Wiki内検索
メニュー
最近更新したページ
最新コメント
タグ
カテゴリー
アクセス数

最新コメント

仮面ライダー王蛇


第4弾

4-017☆☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザベノクラッシュ2500
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル歪んだ力コウエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと あいてのチームタイリョク-200 ボウギョ-100
スロット 100 100 70 60 50 60
相性◎=防御ベスパ相性適性(攻0,防3,体1,必2)
備考速属性初のLRはまさかの初悪役LRともなった。更に唯一の前衛でスキルを発動できないLRであり、相手同調で相手チームの耐久力を弱体化させるスキルを持つ。登場時は防御ベスパ筆頭だった3-014LR ブレイドKFと組ませるとどちらかのスキルを必ず犠牲にし、同じく防御ベスパのディエンドやカイザは力属性だったため、相手が速属性なら戦わせないのが普通…とベストパートナーとは少々組ませ辛い面があった。しかし、現在では技属性や速属性の万能・無条件スキル持ちが増え、組む相手の自由度には困らない。相手との属性同調に起因する取り回しの悪さは仕方ないが、11弾でも速属性の仲間を必要とする11-034SR ネガタロスが新たなベストパートナーに加わっているため、案外将来の明るいカードである。
スキルの関係上、速属性メタデッキを作る場合の候補として真っ先に上がりやすく、ベストパートナーではないが7-016SR WLTを前衛に置くと、相手が速属性なら開幕と同時に相手体力が450も減る恐ろしい事態を引き起こす。メタデッキを意識しない場合でも、10-058SP ティーレックス・ドーパントと併用すれば相手の防御が壊滅することは覚えておこう。
基本ステータスの高さを活かして、いっそ前衛で戦わせてみるのも面白い。LRの必殺威力平均をやや下回っているが、必殺適正2なので必殺べスパと組ませ、SPカードなどを併用すれば3000超えも容易。候補としては4-002SR 悪魔ディケイドや、10-019SR ディケイド激情態002-027LR X11-031LR アマゾンなどと組ませるとバランスよく強化できる。
4-018☆☆
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 300タイリョク 450
ヒッサツワザジェノサイドソード2000
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル邪魔者は排除するゼンエイのとき あいてのボウギョ-100
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体1,必2)
備考コウゲキが高い上、ボウギョが低いという、ゼンエイ・コウエイのどちらで使えばいいか分からないカード。だが、スキルとコウゲキの高さを見ればゼンエイで、ボウギョと必殺技の威力の低さを見ればコウエイで使うといいが、タイリョクが低いのでゼンエイで使うのが正解。その場合、ボウギョ対策を忘れずに。

第5弾

5-026☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 450
ヒッサツワザベノクラッシュ2400
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキルまとめて相手をしてやるゼンエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと コウゲキ+400 ボウギョ-100
スロット 100 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体1,必2)
備考筐体排出では初の前衛型スキルを持つベノクラッシュ。スキルにより単独で攻撃は900まで上昇するが、反面防御300、体力450と防御面はかなり不安。スペシャルカードや仲間による援護は必須。ちなみにスキルを使わない場合のステータスは4-017LRから-50ずつ劣る下位互換。ベスパグループには属していないが相性ボーナスは防御と必殺に2振られている。スキルさえ発動できればだが、7-053SR イクサBMと組めば防御が下がるでもなく500も上昇し、7-052SR キバDFと組めばデメリットを押さえられる上、更に必殺技に磨きがかかる。最近では001-013LR ファイズBF002-027LR Xなども候補として考えられる。唯一の前衛型高レアべノクラッシュである、どうにか耐久面を補ってその威力を見せ付けたいところだ。
5-027
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 500タイリョク 450
ヒッサツワザジェノサイドソード1800
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキル邪悪な眼差しゼンエイのとき あいてが龍騎だと こうげき・ひっさつ+200
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体2,必0)
備考こちらも5-026SRと同じく前衛型スキル持ちだが、相手を選ぶので狙いにくい。防御が第11弾稼働時点で最も高く、後衛作戦もガードヲカタメロとこれまでの王蛇とはやや毛色が異なっている。とりあえず下位技持ちとしてはもっとも普通なのでトリプルキック狙いカードはこのカードがベストか。
スキルでは龍騎を対象にしているが、02にてもっとも因縁のあるゾルダが参戦。参戦時期がもっと遅ければ、このカードのスキルの対象はゾルダだったかもしれない…。

