Wiki内検索
メニュー
最近更新したページ
最新コメント
タグ
カテゴリー
アクセス数

最新コメント

仮面ライダーディケイド




第2弾

2-001☆☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 600
ヒッサツワザDCDV(ディケイドヴァニッシュ)2600
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキルライダー殲滅ゼンエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと ボウギョ+200 ひっさつ+300
スロット 100 100 70 60 60 50
相性◎=攻撃ベスパ相性適性(攻3,防2,体0,必1)
備考ステータス合計値が素の状態で1500と言うトップクラスの実力を持つ良カード。その総合力の高さはスイッチスキャン登場以降の現行環境においても、未だ最前線で十分戦えるレベルにある。難点はスキルの発動条件が相手との属性同調である為、スキル発動を意識すると相手の弱点を突くと言う戦いが出来ないこと。また、EX・HEXに挑むとなるとむずかしいとは違い、相手の属性が固定化されているのでスキルが暴発する可能性もある。その点を視野に入れるのであれば、スキル発動はある程度無視しても問題無い。元のステータスが優秀で、低い防御も相性が2振られているのが幸いして仲間で補強可能である。これは2-035 ネガ電王に似た運用とも言える。
01にて専用システムカメンライドが廃止されたが04より晴れて復活。超属性及び高レアでの力・技・速のライダー殲滅を再び発動させることが出来るようになった。更にカメンライドで属性を変更しなければ属性効果が2倍なるというおまけ付きなので属性の重要性も高まった。なお技属性のディケイドは、超技属性のカードでカメンライドし、アビリティ「タイフーン」持ちの新1号をコウエイに据えることで、2ラウンドでの必殺技使用も実現。現在は03-020LR 装甲響鬼02-001LR フォーゼESと言った相性が完全に噛み合う相方も増加。それぞれの属性ベスパと組ませて、今尚衰えを知らない圧倒的戦力を見せ付けてやろう。
2-002☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 550
ヒッサツワザDCDS(ディケイドスラッシュ)2000
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル9ワールドライダーコウエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと なかまのボウギョ+150
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=防御ベスパ相性適性(攻0,防3,体1,必0)
備考ベストパートナーが多く、自身のスキルと相俟って技属性の後衛に置けばかなり防御力を強化できる。前衛に置くには攻撃力が弱いので、カメンライドで補強。そうでなければ素直に後衛配置にしよう。
2-003☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザライダーパンチ1900
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキルクウガの世界ゼンエイがクウガのとき タイリョク+200
スロット 90 90 70 70 50 50
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻1,防0,体0,必3)
備考必殺グループに属する前衛スキル持ちクウガは5-013SR ドラゴンフォームをはじめに、8-026LR 黒目ライアル9-044R 赤目ライアルがいる。これらの後衛に置いて必殺技を更に強化しよう。
2-004
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 350タイリョク 400
ヒッサツワザDCDB(ディケイドブラスト)2100
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキルキバの世界コウエイがキバのとき コウゲキ+150
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体0,必1)
備考「ディケイドブラスト」の劇中再現カード。
基礎ステータスが全て500未満なので、スキルと相性をフル活用しないと正直厳しいところ。がっかりディケイドの元になったカードでもある。せめてこのカードのステータスがもう少し高ければ…と悔やまれるところだ。
2弾の「カメンライドWキャンペーン」で貰える自分の写真と名前入りカードもこれの再録。
01弾で廃止されたカメンライドが04弾で復活した為、前衛でカメンライドをして能力値を補っていこう。仕様変更により、速属性を素材にすることでスロット問題は簡単に解決するので後は相方であるキバを後衛にすればいいが相性の関係から高い相性を得られるキバがいないという難点があった。相性を多少軽視する場合、旧ナンバリング弾で思い当たるキバのカードは7-052SR キバDF8-040R キバBFが思い当たる。どちらのキバも相性適正がそこそこかみ合う。前者は無条件スキルででディケイドに足りない防御面を補ってくれる。後者は相手同調のため発動はさせづらいが、高い体力に加えスキルが発動すればさらに体力を増加させ、相手の属性効果も相殺させる。
他にも相性に注目するなら、1-005R キバBFもある。ディケイドとスキル上昇部分が一致し、サポーターに置いたときは優秀なアイテヲヨクミロでしっかりとディケイドを守ってくれる。1-005R キバBFと相性、スキルの上昇値はかぶるが後衛作戦の違う1-011R キバEFがある。後衛作戦により元々攻撃よりなディケイドをさらにサポートする。
有名なところではP-006 キバEFがあるが、相性適正がまったくかみ合わない事に注意。意外なところでは1-001LR キバKFがある。キバ側のスキルを捨ててしまう事になるが、上昇値は+150程度。体力が重要な時代とはいっても、元々体力が低いディケイドにはもはやすずめの涙程度という事に加え、キバの体力はもとから600もある。たいした問題ではないはず。
そして04-040LR キバEFが登場した。相性適正値で攻撃面をさらに伸ばし、ディケイドには足りない防御を補い、安定したスロットをさらに伸ばし、必殺威力もSR水準まで上げてくれるというまさに最高の相棒を得た。。
なお再録ということで3-002でも代用出来るが、レアリティの関係上、手に入れるなら此方のほうが楽。
2-005
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 550
ヒッサツワザライダーキック1900
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル龍騎の世界ゼンエイが龍騎のとき ボウギョ+200
スロット 90 90 70 70 50 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体0,必1)
備考バランスが良く前衛配置でも戦えるカード。必殺技を除けばステータス合計値は2-001LRと互角の1500。ゼンエイが龍騎でないとスキルが発動できないのが悔やまれる。

