岐阜大学医学部弓道部公式ホームページです。

弓道用語辞典



☆初級編 弓道を始める前に知っておきたい基本用語です('ω')ノ


射法八節【しゃほうはっせつ】…弓を引く際の動作の一連の流れ。主に八つの動作からなる。足踏み、胴造り、弓構え、打起し、引き分け、会、離れ、残心(残身)からなる。

弓手【ゆんで】(押手【おして】)…左手のこと。弓を持つ方の手を指す。

妻手(馬手)【めて】…右手のこと。弓を引く(弦をかける)方の手を指す。

射場【しゃじょう】…弓を引く場

的場【まとば】…的を立てる場

大前【おおまえ】…弓を団体で引く際に先頭で引く人物、射場から見て一番右の的のこと。

落ち【おち】…弓を団体で引く際に最後尾で引く人物、射場から見て一番左の的のこと。

的中【てきちゅう】…矢が的に当たること。「当たる」は「中る」と表現する。

羽分け【はわけ】…引いた本数の半分の的中を指す。四本引いた際は二本、二本引いた際は一本の的中のこと。

皆中【かいちゅう】…引いた矢がすべて的中すること。特に四本矢を引いた際にすべて的中すること。周囲の人間は拍手を行うのが礼儀。

☆中級編 指導中などにも使われる用語!少しずつ覚えよう!(^^)!

三十十文字【さんじゅうじゅうもんじ】…両肩の線、腰の線、足踏みの線が平行でかつ一枚の面上にあること、頭の先から足踏みの中心までの線がそれら3本の線と垂直に交わることを理想とする言葉。大事。

退く【のく】…上体が馬手側に傾いたり、ずれている状況のこと。三十十文字の縦線のずれ

懸る【かかる】…上体が弓手側に傾いたり、ずれている状況のこと。「退く」と同じく三十十文字の縦線のずれ

鳥打ち【とりうち】…だいさん(引き分けの前)の状態で矢先が上を向いていること。

水流れ【みずながれ】…だいさんの状態で矢先が下を向いていること。

手の内【てのうち】…弓の握り方のこと。少し変えるだけで射全体に大きな変化をもたらす。日々研究なり…。

天文線【てんもんせん】…手の内を作った際、弓の角に必ず沿わせなければならないとされる手のひら上の線。ここが弓から浮いてしまってはいけない。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

リンク

適当にリンク貼ってください。
(リンク先の管理人の許可はとってね)



浜松医科大学医学部弓道部さん

名古屋大学医学部弓道部さん

岐阜大学弓道部さん

岐医弓web

リンクの更新はMenuBar2

メンバーのみ編集できます