▲▲▲Microsoft Internet Explorer▲▲▲

●デフォルト時の、印刷設定は?
<余白>
上:19.05 mm
下:19.05 mm
左:19.05 mm
右:19.05 mm
<ヘッダ>
&w&b&p/&P ページ
<フッタ>
&u&b&d
●ページ全体にフィルタのようなものが表示され、閲覧を制限しているページを見たい
HTMLに埋め込まれているJavaScriptかVBscriptによって、制限がかけられている。
下記方法で回避可能。

「ツール」→「インターネットオプション」→「セキュリティタブ」
→「インターネット」を選択状態にし、「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリック
→「スクリプト」の箇所にある「アクティブスクリプト」の箇所を「無効にする」にする
→「OK」ボタン
→「このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか」にて「はい」
→「セキュリティタブ」の画面に戻るので、「OK」ボタン。
●WEBページのソースファイルの表示をする際、notepadではなく、別のソフトで表示させたい。
notepadでは、Shift-JISコード以外の文字コードを表示できない。(=文字化けする。)
そのため、EUCコードなどで記述されたHTMLのソースファイルを表示することができない。

regedit

下記の階層に移動する。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer

「編集」メニュー→「新規」→「キー」 と辿り、新しいキー(フォルダ)を作成する。

上記で作成したキー(フォルダ)の名称を、下記名称にする。
View Source Editor

上記で作成した「View Source Editor」キー(フォルダ)階層に移動する。

「編集」メニュー→「新規」→「キー」 と辿り、新しいキー(フォルダ)を作成する。

上記で作成したキー(フォルダ)の名称を、下記名称にする。
Editor Name

上記で作成した「Editor Name」キー(フォルダ)階層に移動する。

ウィンドウの右側の枠内に表示されている「(既定)」という箇所をダブルクリック。

「文字列の編集」ウィンドウが表示されるので、
「値のデータ」の箇所に、自分が利用したいエディタプログラムへのパスを記述し、
「OK」ボタンをクリック。
例>
C:\Program Files\xyzzy\xyzzy.exe

レジストリエディタをそのまま閉じる。

参考:
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/286ieso...



●ローカルにあるHTMLファイルに、ファイルへのリンクが張ってあるのに、リンク先を開けない。

<事象>
HTMLのソースファイル中に、
<!-- saved from url=(●●●●) -->
というコメントを記述すると、IEにて何らかのチェックが行われ、
ローカルファイルへのリンクができなくなる。
つまり、
<a href="aaaa.mp3">MP3ファイル</a>
とソースに記述し、IEでHTMLファイルを開いて、
リンクの場所をクリックしても無反応状態となる。

<対策>
HTMLファイルのソースを見て、2行目に、
<!-- saved from url=(●●●●)▲▲▲▲▲▲▲ -->
という記述があったら、この行を消す。
*この行は、IEにて、インターネット上のHPなどをHTMLファイルなど保存する際に付加される行。
 *保存元のHPのアドレスを残しておきたい場合には、
  saved from url=(●●●●) のうちの、いずれかの固まりを削除すればよい。
  *saved from url=(●●●●) のひと固まりで、IE側に認識されている模様。


●印刷した際の、ヘッダとフッタを変更したい。
標準の設定だと下記のようになっている。

ヘッダー
&w&b&p/&P ページ

フッター
&u&b&d

<それぞれの記号の意味>
&w  ウィンドウ タイトル

&b  書式指定(右揃え)。この記号の後に記述したものが右揃えされる。
&b&b 書式指定(中央揃え)。&b と &b の間に記述したものが中央揃えされる。力)

&p  現在のページ番号
&P  総ページ数

&u  URL

&d  印刷年月日表示(*OSの設定「短い表示形式」に従う。=デフォルトyyyy/mm/dd。)
&D  印刷年月日表示(*OSの設定「長い表示形式」に従う。=デフォルトyyyy年mm月dd日。)

&t  印刷時分秒表示(*OSの設定「時刻」に従う。=デフォルトhh:mm:tt。24時間形式)
&T  印刷時分秒表示(hh:mm:ss。24時間形式)

