歴史・考古・民俗関連の用語解説集です。フリー百科事典Wikipedia(ウィキペディア)に負けないくらい、力入れて頑張ります。

ルイス・フロイスLuis Frois、 1532年 - 1597年)は、リスボン生まれのポルトガル人。イエズス会の会員。カトリック教会の司祭で宣教師。『日本史』『日本覚書』などの著作がある。

生涯

1532年に誕生。1541年、9歳でポルトガル王の宮廷に仕え、1548年、16歳でイエズス会に入会した。同年、当時ポルトガルのインド経営の中心地であったゴアへ赴き、そこで養成を受けるようになった。ここで日本宣教へ向かう直前のフランシスコ・ザビエル?と日本人協力者ヤジロウ?に出会った。1561年、29歳のとき、ゴアで司祭に叙階された。フロイスは、語学と文筆の才能を高く評価され、イエズス会インド管区長のもとで東アジアの各宣教地からの報告書を仕事に従事するようになった。

1563年、31歳で横瀬浦(現在の長崎県西海市北部の港)に上陸して念願だった日本での布教活動を開始した。当時の日本国内は大変な混乱期であったが、織田信長?の登場により次第に統一の方向へ向かっていた。平戸で日本語を学んだのち、1564年京都に向かい、1565年1月31日に京都入りを果たしたが、保護者と頼んだ将軍足利義輝?と幕府権力の無力に失望。三好党らによる戦乱などで困難をきわめながらも京都の布教責任者として奮闘した。

1569年、入京した織田信長と二条城?の建築現場で初めて対面。既存の仏教界のあり方に信長が批判的だったこともあり、フロイスはその信任を獲得して畿内?での布教を許可され、オルガンティノ?などとともに活発な布教活動をおこなって多くの信者を獲得した。フロイスは信長の寵愛を得、フロイスもまた自身の著作において信長を終始好意的に描いている。フロイスは安土城・岐阜城などでも信長と面会している。

その後、九州などでも活動していたが、1579年にイエズス会の日本巡察師ヴァリニャーニ?が来日すると、その通訳を務め、安土城でヴァリニャーニとともに信長に拝謁し、畿内やその周辺を訪れた。

1583年、ときの総長の命令で宣教の第一線を離れ、ザビエル以来の日本におけるイエズス会の活動の記録を残すことに専念するよう命じられる。以後フロイスはこの事業に生涯にわたって精魂を傾け、そのかたわら全国をめぐって見聞を広めた。この記録がのちに『日本史』とよばれることになる。『日本史』は大変大部なものであったが、フロイスはそのいっぽうで1585年に日本とヨーロッパの風俗・習慣を簡潔に比較紹介した『日本覚書』ものこしている。

翌1586年、副管区長の通訳として大坂城に赴き豊臣秀吉と面会している。秀吉は当初、信長の対イエズス会政策を継承していたが、やがてその勢力拡大に危機感を抱くようになり、1587年6月19日には伴天連追放令を出すに至り、フロイスは畿内を去って加津佐を経たのち平戸に逃れ、しばらく九州北部地域を移動した。

1590年、帰国した天正遣欧使節?を伴ってヴァリニャーニが再来日すると、フロイスは同行して聚楽第?で秀吉と再び会見した。1592年、ヴァリニャーニとともに一時マカオに渡ったが、1595年に長崎にもどり、1597年没した(7月8日)。遺作は『二十六聖人の殉教記録』。享年65歳であった。

履歴

著作権者

Kamakura、Gakuinryou、Uraios、Corwin、Daranome、ブレイズマン、0null0、Johncapistrano、Ittyon、Stay cool、Doskoi 8、Clarin、マリアヤ、Dr jimmy、Reedo、Kouko0515、Kzhr、Oreg、Hatsune、Gakuinryou、Rusk、210. 、玄史生、Bearbook、Carbuncle、Anarchy、Izayohi、Orihakat、Tast、TT、麦塚ほとり、GURAX、立川源十郎、38.243.245.153、58.0.58.151、61.44.81.252、61.116.169.36、61.125.255.33、61.210.0.25、118.7.197.31、1124.34.206.149、219.105.252.96、202.225.239.8、124.110.47.210、221.113.175.208、220.45.171.157、203.138.86.132、195.6.68.65、202.221.183.29、222.11.62.188、222.145.33.172、219.110.69.124、SuisuiBot、PolarBot、Cprobot、STBot、PipepBot、VolkovBot、Louperibot

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニューバーA



全部:
昨日:
今日:

フリーエリア

Wiki内検索

メニューバーB

■官公庁・政府機関
○首相官邸
http://www.kantei.go.jp/ ○内閣府
http://www.cao.go.jp/ ○外務省
http://www.mofa.go.jp/mofaj/ ○国立情報学研究所
http://www.nii.ac.jp/
○アジア経済研究所
http://www.ide.go.jp/Japanese/
○日本銀行金融研究所
http://www.imes.boj.or.jp/ ○文部科学省
http://www.mext.go.jp/ ○文化庁
http://www.bunka.go.jp/ ○東洋文庫
http://www.toyo-bunko.or.jp/

■学術・研究機関
○東京大学史料編纂所
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/index-j.html
○法政大学大原社会問題研究所
http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/

■博物館
○東京国立博物館
http://www.tnm.jp/jp/servlet/Con?pageId=X00/proces...
○京都国立博物館
http://www.kyohaku.go.jp/jp/index_top.html
○奈良国立博物館
http://www.narahaku.go.jp/
○九州国立博物館
http://www.kyuhaku.com/pr/
○東北歴史博物館
http://www.thm.pref.miyagi.jp/
○秋田県立博物館
http://homepage3.nifty.com/akitamus/
○国立歴史民俗博物館(れきはく)
http://www.rekihaku.ac.jp/
○国立民族学博物館(みんぱく)
http://www.minpaku.ac.jp/

■個人ブログ
○歴史ブログランキング
http://blog.with2.net/rank1650-0.html
○縄文と古代文明を探究しよう。
http://blog.kodai-bunmei.net/blog/

■個人ブログ
○歴史ブログランキング
http://blog.with2.net/rank1650-0.html
○縄文と古代文明を探究しよう。
http://blog.kodai-bunmei.net/blog/
○膏肓記
http://dangodazo.blog83.fc2.com/
○ムラーノ城
http://ameblo.jp/mura-no

■個人HP
○世界史講義録
http://www.geocities.jp/timeway/
○海上交易の世界と歴史
http://www31.ocn.ne.jp/~ysino/index.html

■リンク集
○歴史大全
http://www.3haskc.com/

管理人/副管理人のみ編集できます