歴史・考古・民俗関連の用語解説集です。フリー百科事典Wikipedia(ウィキペディア)に負けないくらい、力入れて頑張ります。

「バリケードの日」事件とは、第8次ユグノー戦争のさなかの1588年5月、ギーズ公アンリひきいるカトリック同盟の軍と国王アンリ3世の軍との紛争で、パリ市民がギーズ公側について蜂起した事件。パリ市にバリケードが築かれたことからそう呼ばれる。

概要

1585年ヌムール勅令以来、フランスの宗教戦争(ユグノー戦争は、国王アンリ、ギーズ公アンリ、ナヴァル王アンリ(のちのアンリ4世)による三アンリの戦いの局面をむかえていた。

当初はブルボン家のナヴァル王アンリが教皇より破門され、ギーズ公と国王はともに新教徒のアンリ・ド・ナヴァル征討軍を出したが、旧来からの名門貴族の特権の擁護を主張するギーズ公と、貴族の力を抑制し王国の求心力を失いたくない国王との距離はしだいにはなれた。

パリではギーズ公を支援するカトリック同盟が勢力を持ち、カトリックとプロテスタントの間で不穏な状況となった。

当初国王アンリ3世はギーズ公アンリと組んでブルボン家のアンリにあたっていた。ブルボン家のアンリは、1587年クートラの戦いで国王軍に勝利し有利な立場にあったが、このような状況のなか、1588年、ギーズ家の勢力が拡大することに脅威を感じたアンリ3世はギーズ公アンリのパリ立ち入りを禁止した。

これに対し、ギーズ公アンリはわずかな従者を連れただけでパリに潜入、パリの民衆もこれを歓迎した。1588年5月12日、ギーズ公ひきいるカトリック同盟軍と国王軍との紛争で、王位継承を狙うギーズ公がパリに入ったのに対し、国王アンリ3世が軍隊を集めると、パリ市民がギーズ公アンリの側について蜂起し、バリケードを築いて国王軍に対抗した。翌13日には国王アンリ3世がパリを追われ、パリの南、ロワール川中流のブロワの宮殿に落ち延びた。

パリ市民の支持を失った国王はシャルトル、ルーアンなどへ移った。その後、12月にアンリ3世の刺客がブロアで全国三部会?に参加中のギーズ公を暗殺している。

履歴

  • 本記事の履歴を参照。

著作権者

  • Greenland4

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニューバーA



全部:
昨日:
今日:

フリーエリア

Wiki内検索

メニューバーB

■官公庁・政府機関
○首相官邸
http://www.kantei.go.jp/ ○内閣府
http://www.cao.go.jp/ ○外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ ○国立情報学研究所
http://www.nii.ac.jp/
○アジア経済研究所
http://www.ide.go.jp/Japanese/
○日本銀行金融研究所
http://www.imes.boj.or.jp/ ○文部科学省
http://www.mext.go.jp/ ○文化庁
http://www.bunka.go.jp/ ○東洋文庫
http://www.toyo-bunko.or.jp/

■学術・研究機関
○東京大学史料編纂所
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/index-j.html
○法政大学大原社会問題研究所
http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/

■博物館
○東京国立博物館
http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=X00/proces...
○京都国立博物館
http://www.kyohaku.go.jp/jp/index_top.html
○奈良国立博物館
http://www.narahaku.go.jp/
○九州国立博物館
http://www.kyuhaku.com/pr/
○東北歴史博物館
http://www.thm.pref.miyagi.jp/
○秋田県立博物館
http://homepage3.nifty.com/akitamus/
○国立歴史民俗博物館(れきはく)
http://www.rekihaku.ac.jp/
○国立民族学博物館(みんぱく)
http://www.minpaku.ac.jp/

■個人ブログ
○歴史ブログランキング
http://blog.with2.net/rank1650-0.html
○縄文と古代文明を探究しよう。
http://blog.kodai-bunmei.net/blog/

■個人ブログ
○歴史ブログランキング
http://blog.with2.net/rank1650-0.html
○縄文と古代文明を探究しよう。
http://blog.kodai-bunmei.net/blog/
○膏肓記
http://dangodazo.blog83.fc2.com/
○ムラーノ城
http://ameblo.jp/mura-no

■個人HP
○世界史講義録
http://www.geocities.jp/timeway/
○海上交易の世界と歴史
http://www31.ocn.ne.jp/~ysino/index.html

■リンク集
○歴史大全
http://www.3haskc.com/

管理人/副管理人のみ編集できます