&&  アンパサンド記号(&)を表示させる。

*注意
「*OSの設定」とは、「コントロールパネル」→「時刻と言語のオプション」での設定のことを指す。



▲▲▲Microsoft OutlookExpress▲▲▲

●OutlookExpressにて、メールを送信しようとすると、下記の送信エラーが出る。
「受信者の 1 人がサーバーによって拒否されたため、メッセージを送信できませんでした。
拒否された電子メール アドレス : xxxxx@xxxxx.xxx
件名 'xxxxxxxxxx',
アカウント : 'yyyyy@yyyyy.yyy',
サーバー : 'yyyyy.yyy',
プロトコル : SMTP,
サーバーの応答 : '550 5.7.1 <xxxxx@xxxxx.xxx>... Relaying denied',
ポート : 25,
セキュリティ (SSL): なし,
サーバー エラー : 550,
エラー番号 : 0x800CCC79」

<原因その1>
メールサーバ側で、スパムメール(=迷惑メール)の送信対策の一環として、
「Outbound Port 25 Blocking」という対策設定をとっている場合に起こる。

 <具体例>
 学校 回線は、学校.comプロバイダ。111@学校.comメアドを所有。
 自宅 回線は、自宅.comプロバイダ。

 111@学校.comメアドを使って、
 ・学校(学校.comプロバイダ)にて、メール受信OK。メール送信OK。
 ・自宅(自宅.comプロバイダ)にて、メール受信OK。メール送信NG。
 ・自宅(自宅.comプロバイダ)にて、222@学校.comからのメールに返信OK。

 <対応策>
 自宅から、111@学校.comのメアドを使って、自由にメールを送信したい場合には、
 OEなどのメールソフトを使って送信するのではなく、
 学校側から用意されたWebメールのフォームから、メール送信する。

参考:
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/shimizu/11068.ht...

▲▲▲Windows Media Player ver10(WMP10)▲▲▲

●見た目を、Classic(昔のWMP風)に変更したい。
Classicスキンを適用させる。
*Classicスキンがない場合には、下記の手順に従う。
1.Windows Media Player 7.1を下記サイトからダウンロード。
 http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedi...
2.ダウンロードした「mp71.exe」というファイルを、解凍ソフトで解凍する。
3.解凍されて出てきた「Classic.wmz」というファイルを実行し、適用する。

●表示画面をフルスクリーン表示させる
画面上で、Enterキーを押しながら、ダブルクリックする。
*WMP9でも、可能。
*Gyaoなどで放映されている動画再生時に利用すれば、
 コマーシャルエリアなどが表示されなくなるので便利。

*DirectX 9.0cを導入しておく必要あり。
 (DirectX 7.0では、拡大機能の利用はできなかった。)
 *DirectXのバージョン確認は、コマンドプロンプトなどから、
  dxdiag と入力して実行すると確認できる。


▲▲▲Microsoft Visual Studio .NET 2003▲▲▲
▲▲▲Microsoft Visual C++ 2005 Express Edition▲▲▲

●CやC++ファイルを編集行数を表示させたい
「ツール」→「オプション」→「テキストエディタ」→「C/C++」→「全般」
 →「表示」の箇所の「行番号」のチェックボックスにチェックを入れて、「OK」ボタン。
●ソースファイルを整列したい。(=整形したい。)
下記を実行することにより、自動的にタブを入れて、見やすい記述方式に自動変更してくれる。
「編集」→「すべて選択」
  →「編集」→「詳細」→「書式の選択」

●ネット上に公開されているソースファイルをビルドできない。
公開されているソースファイルが、Linux環境やその他の環境で作成されたものであるため。

ソースファイルをWindows環境向けに編集しなおす必要がある。
例1>低水準関数(open、read、close)などが使われている場合。
 →#include<io.h> を記述する。もしくは、高水準関数(fopen、fread、fclose)にて記述しなおす。
例2>fcntl.hファイルに関する下記のようなエラーが出る場合。
fatal error C1083: include ファイルを開けません。
         'sys/fcntl.h': No such file or directory
 →#include <sys/fcntl.h>を、#include <fcntl.h>と修正する。
●ビルドすると下記エラーが発生する。
error C2664: 'CreateWindowExW' : 2 番目の引数を 'const char [5]' から 'LPCWSTR' に変換できません。(新しい機能 ; ヘルプを参照)
<対処方法1>
CreateWindowの1番目の引数を下記のように変更する。
変更前:(=エラー発生)
CreateWindow("てすと" ,bbb, WS_OVERLAPPEDWINDOW | WS_VISIBLE,CW_USEDEFAULT, CW_USEDEFAULT,320, 240, NULL, NULL, ccc, NULL);

