●備考

・CLIのコマンドは、大きく分けて2種類ある
  esxcli.exeコマンド
    ver5.0で登場した標準コマンド。
  vicfg-xxxx.pl と
    ver5.0より前から使われていた標準コマンド。
    ver5.0以降でも利用可能。


●ホスト関係のコマンド



ホストの情報表示系コマンド
・ホスト情報表示

"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vicfg-hostops.pl" --server=192.168.20.4 --username=root --password=rootpass --operation info

・ESXiのバージョン、ビルド番号、Update数値表示
<SSHから実施する場合>
esxcli system version get

<vSphereCLIから実施する場合>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass system version get

・ハードウェア状況表示(メーカ、IPMIサポート状況等)

<SSHから実施する場合>
esxcli hardware platform get

<vSphereCLIから実施する場合>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass hardware platform get


ホストのメンテナンス系コマンド
・メンテナンスモードか否か
<SSHから実施する場合>
esxcli system maintenanceMode get

<vSphereCLIから実施する場合>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass system maintenanceMode get

・メンテナンスモードへ移行
<SSHから実施する場合>
esxcli system maintenanceMode set --enable=true --timeout=60

<vSphereCLIから実施する場合>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass system maintenanceMode set --enable=true --timeout=60

・メンテナンスモード解除
<SSHから実施する場合>
esxcli system maintenanceMode set --enable=false --timeout=60

<vSphereCLIから実施する場合>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass system maintenanceMode set --enable=false --timeout=60


ホストの再起動系コマンド

・ホスト再起動

<SSHから実施する場合>
esxcli system shutdown reboot --delay=10 --reason=""
 ※事前にメンテナンスモードにしておかないと、「System is not in maintenance mode. Cannot perform requested operation.」と表示され、再起動不可。
 ※下記ページには、単に「reboot」コマンドで実施するように記載されているが、
  メンテナンスモードの状態は見ずに再起動されるされる(ように見られるので)、上記コマンドで実施した方が良いように思われる。
  https://kb.vmware.com/selfservice/microsites/searc...

<vSphereCLIから実施する場合(ESXiを管理しているvCenterServerに対してコマンド投入して操作する場合)>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server=192.168.20.1 --portnumber 20443 --protocol=https --username=Administrator --password=Adminpass1 --vihost=192.168.20.4 system shutdown reboot --delay=10 --reason=""
 ※事前にメンテナンスモードにしておかないと、「System is not in maintenance mode. Cannot perform requested operation.」と表示され、再起動不可。

<vSphereCLIから実施する場合(ESXiに対して直にコマンド投入する場合)>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server=192.168.20.4 --portnumber=443  --protocol=https --username=root --password=rootpass system shutdown reboot --delay=10 --reason=""
 ※事前にメンテナンスモードにしておかないと、「System is not in maintenance mode. Cannot perform requested operation.」と表示され、再起動不可。


<旧コマンド>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vicfg-hostops.pl" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass --operation reboot
 ※事前にメンテナンスモードにしておかないと、「For the host ホスト名 : The operation is not allowed in the current state.」と表示され、再起動不可。
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vicfg-hostops.pl" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass --operation reboot --force
 ※事前にメンテナンスモードになってなくても、強制的に再起動される。


ホストのシャットダウン系コマンド

・ホストシャットダウン

<SSHから実施する場合>
esxcli system shutdown poweroff --delay=10 --reason=""
 ※事前にメンテナンスモードにしておかないと、「System is not in maintenance mode. Cannot perform requested operation.」と表示され、再起動不可。
 ※下記ページには、単に「poweroff」コマンドで実施するように記載されているが、
  メンテナンスモードの状態は見ずに再起動されるされる(ように見られるので)、上記コマンドで実施した方が良いように思われる。
  https://kb.vmware.com/selfservice/microsites/searc...