第3弾

3-001☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 550
ヒッサツワザDCDV(ディケイドヴァニッシュ)2400
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキルライダー殲滅ゼンエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと ボウギョ+200 ひっさつ+300
スロット 100 70 90 60 60 50
相性◎=体力ベスパ相性適性(攻0,防2,体3,必0)
備考2-001LRの下位版。LR版と比べると単体の性能は大きく劣るものの、相性適性が異なるため一概に「ガッカリ」とは呼べない力を秘めている。攻撃力が低くなりがちなので後衛スキル・相性でカバーしたい。幸い時を経た現在は10-019SR DCD激情態002-005LR オーズラトラーターCという強力なベストパートナーが存在するのでその二人を後衛にしてフォローしよう。
3-002☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 350タイリョク 400
ヒッサツワザDCDB(ディケイドブラスト)2100
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキルキバの世界コウエイがキバのとき コウゲキ+150
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体0,必1)
備考通称・がっかりディケイド。SRにも関わらず2-004Nの再録なのががっかりたる所以。元祖「水増しレア」ともいえる。しかもこのカードが出た当時は後衛を任せられるキバが少なく、使い道は皆無に等しかった。しかし現在は多くのカードがリリースされており、さらに04からカメンライドが復活し、ステータスが補強できるようになったので最大活用したい。相性適正値とスキルから防御面を補えない為、006-035カブトRFや001-066HKアギト等を素材にして序にスロットも補ってしまうといいだろう。その場合は「DCDB」が見れなくなることに注意。
スキルを発動させるのに必要なキバは相性がどうしても犠牲になりやすかったが、04にして04-040LR キバEFという最高の相方登場した為、相性はかなり高められるようになった。多少下がるなら7-052SR キバDF1-011R キバEFがいる。
01弾より3人編成となったので、もう一人の相方には相性重視なら03-020LR 装甲響鬼02-001LR フォーゼES等。必殺重視なら01-012LR アギト SHFや、001-013LR ファイズBF等で防御面も補いつつ攻撃面も強化するといいだろう。SPカードは005-055SR ショッカーグリード004-057SR ジョーカーで火力面を補うのがおススメ。
このカード1番のセールスポイントは数少ない「DCDB」が鑑賞できるカードだという事。「DCDB」持ちディケイドは後衛スキルやスキルにデメリット持ちといった感じのものが多数を占め、フルスペックで使えるものはなかなか少ない。スキルにデメリットなしで前衛向けのDCDB持ちはT-023T-041があるが、前者はこのカードより必殺威力が下、後者はスキルゆえに相手に依存しなければならないと、カードそれぞれのデメリットがある。
最悪な条件が重なってできた不遇カード。時代が進むごとに強力なカードが増えていくが、そのカードに助けられているのも事実。時代が進んだ今なら十分に高レア相手に立ち向かって一泡吹かせる事ができるようになった。3弾当時このカードを手に入れて泣きを見た人たちにはうれしい限りだろう。
3-003☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 550
ヒッサツワザDCDS(ディケイドスラッシュ)2000
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル9ワールドライダーコウエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと なかまのボウギョ+150
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=防御ベスパ相性適性(攻0,防3,体1,必0)
備考絵柄以外は2-002Rの再録。がっかりディケイドと異なり、元が優秀なカードなので再録は喜ぶべきだろう。
3-004
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 500
ヒッサツワザDCDS(ディケイドスラッシュ)1900
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル9ワールドライダーコウエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと なかまのボウギョ+150
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考3-003Rと同じスキルを持つが、体力で50劣る。相性の違いを活かそうにも、必殺・攻撃寄り適性で防御UPスキルという枠は1-028R 新1号5-010R ディエンド4-030R ナイトと強力な同業者が入り乱れる激戦区であり、属性同調を必要とするのに+150ではほぼ勝ち目はない。
3-005
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 500タイリョク 450
ヒッサツワザライダーパンチ1900
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキルクウガの世界ゼンエイがクウガのとき タイリョク+200
スロット 90 80 70 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体1,必0)
備考後衛向きスキル持ちにしてはやや体力が低いが、スキルで体力が伸びるのでまずまず。スキルなしでは厳しいので、必ずクウガと組ませよう。相性適性がバラけているのでボーナスにはあまり期待できないのが難点。
3-006
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 550
ヒッサツワザライダーキック1900
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル龍騎の世界ゼンエイが龍騎のとき ボウギョ+200
スロット 90 90 70 70 50 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体0,必1)
備考2-005Nの再録。能力のバランスがいいと思われるが、スロットの90の2つ以外と必殺技がやや低めなのが気になる。龍騎と組ませてボウギョアップだ。

