとき なかまのタイリョク+250
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体1,必1)
備考レジェンドライダーシリーズ初回限定付属。属性同調の条件もマイナス効果も無い上前衛のタイリョク+250という大変便利な後衛向けライダースキルを持つ。ステータスは2-018Nとほぼ互角。



ガンバライドデータ
声:中村優一
武器:ゼロガッシャーサーベルモード(両手剣)ボウガンモード(小型銃)
必殺技:スプレンデッドエンド
下位技:トリックショット
専用システム:無し

原作設定
登場作品:仮面ライダー電王
武器:ゼロガッシャー
必殺技:スプレンデッドエンド グランドストライク
人間名:桜井侑斗(演:中村優一)

ある時間と共に消えたはずの「ゼロライナー」と共にイマジンから時の運行を守るため戦うゼロノスの戦闘形態のひとつ。
侑斗自身の身体能力と戦闘スキルの高さで、スピーディ&トリッキーな格闘戦で敵イマジンを翻弄する戦闘力を見せる。
電王と違って、変身には回数制限があり、ゼロノスカードは一度変身を解除すると、蒸発するように消えて無くなってしまう。また、変身する度に、桜井侑斗を知る人たちから、彼に関する記憶が消えていくという代償がある。
2012年04月06日(金) 22:39:01 Modified by ID:Tnk6jOmBxQ




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。