Wiki内検索
メニュー
最近更新したページ
最新コメント
タグ
カテゴリー
アクセス数

最新コメント

仮面ライダー新1号



第1弾

1-026☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 600
ヒッサツワザライダーキック2300
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル技の1号ゼンエイのとき コウゲキ+100
スロット 100 80 70 70 60 50
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻2,防0,体0,必3)
備考全体的にバランスが良い。ライダースキルも前衛発動なので前衛向き。100のキックも嬉しい。基本的に使いやすいカードではあるのだが、インフレ状態の現在に於いてはパラメータ、スキル補正値いずれにおいても後発カードに劣るのは事実。足りない分は愛でカバーするしかない。幸い、必殺のベストパートナーグループには強力な無条件スキル持ちが多いため、思い入れさえあればまだ戦える。
1-027
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザライダー疾風パンチ1900
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル再強化の技ゼンエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと AP+10
スロット 90 70 60 80 70 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考コウゲキが350と若干低めなので、後衛のライダースキルで強化しよう。
1-028☆☆
ステータスコウゲキ 300ボウギョ 400タイリョク 600
ヒッサツワザライダー天舞キック2300
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル48の技師コウエイのとき なかまのボウギョ+150
スロット 90 70 60 80 70 50
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻1,防0,体0,必3)
備考1弾SR版が0○環境で伸び悩む中、後衛向き低レアとして今なお現役で使われる隠れた名カード。必殺べスパにして守備をがっちり固める高体力とライダースキルにより、総合力強化に一役買ってくれる。また、実は必殺技威力がSR版と同じであり、必殺べスパなのが幸いしてその気になれば前衛でも戦える。その際は攻撃の低さが弱点になるので、サポートアタックを軸に立ち回りたいところ。
後衛としてのライバルは5-010R ディエンド。あちらは防御の上昇値が50高いが、体力が100低くゲキレツアイコンが小型銃である。また、新1号が技属性なのに対しあちらは力属性。前衛のステータスを見て細かく使い分けたい。

第2弾

2-041☆☆
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザライダーキック2100
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル技巧の2本ラインゼンエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと タイリョク+200
スロット 90 80 70 60 50 70
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻1,防0,体0,必3)
備考相手との属性同調型だが、ライダースキルを発動すればステータスは1-026を上回る。後衛作戦は新1号では初めてのサポートハマカセロ。

第3弾

3-038
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザライダーキック1900
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル悪を蹴散らす男コウエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと なかまのコウゲキ+200
スロット 90 70 80 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防0,体2,必1)
備考後衛向き。ライダースキルはステータスの上昇値が1‐026の「技の1号」より高いが、前衛との属性同調という条件付きなので6-037N ブレイドの下位互換である。技属性のライダーが多いので比較的扱いやすいのが救いか。

第4弾

4-052
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザライダーキック1900
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキル正義の魂コウエイのとき なかまのひっさつ+250
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体1,必1)
備考ステータスは3-038に攻防が+50された程度だが、仲間の必殺技威力のみを上昇させる後衛型ライダースキルを持つ。必殺技威力が総じて低いノーマルカードの相棒として役立ちそう。

第5弾

5-045
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザライダーキック2200
コウエイアイテヲ ヨクミロ
ライダースキルバッタの能力コウエイのとき チームタイリョク+150
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体1,必1)
備考ディケイド劇中仕様の一枚。DXディケイドライバーに差し込むと「カメンライド 1号」の音声が鳴る。カード自体は2-041に近い性能だが、スキルの上昇値が低くなった代わりに相手との属性同調なしで使えるようになっている。

第6弾

6-050
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 550
ヒッサツワザライダーキック1800
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル悪を蹴散らす男コウエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと なかまのコウゲキ+200
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体1,必0)
備考6-051N 新2号とつづり絵になっている。ライダースキルは3-038と同じだがステータスは3-038と比べると高い。しかしスキルを活用する場合せっかくの上がったコウゲキも無駄になるのが惜しい。その反面、3-038ではただの上位互換となる6-037N ブレイドとも、+50された体力で差別化が図られたのは嬉しい。これ以上の攻撃上昇は8-042SR イクサSM以外は対象限定か防御マイナスが入るので注意。

第10弾

10-044
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 400
ヒッサツワザライダーキック2050
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル決死のライダージャンプコウエイのときなかまがV3だとあいてのチームタイリョク-200
スロット 90 70 80 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体2,必0)
備考6弾以来の登場。ライダースキルは前衛がV3でないと使えないが、相手の体力を-200できるのはノーマルカードとしては大きい。後衛としては体力が低いので、前衛には同弾の10-045SRを筆頭に1-032SR1-033RP-001といったスキルを含めて体力の高いV3を置こう。

