刑事実務基礎

2006年度冬学期
担当教官 秋吉・岡・宇川

刑事訴訟法が実務という視点から立体的に隆起する授業。
弁護人・検察・裁判所の3つの立場からバランスよく刑事手続を学ぶ。

研修所の教材を用いつつ、
間接事実からの認定や供述の信用性などの重要論点を学ぶ。
改正法で導入された「公判前整理手続」も念入りに教えてくれる。

成績はもっぱら試験。Aをもらった勉強法を紹介すると、
条文素読と配布レジュメの読み込みである。
2007年03月11日(日) 13:12:39 Modified by appendix2006




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。