Wiki内検索
メニュー
最近更新したページ
最新コメント
タグ
カテゴリー
アクセス数

最新コメント

006弾スペシャルカード

006弾スペシャルカード


006-054 水のエル

「アギトを狩るもの」
2ラウンドのあいだ、ゾクセイこうかが2倍になる。さらに、あいてがアギトのとき、
あいてのライダースキルを封印する。

「備考」
「アギト」に登場した怪人。人に取りつきアギトになる可能性がある人を殺させていた。 「闇の力」の側近中の側近であり、翔一とも因縁深い相手。

オーズ最終弾スペシャルカードを最初に飾ったのは、まさかのメタカード。
そして、キバ・W・電王と続いて今度はアギトで、仮面ライダーサガのアギト版とも言うべき効果。
アギトといえばLRアギト BFという超撲殺が一番印象に残り易いが、その強烈なスキルを消せるのは中々の強さ。その後アギトSFも強力なスキルを持ち参戦。こちらも勿論、全てのアギトに刺さるのはいうまでもない。
但し、アギト戦では属性が倍加するということで読まれて仮面ライダーコアを使われないように注意。

また、本来の効果である属性効果が誰でも倍加するというにも注目。
何気に仮面ライダースーパー1仮面ライダーコアという弊害効果やジェットスライガーといった限定だったものしか無かった為、純粋に属性効果を倍加してくれるのは初。

裏面はアギトのマーク


006-055 仮面ライダーインペラー

「悲しき因果」
ライドパワー+50。
ただし、次のラウンドから、ひっさつ-1000

「備考」
「龍騎」に登場したライダーの1人。ライダーバトルに勝つ前に願いを叶えてしまい、ライダーバトルを抜けようとするが、それはかなわずミラーワールド内で命を落としてしまう。

非常に実感が沸かないが、使ってみれば解かるその強さ。
ライドパワーが大幅に上昇するが、その引き換えに必殺が大きく下がってしまう。
これだけを見れば敬遠してしまいがちだろう。

だが、それだけで判断するのは大間違い。注目は、使用すればチーム必殺技を容易く打てるという点。
チーム必殺技の威力は非常に高く、ある程度あれば、防御が3000もあっても足りない程の破壊力を持つ。
大抵のデッキはどんなに固めても2000程が関の山な為、いかにこのSPカードの恩恵が凶悪かが解かるだろう。
但し、弾によって防御補正が変動するのでもし補正が高い場合は3000も高められるとダメージが2桁しかいかずに貫けない場合もある。逆に低ければこのカードは十分に猛威を奮えるので環境に応じて使おう。
また、技属性であればラウンド1で攻撃成功した場合、何も考えずに使ってもいい。相手のSP等でライドパワーを妨害させられなければラウンド2でゲキレツアタックを受けてもチーム必殺技が確定する。
必殺が4000以上あるデッキならたとえチーム必殺にならなくても残りは3000以上とある程度高めなので必殺特化のカードと組み合わせればリスクを無視して使用が可能。専用システムマグネットチャージのあるフォーゼMSもリスクがほとんどない。
CPU戦で撲殺すれば影響が無いのでEXステージの為に溜める用として使うのも悪くない。
また、クレイドールエクストリームという最悪のメタカードがある仮面ライダーWにとっては、ある意味救世主になりうるかもしれない。