005弾

005-049☆☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザダブルライダー車輪&キック2800
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキルダブルライダー合体技のひとつなかまとゾクセイがおなじだとボウギョ・ひっさつ+200 アタックポイント+10
スロット 100 100 70 70 50 50
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻2,防0,体1,必3)
備考映画記念なのか新技でLR。さすがに伝説は伊達でなく、8-026LR クウガRUBEと並び、全体でも5本の指に入る程の高威力の必殺技を持つ。スキルでのさらなるブーストも見込めるため、ステータスバランスはどう見ても必殺番長向けとなっている。04で04-043SR ディケイドCFに抜かされてしまったものの、あまりにも火力特化であり他を省みないので安定感は此方が上。
原作および必殺技演出再現という観点から、やはり01-055SR 新2号との組み合わせが最有力。…というより、高レア同士&スキル同時発動できる組み合わせがバイクしかなく、すれ違いを繰り返した果てにやっと現れたカードなので、是が非でも組み合わせたい。2人のスキルを組み合わせると全能力+200・AP+20となり死角が埋まり、さらに技属性同調で相互に発動するので3人目を選びやすいと良い事尽くめだ。更に必殺番長御用達の11-027SR リュウタロスも投入すれば必殺技威力は単独で4000まで上昇し、もはや前人未到の領域に達する。映画つながりで見るなら、006-005SR オーズタトバCともちょうど良くべスパで、スキルでさらなる必殺強化とウィークポイントである体力補強が可能かつ必殺技威力は4150と直撃すればまず撃破は容易い、正真正銘の一撃必殺デッキに仕上がる。
また、属性同調は必要だがスキルは後衛でも発動し、「アイテヲヨクミロ」持ちでもあるので、敢えて10-047SR スーパー111-061SR ZXの後衛に回すのも手である。これら以外にも昭和ライダーの高レアには10-045SR V3002-027LR Xなど技属性が多いので、スキルの発動は容易い。
また、その前の映画で顔合わせした2-001LR ディケイドの後衛に置くと、べスパではないが相性画面でのアクションが原作再現になり、元からインチキ臭い必殺威力もさらに大盛りになる。必殺べスパには、レッツゴー仮面ライダーで共演した005-022SR NEW電王(バイク)7-001LR WCJなど技属性が豊富で、無条件スキル持ちも多いのでパートナーには困らない。
そして、02では自身が改造した3号ライダー、02-051LR V3が必殺ベスパでLR昇格。先の01弾新2号と組むことでついに「1号&2号&V3」の黄金トリオがフルスペックで組めるようになった。相性は示し合わせたかのごとく完全に一致し、全員技属性なので1号2号のスキルも問題なく発動。V3のスキルで攻必がさらに上がり、相性で上がらない体力もカバー。その他スキルや相性を加味するともう弱点はなくなってしまう。前後配置も自由自在。もはや流石というほかはない。ちょっとだけ防御が不安だがそこはSPがなくとも何とかなる範囲。火力はシャレにならないのでやられる前にぶちかましてやろう。
やはりSPカードは必殺技重視ということで、因縁の005-055SPSR ショッカーグリードを起用するのも面白いが、体力補強がしづらいという盲点を潰すために2-047SP 仮面ライダー幽汽で回復するのも良い。AP勝負の必殺番長ということで、8-055SPSR オートバジン バトルモードを使うのも方針としては正解だろう。

006弾

006-048☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザダブルライダー車輪&キック2400
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル悪に打ち勝つ覚悟ゼンエイのときチームタイリョク+250 アタックポイント+10
スロット 100 90 70 60 60 50
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻0,防2,体0,必3)
備考ダブルライダー車輪&キックが順当にSR落ち。力属性の新1号は異例・・・というか初。また、指定が属性同調から配置限定に変わったため、パートナー選びにおいては前弾LRよりも割り切って考えやすい。スキルは前衛時に体力とAP補正を付けるもので、属性と防御以外は前弾に近い使い方ができる。
相性適性は近年の昭和ライダー高レアに多い必殺べスパの防御2。これにより、10-045SR V3とはスペック・原作再現度両面においてLR版以上に噛み合う形となった。また、002-027LR X11-031LR アマゾンとはべスパにして相性を最大限に活かすことができる。原作でライダーダブルキックを見たことのない彼らに、全盛期の力を見せてやるのも一興といえよう。さらにあの悪魔ディケイドを後衛に置くと相性を限界まで活かす形となり、悪魔スキルと属性効果・相性が併さった結果、事実上悪魔スキルの効果が2倍になる。このカード自体のスキルの強化点は悪魔スキルときれいにズレているため、ステータスの穴が完全に埋まり、LR版に匹敵する性能を発揮する。
なお、このカードが登場した時点では存在しなかった01-055SR 新2号とも当然ながら相性は良い。新2号側のスキルが技属性同調で発動するため3人目に制限がかかる・スキルでの強化箇所が体力とAPに寄るなど、多少LR版に比べ不自由な点もあるが、それでもスペックは優秀である。また、入手難易度の非常に高いLRがなくともダブルライダーの真価を発揮させられること自体、実に評価されるべきことだろう。上記のV3と組めばLRを集めずとも強力な1号2号V3トリオも可能なのだ。
ちなみに、ホロ加工の関係で公式サイトではかなり見えにくいが、カードイラスト背景には仮面ライダー本編に登場した怪人たちが描かれている。幹部を含め細かく描かれており、気合いの入り様ではLR版にも劣らない逸品である。