変更後:
CreateWindow(TEXT("テスト"), aaa, bbb, WS_OVERLAPPEDWINDOW | WS_VISIBLE,CW_USEDEFAULT, CW_USEDEFAULT,320, 240, NULL, NULL, ccc, NULL);

<対処方法2>
文字型配列変数を設定して、それを2番目の変数にしている場合。
変更前:(=エラー発生)
char aaa[] = "テスト";
CreateWindow(aaa, bbb, WS_OVERLAPPEDWINDOW | WS_VISIBLE,CW_USEDEFAULT, CW_USEDEFAULT,320, 240, NULL, NULL, ccc, NULL);

変更後:
LPCTSTR aaa = TEXT("テスト")
CreateWindow(aaa, bbb, WS_OVERLAPPEDWINDOW | WS_VISIBLE,CW_USEDEFAULT, CW_USEDEFAULT,320, 240, NULL, NULL, ccc, NULL);

<対処方法3>
「表示」→「ソリューションエクスプローラ」
「ソリューションエクスプローラ」画面内にて、任意のプロジェクト名の上にて右クリック→「プロパティ」
「プロパティページ」画面にて、
 「構成プロパティ」→「全般」→「文字セット」を「マルチバイト文字セットを使用する」にする。

参考:
http://fatalita.sakura.ne.jp/3DLib/Ref/_T/
http://paken.s1.hayasoft.com/sb/log/eid13.html
http://www.geocities.jp/ky_webid/win32c/019.html
●正常にビルドはできるが、デバックすると、下記エラーが発生する。
「MSVCR80D.dll が見つからなかったため、このアプリケーションを開始できませんでした。アプリケーションをインストールし直すとこの問題は解決される場合があります。」

<対処方法>
「表示」→「ソリューションエクスプローラー」
 →編集しているソースファイル(*.cppファイル)を選択して右クリック
  →「プロパティ」→「C/C++」→「コード生成」
   →「ランタイムライブラリ」の箇所を、下記のように変更する。

「マルチスレッド デバッグ DLL (/MDd)」
↓変更
「マルチスレッド デバッグ (/MDd)」

「適用」ボタンをクリック→「OK」ボタンをクリック。

上記のように設定を変更した後、
再度、ビルドをしてデバッグをすれば、正常にデバッグされるかと思う。

*正常に動作した後、上記の設定を元通りに戻して試したところ、
何事もなく、デバッグできてしまったので、根本的な原因が何なのかは、正直不明です。。

●ビルドをすると、ビルドはされるが警告「warning C4996」が発生する。
warning C4996: 'scanf' が古い形式として宣言されました。
c:\program files\microsoft visual studio 8\vc\include\stdio.h(295) : 'scanf' の宣言を確認してください。
メッセージ: 'This function or variable may be unsafe. Consider using scanf_s instead. To disable deprecation, use _CRT_SECURE_NO_DEPRECATE. See online help for details.'
リンクしています...
マニフェストを埋め込んでいます...。
test22 - エラー 0、警告 1
========== ビルド: 1 正常終了、0 失敗、0 更新、0 スキップ ==========

<原因と対策>
http://whidbey.msdn.microsoft.com/library/default....
「いくつかの関数は、セキュリティを高めた拡張版の代替関数を利用してください。」
ということらしい。
代替関数のリスト:
http://whidbey.msdn.microsoft.com/library/default....
ちなみに今回の場合には、
「scanf」を「scanf_s」と記述することにより、セキュアな代替関数を利用することとなる。

が、動作には全く問題ないようであるし、
今更、新しい代替関数を覚えるのも手間なので、そのまま無視してしまって良いかと思います。
●ビルドすると、エラー「error C3861」が発生する。
error C3861: 'snprintf': 識別子は、引数依存の照合を使用しても見つかりません。
<対策>
snprintfを、_snprintfと記述し直すと、正常にビルドが完了する。

●作成したDOS用プログラムを実行した際、処理終了時にDOS窓を閉じないようにしたい。
プログラムのソースの最後に、
getchar();
とでも記述しておく。

もしくは、
C++の場合は、下記を記述しておく。
#include<iostream>
using namespace std;
int x;
cin >> x;
return 0;
●ビルドすると、下記のような2つのエラーが出る
error LNK2019: 未解決の外部シンボル __imp__timeGetSystemTime@8 が関数 "long stdcall WndProc(struct HWND *,unsigned int,unsigned int,long)" (?WndProc@@YGJPAUHWND__@@IIJ@Z) で参照されました。

fatal error LNK1120: 外部参照 1 が未解決です。

<原因>
timeGetSystemTime関数を使っていませんか?
timeGetSystemTime関数は、システム時刻を取得する関数ですが、
取得したシステム時刻は、MMTIME構造体に格納する必要があります。
それに伴い、MMTIME構造体をプログラム内で利用しているはずです。
このMMTIME構造体を利用するには、WinMM.Lib というライブラリファイルも、
プログラム内に埋め込んでおく必要があります。
この、ライブラリファイルの埋め込み、を行っていないため、ビルド時にエラー警告が出ている。