01に移行し、チーム必殺技がミガワリ不能ということが発覚。
このカードを見る機会は多くなるだろう。

裏面はインペラーのマーク。


006-056 オロチ

「戦国最強の魔化魍」
次の1ラウンドのあいだ、コウゲキ+300、
あいてのコウゲキ-300

「備考」
「劇場版響鬼」に登場した敵。他の魔化魍よりも更に大きく「鬼岩城」を根城としている。
TV版でも同様の名称が出るがこちらの場合は「現象」である。

攻撃上昇と減少を同時にこなす効果を持つ。
ラウンド2で使用した場合、次のターンは必殺を撃つことが多いので注意したい。

006弾のCPUがよく使ってきた。

裏面は鬼のマーク。


006-057 仮面ライダー煌鬼

「音撃拍・軽佻訃爆」
1ラウンドだけ、コウゲキ+500

「備考」
「劇場版響鬼」に登場した江戸時代の鬼。シンバル型の武器で音撃をする。

攻撃を大幅に上げてくれる撲殺デッキ向きの効果を持つカード。
ネプチューンとは対を成す。

リスクが無いのは嬉しいが残念なのは使用したラウンドでしか効果を発揮しないということ。
それでも使用したラウンドで決着をつけられるのであれば十分に強い。
通常攻撃は999でカンストするので上手い具合に調整出来れば完璧。
またシザースの上位版である。

裏面は鬼のマーク。


006-058 兄弟ラーメン

「底辺の絆」
オイウチミガワリとライダーガッツの発生確率がアップする。

「備考」
「カブト」第39話にて、地獄兄弟がすすっていたカップ麺。「兄貴塩」「弟味噌」の二種類。

ただの小道具である地獄兄弟の食事がまさかのSP化。
追い討ち攻撃・身代わり防御・ライダーガッツの発生確率がアップと至れり尽せり。
しかも使用したラウンドから永続で続くのでEX技属性ステージでは切り札にもなりうる。
デメリットも無いので有効に活用したい。
更に01弾より通常攻撃にもライダーガッツが発生するようになった為、更に使い勝手が向上した。

裏面はホッパーのマーク。

使用時に矢車が喋る。
「二人で歩いていこう……このゴールのない暗闇を」


006-059 仮面ライダーキバ 飛翔態

「想いの力」
2ラウンドのあいだ、あいてのコウゲキ・ボウギョ・ヒッサツ-200
さらに、じぶんのゼンエイがキバの場合、ヒッサツ+600

「備考」
「キバ」に登場したライダー。渡の「想い」が最大限に高ぶることで変身する。

2ラウンド限定だが相手の攻撃・防御・必殺をデメリット無しで減少させる。
更に前衛がキバであれば必殺も上昇するキバデッキには必携の1枚。
なお、追加効果の対象はキバのみなので、前衛を仮面ライダーダークキバにしても追加効果は発動しないので注意。
総合的な減少値&追効果で見るとショッカーグリードには劣るが主要ステータスを全体的に減少出来ると考えれば多少のお得感はあるだろう。
ステータスのドレインスキルを主要に構成したデッキであれば候補の1つに入れても問題は無い。

裏面はキバのマーク。

使用時、キバットバット契い叫ぶ。
「ウェイク、アーップ!!」


006-060 バットファンガイア

「暁が眠る、素晴らしき物語の果て」
あいてのチームタイリョクを15%奪い取る。
さらに、1ラウンドだけ、あいてのアタックポイント-10

「備考」
「キバ」に登場する怪人。過去のキングであり、仮面ライダーダークキバに変身する。絵柄は復活後。スキル名は真名。

体力吸収とAPの減少を同時に行う強力な効果。
今まで体力を吸収してくれるのが仮面ライダー幽汽と非常に古いうえにこれ1つだけだった。その為吸収量が多少低いとはいえ、回復しつつダメージを与えられるのは有り難いだろう。
今まで持っていなかったり、EXステージで1ラウンドに大ダメージを受けた場合に代用として十分使える。
惜しいのは後文の効果。AP減少効果が次のラウンドで起これば、非常に強力だっただけに残念である。

