07/08/11 ドクター部・白樺会・白樺グループ研修会

ドクター部・白樺会・白樺グループ合同研修会でのスピーチ


 一、きょうはご苦労さま!
 皆様は、厳しい暑さが続くなか、夏季友好期間を有意義に使い、生き生きと、民衆の中へ「対話の波」を起こしておられる。
 ある時は遙かな水平線を眺めながら、ある時は天の川を見上げながら、爽やかな「友好の波」を広げておられる。本当に尊いことだ。
 きょう集われたドクター部、白樺会、白樺グループの皆さんは、学会の大事な存在である。多くの人々の「生命の尊厳」を守っておられる日々の仕事に、心から感謝申し上げたい。
 私はこれまで、著名な心臓外科医で、ヨーロッパ化学芸術アカデミー会長であるウンガー博士と語らいを重ねてきた。その内容が今月、対談集『人間主義の旗を――寛容・慈悲・対話』(東洋哲学研究所)として発刊される予定である。
 きょうは、博士が語られた内容のいくつかを通して、皆様とともに学び合いたい。

 一、ウンガー博士は、「『対話と信頼』こそが、医療現場にとって不可欠の基盤なのです」と肩っておられる。
 これは、医療の世界に限らない、普遍的な道理であろう。広宣流布の戦いも、結局は「個々の対話」であり、「個々の信頼」が根本である。
 また博士は、「行動」の重要性を強調された。
 「(心臓外科医という)仕事がら、即断・即決が求められます。できるだけ早く決断し、行動に移す訓練を受けてきました。哲学的思考をもてあそぶのではなく、大切なのは行動です」
 「他人と触れあうためには、自分から積極的に出向かなければなりません。他人が来てくれるのを待っていてはいけないのです。そして、それには自分自身が確固たる見解をもつことが必要です」
 示唆深い言葉である。学会活動において、どのようにすれば皆が幸福になるのかを「考えに考え抜く努力」は、当然必要であり、リーダーの責務である。
 そのうえで、あれこれ悩むだけでなく、勇気をもって一歩動く。まず、行動する。そうすれば、思わぬ展望が広がることがある。
 「看護の近代化」を推し進めたナイチンゲールは、「真の信仰とは、その最高の形においては《生活》に表れてくるものなのです。真の信仰とは、今自分がしているすべてのことに全力をつくして打ち込むことなのです」と綴った(湯槇ます監修・薄井坦子他編訳『ナイチンゲール著作集第3巻』現代社)。
 また、このようにも訴えている。
 「『着々と』――毎日少しずつ――地に足をつけて注意深く、そして謙虚に歩む看護婦のほうが、なまじ気転のきく『才女』などよりも、現実の場面において看護を展開することにおいては、ずっと勝るといったことも、少なくはありません」(同)
 まったくその通りだ。
 広宣流布は、社会のあらゆる分野、次元にわたっている。ゆえに、実証を勝ちとるためには、目の前の課題に打ち込み、誠実に、一つずつ、山を越えていくしかない。

 一、イギリスの歴史学者トインビー博士は、私との対談で、医師の条件について語られていた。
 「医者は冷静な技術者であると同時に、情け深い、思いやりのある友人でもなければなりません」
 そして、「愛情深さと冷徹さを一つの心に同居させることは、はたして可能でしょうか」と問われた。
 たしかに、愛情と冷静さを兼ね備えるのは難しい。続けてトインビー博士と私は、医療行為の根底には、何らかの宗教的な信条が必要である、ということを語り合ったのである。
 ウンガー博士も次のようにおっしゃった。
 「私にとって、『宗教』とは人間の本質です」
 「多くの患者が本当に苦しいときに宗教に拠り所を見出していることを、私は医者として実見してきたのです」
 「宗教が、生命の永遠の価値を基盤とするとき、その宗教は文化形成の核となります」
 また博士は「私のいう『医師』とは、人間性豊かな医者です。全体観に立った人格の光る医師です」とも述べられた。
 ある一つの分野に詳しいことで、かえって「全体」の動きを見失う場合がある。それでは本末転倒だ。
 “これだけは負けない”という、キラリと光る何かを持ち、同時に、全体観に立って指揮を執る。そういう実力が、学会のリーダーには必要である。信心で、その力を鍛えるのだ。
 ロシアの大作家チェーホフは、近代社会に生きる人間の、心の闇と希望を見事に描いた。モスクワ大学医学部出身の医師でもあった。
 彼は「人間は信仰をもっている者か、または信仰を求めている者でなければならない、そうでなければ空っぽの人間だ」(神西清・池田健太郎訳「紙片によるメモ」、『チェーホフ全集14』所収、中央公論社)
 またある登場人物に「なんのために生きるのか、それを知ること、――さもないと、何もかもくだらない、根なし草になってしまうわ」と語らせている(神西清訳「三人姉妹」、同『全集12』所収)。
 信心こそ、成長のための「根」だ。根が深ければ、大樹が育つ。信心を貫くところに、人生の勝利の花々が、万朶(ばんだ)と咲き薫るのである。