<解決策>
winmm.lib というライブラリファイルを追加する。
「プロジェクト」→「既存項目の追加」
 →C:\Program Files\Microsoft Visual Studio .NET 2003\Vc7\PlatformSDK\Lib\winmm.lib を選択して追加する。
●ビルドすると、下記のような2つのエラーが出る
error LNK2019: 未解決の外部シンボル _capCreateCaptureWindowA@32 が関数 _WinMain@16 で参照されました。
fatal error LNK1120: 外部参照 1 が未解決です。

<原因>
プログラムの中で、
Vfw32.Lib というコモンコントロールライブラリファイルを必要とする、
関数や変数・構造体・クラスなどが使われているのにも関わらず、
Vfw32.Lib へのリンクが行われていないため、このエラーが出る。
例>capCreateCaptureWindow関数 など

<解決方法>
下記いずれかの方法を用いて、ライブラリファイルをリンクさせる。
<方法1>
「プロジェクト」→「既存項目の追加」
 →C:\Program Files\Microsoft Visual Studio .NET 2003\Vc7\PlatformSDK\Lib\Vfw32.Lib を選択して追加する。

<方法2>
プログラムの先頭の方に、下記を記述する。
#pragma comment(lib, "Vfw32.Lib")

●ビルドすると、下記のような2つのエラーが発生する。
test error LNK2019: 未解決の外部シンボル __imp__InitCommonControlsEx@4 が関数 〜 で参照されました。
fatal error LNK1120: 外部参照 1 が未解決です。

<原因>
プログラムの中で、
comctl32.lib というコモンコントロールライブラリファイルを必要とする、
関数や変数・構造体・クラスなどが使われているのにも関わらず、
comctl32.lib へのリンクが行われていないため、このエラーが出る。
例>INTCOMMONCONTROLSEX構造体、IntCommonControlsEX関数 など

<解決方法>
下記いずれかの方法を用いて、ライブラリファイルをリンクさせる。
<方法1>
「プロジェクト」→「既存項目の追加」
 →C:\Program Files\Microsoft Visual Studio .NET 2003\Vc7\PlatformSDK\Lib\comctl32.lib を選択して追加する。

<方法2>
プログラムの先頭の方に、下記を記述する。
#pragma comment(lib, "comctl32.lib")

●ビルドをすると、下記エラーが発生する。
error LNK2019: 未解決の外部シンボル _WinMain@16 が関数 _WinMainCRTStartup で参照されました。

fatal error LNK1120: 外部参照 1 が未解決です。

<解決策>
・ソースファイルの内容をコピーし、新しくプロジェクトを作成し直し、
 先程コピーした内容を、新しいプロジェクトにペーストし、ビルドしてみる。
 →プロジェクトの種類が間違っている場合には、これで解決する可能性がある。

・WinMain関数が無い、もしくは、WinMain関数に関する記述に誤りがあると思われるので、
 これらを見直して、修正する。
●ビルドすると、下記エラーが発生する。
<エラー内容>
error C2018: 文字 '0x81' は認識できません
error C2018: 文字 '0x40' は認識できません

<原因>
全角の空白文字が含まれている。

<解決策>
全角の空白文字を探して削除する。

<備考>
下記例のような場合、
実際に、全角文字を挿入してミスしているのは2行目だが、
ビルドエラーをした時に、エラー発生場所を示す行は、3行目と表示されるので注意。

関数名(引数1,
 引数2,
引数3);



●ビルドをすると、下記エラーが発生する。
<エラー内容>
aaaa fatal error LNK1168: 書き込みモードで Debug/aaaa.exe を開けません。

<原因>
ブログラムをビルドし、実行ファイルを作成しようと試みたが、
作成しようとした実行ファイルが、実行状態になっているため、
ファイルが保存できないために起こる。


<解決方法>
実行中の、作成したプログラムを終了させる。

プログラムを終了し、再度試してみても同様のエラーが出る場合がある。
これは、実行されていないように見えても
プログラムのミスなどにより、バックグラウンドで動作し続けていることが原因となっている可能性が高い。
Ctr+Alt+Delキーを押して、プロセスモニターで、作成したプログラムが動いていないか確認してみると良い。


●プロジェクト名の変更
*たまたまうまくいっただけなので、
 作業前に、必ずバックアップをすること!