第4弾

4-001☆☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 500タイリョク 450
ヒッサツワザディメンションキック2400
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキル新たなる運命ゼンエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと チームタイリョク+250
スロット 100 100 70 60 60 50
相性◎=攻撃ベスパ相性適性(攻3,防1,体2,必0)
備考チームタイリョクを上昇させるスキル、100の2つ並ぶスロットと間違いなく優秀なカードだがLR殲滅ディケイドや同弾の悪魔ディケイドに比べるとどうにも地味な印象がある。しかし、相手の属性に左右されないため撲殺戦には適した性格と言える。
このカードの扱いは 第7弾ではディケイドのカメンライドが下方修正を受け、サポートアタック&HEXステージ実装などで3000オーバー当たり前のヒッサツ番長時代が到来。が、第9弾で登場したSPシルバラやライダーガッツ対策として純撲殺デッキの有効性が再び見直され、さらに001弾での超属性登場により属性操作可能な点も再評価された。そして01でカメンライド廃止という強大な逆風に晒されていたが、04でまさかのカメンライド復活により再び前線復帰するに至る…というなかなかに波瀾万丈な経歴のカードである。
復活したカメンライドの仕様上、力属性の素体を使えば攻撃がさらに伸びるので旧環境よりも力属性での運用が増えると想定される。そのため、カメンライド廃止中もお世話になった8-053SR シャドームーンはこれからも最有力のパートナーになるだろう。ベスパ補正で1050+力属性+200(+同属性カメンライドで+200)となり、守備面も安定する。他にも属性同調は後衛どちらか一人だけでよいのでもう一人でフォローが利きにくい必殺と防御の補強が好ましい。候補はおま罪FJ、SRスカルクリスタル等が理想的だろう。
4-002☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 550
ヒッサツワザDCDJ(ディケイドジェイル)2300
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキルなぜ知っているかは覚えていないコウゲキ・ボウギョ・ひっさつすべて+200
スロット 100 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体1,必2)
備考通称・悪魔ディケイド。SRであるにも関わらず、ゼンエイ、コウエイを問わず、タイリョク以外の全パラメータを+200させる驚異の無条件スキルは002-027LR XなどのLRのスキルすら凌駕し、後衛作戦がガードヲカタメロ持ちと後衛も任せられる。3on3となった01現在、単純にディケイドの中で優秀なカタログスペックを持ち、配置に融通が効くため3人目が決まらない時にとりあえずこのカードを3枚目に…とさらに重宝する存在になった。また、カメンライドの仕様変更により、速属性カメンライドならAP補正が強化されるようになったのも無視できないメリットである。
ベストパートナーこそいないが、「浅く広い付き合い」の相性傾向を持つため相性○の相手は多い。また、防御・必殺寄り相性のカードは00○弾で増加したため、2年近い時を経ても依然として高い人気と一線級の起用率を誇る。後に小悪魔10-019SR ディケイド激情態など同一スキルを持つカードも現れたが、攻撃的な面を持つそれらと異なりなんらデメリットを持たず、安定性においてはもっとも優秀というのも選ばれ続ける理由。技が玄人好みのガンバライドオリジナル技であり、単純な性能以外に鑑賞目的でも価値が高いのもポイント。
4-003☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 500タイリョク 450
ヒッサツワザDCDV(ディケイドヴァニッシュ)2000
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル侵食する世界ゼンエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと あいてのボウギョ-100
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防1,体0,必1)
備考スキル発動が難しいのが惜しい。
4-004
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 550
ヒッサツワザDCDS(ディケイドスラッシュ)1800
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル記憶の欠落コウエイのとき なかまのボウギョ+100
スロット 90 80 70 70 50 60
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体1,必1)
備考体力以外の基礎ステータスが低く、スキルも後衛指定という典型的な後衛型ディケイド。2-002Rには見劣りするが、属性指定がないという強化点もあるので完全下位互換ではない。素直に後衛で使ってやろう。
4-005
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザDCDB(ディケイドブラスト)1900
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキルこの謎を解き明かすコウエイがクウガのとき チームタイリョク+150
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体2,必0)
備考ステータスバランスはそれなりに良好。だがカメンライドでもう一押し欲しい。
スキルはクウガ指定で発動する。相性を考慮すると、002-030N クウガTF5-014N クウガDFあたりと組ませるのが良いか。
4-006
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザライダーパンチ1700
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキル英雄の代弁者ゼンエイがアギトのとき なかまのボウギョ+200
スロット 90 90 70 70 50 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体0,必1)
備考4-025SR アギトGF8-030R アギトTFと組ませるとバランスが良くなる。001-066CP アギトGFと組ませて強固な守りで勝負するのも手。
4-007
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザライダーキック1800
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル時空変異コウエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと あいてのアタックポイント-10
スロット 90 90 70 60 50 60
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考前衛を速属性にすると力属性と相性がいいうえ、APに20もの差を付けることができる。

第5弾

5-005☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 450
ヒッサツワザディメンションキック2300
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル歪曲世界コウエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと あいてのボウギョ-200
スロット 100 80 80 70 50 50
相性◎=体力ベスパ相性適性(攻1,防1,体3,必0)
備考ステータスなどだけで見ると4-001LRの下位。スキルも登場当時はかなり強力だったが、7-001LR WCJ004-020SR カリスのある現在では、相手属性同調が必要にしては数値が物足りない。後衛作戦はアイテヲヨクミロと優秀だが、スロットに50が二つあるのと、体力が低めなのが欠点か。
5-006☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 500
ヒッサツワザDCDJ(ディケイドジェイル)2000
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル異世界探訪コウエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと なかまのコウゲキ+150
スロット 90 70 60 80 70 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防2,体0,必1)
備考使い辛いスキルかつ上昇値が微妙である。技属性のコウエイに置こう。
5-007☆☆
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザDCDV(ディケイドヴァニッシュ)1900
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル反撃開始コウエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと なかまのひっさつ+250
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体0,必2)
備考4弾新1号と比べると発動条件が少し難しくなっている。8-043と同じスキル。こちらはRの為相性が良い相手が多いのが強みか。7-036SR ディエンドの後衛に置くと必殺が3150まで上昇する。
5-008
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 550
ヒッサツワザDCDS(ディケイドスラッシュ)1800
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル笑いのツボコウエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと あいてのアタックポイント-10
スロット 90 80 70 70 50 60
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体1,必0)
備考スキル名は劇中ヒロインの特技より。
5-009
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザDCDB(ディケイドブラスト)1900
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキルディケイドの世界コウエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと なかまのコウゲキ+100
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体0,必1)
備考マシンディケイダーに乗っているディケイドのイラストはこれが初めて。バイクカードでの登場を期待しよう。

