Wiki内検索
カテゴリ
総合格闘技を極める!!に戻る

○格闘技用語

  

  

  

英数字

○格闘技人物

  

  

  



○武道家人物

  

  

  



○格言

武術・武道
格闘技

○トリビア(豆知識)

格闘技
武術・武道

○武道用語

  

  

  

 
最近更新したページ
最新コメント
武道家人物・は行 by check it out
格闘技用語・英数字 by tips about seo
格闘技用語・は行 by tips about seo
格闘技 by tips about seo
FrontPage by dfr

格闘技人物・か行

川島郭志

幼き頃から父よりボクシングのむりやり英才教育を受け、高校でインターハイを準優勝し、プロに転向し、世界チャンピオンになった人。しかし、後に親父の技術は間違いだったと発言。

川島といえばやはりディフェンス技術があげられる。世界戦で全くの無傷なんてことをやってのけるほど神業的なディフェンス技術を持っていた。ボクシング漫画でコークスクリューについでよくでる技術、パンチが当たった瞬間に顔を横に背けパンチを殺すというスリッピングアウェーを日本人ではじめて見せた人。

もともとはそんなに技術が高かったわけではないが、顎が弱くKO負けが多かった為、それを克服する為にアンタッチャブルと呼ばれるほどのディフェンス技術を身に付けた。見たことない人は一度見てもらいたい。ディフェンスで感動させることが出来るなんてそうはいないと思う。

しかし、視力が衰えてしまい、神技ディフェンスができなくなり引退。現在ジム経営。
2006年05月15日(月) 18:07:45 Modified by hakoyanagi




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。