 一、またウンガー博士は、医師の体験に基づく生命観を論じ合うなかで、述べられた。
 「私自身としてはとくに、『生命がいつ始まり、いつ終わるのか』という問題に、医学者としてかかわっております」
 「医者や科学者として生命にかかわっておりますと、生命に対する『畏敬の念』をもたずにはいられません」
 率直な実感であろうと思う。
 学会のリーダーは、人々に勇気と希望を与える“宿命転換のドクター”ともいうべき存在だ。その陣頭に立ってきた私もまた、博士の言葉に深い共感を覚える。
 博士は、臨終の姿と、人の振る舞いについても述べられた。
 「非常に満足し、幸せな人生を歩んだ人や、心が平穏で、自信をもって人生を全うした人は、よい生命状態で亡くなったといえるのではないでしょうか。その人が、もし生まれ変わるのであれば、よい生命状態で生まれてくるでしょう」
 死は、間違いなく、すべての人に訪れる。人生の最終章であり、そのとき、一切の虚飾は、はぎ取られる。残るのは、その人自身の生命の実像のみである。
 私は、信心根本で行き抜いた方々の、荘厳なる臨終の姿を、数多くみてきた。

 一、ウンガー博士は、学会の歴史も深く理解してくださっている。
 「戸田城聖第二代会長は、第二次世界大戦中、平和のために行動し、牢獄での不自由と困難をわが身に引き寄せられました。
 それを原点として、創価学会が、とくに『核兵器のない世界』のために真剣に取り組んでこられたことに、敬意を表します」
 見る人は、見ている。
 さらに、聖職者の悪弊について、「自分たちの権威が弱くなることをすぐに恐れる」「彼らはその一方で、すべての恐れる者がそうするように、脅しに訴えかけます」と指摘された。
 古今東西の宗教改革は、聖職者の腐敗、権威主義との闘争でもあった。
 私たちは日顕宗の“衣の暴力”を打ち破り、民衆勝利の凱歌を上げた。人権の歴史上、また日本の精神風土において、どれほど意義深き民衆運動か。皆さんは、誇り高く進んでいただきたい(大拍手)。
 〈ウンガー博士は対談集のなかで次のようにも語り、SGI(創価学会インタナショナル)と池田名誉会長の行動を評価している。
 「池田会長が『対話』を通して、ご自身の信念を示すのみならず、さまざまな宗教や文化的背景をもつ人々の声に積極的に耳を傾けておられることは、大変に素晴らしいことです。その発言、理念のすべてが、世界の差し迫った課題である『平和の実現』に貢献するものです。
 とともに、ご自身のあらゆる友人の方々に、“創造的な人生を築き、価値ある人生を歩む”ために戦うように励ましておられる。
 この事実に、私は心から共感しているのです」
 「SGIという国際的ネットワークは、『生命の価値』を基盤として、『平和の文化』の構築へ、力強い人道的行動を日々、重ねておられる。私は心から敬意を表します。平和のために努力する人であれば、だれもが、貴会の運動に心から賛同するでしょう」〉