第6弾

6-012☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 550
ヒッサツワザディメンションキック1900
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキルなぜ知っているかは覚えていないコウゲキ・ボウギョ・ひっさつ すべて+200
スロット 90 90 70 70 50 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体2,必1)
備考通称「小悪魔」。ライダースキルは本家悪魔のものと効果が同じでスロットを犠牲にしている分、発動後のステータスはなかなかと言える。何気に2-001LR殲滅ディケイドと同じ基礎ステータス合計に悪魔スキルで+600というハイスペックさもポイント。だが、必殺技がN並みで火力不足、前述の通りスロットも少々厳しい。前衛で使う場合は必殺技またはAPを強化するライダースキルやSPを使う必要があるだろう。04でカメンライドが復活したため、006-055SP 仮面ライダーインペラーの使用を前提に技属性や速属性にカメンライドしてしまうのも手。
後衛に置く場合は速属性ライダーを前衛に置き、APの不足分をカバーするようにするのがベター。だが、悪魔との差別化を考えると6-043SR ガタックのように力属性で属性同調を必要とする前衛と組ませる機会も多いと思われるため、その場合はもう一人の後衛でAPを補填しておきたいところ。AP要員は前衛が防御べスパなら006-045SR アクセルブースター、体力べスパなら002-001SR オーズガタキリバCあたりが候補だろう。後衛としてなら悪魔と同等の効果を持ち、攻撃的サクセンや必殺の代わりに体力に2振られた相性を活かせば悪魔を超える実力を発揮できるチームも組めるので、パートナーに併せて悪魔と使い分けるのが理想的な運用である。
6-013☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 550
ヒッサツワザDCDJ(ディケイドジェイル)1900
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル混乱する次元コウエイのとき あいてのコウゲキ-100
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防2,体1,必0)
備考相手の攻撃を下げるスキルを持つが減少値が低い。
6-014
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 350タイリョク 500
ヒッサツワザDCDV(ディケイドヴァニッシュ)1700
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル夏海の呼ぶ声チームタイリョク+100
スロット 90 80 60 80 60 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体0,必1)
備考コウゲキとボウギョは5-052N ショッカーライダーNo.1並みで、必殺技威力もディケイドの中で最も低いためゼンエイで使うのは無謀である。後衛で使うにもライダースキルを発動して体力が5弾ショッカーライダーに並ぶので、活躍の場は無いだろう。なお、6弾から11弾まで後衛ライダーのスキャンを飛ばした場合、このカードのディケイドが登場していた。

第7弾

7-034☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザディメンションキック1800
コウエイガンガンセメロ
ライダースキルだいたいわかったゼンエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと あいてのボウギョ-200
スロット 90 80 70 60 70 50
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻0,防0,体1,必3)
備考4-003のスキルの強化版。必殺技さえ補強できればそこそこ強い。5-010R ディエンドを後衛に置けばお手軽に原作再現・ベストパートナーチームが完成。
7-035
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 400
ヒッサツワザDCDB(ディケイドブラスト)2100
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキルたとえ世界全てを敵に回してもゼンエイのとき ひっさつ+200 コウゲキ・ボウギョ-100
スロット 90 50 60 60 80 80
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体1,必0)
備考ゼンエイに置くと必殺技が200上がるがコウゲキとボウギョが100ずつ下がってしまう。さらにタイリョクも400ととても低い。コウエイのスキルやSPカードでのサポートは必須。

第8弾

8-043
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザディメンションキック2000
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル反撃開始コウエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと なかまのひっさつ+250
スロット 90 80 80 60 50 60
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体0,必1)
備考4-052N 新1号のほぼ下位互換。5-007Rと同じスキル・体力・後衛作戦を持っている。属性が新1号や5-007とは異なっているので、力属性の仲間が必要な前衛がいれば役に立つかも。

第9弾

9-040☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 550タイリョク 450
ヒッサツワザディケイドドッジ2500
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル俺たちの力なかまがクウガだと ひっさつ・チームタイリョク すべて+150
スロット 100 50 80 70 80 50
相性◎=防御ベスパ相性適性(攻1,防3,体1,必0)
備考スキル・相性適正値は先行配布版ディケイドドッジ持ちであるP-066と一緒。このため、当時はガッカリディケイド再臨との声もあったが、SRならではの特権である高い必殺技威力とミガワリ・オイウチ・ブレイク発動率を持つ上、運用上のネック(後述)が01で大きく改善されたことで地位が向上した。特に必殺技威力の高さは、総体力が軒並み上昇した01以降では影響力が大きい。
前衛・後衛ともにかつて問題だったのは「クウガ側の防御べスパが3-017R クウガPFしかいない」ことだった。しかもクウガPF側は前衛限定かつ属性同調が必要だったため、00○弾まではクウガPFのスキルを殺すか、相性○の3-015R クウガMFなどで妥協するしか手段はなかった。しかし01で3on3に移行したことで、3人目に速属性防御べスパを用意することでこの問題が解消可能となり、さらに満を持して登場した01-018R クウガMFが無条件スキル持ち防御べスパだったため、運用性が大きく改善された。
前衛で使うなら火力を補強していきたい。低攻撃・高必殺なので、攻撃を増強するよりも004-020SR カリスあたりで相手の防御を削る方が現実的か。必要ならばサポートアタック投入も検討しよう。
後衛に置く場合、後衛作戦「ガンガンセメロ」を考慮するとブレイカーに置く方が良いか。後衛としては低めの体力もスキルを発動させてカバーできる。なお、5-015LR クウガTF8-026LR クウガRUBEなど、前衛で主力級の活躍を見せるクウガは防御の相性適正値が2振られているので相性○になる。
9-041
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 500タイリョク 550
ヒッサツワザディメンションキック1900
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキルライダーアルバムひっさつ+100
スロット 90 90 70 50 70 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体1,必1)
備考万能スキル持ちだが、他の後衛必殺+スキル持ちより上昇が低いため前衛向き。能力合計が高いので、4-052N 新1号などと組んで必殺を補強すれば十分戦える。

