歴史・考古・民俗関連の用語解説集です。フリー百科事典Wikipedia(ウィキペディア)に負けないくらい、力入れて頑張ります。

コンデ公アンリ(アンリ1世・ド・ブルボン=コンデ、Henri Ier de Bourbon-Condé、1552年−1588年)は、第2代コンデ公。ユグノー戦争におけるプロテスタント(ユグノー)の首領のひとり。アンリ・ド・ナヴァル(アンリ4世)の従弟にあたる。

生涯

1552年12月29日にコンデ親王ルイとルシー伯女エレオノール・ド・ロワイエの子として生まれる。

1560年、父コンデ親王ルイをはじめとするプロテスタントは、熱狂的なカトリック教徒で弾圧側の中心であったギーズ公フランソワを襲い、国王フランソワ2世ら王族を奪取して王を拉致しようとしたが、計画が事前に察知されていたため、実行者は捕らえられ残酷な処刑が行われた(アンボワーズの陰謀)。こののち、1562年にギーズ公フランソワによるヴァシーの虐殺が起こり、ユグノー戦争がはじまった。アンリは父同様ユグノー派の一員としてユグノー戦争を戦った。

最初の妻はマリー・ド・クレーヴ?(1553年−1574年)であった。1女(カトリーヌ)をもうけている。なお、マリー・ド・クレーヴはカトリーヌ・ド・クレーヴの妹であり、ギーズ公フランソワの子ギーズ公アンリと結婚している。

1569年、コンデ親王ルイとガスパール・ド・コリニー提督に対する襲撃計画があり、ふたりは反カトリックのイングランドと結んでラ・ロシェルに籠城して抵抗して、第3次ユグノー戦争が始まった。3月13日のジャルナックの戦いでは、コンデ親王ルイとコリニー提督のひきいる新教徒軍が、王弟アンジュー公(のちのアンリ3世)の指揮する国王軍と衝突し、ここで父コンデ親王は捕らえられ処刑された。アンリは、即座にコンデ公の爵位を相続した。

1573年、マリー・ド・クレーヴは21歳の若さで死去し、2度目の妻シャルロット・ド・ラ・トレモイユ(1568年−1629年)をむかえた。シャルロットとの間には1男(アンリ)1女(オラニエ公妃エレオノール)をもうけている。

1576年には全国三部会?が開かれたが、カトリック勢力が多数を占め、信教の自由の項目は破棄された。それまでユグノーと組んでいたアンリ3世の王弟アランソン公は一転してプロテスタントの拠点を攻撃し、多数の住民を虐殺した。1577年9月、ベルジュラックの和議が結ばれて第6次ユグノー戦争が終結した。しかし、この和約ではユグノー側への宗教的寛容は全体的に大きく後退した。これに不満な一部の急進的なプロテスタントは、1579年、コンデ公アンリをかついで反乱を再発させ、第7次ユグノー戦争が起こった。この反乱は失敗に終わり、1580年フレックスの和議?が結ばれた。

コンデ公アンリは三アンリの戦いのさなかの1588年3月5日に死去した。なお、息子(アンリ)は彼の死後に誕生したため、出生と同時に第3代コンデ公を継承、コンデ公アンリ2世と称した。

履歴

  • 本記事の履歴を参照。

著作権者

  • Greenland4

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニューバーA



全部:
昨日:
今日:

フリーエリア

Wiki内検索

メニューバーB

■官公庁・政府機関
○首相官邸
http://www.kantei.go.jp/ ○内閣府
http://www.cao.go.jp/ ○外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ ○国立情報学研究所
http://www.nii.ac.jp/
○アジア経済研究所
http://www.ide.go.jp/Japanese/
○日本銀行金融研究所
http://www.imes.boj.or.jp/ ○文部科学省
http://www.mext.go.jp/ ○文化庁
http://www.bunka.go.jp/ ○東洋文庫
http://www.toyo-bunko.or.jp/

■学術・研究機関
○東京大学史料編纂所
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/index-j.html
○法政大学大原社会問題研究所
http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/

■博物館
○東京国立博物館
http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=X00/proces...
○京都国立博物館
http://www.kyohaku.go.jp/jp/index_top.html
○奈良国立博物館
http://www.narahaku.go.jp/
○九州国立博物館
http://www.kyuhaku.com/pr/
○東北歴史博物館
http://www.thm.pref.miyagi.jp/
○秋田県立博物館
http://homepage3.nifty.com/akitamus/
○国立歴史民俗博物館(れきはく)
http://www.rekihaku.ac.jp/
○国立民族学博物館(みんぱく)
http://www.minpaku.ac.jp/

■個人ブログ
○歴史ブログランキング
http://blog.with2.net/rank1650-0.html
○縄文と古代文明を探究しよう。
http://blog.kodai-bunmei.net/blog/

■個人ブログ
○歴史ブログランキング
http://blog.with2.net/rank1650-0.html
○縄文と古代文明を探究しよう。
http://blog.kodai-bunmei.net/blog/
○膏肓記
http://dangodazo.blog83.fc2.com/
○ムラーノ城
http://ameblo.jp/mura-no

■個人HP
○世界史講義録
http://www.geocities.jp/timeway/
○海上交易の世界と歴史
http://www31.ocn.ne.jp/~ysino/index.html

■リンク集
○歴史大全
http://www.3haskc.com/

管理人/副管理人のみ編集できます