Wiki内検索
メニュー
最近更新したページ
最新コメント
タグ
カテゴリー
アクセス数

最新コメント

仮面ライダーNEW電王 ストライクフォーム



第9弾

9-018☆☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 600
ヒッサツワザカウンタースラッシュ2600
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル勝利へのカウントダウンゼンエイのとき ボウギョ・ひっさつ すべて+250
スロット 100 70 60 100 60 50
相性◎=体力ベスパ相性適性(攻2,防0,体3,必1)
備考速属性であり、体力も600と高い上、ベスパグループは体力、自身のスキルで防御も上がるので、かなり堅い。必殺技の威力も申し分無い。パートナーとしては相性は完全にかみ合っているわけではないが、攻撃防御をさらに補い、原作再現も出来る6-023LR 電王ライナーフォームと組ませたいところだ。属性同調型ではないため、ライナーフォームに限らずすべての後衛スキルを持つ電王カードとコンビを組んでの原作再現ができる。8-005SR アクセルとはベストパートナーで、上昇するステータスが一致している。相性は攻撃も上がりやすい傾向にあるため、こちら重視で行くなら8-053SR シャドームーン10-008SR WFJが良い。どちらも相性○で+300、後衛スキルで+150の合計900まで攻撃力が上がる。また、003-005LR バースを後衛に置けば攻撃は1000まで上昇し、防御、体力、必殺ともに死角のない強力なチームが完成する。
9-019☆☆
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 350タイリョク 450
ヒッサツワザヘビーマチェット2000
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル未来の電王なかまが電王だと コウゲキ+200
スロット 90 70 50 90 70 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体0,必1)
備考位置を指定しないスキルなので自身の強化や仲間の強化に使いたい。発動条件は電王全フォーム(ソードロッドアックスガンウイングライナー)に対応する。予想に難くないが、モモタロスをはじめとするイマジンやネガ電王では発動しない。
攻撃が高めな分だけ防御が低く、体力もさして高くないため、守りが手薄になりがちなのが難点。まあ防御はおじいちゃん天丼に任せよう!
9-020
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザミドルスパート1800
コウエイアイテヲヨクミロ
ライダースキル野上家の血筋コウエイのとき なかまのボウギョ+150
スロット 80 70 70 70 70 60
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体1,必1)
備考スキルが扱いやすく、スロットも安定志向で使いやすい後衛型NEW電王。前衛で使う場合は手薄な防御の強化は必須となるだろう。ゲキレツアイコンが蹴であることに注意。

第10弾

10-034☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 500タイリョク 450
ヒッサツワザカウンタースラッシュ2300
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル不幸最悪ゾーンゼンエイのとき あいてとゾクセイがおなじだと あいてのコウゲキ・ボウギョ・ひっさつ すべて-100
スロット 100 90 60 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防2,体0,必1)
備考ライダースキルは前弾9-018LR同様に前衛縛り。属性が技に変更された上に、スキルは相手属性同調型で使い勝手の悪いカードになってしまった。発動される内容は、相手の3種類のステータスを削るという珍しいものになっているが、減少値100は少ないか。さらに自身の能力は全くと言っていいほど強化されないので、後衛での補強は必須か。ステータス削りに価値を見出すなら、前衛縛り以外は全く同じスキルを持つ7-029SR ZXや、同じくステータスを削る004SRカリスおま罪FJを後衛に置こう。
10-035
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザヘビーマチェット1800
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル野上家の血筋コウエイのとき なかまのボウギョ+150
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体1,必0)
備考9-020と同じスキルを持ち、体力は同値。属性が異なるので前衛によって使い分けたいが、ゲキレツアイコンが異なることに注意。前衛で使う場合は、9-020と比べて防御が50上がったが、力属性でなくなったため攻撃力は落ちていることを考えて使おう。

第11弾

11-049☆☆
ステータスコウゲキ 400ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザカウンタースラッシュ2300
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル未来の電王なかまが電王だと コウゲキ+200
スロット 90 80 70 60 60 60
相性◎=なし相性適性(攻2,防1,体0,必1)
備考前弾10-034SRと同じ必殺威力を持つ良カード。さらに攻撃の相性補正2に、属性効果で火力はRとしてはなかなかのもの。
9-019Rと同じスキル持ちだが、スキルを発動させるなら、圧倒的にこのカードが良い。前衛で使うならボウギョを補強して不安要素をなくしたいところ。1-020N アックスフォーム1-018R ロッドフォーム辺りと組ませるといいだろう。防御ベスパ持ちの電王各種と組めば属性効果込みで攻防ともに700を軽く越えられる。
11-050
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 450
ヒッサツワザヘビーマチェット1900
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル未来の特異点あいてとゾクセイがおなじだと ひっさつ+150
スロット 90 80 50 80 70 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体0,必2)
備考スキルはP-102と同じだが、こちらはただのNカードであるためスキル込みでやっと必殺技威力が並程度になる。体力に不安があるため基本は前衛配置となるだろう。例によってボウギョの補強はほぼ必須。

002弾

002-038
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザカウンタースラッシュ1850
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル俺の場合、こうなるみたいなかまがイマジンだとひっさつ+200 アタックポイント-10
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻2,防0,体0,必1)
備考イマジン指定スキルで必殺威力を補強できるが、APマイナスで速属性のメリットを差し引いてしまう。場所は問わないので、APマイナスを苦にしないイマジンの後衛なら活躍できるか。