001弾

001-038
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 400タイリョク 600
ヒッサツワザディメンションキック1950
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル呆れる程の自信家ゼンエイのときあいてとゾクセイがおなじだとひっさつ+200
スロット 80 80 80 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体2,必0)
備考攻撃・防御が低く体力が高いステータスバランスは一見すると後衛向きだが、ライダースキルは前衛限定発動。
001-074★★★★
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザディケイド&オーズタッグキック2350
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル変幻自在のライダーゼンエイのとき ひっさつ+300
スロット 100 90 80 70 50 50
相性◎=体力ベスパ相性適性(攻0,防0,体3,必2)
備考必殺技威力が高めだが、他はまずまず。強烈な性能のカードが多いオーズホロキラキャンペーンカードとしては地味な方か…と思いきや、同じ体力ベスパのSR激情態を後衛に置くことで凶悪な強さを発揮する。現在ではさらに体力べスパ後衛が充実しているので使いやすい

005弾

005-043
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 600
ヒッサツワザディメンションキック2050
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル果てしない旅チームタイリョク+100
スロット 90 90 70 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防0,体1,必2)
備考高体力+アイテヲヨクミロなので後衛での活躍がメインとなる。

01

01-027☆☆
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 550
ヒッサツワザディメンションキック1900
サポートアイテヲブットバセ
ライダースキル光写真館ひっさつ+150
スロット 90 90 70 70 50 50
相性◎=防御ベスパ相性適性(攻0,防3,体1,必0)
備考必殺威力を上昇させにくい相性適性のため補強が難しい反面、体力とスキルの上昇量は2つ星レア相応なので、どちらかというと後衛向きか。

04

04-023☆☆
ステータスコウゲキ 600ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザDCDP(ディケイドフォトン)2100
サポートサポートハマカセロ
ライダーアビリティカメンライド・ファイズ
ライダースキル世界との向き合い方なかまとゾクセイがおなじだとひっさつ+250
スロット 80 80 80 70 60 50
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻1,防0,体0,必3)
備考「スーパーヒーロー大戦」の主役であるため、MS枠で登場。前者は能力値上昇、属性変化、属性倍増が可能でこのカードの場合は技属性なので能力値の補強だけでなく、チーム必殺を非常に狙いやすく出来る利点が。後者はアビリティによる追い討ちをSPカードやスイッチスキャンによる補強が同ラウンドで同時に行なえるのでダメージ増強が狙える利点がある。クレインオルフェノク004-057SR ジョーカー等で攻撃を上げてゲキレツアタックを出せれば1000以上のダメージを叩きだせることも夢では無い。
なお、04-020MS ストロンガーとはムービーセレクションカード同士でありながらベスパかつお互いにスキルを発揮可能で、必殺+850という強化ができる。超属性が気になる場合はMSストロンガー共々後衛に置き、前衛に必殺ベスパを置くか、カメンライドで技属性に変更してしまえば良い。この場合必殺技威力は最低でも+1200となる。表面の台詞は最早お馴染みの『通りすがりの仮面ライダーだ!』
04-041☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザDCDA(ディケイドアサルト)2300
サポートアイテヲブットバセ
ライダーアビリティカメンライド・クウガ
ライダースキルこいつの笑顔、悪くないゼンエイのときコウゲキ+300アタックポイント+10
スロット 100 90 70 70 50 50
相性◎=防御ベスパ相性適性(攻0,防3,体0,必2)
備考新アビリティ「カメンライド」を実装しSR再昇格。スキルで攻撃が大きく上がり、若干不安なスロットも補正できる。防御ベスパなので不安な防御も安心。必殺がSR平均しかないのでもう少し伸ばせるといいかもしれない。体力以外はスキルや相性でカバーできるので、005-026SR ライダーマン6-023LR 電王LF辺りが妥当なパートナーか。劇中繋がりなら01-018R クウガMFがベスパとして存在している。アビリティ版カメンライドのカンスト越え効果を活用するなら、劇場版繋がりの7-025LR シャドームーンなどの火力底上げ要員と組み、ラウンド2での発動を利用してショッカーグリードを筆頭とするゲキレツ誘発SPカードを絡めれば、大ダメージを期待できる。ちなみにコウゲキの上がる超力にカメンライドし、仮面ライダーコアを使用すればバランスかボウギョ型の戦い方から一気に攻撃重視へと変貌する。
なお、スキル名はディケイド本編クウガの世界で門矢士の放った台詞に由来する。
04-042
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 550
ヒッサツワザDCDF(ディケイドファング)2000
サポートガンガンセメロ
ライダーアビリティカメンライド・キバ
ライダースキル信じる者のために戦うボウギョ+100
スロット 80 80 70 70 60 60
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体0,必1)
備考スロットに90はないが50もない、スキル込みで全ステータス500&必殺技威力2000、無条件スキルにカメンライド持ちと下手な2つ星Rすら凌ぐスペックを有する。なお、スキル名はディケイド本編キバの世界でのセリフに由来(実際には「それが王だ。王の資格だ!」と続く)。

