環境

サーバ:DELL PowerEdge T110-2
OS:CentOS 7.5
NIC1:
 オンボードNIC。
 固定IP割り当て。192.168.110.111/24。

OS環境

・インストールタイプ:minimal
・kDump:利用しない
・パーティション:手動(下記構成で手動作成。※デフォルトのままだと/に50GBしか割り当てられず、PackStackでCinderボリュームが/配下の/varに自動作成されてしまうため、下記の様に手動で/に多く割り当てる。))
マウントポイント割り当て容量デバイスタイプ暗号化ファイルシステムVolumeFroupラベル名前備考
/boot200MiB標準パーティション□チェックしないxfs    
swap4GiBLVM□チェックしないswapcentos swap 
/※空白(残り容量全ての意)LVM□チェックしないxfscentos root 

IP設定


NICの状態表示
nmcli device status

NICの詳細表示
nmcli connection show 【NIC名(例>em1)】

NIC有効化(一時的)
nmcli connection up 【NIC名(例>em1)】

NIC自動有効化
nmcli connection modify 【NIC名(例>em1)】 connection.autoconnect yes

IP設定
nmcli connection modify 【NIC名(例>em1)】  ipv4.addresses 192.168.110.111/24

デフォゲ設定
nmcli connection modify 【NIC名(例>em1)】  ipv4.gateway 192.168.110.1

DNS設定
nmcli connection modify 【NIC名(例>em1)】 ipv4.dns 192.168.110.1

IPを固定割り当てに設定 (DHCP は "auto"、固定は"manual")
nmcli connection modify 【NIC名(例>em1)】 ipv4.method manual

インタフェース再起動
nmcli connection down 【NIC名(例>em1)】
nmcli connection up 【NIC名(例>em1)】

ネットワークサービス再起動
systemctl restart network

※上記設定後の設定ファイル
 ファイル名:/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-em1
 ファイル内容:
TYPE=Ethernet
PROXY_METHOD=none
BROWSER_ONLY=no
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=no
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
IPV6_ADDR_GEN_MODE=stable-privacy
NAME=em1
UUID=e233da5e-d802-40f2-a6ee-64a2a9dbeece
DEVICE=em1
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
IPADDR=192.168.110.111
PREFIX=24
GATEWAY=192.168.110.1
DNS=192.168.110.1

<参考> DHCP設定にした場合
TYPE=Ethernet
PROXY_METHOD=none
BROWSER_ONLY=no
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=no
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
IPV6_ADDR_GEN_MODE=stable-privacy
NAME=em1
UUID=e233da5e-d802-40f2-a6ee-64a2a9dbeece
DEVICE=em1
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=dhcp

 

OpenStack概念

<コンポーネント>
Keystone認証サービスの提供をする。
Glanceインスタンスのイメージやスナップショットを管理する。
Neutron仮想ネットワークを提供する。
Nova仮想インスタンスを起動する役割を担う。OpenStackの中核。他のコンポーネントとの連携役。
Cinderインスタンスに永続的なブロックストレージ機能を提供する。
Swift
HorizonWeb-UIを提供する。
Ceilometerリソース使用状況の記録とモニタリング機能を提供する。

OpenStack導入準備

firewalldとNetworkManagerを無効化、networkサービスを有効化
systemctl disable firewalld
systemctl stop firewalld
systemctl disable NetworkManager
systemctl stop NetworkManager
systemctl enable network
systemctl start network


SELinuxを無効化(一時的。再起動後は元に戻る。)
setenforce 0

SELinuxを無効化(一時的。再起動後は元に戻る。)
sed -i -e "s/^SELINUX=enforcing/SELINUX=permissive/" /etc/selinux/config
<手動で修正する場合>
vi /etc/selinux/config
ファイル内で、SELINUX=enforcing ⇒ SELINUX=permissive に修正する。

yumアップデート
yum update -y

OpenStack導入

1.リポジトリ追加&yumアップデート実施。
yum install -y centos-release-openstack-rocky
yum update -y

2.Packstackを使ってOpenStackをインストール。
yum install -y openstack-packstack

3.OpenStackの一括設定で利用するanswerファイルを生成。
packstack --gen-answer-file=answer.txt

4.answerファイル修正。
cp -a answer.txt answer.txt_origin
vi answer.txt
<修正内容>
概要行数修正前修正後備考
Heat導入設定60CONFIG_HEAT_INSTALL=nCONFIG_HEAT_INSTALL=y
NTPサーバ設定79CONFIG_NTP_SERVERS=CONFIG_NTP_SERVERS=192.168.110.1
adminパスワード設定327CONFIG_KEYSTONE_ADMIN_PW=【英数字羅列】CONFIG_KEYSTONE_ADMIN_PW=【任意のパスワード】ダッシュボード画面でのadminユーザのログインパスワード
Cinderボリュームサイズ 559CONFIG_CINDER_VOLUMES_SIZE=20GCONFIG_CINDER_VOLUMES_SIZE=500Gここで指定したサイズで、/var/cinder/cinder-volumeという仮想ストレージファイルが作成される
LoadBalancerサービス設定784CONFIG_LBAAS_INSTALL=nCONFIG_LBAAS_INSTALL=y
FireWallサービス設定792CONFIG_NEUTRON_FWAAS=nCONFIG_NEUTRON_FWAAS=y
VPNサービス設定796CONFIG_NEUTRON_VPNAAS=nCONFIG_NEUTRON_VPNAAS=y
ブリッジインタフェース名設定 879CONFIG_NEUTRON_OVS_BRIDGE_IFACES= CONFIG_NEUTRON_OVS_BRIDGE_IFACES=br-ex:em1※この修正をしておくと自動で、指定した物理NICについてのブリッジNICが生成される。
ブリッジ設定は、/etc/neutron/plugins/ml2/openvswitch_agent.ini などにある。
デモリソース作成設定1191CONFIG_PROVISION_DEMO=yCONFIG_PROVISION_DEMO=n

5.answerファイルを基に、一括設定実施。
※30分くらいかかる。
packstack --answer-file=answer.txt

packstack --allinone \
--default-password=adminpass \
--cinder-volumes-size=500G \
--ntp-servers=192.168.110.1 \
--provision-demo=n \
--os-neutron-ovs-bridge-mappings=extnet:br-ex \
--os-neutron-ovs-bridge-interfaces=br-ex:em1 \
--os-neutron-ml2-type-drivers=vxlan,flat \
--os-heat-install=y \
--os-neutron-lbaas-install=y \
--os-neutron-metering-agent-install=y \
--neutron-fwaas=y 


6.インストール完了後、要OS再起動
sudo shutdown -r now

NICのブリッジ設定

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-em1
<変更前>
TYPE=Ethernet
PROXY_METHOD=none
BROWSER_ONLY=no
DEFROUTE=yes
IPV4_FAILURE_FATAL=no
IPV6INIT=no
IPV6_AUTOCONF=yes
IPV6_DEFROUTE=yes
IPV6_FAILURE_FATAL=no
IPV6_ADDR_GEN_MODE=stable-privacy
NAME=em1
UUID=e233da5e-d802-40f2-a6ee-64a2a9dbeece
DEVICE=em1
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
IPADDR=192.168.110.111
PREFIX=24
GATEWAY=192.168.110.1
DNS=192.168.110.1

<変更後>
UUID=e233da5e-d802-40f2-a6ee-64a2a9dbeece
DEVICE=em1
TYPE=OVSPort
DEVICETYPE=ovs
OVS_BRIDGE=br-ex
NM_CONTROLLED=no
IPV6INIT=no

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-br-ex
<変更前>
※ファイル存在せず。
<変更後>
DEVICE=br-ex
DEVICETYPE=ovs
TYPE=OVSBridge
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.110.111
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.110.1
DNS=192.168.110.1
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=no

/etc/neutron/plugins/ml2/ml2_conf.ini
※下記以外の行はそのままにしておく。
137行目
<変更前>
type_drivers=vxlan,flat
<変更後>
type_drivers=flat,vlan,gre,vxlan

OS再起動
sudo shutdown -r now

アクセス

http://<OpenStackサーバのIPアドレス>/dashboard/
※初期パスワード: 
 user:admin 
 pass:※answerファイルのCONFIG_KEYSTONE_ADMIN_PWに設定したパスワード。
     ※/root/keystonerc_adminファイルの、OS_PASSWORDにも記載されている。


Openstackアンインストール場合の手順

1.
yum remove -y openstack-heat-ui

2.下記ページにあるコマンドをコピペ実行してアンインストールする。
  https://access.redhat.com/documentation/ja-JP/Red_...

3.
yum remove -y python-setuptools

4.swift用のループバックデバイスの削除。
losetup -a
mount | grep loop
umount /srv/node/swiftloopback
mount | grep loop
losetup -d /dev/loop0
losetup -a

5.fstabから、swift用のループバックデバイスのマウント設定削除
vi /etc/fstab

6.ゴミ削除
systemctl stop openstack-losetup
systemctl disable openstack-losetup
rm -rf /usr/lib/systemd/system/openstack-losetup.service
systemctl daemon-reload

rm -rf /var/tmp/packstack
rm -rf /etc/systemd/system/openstack-cinder-volume*
rm -rf /usr/lib/python2.7/site-packages/openstack_auth
rm -rf /usr/share/openstack-puppet
rm -rf /usr/share/openstack-dashboard


find / -name "*openstack*" 2> /dev/null
systemctl | grep openstack
ps -ef | grep open

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

▼当HP内検索▼

▼メインメニュー▼



管理者用リンク
書籍(技術書)
・利用ソフト一覧
・Ethereal/Wireshark

転送速度




・powershell

・VBA










・Microsoft SQLserver








●CentOS6.9


▼動画サーバ関係

MP3について
DVDからのMP3変換について?
DVDからの動画変換について



▼自転車関係
・Panasonic CRAZY BOY

▼自動車関係
・SUZUKI エブリワゴンDA62W


▼Linux/Unix関係
・Linux基礎(パッケージ)
・Linux基礎(システム構成)
・Linux(Debian)基本コマンド
・Linuxコマンド(テキスト処理)
・Linuxコマンド(未整理)
・Linuxコマンド(ネットワーク系)
・FedoraCore OS メモ
・Debian Linux OS メモ
・Vine Linux OS メモ
・xPUD メモ

・CentOS6.4(minimal)


・solaris9 メモ
・solaris10 メモ

▼CCNA関係


▼ノートPC関連

液晶パネル

Fujitsu FMV-820MT
・Compaq Evo Notebook N110
・Panasonic Let's note CF-S51R
・Toshiba Dynabook Satellite 1800


▼デスクトップPC関連
・AOpen AX3S Pro-U
・ASUS CUSL2
・ASUS CUSL2-M


▼携帯電話
・NTT DoCoMo FOMA M1000
・FOMA P704iμ


▼モデム関連
▼ADSLモデム
・NTT ADSLモデム-NV
・NEC PA-WD605CV
・NEC PA-WD701CV
▼アナログモデム
・GVC F-1156IV/R9

▼ルータ関連
▼ルータ
・OMRON MR504DV
・FON La Fonera FON2100E
・Cisco Cisco2620
・Cisco4500M
・Cisco1601
  Cisco1603-R
  Cisco1605

・Cisco 共通メモ

・BUFFALO BLR3-TX4L
・I・O DATA NP-BBR
・NEC PA-WB7000/B (AtermWB7000H)
・マイクロ総研 NetGenesis OPT
・Persol PBR001

・YAMAHA NetVolante RTA54i
・FUJITSU NetVehicle-I

▼イーサネットコンバータ関連
・LINKSYS WET11

▼TA関連
・NEC AtermIT60D1L(S)

▼ハブ関連
・Cisco Catalyst 2924-XL-EN
・AlliedTelesis CentreCOM8216XL2
・BUFFALO LSW10/100-8
・corega FSW-5PM
・corega HUB-5PM
・CONTEC RT-1216S

▼NIC関連
・BUFFALO WLI-U2-SG54HP
・PLANEX GW-NS54GMX
・NTT-ME MN SS-LAN CARD 11 HQ

▼プリンタサーバ関連
・corega Pserver
・I・O DATA PLANT ET-FPS1E

▼デジカメ関連
・MINOLTA DiMAGE F100

▼携帯電話ケーブル関連
・BUFFALO IGM-UPDC
・OMRON ME64KTID
・OMRON ME96KTI
・SOURCENEXT SUS-USB-02 REV.1
・UP12 USB-PDC Converter
・DAISO D106

▼その他PC周辺機器
●キーボード
・Bluetoothキーボード BK3001BA
●ハンディターミナル
・ENSO BHT-6500
●ダウンスキャンコンバータ
・SC-TVEX
●CD-ROMドライブ
・NEC CD-2800D
・BUFFALO CDN-D24EX
・BUFFALO DVM-RDM16IU2
●MOドライブ
・ELECOM LMO-230-S
・FUJITSU MCF3064SS
・FUJITSU SMB-640WL2
●スピーカー
・Justy JSP-10W
●MP3プレーヤ
・SanDisk sansa e130
・NHJ V@mp VP-415
●インタフェースカード
・玄人志向 USB2.0+1394a-CB
・nbj IDE-3525
・Notebook Power Sharing
●ACアダプタ
・Universal AC Adaptor
●マウス
・Logitec Marble Mouse
・needs progres TN-30RFMOSG
●タブレット
・WACOM FAVO(ET-0405-U)
●その他
・IDEAL ME-320X(ME-320U2F)
・KY-05046S-12-H
・LifeView USB CapView
・ハードウェア(その他)
●シリアルレベルコンバータ
・シリアルレベルコンバータ


▼Windows系メモ
・DOS起動ディスク
・Microsoft OS メモ
・Microsoft 系ソフト メモ
・その他 ソフトウェアメモ
・Network Notepad
・Packet Tracerメモ
・パノラマ写真作成ソフト
・トラブル対処履歴


▼プログラミング関連
・言語比較
・VBS
・卒研事前メモ
・卒研メモ
・Windowsプログラミング
・JANコード・ISBNコード相互変換
●C言語
・文字列
・ファイル操作
●アルゴリズム
・再帰アルゴリズム
●JAVA
・Javaプログラミング
●その他
・初心者プログラミング
・ソフトウェア未整理メモ



▼家電関連
●テレビ
・SHARP AQUOS LC-20D10
・FUNAI TV-14CP
・BLUEDOT BTV-900K
・AKART AK-FTV913
・REAL LIFE JAPAN IQ-191LEDTV
AQUOS DZ3シリーズのDLNA機能
Viera V1シリーズのDLNA機能
●プロジェクタ
・crenova XPE470
●AVセレクタ
・DataSystem AVS430
●ビデオ
・FUNAI TV-14CP
●HDD&DVDレコーダ
・Toshiba RD-XS46
・NEC PK-AX10
●DVDプレーヤー
・GREEN HOUSER GH-PDV9AT
・情熱価格 DVDJ-DQ03
●メディアプレーヤー
・MINI HD MEDIA BOX 1080P
・1080P FULL HD Media Player
・1080P HD Media Player Mini 1080
・HD media player

●チューナー
・COMTEC DTW700
・HUMAX CI-S1

●アンテナ
・ADDZEST ZCP107
・マルハマ AGS-590

●ヘッドマウントディスプレイ
・VIRTUAL i/O i-glasses
●電動歯ブラシ
・ブラウン電動歯ブラシ
●電話機
・SHARP DA-C5-B
●コードレス電動ドリル、ドライバ
・BLACK&DECKER CSD300T
・RELIEF 30946?

▼カーナビ関係
Panasonic CN-GP510VD
Panasonic CN-G1100VD
▼カーステレオ関係
Kenwood U585SD

▼おもちゃ関連
●ラジコン
・ラジコンのプロポ改造


▼カー用品関連
●インダッシュTV
・ADDZEST TVS6250


▼DIY関連
・懸垂スタンド
・蓄光塗料


▼電子工作関係
・コネクタピンアサイン
・LANケーブルをAVケーブル化
・LANケーブルをRGBケーブル化
・地上デジタル放送アンテナ
・電子工作 メモ
・乾電池を充電


▼デザイン関連
●腕時計
・腕時計


▼その他

・HP製作関連メモ
・アイデアメモ

・コラム・メモ
・趣味・興味


・ToDo
・ネットインフラ?


▼資格・履歴書・マナー
・資格取得メモ
・工事担任者対策メモ
・履歴書・職務経歴書
・答辞


▼修学旅行 フランス(パリ)


▼掲示板
●掲示板
 意見・苦情・質問用に仮設置。

▼フリーエリア▼

▼おしらせ▼

管理人/副管理人のみ編集できます