基本的に、VisualStudio .NET 2003は、下記のような操作が想定されていない。
・プロジェクト名の変更
・プロジェクト丸ごとコピーして、複製を作る
など

手間はかかるが下記ステップを踏めば、なんとかなった。
例>下記のように変更したい場合。
ソリューション名:1111 → 2222
プロジェクト名:1111 →2222

1.
エクスプローラ上で、プロジェクトファイル名を変更する。
1111.vcproj
↓変更
2222.vcproj

2.
テキストエディタで、ソリューションファイル(*.sln)内の、
プロジェクト名とプロジェクトファイル名の箇所の情報を編集する。
*2行目を下記のように変更する
Project("{英数羅列}") = "1111", "1111.vcproj", "{英数羅列}"
↓変更
Project("{英数羅列}") = "2222", "2222.vcproj", "{英数羅列}"


参考:
ソリューション、プロジェクト の概念
 ソリューション
  プロジェクト
    ソースファイル
    リソースファイル
    ヘッダファイル
http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/ms173803....
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

▼当HP内検索▼

▼メインメニュー▼



管理者用リンク
書籍(技術書)
・利用ソフト一覧
・Ethereal/Wireshark

転送速度




・powershell

・VBA










・Microsoft SQLserver








●CentOS6.9


▼動画サーバ関係

MP3について
DVDからのMP3変換について?
DVDからの動画変換について



▼自転車関係
・Panasonic CRAZY BOY

▼自動車関係
・SUZUKI エブリワゴンDA62W


▼Linux/Unix関係
・Linux基礎(パッケージ)
・Linux基礎(システム構成)
・Linux(Debian)基本コマンド
・Linuxコマンド(テキスト処理)
・Linuxコマンド(未整理)
・Linuxコマンド(ネットワーク系)
・FedoraCore OS メモ
・Debian Linux OS メモ
・Vine Linux OS メモ
・xPUD メモ

・CentOS6.4(minimal)


・solaris9 メモ
・solaris10 メモ

▼CCNA関係


▼ノートPC関連

液晶パネル

Fujitsu FMV-820MT
・Compaq Evo Notebook N110
・Panasonic Let's note CF-S51R
・Toshiba Dynabook Satellite 1800


▼デスクトップPC関連
・AOpen AX3S Pro-U
・ASUS CUSL2
・ASUS CUSL2-M


▼携帯電話
・NTT DoCoMo FOMA M1000
・FOMA P704iμ


▼モデム関連
▼ADSLモデム
・NTT ADSLモデム-NV
・NEC PA-WD605CV
・NEC PA-WD701CV
▼アナログモデム
・GVC F-1156IV/R9

▼ルータ関連
▼ルータ
・OMRON MR504DV
・FON La Fonera FON2100E
・Cisco Cisco2620
・Cisco4500M
・Cisco1601
  Cisco1603-R
  Cisco1605

・Cisco 共通メモ

・BUFFALO BLR3-TX4L
・I・O DATA NP-BBR
・NEC PA-WB7000/B (AtermWB7000H)
・マイクロ総研 NetGenesis OPT
・Persol PBR001

・YAMAHA NetVolante RTA54i
・FUJITSU NetVehicle-I

▼イーサネットコンバータ関連
・LINKSYS WET11

▼TA関連
・NEC AtermIT60D1L(S)

▼ハブ関連
・Cisco Catalyst 2924-XL-EN
・AlliedTelesis CentreCOM8216XL2
・BUFFALO LSW10/100-8
・corega FSW-5PM
・corega HUB-5PM
・CONTEC RT-1216S

▼NIC関連
・BUFFALO WLI-U2-SG54HP
・PLANEX GW-NS54GMX
・NTT-ME MN SS-LAN CARD 11 HQ

▼プリンタサーバ関連
・corega Pserver
・I・O DATA PLANT ET-FPS1E

▼デジカメ関連
・MINOLTA DiMAGE F100

▼携帯電話ケーブル関連
・BUFFALO IGM-UPDC
・OMRON ME64KTID
・OMRON ME96KTI
・SOURCENEXT SUS-USB-02 REV.1
・UP12 USB-PDC Converter
・DAISO D106