 一、きょうの参加者には、女性の方々も多い。さらにナイチンゲールの言葉を紹介したい。
 彼女は、看護においては、「よい仕事」を皆で一緒に成し遂げ、目的や行為を共有することによって、「共感のきずな(団結心)を育むこと」が重要だと述べている(前掲『ナイチンゲール著作集第2巻』)。
 まさに、「異体同心」の精神である。団結の心がなければ、バラバラになってしまう。同志とともに、また、先輩が後輩と一緒に祈り、一緒に動くなかでこそ、団結は深まる。後継者も育つ。
 また、次のようにも教えている。
 「この仕事にあっては、どんな小さなことでも、決してとるに足りない些細なことだなどと考えてはなりません。
 反対に、この仕事以外にあっては、すべて個人的ないざこざや感情のこじれなどは、とるに足りない些細なことであると考えなさい」(同『著作集第3巻』)。
 これも、重要な指摘であると思う。
 広宣流布の前進においても、わずかな動きや異常も見逃さない。そうしたこまやかな配慮、精神力が、勝利への大きな流れを支えてきた。
 最後に、アメリカの社会福祉事業家ヘレン・ケラーの言葉を贈りたい。
 「楽観主義とは、ものごとを達成へと導く信念です。希望なくしては何事も成就することはできません」
 「偉大なる哲学者、そして偉大なる行動の人たちは、皆、楽観主義者だったのです」
 日蓮大聖人の仏法こそ、最高に力強い楽観主義の哲学である。無敵の生命力をわき立たせる希望である。
 まだまだ暑さが続く地域が多い。くれぐれも「健康第一」で、はつらつと南無妙法蓮華経をあげながら、下半期の勝利へ、朗らかに進んでまいりたい(大拍手)。

 一、広宣流布は世界平和の道である。
 友のため、地域のために、全国の婦人部の皆さんは、本当によく戦っておられる。
 また、「女性の世紀」「健康の世紀」「生命の世紀」を、はつらつとリードされゆく女性ドクターの方々、神々しき白樺会、白樺グループの皆様方に、私と妻は、心からの敬意と感謝を表したい。
 いつもいつも、本当にありがとうございます(大拍手)。

 一、法華経、そして日蓮大聖人の仏法の眼目は何か。
 それは、「女人成仏」――すなわち、永遠なる「女性の尊厳」「女性の幸福」「女性の勝利」である。
 これまでも、幾たびとなく語ってきたが、その意義について、あらためて確認しておきたい。
 大聖人は「千日尼御前御返事」において、伝教大師、天台大師の釈を引かれ、「一代聖教の中には法華経第一・法華経の中には女人成仏第一なり」と仰せである(御書1311ページ)。
 法華経以前の爾前経の経典は、「女人不成仏」であった。
 この差別を根底から覆(くつがえ)し、「女人成仏」を厳然と示したのが、法華経であり、日蓮大聖人の仏法である。

 一、古来、女性に対して、「五障」「三従」といわれる差別観があった。
 「五障」とは、女性は梵天・帝釈・魔王・転輪聖王・仏にはなれないという差別である。
 「三従」とは、女性は小さい時は親に従え、結婚したら夫に従え、老いたら子に従え、という差別である。実に根ぶかい偏見であり、因習であった。
 女性は成仏できない、という差別を大きく転換して、すべての女性の勝利を謳(うた)いあげた教え。
 それこそが、法華経の提婆達多品で説かれる、「竜女の成仏」のドラマなのである。
 それは、まさしく「師弟不二」の勝利劇であった。
 提婆品では、大海の竜宮で弘教していた文殊師利(もんじゅしり)菩薩(智慧を体現する。迹化の菩薩の代表)が、虚空会(こくうえ)に現れる。
 文殊に対して、智積(ちしゃく)菩薩は、「あなたは竜宮でどのくらいの衆生を化導してきたのか」と尋ねた。
 すると、文殊は、「竜宮において、もっぱら法華経を説いて無量の衆生を化導してきた」「竜王の娘である8歳の竜女が法華経を聞いて即座に悟りを得た」と答えたのである。
 しかし智積は、竜女が成仏したという文殊の言葉を信じられない。
 竜女は、成仏できないとされてきた女人であり、畜生の身であり、そのうえ、わずか8歳という幼さである。
 智積は言う。
 ――仏の悟りとは、無量劫の間、難行苦行を重ねて初めて得られるものだ。
 竜女が、即座に成仏できたなどとは、到底、認めることはできない――。