004弾

004-038
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 500タイリョク 450
ヒッサツワザカウンタースラッシュ2000
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキル臨時の契約あいてとゾクセイがおなじだと コウゲキ+200
スロット 90 80 50 70 70 60
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体1,必1)
備考防御が高めで必殺技の威力もそれなりにあるが攻撃の低さが目に付く。スキルでカバーできるが相手との同調が必要なので発動しにくいのが難点。

005弾

005-039☆☆☆☆☆
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザ俺の場合こうなるみたい2600
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキル失って気付くものなかまとゾクセイがおなじだとコウゲキ・ひっさつ+350 アタックポイント-10
スロット 100 70 70 100 50 50
相性◎=防御ベスパ相性適性(攻0,防3,体2,必1)
備考基礎ステータスは控えめだが、速属性であれば後衛でも発動出来るというスキルで攻撃面を一気に伸ばす前衛も後衛もこなせる良カードである。相性は防御ベスパ、スキルと合わせて隙がなく数も豊富。更に体力に2振られているので強烈AP補正を持つ10-011LR アクセルトライアル1-003R キバGF8-021LR ファイズAF。隠れた名カードでAP補正も得れる6-011N ディケイドCF。両者補正で更なる強化が可能となる10-019SR ディケイド激情態等の後衛として使えるだろう。また01弾より3人で組めるようになったので、このスキルで減少したAPはもう1人のスキルで補えるようになったのは追い風が来たと言っていいだろう。
また、7-021LRBLACK RX001-031SR響鬼紅等の速属性撲殺の後衛として使っても良いだろう。その際、足りない体力は GOD工作員&キングダークでカバーするとよい。

006弾

006-039☆☆
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 400タイリョク 500
ヒッサツワザ俺の場合こうなるみたい2200
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル一本釣りのウラタザオゼンエイのとき ボウギョ+150
スロット 90 80 80 60 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体2,必0)
備考属性効果込みで見ればバランスは取れており、扱いやすいスペックを持つ。一応、スロットは寄り気味なので注意。

03

03-036☆☆
ステータスコウゲキ 500ボウギョ 400タイリョク 450
ヒッサツワザ俺の場合こうなるみたい2250
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル未来からの助っ人コウエイのとき なかまのコウゲキ+200
スロット 90 90 90 50 50 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体2,必0)
備考006弾版と全く同じ相性適性ながら、90と50しかないピーキーなスロット・後衛型スキル持ちなのに攻撃が高く体力が微妙なステータスバランスと扱いづらさが目立つ。

ジャンボカードダス

J-071☆☆
ステータスコウゲキ 550ボウギョ 350タイリョク 450
ヒッサツワザヘビーマチェット2000
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル未来の電王なかまが電王だと コウゲキ+200
スロット 90 70 50 90 70 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体0,必1)
備考タッグファイリングシート第5弾に収録。バーコードは9-019の再録で、J-072 仮面ライダークウガ ライジングアルティメット(レッドアイ)とのセット。
J-092
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 450タイリョク 500
ヒッサツワザヘビーマチェット1800
コウエイサポートハマカセロ
ライダースキル野上家の血筋コウエイのとき なかまのボウギョ+150
スロット 90 80 70 70 60 50
相性◎=なし相性適性(攻1,防1,体1,必0)
備考タッグファイリングシート第6弾に収録。バーコードは10-035の再録で、J-091 ウラタロスとのセット。
J-126
ステータスコウゲキ 350ボウギョ 500タイリョク 450
ヒッサツワザカウンタースラッシュ2000
コウエイガードヲカタメロ
ライダースキル臨時の契約あいてとゾクセイがおなじだと コウゲキ+200
スロット 90 80 50 70 70 60
相性◎=なし相性適性(攻1,防0,体1,必1)
備考タッグファイリングシート第8弾に収録。バーコードは004-038の再録で、J-125 仮面ライダー電王 超クライマックスフォームとのセット。

プロモーションカード

P-102
ステータスコウゲキ 450ボウギョ 400タイリョク 600
ヒッサツワザカウンタースラッシュ2600
コウエイガンガンセメロ
ライダースキル未来の特異点あいてとゾクセイがおなじだと ひっさつ+150
スロット 100 70 60 100 60 50
相性◎=体力ベスパ相性適性(攻2,防0,体3,必1)
備考2010年6月5日公開の映画「仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー NEW電王編 『EPISODE BLUE 派遣イマジンはNEWトラル』」入場者特典カード。スペックは9-018LRと同じだが、スキルのみが異なる。ベストパートナー持ちで相性適性はLRと全く同じなので、組み合わせが良ければトータル+550の相性ボーナスを得ることも可能。新たなスキルは配置を問わないので、高い体力を活かした後衛使用も視野に入れられる。005-039LRの登場で後衛使用というウリも薄れたが、スキルにデメリットがある、相性適性が異なるなどの差異からまだまだ出番はある。更に01弾では3人編成になったのでスキル発動は諦め、ブレイカーを任せてもよい。相性で発生率が影響するのでNながら破格の性能を持つこのカードの強みを生かせる。



ガンバライドデータ
声:桜田通 小野大輔
武器:マチェーテディ(大型剣)
必殺技:カウンタースラッシュ 俺の場合こうなるみたい
下位技:ヘビーマチェット ミドルスパート
専用システム:無し

原作設定
初登場作品: 劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン
武器:マチェーテディ デンガッシャー
必殺技:カウンタースラッシュ ストライクスパート
人間名:野上幸太郎(演:桜田通)

未来からやって来た新しい電王。 
テディによりあらかじめ決められたカウント通りに敵を倒す戦法を好む。
変身する幸太郎は電王に変身する未来の良太郎の孫。良太郎を助けるために度々未来からやって来る。
2012年09月07日(金) 08:31:50 Modified by ID:2xxYBlPQRg




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。