01

01-031☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 400タイリョク 550
ヒッサツワザライダーキック2250
サポートガンガンセメロ
ライダースキル仮面ライダーは正義の味方ひっさつ+150
スロット 90 90 90 50 50 50
相性◎=体力ベスパ相性適性(攻0,防0,体3,必1)
備考久々にシングルのライダーキックを使う新1号が再登場。また、バイクカードを除けば初の体力べスパ所属の新1号というのも密かな魅力。スキル込みで2400まで到達する必殺技威力とタイリョクの高さが長所だが、90か50が半々という大胆な割振のスロットがやや難。APフォローのできる仲間を付けておくと良いだろう。ちなみにイラストは同弾の新2号と繋ぎ絵になっている…が、相性適性がズレているためベストパートナーにはなれないのが残念。

03

03-051☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 500タイリョク 400
ヒッサツワザダブルライダー車輪&キック2450
サポートアイテヲヨクミロ
ライダーアビリティタイフーン
ライダースキル悪を打ち砕く希望チームタイリョク+250 アタックポイント+10
スロット 100 70 70 70 60 60
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻2,防0,体0,必3)
備考新アビリティ「タイフーン」を搭載しSR再昇格。性能的には005-049LR006-048SRの折衷を狙ったものになっており、特にスキルは配置・属性指定どちらもないため大幅に使いやすくなった。その他もスキル効果と安定傾向のスロットはSR、属性・相性適性と後衛作戦はLR準拠になっており、使い勝手では元の2枚を上回る。唯一、基礎体力のみがLR・SRどちらにも似ず低くなっているが、幸いにもスキルで大補強されるので通常は問題にならないのが救い。
パートナーは、もはや定番の01-055SR 新2号との組み合わせが有効。00○弾でのLR・SRと相性の良いカードとはこちらでも組みやすく、パートナーには不自由しない。それどころかスキルの制約が取り払われた関係で、LR版などでは組めないパートナーを採用できるのは大きな強み。特にアビリティによりライドパワーを補給できることから、メタカードによりライドパワーが激減する仮面ライダーW前衛のデッキでの採用率が高い。特に必殺べスパだが技属性ではない8-001LR WFJや、最強クラスの必殺技威力を持つ故に絶対に必殺技発動を阻害されたくない05-044LR WCJXにとっては窮地を救う切り札となる。これまでの合体技カードと違い本人しか描かれていないのが寂しい。

04

04-025☆☆
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 550タイリョク 450
ヒッサツワザライダーキック2100
サポートガンガンセメロ
ライダーアビリティタイフーン
ライダースキル改造人間の悲しみなかまとゾクセイがおなじだとチームタイリョク+250
スロット 80 60 70 80 70 60
相性◎=体力ベスパ相性適性(攻0,防1,体3,必0)
備考初の超技属性での登場。前衛で使い「タイフーン」による補助も合わせれば、ライドパワー不足に困ることは無いだろう。相性は01と同じ体力ベスパで、スキルも合わせれば効率よくタイリョクを強化できる。タイフーンも合わせてしぶとく一発逆転を狙おう。カード表面の台詞は説明不要の名台詞、『変身!』
ちなみにこのカードを03弾で使うと、ライダーキックを持った速属性の新1号(相性適性「攻0,防1,体1,必1)。がスキャンされる。