第6弾

6-032☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 450
ヒッサツワザベノクラッシュ2300
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル過激な暴走コウエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと なかまのコウゲキ+300 ボウギョ-200
スロット 100 80 70 70 60 50
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻2,防0,体0,必3)
備考2度目のSR、悪役としては異例の3度目の高レアリティカードとして登場。ステータスは5-026SRと殆ど同じだがスキルが後衛型になっている。内容はまたしても対速属性仕様のもので、防御と引き換えに大幅に攻撃を上げるという、例に漏れず危険なスキルになっている。自分のステータスが下がらない、必殺技のダメージアップも期待できるという意味では4-017LRの方が良いか(SRとLRの差では仕方が無いが)。それに相手を選ぶ分ノーマルV3二種(2-044N6-052N)の「逆ダブルタイフーン」に使い勝手で劣る。ただしSRなので後衛に置けばノーマルカードよりはオイウチ発生がずっと期待できるはず。それに必殺のベストパートナーグループに入っているのも特徴。必殺グループは相性ボーナスの都合で攻撃を上げ辛いので状況を選ぶとはいえ攻撃+300はありがたいだろう。ただしデメリットは無視できないレベルなので、5-057SP マーキュリー回路を使って緩和しつつ更に確実に必殺技威力を上げて、一撃で確実に相手を倒せるようにしたい。上の文章と矛盾するが、基本的にこのカードを使う場合、守りの事は極力考えず、「やられる前にやる」を信条にするといい。

第7弾

7-042
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 450
ヒッサツワザベノクラッシュ1800
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル最凶のライダーあいてとゾクセイがおなじだと あいてのチームタイリョク-150
スロット 90 70 60 80 70 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考筐体排出では初の一つ星のベノクラッシュを使う王蛇。属性が技に変化しているので、今までの感覚で速属性相手の時に意気揚々と出さないように注意(三すくみでの相性はよいのだが)。必殺技が随分弱くなったが相手の体力自体を削るのでそれさえ強化しておけば十分に相手を倒せるだろう。ステータスも両SRと比較しても差は無く相変わらず高い。打たれ弱いのも今まで通りなので注意。

001弾

001-046
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 350タイリョク 450
ヒッサツワザベノクラッシュ2100
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル泥を食ったことがあるか?コウエイのとき なかまのアタックポイント+20 チームタイリョク-200
スロット 90 80 80 70 50 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体0,必1)
備考第7弾から久しぶりに登場した王蛇。前回収録までカードナンバーは龍騎枠(ナイトの後)に位置していたが、今弾よりダークライダー枠に移動した。
スキルは相変わらず危険溢れるもので今回はAPプラスの代わりに体力を下げるスキル。元から王蛇の体力が低く、相性でも上がり辛いので前衛は必然的に体力を上げられる万能スキル持ちか素で600前後持ちが推奨される。スキル名は龍騎24話の台詞から。コーヒー電王や電王WFとは対極である。

004弾

004-047
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザベノクラッシュ2000
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキルモンスターの世話も楽じゃないゼンエイのときひっさつ+250 チームタイリョク-100
スロット 90 80 80 50 50 70
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体0,必1)
備考ジェノサイダーに合わせて登場した今回は初の超属性。スキルで必殺技の威力を上げられるが同時に体力が下がってしまうのが難点。攻撃の低さも気になるので後衛でのフォローが必要。なお、このカードにもT-048王蛇同様、ベント表記がない。(このカードもファイナルベント扱いである。)

02

02-046
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 500
ヒッサツワザベノクラッシュ2100
サポートガードヲカタメロ
ライダースキルイライラが爆発寸前ゼンエイのときコウゲキ・ひっさつ+150 チームタイリョク-150
スロット 90 90 90 50 50 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防0,体2,必1)
備考待ちに待った、王蛇初となる力属性での登場。属性効果+スキルの火力はN以上のものがある反面、90と50のみの極端なスロットに絶望的な耐久面は後衛でフォローしよう。しかし01HEXのゾルダへの対抗手段足りえる力属性のリリースゆえ、後1弾早く参戦してくれれば…と悔やまずにはおれない感じがするカードである。北岡と決着を付けることは遂に叶わなかった浅倉・・・そんな最終話を彷彿とさせる一枚でもある。

04

04-052
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 350タイリョク 500
ヒッサツワザベノクラッシュ1950
サポートアイテヲブットバセ
ライダースキルイライラの頂点ゼンエイのときコウゲキ+200 ボウギョ-150
スロット 90 80 70 60 60 60
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体1,必0)
備考初の通常力属性で登場。前衛で使うことでコウゲキを上げ、低いボウギョは更に下がるという6-035R カイザのような能力を持つ(こちらは属性同調が不要という利点を持つが)。相性適性もコウゲキ寄りで必殺技威力も高いとは言えないので、コウゲキを集中して上げ撲殺を狙うのが最善手か。

05

05-050
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザベノクラッシュ1900
サポートガンガンセメロ
ライダースキルライダーになるのは面白いな!コウエイのときなかまのコウゲキ+150
スロット 90 70 70 70 70 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体1,必0)
備考前弾から引き続きNで排出。しかし、王蛇らしからぬシンプルで安定したスキルはかなり異例。後衛型スキルなのが惜しいが、スキル発動によるデメリットや相手属性同調に悩まされないため扱いやすさは王蛇のカード中でも随一。前衛で使う場合はNカードゆえに泣き所、必殺技威力の低さのフォローを意識しよう。

ジャンボカードダス

J-041☆☆
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 300タイリョク 450
ヒッサツワザジェノサイドソード2000
コウエイアイテヲブットバセ
ライダースキル邪魔者は排除するゼンエイのとき あいてのボウギョ-100
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体1,必2)
備考タッグファイリングシート第3弾に収録。バーコードは4-018Rの再録で、J-042 仮面ライダーネガ電王とのセット。紫色の悪役ライダー繋がりか。
J-112
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 350タイリョク 450
ヒッサツワザベノクラッシュ2100
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル泥を食ったことがあるか?コウエイのとき なかまのアタックポイント+20 チームタイリョク-200
スロット 90 80 80 70 50 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体0,必2)
備考タッグファイリングシート第7弾に収録。バーコードは001-046の再録で、J-111 仮面ライダーエターナルとのセット。

プロモーションカード

PR-106
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザベノクラッシュ1900
サポートガンガンセメロ
ライダースキルライダーになるのは面白いな!コウエイのときなかまのコウゲキ+150
スロット 90 70 70 70 70 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体1,必0)
備考7月中旬発売の「ガンバライドチョコスナック」第10弾に封入。バーコードは05-050の再録。

関連商品付属カード

T-048
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザベノクラッシュ2200
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル9分55秒ゼンエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと タイリョク-300 コウゲキ+400
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体2,必0)
備考DXディエンドライバー付属カード。他の玩具付属カード同様アドベント表記は無い(技はファイナルベント)。
基礎能力は低めだが、自身のスキルで速属性にしては高い攻撃力が確保出来る…のは嬉しい所だが、このカードが出た当時はデメリットの体力-300を補ってくれるカードが少なく、最悪の場合、体力800前後で戦わなくてはならなかった。体力の適正2のためデメリット軽減は簡単なものの、それ以外の補強にに手が回りにくく使いどころに困るカードだったが、時を経て速属性無条件スキル持ち体力べスパも登場し、さらには01弾から3on3バトルへの変更で後衛どちらか一人を体力べスパにすれば帳消しになり、さらにもう一人の後衛の体力分で人並みの体力は確保できる。後はこのカードのスキルで上がった850という高い攻撃を伸ばしつつ、防御や必殺などをどうにか補強したいところ。
パートナー候補は8-005SR アクセル10-019SR ディケイド激情態001-011LR オーズタトバC・ライドベンダー002-005LR オーズラトラーターC005-039LR NEW電王などで通常・必殺両方の火力を引き上げてやる事で単なるプロモ以上の実力を発揮してくれる…はず。スキル名の由来はミラーワールドにおけるライダーが存在できる制限時間から。
TOY-043
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 350タイリョク 500
ヒッサツワザベノクラッシュ2100
サポートガードヲカタメロ
ライダースキルイライラが爆発寸前ゼンエイのときコウゲキ・ひっさつ+150 チームタイリョク-150
スロット 90 90 90 50 50 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防0,体2,必1)
備考タッグファイリングシート第10弾に収録。バーコードは02-046の再録で、TOY-042 仮面ライダーゾルダとのセット。



ガンバライドデータ
声:砥出恵太
武器:べノサーベル(片手剣)
必殺技:ベノクラッシュ
下位技:ジェノサイドソード
専用システム:無し

原作設定
登場作品:仮面ライダー龍騎
武器:牙召杖ベノバイザー べノサーベル他
必殺技:ベノクラッシュ ドゥームズデイ他
人間名:浅倉威(演:萩野崇)

神崎士郎にその凶暴性を買われカードデッキを渡されライダーとなった凶悪殺人犯。
狡猾にして凶暴な性格に加えて高い戦闘能力を持ち、他のライダーを躊躇無く殺傷する。
本来の契約モンスターはコブラ型モンスター「ベノスネーカー」だが、契約のカードを複数枚持っているため他のモンスターも自分の支配下に置く事が出来る。仮面ライダーガイ、仮面ライダーライアと、次々にライダーを撃破し、彼らの契約モンスターを奪い取った。
2018年05月23日(水) 20:04:15 Modified by ID:2iwkBu0HLg




スマートフォン版で見る