 一、ところが、智積が言い終らないうちに、竜女自身が会座(えざ)に現れる。そして、根本の師匠と仰ぐ釈尊に対して語った。
 「仏のみが自分の成仏を知ってくださっています。私は大乗の教え(法華経)を聞いて、苦悩の衆生を救ってまいります」
 たとえ、傲慢な者たちが、自分を認めなくともかまわない。師匠である釈尊は、すべてをわかってくださっている。竜女には、この大いなる確信があった。
 妙法に生きゆく師弟不二の生命は、強く、尊く、そして朗らかである。
 だが今度は、「智慧第一」と謳われる舎利弗が、竜女に対して不信を述べる。
 ――あなたは短い間に無上道の悟りを得たと思っているが、このことは信じがたい。
 なぜかと言えば、女性の身は汚れていて、仏法を受け入れる器ではないからだ。どうして無上の悟りを得ることなど、できるはずであろうか(できるはずがない)――
 舎利弗をはじめとする、最高峰の知性とされる人々でさえ、どれほど傲慢に、どれほど冷淡に、どれほど疑い深く、若き竜女を見下(みくだ)し、侮(あなど)っていたかを、物語っていよう。

 一、他人を見下す。自分がやるべきことを、だれかに任せて、何も責任をとらない。そういう人間が指導者になった組織は、周りから軽んじられ、信頼を壊してしまう。
 学会の歴史においては、三代の師弟が誹謗されても、“知ったことではない”と言わんばかりの態度をとる人間が、退転していった。この峻厳な事実も、皆さんがご存じの通りである。
 私は、たとえ無一文になろうと、身に危険が及ぼうと、学会の礎(いしずえ)となり、捨て石となり、いい学会をつくりあげよう、それだけを思って生きてきた。
 そして、同志を友情で結んできた。
 牧口先生がそうであられた。戸田先生もそうであった。しかし、この心のわからない最高首脳もいた。
 広宣流布の戦いは、死にものぐるいでやらねばならない。私は、不惜身命、勇猛精進で進んできた。だから学会は発展した。そうやって初めて、王者の風格が生まれる。人が育つ。
 「師匠が弟子を決める」のではない。「弟子が師匠を決める」のである。これは、わかっているようで、難しいことだ。師匠の正義を満天下に示すには、弟子が結果を出す以外にない。

 一、さて、舎利弗の不信を受けて、竜女は、三千大千世界――宇宙大の「宝珠」を取り出して、釈尊に捧げた。
 釈尊は、宝珠を温かく受け入れた。
 この宝珠は、その深義(じんぎ)をいえば、宇宙の根本の法である「妙法」を表している。また、仏性を具える
「生命」を表している。
 竜女は舎利弗たちに対して、「自分の成仏は、この宝珠の受け渡しよりも速やかなのです」と毅然と述べた。そして竜女は、「我が成仏を観よ」と叫び、仏として一切衆生のために妙法を説きゆく姿を、はっきりと現したのである。
 大聖人は竜女の成仏について、「舎利弗よ、これを『竜女の成仏』と思うのが見当違いなのだ。『我が成仏』なのだと観ていくのだ、と(竜女が舎利弗)を責めたのである」(御書747ページ、通解)と仰せになっている。竜女の偉大な姿を見た娑婆世界の衆生は、大いに歓喜し、最敬礼を贈った。その衆生も竜女に続いて、成仏の記別を受けたのである。
 厳然たる実証を前にして、竜女の成仏を疑った智積や舎利弗も、信受せざるをえなかった。これが、法華経に説き明かされた竜女成仏の劇である。
 一、竜女の成仏の本質は「即身成仏」にある。
 大聖人は、「(法華経の)第五の巻に即身成仏と申す一経第一の肝心あり」(御書1311ページ)、「此の経は女人成仏を手本としてとかれたり」(同ページ)等と仰せだ。
 法華経では、それまで成仏できないとされた二乗にも、悪人にも、成仏の道が開かれた。
 これらは画期的なことであるが、いずれも未来の成仏であり、「未来に成仏できる」と仏から保証されたものである。
 竜女の成仏は、「即身成仏」であり、成仏の「現証」である。
 「即身成仏」が示されなければ、法華経で説かれる「万人の成仏」も、結局、絵に画いた餅になってしまう。
 この、重要な「即身成仏」の証明役を、最も虐(しいた)げられ、最も軽んじられてきた竜女が、堂々と、晴れ晴れと果たしたのである。
 私は常々、「一番、苦労した人が、一番、幸福になる権利がある」と訴えてきた。
 この確信もまた、法華経に説かれた成仏観によるものであることを、知っていただきたい。
 先にも述べたように、竜女が師・釈尊に手渡した宝珠は、わが生命に具わる仏性である。
 その宝珠を、師・釈尊は完爾(かんじ)として受け取ってくださった。
 それは、竜女の仏性が、まぎれもなく、仏の生命と一体であることを示している。
 さらに、竜女は、師への誓願のままに、ただちに広宣流布へ、行動していった。
 この具体的な実践が、即身成仏の姿そのものといってよい。
 まさしく、創価の女性の皆様の振る舞いであると、私は思う(大拍手)。