05

05-039☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 550
ヒッサツワザDCDL(ディケイドライナー)2300
サポートサポートハマカセロ
ライダーアビリティカメンライド・デンオウ
ライダースキルイマジン憑依体験ボウギョ・ひっさつ+150
スロット 100 80 70 60 70 50
相性◎=防御ベスパ相性適性(攻2,防3,体0,必0)
備考電王へのカメンライドを引き下げSR連投。スキル込みで見ると全てのステータスに穴がなくなるトータルファイターであり、無条件スキル持ちにして高体力なので活躍の場を選ばない。強いて挙げるなら、前衛時は必殺技威力がもう少し欲しいか。
気になる相性は防御べスパの攻撃2。電王勢では4タロスの力を身に降ろした6-023LR 電王LFと相性をフルに活かしたべスパになり、同じくイマジン4人分の力を振るう11-034SR ネガタロスともべスパかつスキル発動可能。原作「電王の世界」繋がりでは、珍しく出番のあった01-018R クウガMFとは04-041SR以上に相性を活かせる。惜しくもモモタロスには相性の良いカードがないものの、ライダーキックの撃ち合いを演じた9-034SR 電王RFとはべスパになる。
攻撃に相性が振られているので、005-039LR NEW電王 ストライクフォーム003-005LR バースと組み、ラウンド2でT-038 仮面ライダーガタックを使えば攻撃3000によるカメンライドの追撃で1000以上のダメージを簡単に叩き出すことも可能。
なお、イラストはDCDLの演出を踏まえ、色違い3人と併せて4人のディケイドが描かれている。

06

06-036
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 500タイリョク 450
ヒッサツワザDCDT(ディケイドトルネード)2100
サポートアイテヲブットバセ
ライダーアビリティカメンライド・アギト
ライダースキル郵便配達人コウゲキ+100
スロット 90 80 80 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体1,必0)
備考体力がやや低めだが全体的なバランスは悪くない。スキルと相性でコウゲキを伸ばしやすく、追加攻撃のアビリティ「カメンライド」とも相性が良い。R2にコウゲキアップのSPを挿してダメージ1000超を目指すのも一つの手。
06-073★★★★
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 500タイリョク 500
ヒッサツワザディメンションキック2350
サポートガンガンセメロ
ライダーアビリティレジェンドタッグ
ライダースキルライダータッグパワー ZXゼンエイのときコウゲキ・チームタイリョク+150
スロット 100 70 60 70 60 70
相性◎=体力ベスパ相性適性(攻2,防0,体3,必0)
備考友情タッグキャンペーンの1枚。スキルで攻撃・体力の2点強化が出来、スロットも事故が少ない安定型となっている。尚、アビリティはカメンライドではなくレジェンドタッグであることをお忘れなく。なお、システム版カメンライドを行った際はレジェンドタッグ効果が消えてしまうので注意。

ジャンボカードダス

J-017☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザライダーパンチ1900
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキルクウガの世界ゼンエイがクウガのとき タイリョク+200
スロット 90 90 70 70 50 50
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻1,防0,体0,必3)
備考タッグファイリングシート第2弾に収録。バーコードは2-003の再録で、J-018 仮面ライダークウガ マイティフォームとのセット。
J-019☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 550
ヒッサツワザDCDS(ディケイドスラッシュ)2000
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル9ワールドライダーコウエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと なかまのボウギョ+150
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=防御ベスパ相性適性(攻0,防3,体1,必0)
備考タッグファイリングシート第2弾に収録。バーコードは2-002の再録で、J-020 仮面ライダーファイズとのセット。
J-021
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 550
ヒッサツワザライダーキック1900
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル龍騎の世界ゼンエイが龍騎のとき ボウギョ+200
スロット 90 90 70 70 50 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体0,必1)
備考タッグファイリングシート第2弾に収録。バーコードは2-005の再録で、J-022 仮面ライダーゼロノス ゼロフォームとのセット。
J-035
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザライダーキック1800
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル時空変異コウエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと あいてのアタックポイント-10
スロット 90 90 70 60 50 60
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考タッグファイリングシート第3弾に収録。バーコードは4-007の再録で、J-036 仮面ライダーディエンドとのセット。
J-038☆☆
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザDCDV(ディケイドヴァニッシュ)1900
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル反撃開始コウエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと なかまのひっさつ+250
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体0,必2)
備考タッグファイリングシート第3弾に収録。バーコードは5-007の再録で、J-037 仮面ライダー響鬼とのセット。
J-049
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 350タイリョク 500
ヒッサツワザDCDV(ディケイドヴァニッシュ)1700
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル夏海の呼ぶ声チームタイリョク+100
スロット 90 80 60 80 60 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体0,必1)
備考タッグファイリングシート第4弾に収録。バーコードは6-014の再録でJ-050 仮面ライダーW サイクロンジョーカーとのセット。

