歴史・考古・民俗関連の用語解説集です。フリー百科事典Wikipedia(ウィキペディア)に負けないくらい、力入れて頑張ります。

ユグノーとは、宗教改革?期のフランスにおいて、ジャン・カルヴァンの思想を奉じたプロテスタントの一派。フランスにおけるプロテスタントの中心的存在。新興の産業市民層が多く、宗教上の寛容のみならず、三部会の定期的招集を要求し、封建貴族的なカトリック教徒と対立した。

概要

宗教改革者ジャン・カルヴァンの思想がフランスでも勢力を持ち、改革派(プロテスタント)はカトリック側から「ユグノー」と呼ばれた。ユグノー(huguenot)はドイツ語のEidgenosse(アイドゲノッセ、「盟友」の意味)から生まれた蔑称である。

フランスの宗教改革運動は16世紀初頭、聖書の再検討などをおこなう人文主義者や福音主義者の活動からはじまった。1520年代になると、ドイツで始まったルターの教えがフランスにつたわって同調者があらわれ、改革派の運動は知識人や手工業者、さらには貴族の間にも拡大した。ヴァロワ朝のフランス国王フランソワ1世は姉マルグリット・ダングレームとともに、当初は改革派に好意的だった。しかし、30年代半ばから、ソルボンヌとパリ高等法院が改革派の弾圧を開始すると、フランソワ1世も弾圧政策に転じた。

フランス出身の人文学者で神学者ジャン・カルヴァンが1536年に『キリスト教綱要』を出版した。これにより、新教徒はカルヴァン派を中心にカトリックと明瞭に袂を分かった。1540年代になると、ジュネーヴを中心に活躍していたカルヴァンによる信仰生活における規律や訓練を重視する教えがフランスに普及し、フランスの改革派の大部分がカルヴァン派となった。

1547年、アンリ2世が即位すると、パリ高等法院には火刑法廷が設置されて、カルヴァン派信徒は異端として火刑に処せられた。

蓄財と勤労を正当化するカルヴァン派の教えは、都市部の商工業者に支持されていったが、改革派の運動には一部の貴族も加わり、激しさを増す弾圧にもかかわらず、強力な組織力をもって王国に深く浸透した。1559年には改革派教会はラ・ロシェルの信仰告白をおこなった。この年、パリでひらかれた第1回全国改革派教会会議に参加した教会はわずか15だったが、2年後の第2回会議は2000以上にものぼった。

フランソワ1世とアンリ2世による相次ぐ迫害にもかかわらず、フランスではカルヴァン派が急速に広がった。かれらはユグノーと呼ばれたが、とくに内陸部の農民、大西洋岸の海岸地方や商業市民、また名門の貴族のあいだにも多かった。

このときにあたり、アンリ2世の後継者であったフランソワ2世シャルル9世はともに無能であり、2人の弟アンリ3世もまた優柔不断で一貫性を欠いた。3人とも若くして王位についたため、実権はメディチ家?出身の母親カトリーヌ・ド・メディシスが握っていたが、彼女もまたイタリア出身ということもあってフランス貴族のあいだではとかく評判が良くなかった。

こうした状況下で、勢力の強い貴族たちは、君主権力の弱体化を利用した。なかでもナヴァルのブルボン家、コリニー提督コンデ公などは、政界におけるユグノーの代弁者であった。

当時すでに、フランスの3分の1がユグノーで占められていたといわれる(もっとも、それは過大な評価であり、6分の1にすぎないとの試算もある)。とくに、ピカルディー、ノルマンディー、ポアトゥー、ドーフィネ、ラングドックなどの地方では、ユグノーは国のなかにもうひとつ国をつくったのも同然であった。

ユグノー戦争

新旧両派の対立は、おりからの名門貴族間の権力抗争に取り込まれた。従前より、ヴァロア王家は名門貴族間の微妙なバランスのうえに君臨していたが、1559年、アンリ2世が事故で急死し、15歳のフランソワ2世が即位すると、新王の外戚(王妃メアリ・スチュアート?の親戚)にあたるギーズ家が勢力を拡大して、その均衡は崩れた。ギーズ家一党が熱狂的なカトリックであったことから、これに対抗してブルボン公やコリニーら反ギーズ派の貴族たちが新教徒と手を結び、ここに新旧両派の信仰上の対立は一挙に政治対立の意味合いを帯びることになった。

