知の代わりwiki

Scilab > Scilabの基本のき



基本の

Scilabはコマンドを入力していって結果を得る,インタープリター言語です.一応.
Cのようにコンパイルをして実行ファイルを作ったりはしません.
スクリプトを書いて実行することはできます.

変数について

各変数は大文字・小文字を判別します.なので,Aとaは違う変数です.
また,各変数は行列として保存されます。例えば,
123
456
789
という行列を変数Aに代入するには,
A=[1 2 3; 4 5 6; 7 8 9];
とすればOK.最後の;を入れると代入結果を表示しません.無いと結果が表示されます.

四則演算

+ − * はそれぞれ行列の和・差・積を求めます.
それぞれ,.+ .- .* と演算子の前に.をつけると行列の各要素ごとの和・差・積を計算します.
A = [1 2 ; 3 4]; B = [1 2 ; 3 4];
ans1 = A * B;
ans2 = A .* B;
とすると,ans1は行列の積として計算されるので,
710
1522
となります.対してans2は行列の各要素の積を計算するので,
14
916
となります.

/と\について

関数を使ってみる(行列操作編)

Scilabにはいろいろな関数が用意されている.ここでは行列操作に関するいくつかの事例を示す.
zeros (n,m)
n*mのゼロ行列を作成する.
ones (n,m)
n*mですべての要素が1の行列を作成する.
eye (n,n)
n次の単位行列を作成する.

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

このwikiについて

広告について

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます