メーカ名:FON
商品名・型番:La Fonera FON2100E

シリアルコンソールポート ピンアサイン
←コンデンサ側 メモリ側→
VCC(3.3V)GND
  
 RX
 TX
  
*PCへの接続で必要なのは、GND、RX、TXのみ。


シリアルコンソールでDD-WRT導入(XMODEM編)
PCのSerialPortと、FONのシリアルコンソールポートを接続する。

下記ファイルを用意しておく。
・linux.bin
*上記ファイルは、下記よりダウンロード。
v24 preSP2[Beta] (Build14896)
http://www.dd-wrt.com/routerdb/de/download/FON/LaF...

TeraTermを起動し、下記設定でFONに接続する。
PortCOM1(*自分の環境に合わせて、任意のSerialPortを指定する)
Baud rate9600bps
Data8bit
Paritynone
Stop1bit
Flow controlnone

FONの電源を入れる。

「+PHY ID is xxxx:xxxx」と表示されたら、すぐにCTRL+Cを押す。
すると、下記表示のように、RedBoot> と表示されて、コマンド入力待ち状態となる。

 +PHY ID is xxxx:xxxx
Ethernet eth0: MAC address 00:18:84:xx:xx:xx
IP: 0.0.0.0/255.255.255.255, Gateway: 0.0.0.0
Default server: 0.0.0.0

RedBoot(tm) bootstrap and debug environment [ROMRAM]
Non-certified release, version v1.3.0 - built 16:57:58, Aug 7 2006

Copyright (C) 2000, 2001, 2002, 2003, 2004 Red Hat, Inc.

Board: ap51
RAM: 0x80000000-0x81000000, [0x80040450-0x80fe1000] available
FLASH: 0xa8000000 - 0xa87f0000, 128 blocks of 0x00010000 bytes each.
== Executing boot script in 1.000 seconds - enter ^C to abort
^C
RedBoot>


1.下記コマンドを入力し、フラッシュメモリ内の情報を表示させる。
RedBoot> fis list

2.上記コマンドを投入すると、下記のような情報が表示される。
Name FLASH addr Mem addr Length Entry point
RedBoot 0xA8000000 0xA8000000 0x00030000 0x00000000
<Not a string: 0x80FF0400> 0xA803C000 0x80041000 0x0002CE00 0x80041000
FIS directory 0xA87E0000 0xA87E0000 0x0000F000 0x00000000
RedBoot config 0xA87EF000 0xA87EF000 0x00001000 0x00000000

3.下記コマンドを投入し、フラッシュメモリ内のファーム格納領域を消去する。
RedBoot> fis erase -f 0xA8030000 -l 0x007B0000
  *緑色の数値: 上記「2.」の、ピンク色の値 + 茶色の値。
  *紫色の数値: 上記「2.」の、青色の値 - (ピンク色の値 + 茶色の値)。
           (上例の場合、0xA87E0000 - 0xA8030000


1.下記コマンドを投入。
  load -v -r -m xmodem -b 0x80041000
2.CCCという表示がされ始めたら、
 TeraTerm画面にて、File -XMODEM -送信。
3.転送したいファイルを選択し、CRCにチェックを入れ、転送を開始する。

RedBoot> fconfig
Run script at boot: true
Boot script:
.. fis load -l vmlinux.bin.l7
.. exec
Enter script, terminate with empty line
 >> fis load -l linux
 >> exec
 >> Enterキー押下
Boot script timeout (1000ms resolution): 1
Use BOOTP for network configuration: false
Gateway IP address:
Local IP address:
Local IP address mask: 255.255.255.255
Default server IP address:
Console baud rate: 9600
GDB connection port: 9000
Force console for special debug messages: false
Network debug at boot time: false
Update RedBoot non-volatile configuration - continue (y/n)? y
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> reset
... Resetting.


再起動後、下記にアクセス。
http://192.168.1.1/
*設定の際のログイン情報などは下記参照。
ユーザ名root
パスワードadmin






シリアルコンソールでDD-WRT導入(TFTP編)
PCのSerialPortと、FONのシリアルコンソールポートを接続する。

PCのLAN設定を下記のように設定し、PCとFONをLANケーブルで接続する。(ストレートケーブルで可)
IPアドレス192.168.1.2
サブネットマスク255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ192.168.1.1

PCにて、TFTPサーバを起動し、下記ファイルを公開フォルダに置いておく。
・linux.bin
*上記ファイルは、下記よりダウンロード。
v24 preSP2[Beta] (Build14896)
http://www.dd-wrt.com/routerdb/de/download/FON/LaF...
*Windows用のTFTPサーバには、Poor TFTP Server for WIN32などを利用する。
*PCのファイヤフォール機能は切っておく。(OS標準、セキュリティソフトのもの等)

TeraTermを起動し、下記設定でFONに接続する。
PortCOM1(*自分の環境に合わせて、任意のSerialPortを指定する)
Baud rate9600bps
Data8bit
Paritynone
Stop1bit
Flow controlnone

FONの電源を入れる。

「+PHY ID is xxxx:xxxx」と表示されたら、すぐにCTRL+Cを押す。
すると、下記表示のように、RedBoot> と表示されて、コマンド入力待ち状態となる。

 +PHY ID is xxxx:xxxx
Ethernet eth0: MAC address 00:18:84:xx:xx:xx
IP: 0.0.0.0/255.255.255.255, Gateway: 0.0.0.0
Default server: 0.0.0.0

RedBoot(tm) bootstrap and debug environment [ROMRAM]
Non-certified release, version v1.3.0 - built 16:57:58, Aug 7 2006

Copyright (C) 2000, 2001, 2002, 2003, 2004 Red Hat, Inc.

Board: ap51
RAM: 0x80000000-0x81000000, [0x80040450-0x80fe1000] available
FLASH: 0xa8000000 - 0xa87f0000, 128 blocks of 0x00010000 bytes each.
== Executing boot script in 1.000 seconds - enter ^C to abort
^C
RedBoot>


下記の赤字のコマンドを、順に入力していく。

RedBoot> ip_address -l 192.168.1.1/24 -h 192.168.1.2
IP: 192.168.1.1/255.255.255.0, Gateway: 0.0.0.0
Default server: 192.168.1.2
RedBoot> fis init
About to initialize [format] FLASH image system - continue (y/n)? y
 *** Initialize FLASH Image System
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> load -r -v -b 0x80041000 linux.bin
Using default protocol (TFTP)
|
Raw file loaded 0x80041000-0x80662fff, assumed entry at 0x80041000
RedBoot> fis create linux
... Erase from 0xa8030000-0xa8652000: ..........................................
.........................................................
... Program from 0x80041000-0x80663000 at 0xa8030000: ..........................
.........................................................................
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> fconfig
Run script at boot: true
Boot script:
.. fis load -l vmlinux.bin.l7
.. exec
Enter script, terminate with empty line
 >> fis load -l linux
 >> exec
 >> Enterキー押下
Boot script timeout (1000ms resolution): 1
Use BOOTP for network configuration: false
Gateway IP address:
Local IP address:
Local IP address mask: 255.255.255.255
Default server IP address:
Console baud rate: 9600
GDB connection port: 9000
Force console for special debug messages: false
Network debug at boot time: false
Update RedBoot non-volatile configuration - continue (y/n)? y
... Erase from 0xa87e0000-0xa87f0000: .
... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa87e0000: .
RedBoot> reset
... Resetting.


再起動後、下記にアクセス。
http://192.168.1.1/
*設定の際のログイン情報などは下記参照。
ユーザ名root
パスワードadmin


DD-WRTから、標準ファームへの戻し方
FONから、純正ファームウェアをダウンロードする。
http://www.fon.com/jp/download
ダウンロードファイル名:fonera_0.7.1.5.fon

バイナリエディタで先頭519バイトを削除し、
ファイル名を、fonera_0.7.1.5.tar.gzとする。
例>フリーソフト「Stirling」を使う場合、ステータスバーにバイト数が表示されるので簡単。

fonera_0.7.1.5.tar.gzを解凍する。

書きかけ


DD-WRT化したFONを、無線LANコンバータとして使う方法
<構成>
アクセスポイントBUFFALO WBR-B11192.168.11.1LAN側(有線・無線):DHCPサーバ機能ON
無線LANコンバータFONERA(DD-WRT化)無線側:アクセスポイントからDHCPにより割り当て
有線側:192.168.1.1
有線側:DHCPサーバ機能ON
デスクトップPC 無線LANコンバータからDHCPにより割り当て 
無線LANコンバータと、デスクトップ間は、LANのストレートケーブルで接続。
*アクセスポイントを、NEC Aterm WB7000Hで試みたところ、無線LANの相性によるものなのか接続できなかった。

<DD-WRTでの設定>
*一度、工場出荷設定にし、下記画面の設定のみを変更。

・安全→ファイアウォール

 SPIファイアウォール:切にする

・無線LAN→基礎設定

 規制地域:JAPAN
 無線LANモード:クライアント
 ネットワーク名(SSID):アクセスポイントのSSID (=今回の例の場合、BUFFALO WBR-B11のSSID)

・無線LAN→無線LANセキュリティ

 セキュリティモード: *アクセスポイントの暗号化方式。
              例>WPA2 Personal Mixed (WPAアルゴリズム:TKIP+AES)
 デフォルト転送キー: *アクセスポイントと同じ番号を選択しておく
 暗号化:アクセスポイントと同じ暗号化方式を選択しておく
      *アクセスポイントにて、128bit 13文字のアスキー文字列の暗号化キーが登録してある場合でも、 
       128bit 26hex digits(=128bitの16進値)を選択しておく。
 キー1:アクセスポイントと同じ暗号化キーを登録する。
      *13文字のアスキー文字列の登録は不可能。
      *アクセスポイントにて、128bit 13文字のアスキー文字列の暗号化キーが登録してある場合には、 
       13文字のアスキー文字列を、16進の値に変換した値を登録する。
       (「H2A」というフリーソフトなどを使うと、簡単に相互変換できる)
・基本→基本




DD-WRT化したFONを、無線LANコンバータとして使う方法(公衆無線LAN(livedoor wirelessへ接続編)
<構成>

装置種類装置名称LAN側IPアドレスWAN側IPアドレス
アクセスポイントlivedoor wireless無線:xxx.xxx.xxx.xxxDHCPサーバ機能あり???.???.???.???
無線LANコンバータFONERA(DD-WRT化)有線:192.168.1.1DHCPサーバ機能あり無線:xxx.xxx.xxx.xxx(アクセスポイントからDHCPにより割り当て)
ルータ(=ファイアウォール)Melco BBR-4MG有線:192.168.10.1有線:192.168.1.2(無線LANコンバータからDHCPにより割り当て)
デスクトップPC 192.168.10.2(ルータからDHCPにより割り当て)
*livedoor wirelessのサイトにて、事前に、無線LANコンバータの無線側のMACアドレスを登録済み。


ヒートシンク取り付け
熱暴走の症状は出ていなかったが、念のため交換を実施してみた。
*標準状態で、DD-WRTを導入した状態にて、6時間連続でストリーミング放送を受信した際、
 ヒートシンクの温度は70度近かった。

・標準ヒートシンクを外し、シールドも外した状態

*十字の金属をカットした後に撮影したので、十字の金属部分は仮置きにて撮影。
シールドは、はめ込み式なので簡単に取れる。
シールドの裏部分のCPU部分には、隙間を埋めるための1.5mm程の熱伝導ゴムシートが付けられていた。

・十字の金属をカットして外した状態


・市販のヒートシンクを取り付け(3cm×3cmのもの。)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

▼当HP内検索▼

▼メインメニュー▼



管理者用リンク
書籍(技術書)
・利用ソフト一覧
・Ethereal/Wireshark

転送速度




・powershell

・VBA










・Microsoft SQLserver








●CentOS6.9


▼動画サーバ関係

MP3について
DVDからのMP3変換について?
DVDからの動画変換について



▼自転車関係
・Panasonic CRAZY BOY

▼自動車関係
・SUZUKI エブリワゴンDA62W


▼Linux/Unix関係
・Linux基礎(パッケージ)
・Linux基礎(システム構成)
・Linux(Debian)基本コマンド
・Linuxコマンド(テキスト処理)
・Linuxコマンド(未整理)
・Linuxコマンド(ネットワーク系)
・FedoraCore OS メモ
・Debian Linux OS メモ
・Vine Linux OS メモ
・xPUD メモ

・CentOS6.4(minimal)


・solaris9 メモ
・solaris10 メモ

▼CCNA関係


▼ノートPC関連

液晶パネル

Fujitsu FMV-820MT
・Compaq Evo Notebook N110
・Panasonic Let's note CF-S51R
・Toshiba Dynabook Satellite 1800


▼デスクトップPC関連
・AOpen AX3S Pro-U
・ASUS CUSL2
・ASUS CUSL2-M


▼携帯電話
・NTT DoCoMo FOMA M1000
・FOMA P704iμ


▼モデム関連
▼ADSLモデム
・NTT ADSLモデム-NV
・NEC PA-WD605CV
・NEC PA-WD701CV
▼アナログモデム
・GVC F-1156IV/R9

▼ルータ関連
▼ルータ
・OMRON MR504DV
・FON La Fonera FON2100E
・Cisco Cisco2620
・Cisco4500M
・Cisco1601
  Cisco1603-R
  Cisco1605

・Cisco 共通メモ

・BUFFALO BLR3-TX4L
・I・O DATA NP-BBR
・NEC PA-WB7000/B (AtermWB7000H)
・マイクロ総研 NetGenesis OPT
・Persol PBR001

・YAMAHA NetVolante RTA54i
・FUJITSU NetVehicle-I

▼イーサネットコンバータ関連
・LINKSYS WET11

▼TA関連
・NEC AtermIT60D1L(S)

▼ハブ関連
・Cisco Catalyst 2924-XL-EN
・AlliedTelesis CentreCOM8216XL2
・BUFFALO LSW10/100-8
・corega FSW-5PM
・corega HUB-5PM
・CONTEC RT-1216S

▼NIC関連
・BUFFALO WLI-U2-SG54HP
・PLANEX GW-NS54GMX
・NTT-ME MN SS-LAN CARD 11 HQ

▼プリンタサーバ関連
・corega Pserver
・I・O DATA PLANT ET-FPS1E

▼デジカメ関連
・MINOLTA DiMAGE F100

▼携帯電話ケーブル関連
・BUFFALO IGM-UPDC
・OMRON ME64KTID
・OMRON ME96KTI
・SOURCENEXT SUS-USB-02 REV.1
・UP12 USB-PDC Converter
・DAISO D106

▼その他PC周辺機器
●キーボード
・Bluetoothキーボード BK3001BA
●ハンディターミナル
・ENSO BHT-6500
●ダウンスキャンコンバータ
・SC-TVEX
●CD-ROMドライブ
・NEC CD-2800D
・BUFFALO CDN-D24EX
・BUFFALO DVM-RDM16IU2
●MOドライブ
・ELECOM LMO-230-S
・FUJITSU MCF3064SS
・FUJITSU SMB-640WL2
●スピーカー
・Justy JSP-10W
●MP3プレーヤ
・SanDisk sansa e130
・NHJ V@mp VP-415
●インタフェースカード
・玄人志向 USB2.0+1394a-CB
・nbj IDE-3525
・Notebook Power Sharing
●ACアダプタ
・Universal AC Adaptor
●マウス
・Logitec Marble Mouse
・needs progres TN-30RFMOSG
●タブレット
・WACOM FAVO(ET-0405-U)
●その他
・IDEAL ME-320X(ME-320U2F)
・KY-05046S-12-H
・LifeView USB CapView
・ハードウェア(その他)
●シリアルレベルコンバータ
・シリアルレベルコンバータ


▼Windows系メモ
・DOS起動ディスク
・Microsoft OS メモ
・Microsoft 系ソフト メモ
・その他 ソフトウェアメモ
・Network Notepad
・Packet Tracerメモ
・パノラマ写真作成ソフト
・トラブル対処履歴


▼プログラミング関連
・言語比較
・VBS
・卒研事前メモ
・卒研メモ
・Windowsプログラミング
・JANコード・ISBNコード相互変換
●C言語
・文字列
・ファイル操作
●アルゴリズム
・再帰アルゴリズム
●JAVA
・Javaプログラミング
●その他
・初心者プログラミング
・ソフトウェア未整理メモ



▼家電関連
●テレビ
・SHARP AQUOS LC-20D10
・FUNAI TV-14CP
・BLUEDOT BTV-900K
・AKART AK-FTV913
・REAL LIFE JAPAN IQ-191LEDTV
AQUOS DZ3シリーズのDLNA機能
Viera V1シリーズのDLNA機能
●プロジェクタ
・crenova XPE470
●AVセレクタ
・DataSystem AVS430
●ビデオ
・FUNAI TV-14CP
●HDD&DVDレコーダ
・Toshiba RD-XS46
・NEC PK-AX10
●DVDプレーヤー
・GREEN HOUSER GH-PDV9AT
・情熱価格 DVDJ-DQ03
●メディアプレーヤー
・MINI HD MEDIA BOX 1080P
・1080P FULL HD Media Player
・1080P HD Media Player Mini 1080
・HD media player

●チューナー
・COMTEC DTW700
・HUMAX CI-S1

●アンテナ
・ADDZEST ZCP107
・マルハマ AGS-590

●ヘッドマウントディスプレイ
・VIRTUAL i/O i-glasses
●電動歯ブラシ
・ブラウン電動歯ブラシ
●電話機
・SHARP DA-C5-B
●コードレス電動ドリル、ドライバ
・BLACK&DECKER CSD300T
・RELIEF 30946?

▼カーナビ関係
Panasonic CN-GP510VD
Panasonic CN-G1100VD
▼カーステレオ関係
Kenwood U585SD

▼おもちゃ関連
●ラジコン
・ラジコンのプロポ改造


▼カー用品関連
●インダッシュTV
・ADDZEST TVS6250


▼DIY関連
・懸垂スタンド
・蓄光塗料


▼電子工作関係
・コネクタピンアサイン
・LANケーブルをAVケーブル化
・LANケーブルをRGBケーブル化
・地上デジタル放送アンテナ
・電子工作 メモ
・乾電池を充電


▼デザイン関連
●腕時計
・腕時計


▼その他

・HP製作関連メモ
・アイデアメモ

・コラム・メモ
・趣味・興味


・ToDo
・ネットインフラ?


▼資格・履歴書・マナー
・資格取得メモ
・工事担任者対策メモ
・履歴書・職務経歴書
・答辞


▼修学旅行 フランス(パリ)


▼掲示板
●掲示板
 意見・苦情・質問用に仮設置。

▼フリーエリア▼

▼おしらせ▼

管理人/副管理人のみ編集できます