▼その他PC周辺機器
●キーボード
・Bluetoothキーボード BK3001BA
●ハンディターミナル
・ENSO BHT-6500
●ダウンスキャンコンバータ
・SC-TVEX
●CD-ROMドライブ
・NEC CD-2800D
・BUFFALO CDN-D24EX
・BUFFALO DVM-RDM16IU2
●MOドライブ
・ELECOM LMO-230-S
・FUJITSU MCF3064SS
・FUJITSU SMB-640WL2
●スピーカー
・Justy JSP-10W
●MP3プレーヤ
・SanDisk sansa e130
・NHJ V@mp VP-415
●インタフェースカード
・玄人志向 USB2.0+1394a-CB
・nbj IDE-3525
・Notebook Power Sharing
●ACアダプタ
・Universal AC Adaptor
●マウス
・Logitec Marble Mouse
・needs progres TN-30RFMOSG
●タブレット
・WACOM FAVO(ET-0405-U)
●その他
・IDEAL ME-320X(ME-320U2F)
・KY-05046S-12-H
・LifeView USB CapView
・ハードウェア(その他)
●シリアルレベルコンバータ
・シリアルレベルコンバータ


▼Windows系メモ
・DOS起動ディスク
・Microsoft OS メモ
・Microsoft 系ソフト メモ
・その他 ソフトウェアメモ
・Network Notepad
・Packet Tracerメモ
・パノラマ写真作成ソフト
・トラブル対処履歴


▼プログラミング関連
・言語比較
・VBS
・卒研事前メモ
・卒研メモ
・Windowsプログラミング
・JANコード・ISBNコード相互変換
●C言語
・文字列
・ファイル操作
●アルゴリズム
・再帰アルゴリズム
●JAVA
・Javaプログラミング
●その他
・初心者プログラミング
・ソフトウェア未整理メモ



▼家電関連
●テレビ
・SHARP AQUOS LC-20D10
・FUNAI TV-14CP
・BLUEDOT BTV-900K
・AKART AK-FTV913
・REAL LIFE JAPAN IQ-191LEDTV
AQUOS DZ3シリーズのDLNA機能
Viera V1シリーズのDLNA機能
●プロジェクタ
・crenova XPE470
●AVセレクタ
・DataSystem AVS430
●ビデオ
・FUNAI TV-14CP
●HDD&DVDレコーダ
・Toshiba RD-XS46
・NEC PK-AX10
●DVDプレーヤー
・GREEN HOUSER GH-PDV9AT
・情熱価格 DVDJ-DQ03
●メディアプレーヤー
・MINI HD MEDIA BOX 1080P
・1080P FULL HD Media Player
・1080P HD Media Player Mini 1080
・HD media player

●チューナー
・COMTEC DTW700
・HUMAX CI-S1

●アンテナ
・ADDZEST ZCP107
・マルハマ AGS-590

●ヘッドマウントディスプレイ
・VIRTUAL i/O i-glasses
●電動歯ブラシ
・ブラウン電動歯ブラシ
●電話機
・SHARP DA-C5-B
●コードレス電動ドリル、ドライバ
・BLACK&DECKER CSD300T
・RELIEF 30946?

▼カーナビ関係
Panasonic CN-GP510VD
Panasonic CN-G1100VD
▼カーステレオ関係
Kenwood U585SD

▼おもちゃ関連
●ラジコン
・ラジコンのプロポ改造


▼カー用品関連
●インダッシュTV
・ADDZEST TVS6250


▼DIY関連
・懸垂スタンド
・蓄光塗料


▼電子工作関係
・コネクタピンアサイン
・LANケーブルをAVケーブル化
・LANケーブルをRGBケーブル化
・地上デジタル放送アンテナ
・電子工作 メモ
・乾電池を充電


▼デザイン関連
●腕時計
・腕時計


▼その他

・HP製作関連メモ
・アイデアメモ

・コラム・メモ
・趣味・興味


・ToDo
・ネットインフラ?


▼資格・履歴書・マナー
・資格取得メモ
・工事担任者対策メモ
・履歴書・職務経歴書
・答辞


▼修学旅行 フランス(パリ)


▼掲示板
●掲示板
 意見・苦情・質問用に仮設置。

▼フリーエリア▼

▼おしらせ▼

管理人/副管理人のみ編集できます