民事実務基礎

2006年度冬学期
担当教官 野崎・渡辺

研修所の前期修習にあたる部分をロースクールで学ぶ。
具体的には研修所の「類型別」などを用い要件事実論を学ぶ。

07年から教官がかわるが、
Aの成績をとるコツはかわらないと思う。

すなわち、先輩から過去の小テストや過去問回答を手に入れ、
ハイクオリティーな要件事実の問題に多くあたることだと思う。
この点、東京大学法科大学院の民事実務基礎の問題を概ね作成していた
渡辺客員教授は研修所で実際に教官であった先生なので、
問題の質はきわめて高く勉強になる。

要件事実マニュアルという本が便利であるが、
教官達は厳しい評価をしていた。まずは研修所の教科書と過去問第1であろう。
暗記よりもなぜ実体法からその要件事実が導かれるのかという理由が大切である。
2007年03月11日(日) 13:06:37 Modified by appendix2006




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。