裏面はキバのマーク。

使用時に過去キングが喋る。
「いつの日か必ず、俺の息子がお前たちを倒す…!」


006-061 仮面ライダーレイ

「3WAのライダーシステム」
2ラウンドのあいだ、コウゲキ+300 アタックポイント+10

「備考」
「劇場版キバ」に登場したライダー。3WAがキバを研究し作った。

攻撃とAPが同時に上昇するので撲殺や攻撃力が低くなりがちな防御特化デッキに向いている。
AP減少のライダースキルを打ち消すのにも使える。

また、撲殺デッキのダメ押しとしてもいい仕事をしてくれる。

裏面はレイのマーク。


006-062 仮面ライダーエターナル レッドフレア

「私、ゾッとします」
1ラウンドのあいだ、おたがいのコウゲキ-300
次の1ラウンドのあいだ、おたがいのひっさつ-400
さらにその次の1ラウンドのあいだ、おたがいのボウギョ-500

「備考」
Vシネマ「仮面ライダーエターナル」に登場したライダー。財団Xの使者、加頭順が試作品のメモリ「エターナル」で変身した姿。スキル名は劇中での加頭の台詞から。

ラウンドを追う毎に互いに弱体化する泥沼効果を発揮するが、使いどころが難しい一枚。互いのデッキが拮抗している場合は効果も薄いので使い手を選ぶ一枚と言える。
この効果を利用するのであれば、ラウンド2で使用してラウンド3を敵の必殺技を耐えて、ラウンド4で逆転の一手を狙う分には好都合。01弾より体力の増加で必殺技の重要性が高まった為に火力を抑えられるのは相手から見れば意外と辛いもの。更にスイッチスキャンで防御を更に上げらればたまったものではない。ラウンド2で使用すれば防御が大幅に下がるラウンド4ではチーム必殺技が放てる為に火力が高まるので正に大技一手で勝ちをもぎ取るには最適だ。

裏面はエターナルのマーク

使用時、ガイアウィスパーがメモリ名をコールする。
「エターナル!」


006-063 NEVER

「ようこそ、死神の世界に」
2ラウンドのあいだ、コウゲキ+250。
さらにチームタイリョクが120ずつ回復する。
ただし、その次のラウンド開始時、ボウギョ-400

「備考」
「劇場版W」に登場したテロリスト集団。科学薬品とクローニングで蘇った死者で不死身の体を持つ。スキル名は劇中の台詞。

Vシネマのエターナル発売記念でカード化。
攻撃力の大幅な上昇とチーム体力回復が頼もしい。毎ラウンドに体力が120も回復するのは地味ながら強力。
だが、防御力の大幅な減少がキツいか?
最速ラウンド2で使用した場合、防御減少効果はラウンド4で発生すると思われる。
うまく使えば豪快に戦えるかもしれない。

裏面はエターナルのマーク。

使用時、エターナルが喋る。
「さぁ、地獄を楽しみな」


006-064 最強怪人グランザイラス

「クライシスの最強破壊兵器」
1ラウンドのあいだ、ボウギョ+250。
あいてのコウゲキ・ひっさつ-250

「備考」
「BLACK RX」に登場する怪人。10人ライダーの攻撃を防ぐ装甲と街1つを廃墟にしてしまう爆弾を体内に持つ。

使用したラウンドだけ防御力が大きく上昇する。
相手の攻撃と必殺を同時に減少させることが出来るが防御上昇効果がいまいち噛み合ってない。
上手く使うにはラウンド3で使うしかない。
攻撃必殺減少効果が永続なのかどうかは要検証。

裏面はブラックRXのマーク。
01でCPUが使う可能性のあるカードのひとつ。


006-065 ドクロ暗殺隊

「死を運ぶドクロの面」
1ラウンドごとに、あいてのひっさつ-100

「備考」
「仮面ライダー(新)」に登場した大首領直属のアリコマンド部隊。大首領の命令で洋の母を殺害する。

相手の必殺を徐々に減らすことが出来るが早いラウンドで使っても最大300と減り幅は少なめ。
一番速いラウンド2で発動してもラウンド3の時点では-200。
素直に11-071SP 蜂女を使用した方がいいかも知れない。

006弾のCPUがよく使ってきた。

裏面はスカイライダーのマーク。
2012年08月26日(日) 01:35:09 Modified by ID:YfJVm964Pw




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。