プロモーションカード

P-008
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 350タイリョク 400
ヒッサツワザDCDB(ディケイドブラスト)2100
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキルキバの世界コウエイがキバのとき コウゲキ+150
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体0,必1)
備考絵柄以外2-004と全く同じ。主にスプリングカップの優勝、準優勝の賞品でもらえるカード。使用する武器はライドブッカーガンモード。
P-009
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザDCDV(ディケイドヴァニッシュ)2100
コウエイガンガンセメロ
ライダースキルライダー殲滅ゼンエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと ボウギョ+200 ひっさつ+300
スロット 90 70 90 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体1,必0)
備考2009年3月より小学館発行の児童誌「てれびくん5月号」、「幼稚園5月号」、「小学一年生5月号」、「小学二年生5月号」、「コロコロイチバン!第25号」に付属のカード。ロゴ違いの5種類がある。プロモ・付録系のディケイドとしては中々実用的。ライダー殲滅を持つ排出版カードはレアカードばかりなのでそちらを手に入れるまでは役に立ってくれるだろう。雑誌ごとにロゴが異なる以外はそれぞれ違いはない。
P-010
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 500タイリョク 450
ヒッサツワザライダーキック1800
コウエイガンガンセメロ
ライダースキルクウガの世界ゼンエイがクウガのとき タイリョク+200
スロット 90 80 70 50 70 60
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体0,必1)
備考小学館発行の「仮面ライダーバトル ガンバライド ファンブック 第2号」に付属のカード。
P-011
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザライダーパンチ1900
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキルクウガの世界ゼンエイがクウガのとき タイリョク+200
スロット 90 90 70 70 50 50
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻1,防0,体0,必3)
備考小学館発行の児童誌「てれびくん2009年6月号」に付属のカード。ステータスは2-003と全く同じ。玩具用バーコードは異なり、DXディケイドライバーに入れた時の音声は「KAMENRIDE!」に続いて平成全9ライダーの名前が放送順に再生される。
P-011-2
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザライダーパンチ1900
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキルクウガの世界ゼンエイがクウガのとき タイリョク+200
スロット 90 90 70 70 50 50
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻1,防0,体0,必3)
備考「仮面ライダーディケイド てれびくん応募者全員サービス 超アドベンチャーDVD 守れ!てれびくんの世界」付属のカード。能力自体は2-003P-011と全く同じ。P-011との違いは右下のロゴがてれびくんからてれびくんDVDに変わっていることと、裏のディケイドマークがてれびくんDVDのロゴに変わっていること、DXディケイドライバーに入れた時の音声が「仮面ライダーカード・てれびくん!」に変わってること。「アタックライド・てれびくん!」ならDVD映像の完全再現だっただけに惜しい。
P-012
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 500
ヒッサツワザDCDS(ディケイドスラッシュ)1900
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル9ワールドライダーコウエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと なかまのボウギョ+150
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考講談社発行の雑誌「仮面ライダーマガジン Spring'09」と「テレビマガジン2009年6月号」に付属のカード。ステータスは3-004と全く同じ。DXディケイドライバーに入れたときの音声は「KAMENRIDE!」に続いてクウガ〜ディケイドまでの変身効果音が放映順に再生される。オフィシャルHPのカードリストにはなぜか掲載されていない。
P-014
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 350タイリョク 400
ヒッサツワザDCDB(ディケイドブラスト)2100
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキルキバの世界コウエイがキバのとき コウゲキ+150
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体0,必1)
備考2009年7月4日〜5日に開催された劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー杯カードバトル試写会「ガンバリーグ」エントリーバトルの参加賞として配布されたカード。バーコードは2-004の再録。
P-015
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 500タイリョク 450
ヒッサツワザライダーパンチ1900
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキルクウガの世界ゼンエイがクウガのとき タイリョク+200
スロット 90 80 70 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体1,必0)
備考2009年6月にファミリーレストラン「ジョイフル」のジョイキッズ(小学生まで)を注文した方に配布されたカード。バーコードは3-005の再録。
P-016
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 350タイリョク 400
ヒッサツワザDCDB(ディケイドブラスト)2100
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキルキバの世界コウエイがキバのとき コウゲキ+150
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体0,必1)
備考2009年4月に開催されたバンダイ「スーパーヒーローキャンペーン」で仮面ライダーディケイド関連おもちゃ2000円以上購入者にカードケースとセットで配布されたカード。バーコードは2-004の再録。
P-017
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 400タイリョク 600
ヒッサツワザDCDS(ディケイドスラッシュ)1700
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキル未知なる能力ゼンエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと アタックポイント+10
スロット 80 70 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体1,必0)
備考「劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦」来場者特典に配布されたカード。バーコードはT-016の再録。
P-021
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 550
ヒッサツワザDCDV(ディケイドヴァニッシュ)2400
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキルライダー殲滅ゼンエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと ボウギョ+200 ひっさつ+300
スロット 100 70 90 60 60 50
相性◎=体力ベスパ相性適性(攻0,防2,体3,必0)
備考セブンイレブン限定商品に付いてくるカード。バーコードは3-001SRの再録で、レアリティと紹介文が異なっている。性能の良いディケイドが中々手に入らなかった当時のガンバライダー達にとっては非常にありがたいカードでもあった。
P-062
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 500
ヒッサツワザDCDJ(ディケイドジェイル)2000
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル異世界探訪コウエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと なかまのコウゲキ+150
スロット 90 70 60 80 70 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防2,体0,必1)
備考2009年冬のセブンイレブン限定商品に付いてくるカード。イラスト、裏面テキスト以外5-006と同じ。
P-066
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 450タイリョク 550
ヒッサツワザディケイドドッジ1900
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル俺たちの力なかまがクウガだと ひっさつ・チームタイリョクすべて+150
スロット 90 90 70 70 50 50
相性◎=防御ベスパ相性適性(攻1,防3,体1,必0)
備考2010年1月より小学館から発刊された児童誌「てれびくん3月号」、「コロコロイチバン!3月号」、「幼稚園3月号」、「小学一年生3月号」、「小学二年生3月号」に付属のカード。同5誌連動企画で実施された「オリジナル必殺技コンテスト」で金賞を受賞した作品「ディケイドドッジ」が楽しめる。
単なるネタカードと思いきや、ステータス合計値1500に強力なライダースキル、さらに防御ベスパ所属と、児童誌付属のプロモカードと侮れない強さを誇る。それもそのはず、相性適性とスキルは後の9-040SRと全く同じ。ある意味ではP-102 NEW電王SFの先輩である。
ただ、SR版との最大の違いである必殺技威力はスキル込みでも2050とかなり貧弱で、相性ではフォロー不能なのでなかなか厳しい。01移行後では命取りになりかねない部分のため、前衛に出すなら補強必須。また、スキル自体もクウガと組ませる必要があるのでかなりのネックであったが、幸いなことに01移行と同時に01-018R クウガMFが現れたので、こちらの問題は今では終息している。
クウガMFは攻撃を伸ばしてくれるので、SR版との差別化も兼ねて3人目は攻撃上昇を意識すると良い。7-025LR シャドームーンならいい感じに攻撃が伸び、必殺技威力も2300と実戦に耐えられる火力は整う。それでも相手の耐久力次第では、5-057SP マーキュリー回路8-057SRSP クレインオルフェノクでの補強も必要だろう。