 一、法華経では、真の成仏である「即身成仏」を示すにあたり、「女人成仏」という形をとっている。その意義は、まことに甚深(じんじん)である。
 朝な夕な、読誦(どくじゅ)している寿量品の自我偈(じがげ)には、「質直意柔軟(しちじきいにゅうなん) 一心欲見仏(いっしんよっけんぶつ) 不自惜身命(ふじしゃくしんみょう)」と説かれる。
 「質直意柔軟」は、心がまっすぐで(質直)、囚われるものがない(柔軟)という意味である。
 一心不乱に身命を惜しまず、求道心を燃やし、師とともに、広宣流布の大道を歩む。
 その模範が、女性の弟子たちによって示されていることをこそ、よくよく知らねばならない。
 大聖人は、「諸法実相抄」に綴られた。
 「末法にして妙法蓮華経の五字を弘めん者は男女はきらふべからず」(御書1360ページ)
 「四条金吾殿女房御返事」には、「此の経を持(たも)つ女人は一切の女人に・すぎたるのみならず一切の男子に・こえたり」(同1134ページ)と仰せである。
 大聖人の仏法は、性別や社会的地位などは一切関係ない。「信心の厚薄(こうはく)」によって成仏が決まる。
 そして、信心強盛な女性こそが最も尊貴なりと、大聖人は最大に賞讃され、成仏は間違いないと励ましておられる。
 鎌倉から、はるばる佐渡の一谷(いちのさわ)まで大聖人をお訪ねした女性門下を、「日本第一の法華経の行者の女人」(同1217ページ)と讃嘆なされ、「日妙聖人(にちみょうしょうにん)」の尊称を与えられた。そのほかにも、健気な信心を貫く女性に「上人」の号などを贈り、讃えておられる。

 一、妙法を持(たも)った独りの真剣な女性には、だれもかなわない。
 今日、広宣流布を最大に支えてくださっているのは女性の皆様である。
 なかんずく、白樺の皆様方、そして女性ドクターの健気にして勇敢な奮闘は、学会の宝の中の宝である。
 男性のリーダーは、このことを、ゆめゆめ忘れてはならない。
 仏に等しい女性の同志に対して、威張ったり、叱ったりすれば、厳しい仏罰が出る。
 大聖人は、「女人成仏」を説き明かした法華経こそが、悲母(ひも)の恩を報ずることのできる真実の「報恩経」(同1312ページ)であると述べられている。
 御義口伝では、「竜女の二字は父子同時の成仏なり」(同746ページ)と仰せである。
 また、開目抄において、「竜女が成仏は末代の女人の成仏往生の道をふみあけたるなるべし」(同223ページ)と断言されている。
 広宣流布に生き抜く行動こそが、母も父も、さらに縁するすべての人々を成仏へ導いていく、大直道なのである。
 現実は、さまざまな苦難の連続である。竜女がそうであったように、驕慢(きょうまん)や無理解や偏見が、渦巻いているかも知れない。
 しかし、妙法の師弟の道を行き抜く女性が、負けるわけがない。不幸になるわけがない。
 そして、「今」「ここ」で、自分自身が断固として勝ちきっていくことが、未来永遠の女性の幸福の道を開くのである。
 すべての母たちの幸福のために!
 すべての女性たちの栄光のために!
 これが、広布の道である。日蓮大聖人の御心であり、我ら創価学会の大願である。
 この先頭を、颯爽(さっそう)と進みゆかれる婦人部、女子部の皆様、女性ドクター、白樺の皆様方の、ご健康と、ご多幸を、私と妻は、これからも、さらに真剣に祈り抜いてまいります(大拍手)。

(2007・8・11)

創価の新時代・池田先生の指導集に戻る
2007年08月19日(日) 20:13:38 Modified by hakata_dan




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。