05

05-052☆☆
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザダブルライダー車輪&キック2200
サポートガンガンセメロ
ライダーアビリティタイフーン
ライダースキル頭脳明晰あいてとゾクセイがおなじだとあいてのボウギョ-250
スロット 90 80 80 70 50 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体0,必2)
備考LR昇格から1年で遂に2号とのタック技もR落ち。スキルは相手同調型だが後衛でも発動し、発動しづらさに見合った防御-250というスキル効果も馬鹿にできない。基礎ステータス・相性両面から考えると、前衛使用時は必殺技で仕留める基本に忠実なスタイルが吉だろう。

ジャンボカードダス

J-015☆☆
ステータスコウゲキ 300ボウギョ 400タイリョク 600
ヒッサツワザライダー天舞キック2300
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル48の技師コウエイのとき なかまのボウギョ+150
スロット 90 70 60 80 70 50
相性◎=必殺ベスパ相性適性(攻1,防0,体0,必3)
備考タッグファイリングシート第1弾に収録。バーコードは1-028の再録で、J-016 新2号とのセット。
J-058
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 550
ヒッサツワザライダーキック1800
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル悪を蹴散らす男コウエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと なかまのコウゲキ+200
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体1,必0)
備考タッグファイリングシート第4弾に収録。バーコードは6-050の再録で、J-057 ファイズとのセット。

プロモーションカード

P-003
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 300タイリョク 600
ヒッサツワザライダー疾風パンチ2200
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル48の技師コウエイのとき なかまのボウギョ+150
スロット 90 80 80 60 50 60
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考小学館発行の児童誌「てれびくん」2009年1月号付録。その後数多く登場する「てれびくん」プロモーションカードの第1号。高い体力とスキルは良くも悪くも後衛向き。
P-209
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 400
ヒッサツワザライダーキック2050
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル決死のライダージャンプコウエイのときなかまがV3だとあいてのチームタイリョク-200
スロット 90 70 80 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体2,必0)
備考「仮面ライダーぴあ 仮面ライダー公式写真集&40周年記念本」付録。P-208 オーズタトバCとのセットで繋ぎ絵になっている。バーコードは10-044Nの再録。
P-226
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザライダーキック1900
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル悪を蹴散らす男コウエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと なかまのコウゲキ+200
スロット 90 70 80 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防0,体2,必1)
備考7月下旬発売の「ガンバライドチョコスナック」第6弾に封入。バーコードは3-038Nの再録。
PR-017
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 550
ヒッサツワザライダーキック1800
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル悪を蹴散らす男コウエイのとき なかまとゾクセイがおなじだと なかまのコウゲキ+200
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防2,体1,必0)
備考2011年10月1日発売の「テレビマガジン」2011年11月号に付属のカード。PR-016 フォーゼBSとのセットでつづり絵になっている。バーコードは6-050Nの再録。

関連商品付属カード

T-001
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 300タイリョク 600
ヒッサツワザライダーキック2300
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル技の1号ゼンエイのときコウゲキ+100
スロット 90 70 60 80 70 50
相性◎=なし相性適性(攻0,防1,体1,必1)
備考レジェンドライダーソフビ初回限定。Tシリーズの記念すべきナンバー1。ボウギョ300は致命的。コウゲキは自身のライダースキルに任せてボウギョを上げよう。
TOY-008
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 400
ヒッサツワザライダーキック2050
サポートガンガンセメロ
ライダースキル決死のライダージャンプコウエイのときなかまがV3だとあいてのチームタイリョク-200
スロット 90 70 80 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体2,必0)
備考タッグファイリングシート第9弾に収録。バーコードは10-044の再録で、TOY-007 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツとのセット。



ガンバライドデータ
声:稲田徹
武器:無し
必殺技:ライダーキック ダブルライダー車輪&キック
下位技:ライダー疾風パンチ ライダー天舞キック
専用システム:無し
ライダーアビリティ:タイフーン

原作設定
登場作品:仮面ライダー
必殺技:ライダーキック他
人間名:本郷猛(演:藤岡弘)

城南大学の院生。IQ600の超天才にして、超一流のオートレーサーでもある。
しかし、その優れた頭脳と肉体ゆえに、悪の秘密結社ショッカーに目を付けられて拉致・改造手術を施され、バッタの能力を持つ改造人間になってしまう。
しかし、脳改造前に恩師でありショッカー怪人の改造を手がけていた緑川博士の手引きにより脱出。
異形の力を得てしまった事に思い悩むが、その力を人類のために使おうと決意。
大自然の使者「仮面ライダー」を名乗り、人類の自由と平和のために悪しき科学の権化であるショッカーと戦う。
ゲーム中に登場するのは仮面ライダー1号が再改造手術を受けパワーアップした新1号。
2018年05月23日(水) 20:18:35 Modified by ID:2iwkBu0HLg




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。