関連商品付属カード

ガンバライド自体がディケイドをモチーフに製作されているのでディケイドのカードがつく関連商品が多い。
T-016
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 400タイリョク 600
ヒッサツワザDCDS(ディケイドスラッシュ)1700
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキル未知なる能力ゼンエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと AP+10
スロット 80 70 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体1,必0)
備考DXディケイドライバー付属。安定型のスロットに速属性、AP補正スキルとAPに特化したカード。反面、コウゲキと必殺技威力がどちらも低いので決め手に欠ける。コウエイに速でコウゲキかボウギョを強化できるライダーが欲しいところ。カード絵は劇中でディケイドに変身する時に使うカメンライドカードと同じ。
T-017
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 600
ヒッサツワザDCDS(ディケイドスラッシュ)1900
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキル未知なる能力ゼンエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと アタックポイント+10
スロット 90 80 60 80 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考劇中の「アタックライド・スラッシュ」と同じ絵柄。「カメンライド・ディケイド」に似た性能で、攻撃・必殺技火力どちらも底上げされているがまだ不足気味。防御も低く、01からはカメンライドがないので自力補強は出来ないのがきつい。
T-019
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 400タイリョク 600
ヒッサツワザDCDS(ディケイドスラッシュ)1800
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル前衛のつとめゼンエイがディケイドのとき コウゲキ+200
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考レジェンドライダーシリーズ初回限定付属カード。このスキルは「前衛をディケイドCForディケイド激情態、後衛をこのカード」とした場合でも発動する。またディケイドの下位技持ちは大抵後衛向けか攻撃に難のある物ばかりなのでこのカードがトリプルキック狙いに最適か。
T-023
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 550
ヒッサツワザDCDB(ディケイドブラスト)1800
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル前衛のつとめゼンエイがディケイドのとき コウゲキ+200
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体0,必1)
備考「仮面ライダーバトル ガンバライド ポケットファイル」に付属。使用する武器はライドブッカーガンモード。
T-041
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 500タイリョク 450
ヒッサツワザDCDB(ディケイドブラスト)1900
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキルライダー殲滅ゼンエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと ボウギョ+200 ひっさつ+300
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体2,必0)
備考「仮面ライダーバトル ガンバライド オフィシャルバインダー第2弾 ―ディケイド参上!―」に付属。一つ星レアながらLRのスキル『ライダー殲滅』を持つ珍しいディケイド。タイリョクが若干低めなので仲間で補強したい。
また何気に唯一の「速属性ライダー殲滅」持ちであり、スキル発動時は悪魔ディケイドと比べわずかに防御が高くなる。体力や必殺は相性値も含めまったく及ばないが。ただ、速属性カメンライドなら属性効果2倍の恩恵が付くので、差別化が図れるようになったのは嬉しいところか。



ガンバライドデータ
声:井上正大
武器:ライドブッカーガンモード(小型銃)ソードモード(片手剣)
必殺技:ディメンションキック  DCDB (ディケイドブラスト)  DCDV (ディケイドヴァニッシュ)  DCDJ (ディケイドジェイル)  ディケイドドッジ ディケイド&オーズタッグキック
下位技:DCDS (ディケイドスラッシュ) DCDB (ディケイドブラスト)(第6弾まで) ライダーパンチ ライダーキック
専用システム:カメンライド
ライダーアビリティ:カメンライド

原作設定
登場作品:仮面ライダーディケイド
武器:ライドブッカー 他ライダーの武器
必殺技:ディメンションキック 各FFR合体技他
人間名:門矢士(演:井上正大)

これまでの記憶を失っている謎の多い主人公。
趣味は写真撮影で、世界の全てを撮りたいと思っているが、彼の撮った写真の全てが歪んでしまう。
世界の崩壊に立会った時にベルトを発見しディケイドに変身、その際会った紅渡に9つの世界を旅し、世界を破壊することを頼まれる。
「だいたいわかった」が口癖で、やや斜に構えた物言いをするが、心の底には彼なりの正義感を持っており、土壇場ではそれを露わにして、敵に啖呵を切る。

武器の威力や自分自身を強化するカード、クウガ〜キバまでの歴代ライダーに変身するカードや必殺技を発動するカードなど様々なライダーカードを駆使し戦う。
そのため極めて多彩な手数を持ち、相手の苦手とするタイプや間合いで戦うことが可能な、「対仮面ライダー戦に特化した仮面ライダー」である。
2020年03月24日(火) 17:54:25 Modified by ID:0Q2o9LyPaA

添付ファイル一覧(全2件)
d90ca366ed1753a9.jpg (22.45KB)
Uploaded by ID:3OZYR0TLYw 2009年05月03日(日) 05:14:31
7165b2773b887e73.jpg (9.11KB)
Uploaded by ID:3OZYR0TLYw 2009年05月03日(日) 05:14:25



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。