1560年コンデ親王ルイをはじめとするプロテスタントは、熱狂的なカトリック教徒で弾圧側の中心であったギーズ公フランソワを襲い、国王フランソワ2世ら王族を奪取して王を拉致しようとしたが、計画が事前に察知されていたため、実行者は捕らえられ残酷な処刑が行われた(アンボワーズの陰謀)。これは摂政カトリーヌ・ド・メディシスが、ギーズ公の勢力を殺ぐためプロテスタントを利用しようと企図して失敗したものといわれる。同年、夭逝したフランソワ2世の後を継いだ弟シャルル9世の即位とともに再び摂政となった王母カトリーヌは新旧両教徒の均衡のうえにたって寛容政策を進めたが、両者の対立は激しくなるばかりであった。

1562年、シャルル9世と母后カトリーヌは宰相ミシェル・ド・ロピタル?とともに新旧両教徒の融和を図り、プロテスタントの集会や私邸内での礼拝を認める一月勅令(サン・ジェルマン勅令)(フランス初の信教の自由に関わる法令)を発布したが、対立を回避することができず、ギーズ公によるヴァシーの虐殺を機に36年におよぶ内乱状態が起こった。

ナントの勅令

ユグノー出身のアンリ4世が王位につき、1598年ナントの勅令?を発布したことでユグノーは信仰の自由を認められた。勅令発布時のユグノーは125万人にのぼり、当時のフランスの人口の15人に1人に相当する。しかし、ナントの勅令は17世紀をつうじて徐々に形骸化していった。

ユグノーの追放

ルイ14世治下の1685年にはナントの勅令が廃棄され、ユグノーの追放がなされた。これにより多数のユグノーがフランスを離れ、ネーデルラント、イギリス、スイスなどに亡命した。当時フランスを去ったユグノーは、商工業者を中心に20万人ほどもいたといわれる。それがフランス経済にあたえた損失は大きく、1689年にはヴォーバンが、これでは王国の技芸もマニュファクチュールも衰退を免れないとして、勅令の復活をルイ14世に進言している(※1)。逆に、ユグノーを受け入れた地域は、彼らの富や技術によってさまざまな恩恵を受けた。

脚注

※1 福井憲彦『時間と習俗の社会史』(新曜社、1986年)

履歴

  • 本記事の履歴を参照。

著作権者

  • Greenland4

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニューバーA



全部:
昨日:
今日:

フリーエリア

Wiki内検索

メニューバーB

■官公庁・政府機関
○首相官邸
http://www.kantei.go.jp/ ○内閣府
http://www.cao.go.jp/ ○外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ ○国立情報学研究所
http://www.nii.ac.jp/
○アジア経済研究所
http://www.ide.go.jp/Japanese/
○日本銀行金融研究所
http://www.imes.boj.or.jp/ ○文部科学省
http://www.mext.go.jp/ ○文化庁
http://www.bunka.go.jp/ ○東洋文庫
http://www.toyo-bunko.or.jp/

■学術・研究機関
○東京大学史料編纂所
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/index-j.html
○法政大学大原社会問題研究所
http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/

■博物館
○東京国立博物館
http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=X00/proces...
○京都国立博物館
http://www.kyohaku.go.jp/jp/index_top.html
○奈良国立博物館
http://www.narahaku.go.jp/
○九州国立博物館
http://www.kyuhaku.com/pr/
○東北歴史博物館
http://www.thm.pref.miyagi.jp/
○秋田県立博物館
http://homepage3.nifty.com/akitamus/
○国立歴史民俗博物館(れきはく)
http://www.rekihaku.ac.jp/
○国立民族学博物館(みんぱく)
http://www.minpaku.ac.jp/

■個人ブログ
○歴史ブログランキング
http://blog.with2.net/rank1650-0.html
○縄文と古代文明を探究しよう。
http://blog.kodai-bunmei.net/blog/

■個人ブログ
○歴史ブログランキング
http://blog.with2.net/rank1650-0.html
○縄文と古代文明を探究しよう。
http://blog.kodai-bunmei.net/blog/
○膏肓記
http://dangodazo.blog83.fc2.com/
○ムラーノ城
http://ameblo.jp/mura-no

■個人HP
○世界史講義録
http://www.geocities.jp/timeway/
○海上交易の世界と歴史
http://www31.ocn.ne.jp/~ysino/index.html

■リンク集
○歴史大全
http://www.3haskc.com/

管理人/副管理人のみ編集できます