<vSphereCLIから実施する場合(ESXiを管理しているvCenterServerに対してコマンド投入して操作する場合)>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server=192.168.20.1 --portnumber=20443 --protocol=https --username=Administrator --password=Adminpass1 --vihost=192.168.20.4 system shutdown poweroff --delay=10 --reason=""
 ※事前にメンテナンスモードにしておかないと、「System is not in maintenance mode. Cannot perform requested operation.」と表示され、シャットダウン不可。

<vSphereCLIから実施する場合(ESXiに対して直にコマンド投入する場合)>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server=192.168.20.4 --portnumber=443  --protocol=https --username=root --password=rootpass system shutdown poweroff --delay=10 --reason=""
 ※事前にメンテナンスモードにしておかないと、「System is not in maintenance mode. Cannot perform requested operation.」と表示され、シャットダウン不可。

<旧コマンド>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vicfg-hostops.pl" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass --operation shutdown
 ※事前にメンテナンスモードにしておかないと、「For the host ホスト名 : The operation is not allowed in the current state.」と表示され、シャットダウン不可。
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vicfg-hostops.pl" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass --operation shutdown --force
 ※事前にメンテナンスモードになってなくても、強制的にシャットダウンされる。


ホストへのパッチ適用系の関連コマンド
※コマンドの利用方法については、VMwareのドキュメントの、
「ホストのアップグレード」章内にいろいろ記述されている
例>http://pubs.vmware.com/vsphere-60/index.jsp

・ホストのバージョン、ビルド番号を表示
<SSHから実施する場合>
esxcli system version get

<vSphereCLIから実施する場合(ESXiに対して直にコマンド投入する場合)>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass system version get

・ホストが認識しているファイルシステム(VMFS、FAT)領域の一覧表示
<SSHから実施する場合>
esxcli storage filesystem list
もしくは
ls -alF  /vmfs/volumes/

<vSphereCLIから実施する場合(ESXiに対して直にコマンド投入する場合)>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass storage filesystem list

・データストアにパッチファイル用のフォルダ作成
<SSHから実施する場合>
mkdir /vmfs/volumes/datastore(hdd150gb)/patches
<vSphereCLIから実施する場合(ESXiに対して直にコマンド投入する場合)>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vifs.pl" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass --mkdir "[datastore(hdd150gb)]patches"

・パッチファイルを、データストアにアップロード。
<SSHから実施する場合>
 ESXiにSSHでログインした後に、ESXi側から外部サーバ上のファイルを取得するには、下記いずれかの方法がある
 wgetコマンドで、外部のWEBサーバやFTPサーバからファイル取得する。
 scpコマンドで、外部のSSHサーバからファイル取得する。
   参考:http://d.hatena.ne.jp/midori_kasugano/20110201/129...

<vSphereCLIから実施する場合(ESXiに対して直にコマンド投入する場合)>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vifs.pl" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass --put ".\ESXi550-201312001.zip" "[datastore(hdd150gb)]patches/ESXi550-201312001.zip"

・データストア内を表示。
<SSHから実施する場合>
ls -alF /vmfs/volumes/datastore(hdd150gb)/patches

<vSphereCLIから実施する場合(ESXiに対して直にコマンド投入する場合)>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vifs.pl" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass --dir "[datastore(hdd150gb)]"

・現状の適用済みパッチの一覧表示
esxcli software profile get
esxcli software vib list

・適用させるパッチファイルの情報表示。
<SSHから実施する場合>
esxcli software sources profile list --depot "[datastore(hdd150gb)]patches/ESXi550-201312001.zip"
<vSphereCLIから実施する場合(ESXiに対して直にコマンド投入する場合)>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass software sources profile list --depot "[datastore(hdd150gb)]patches/ESXi550-201312001.zip"
※パッチの詳細が閲覧可能。
※通常はこのうちの、ESXi-x.x.x-YYYYMMDD001-standard を適用する。
※ESXi-x.x.x-YYYYMMDD001-no-tools というようのは、VMwareToolsを含んでいないもの。
※ESXi-x.x.x-YYYYMMDD001s-xxxxx というようにsがついたものはセキュリティパッチのみのもの。

・オフラインバンドルorドライバ適用(=installオプションによる上書き適用)
※アップデートする場合には、esxcli software vib installコマンドで実施する
※コマンド末尾に、「--dry-run」オプションを付与すると、実際に適用されることなく、
 どのvibモジュールが、導入(=install)、維持(=skip)、削除(=remove)されるか確認できる。

<SSHから実施する場合>
esxcli software vib install --depot=[datastore1]patches/xxxx_OfflineBundle.zip
<vSphereCLIから実施する場合(ESXiに対して直にコマンド投入する場合)>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass software vib install --depot=[datastore1]patches/ESXi550-201407001.zip --profile=ESXi-5.5.0-20140704001-standard

・パッチ適用(=updateオプションによる差分適用)
※アップデートする場合には、esxcli software vib updateコマンドで実施する。
※コマンド末尾に、「--dry-run」オプションを付与すると、実際に適用されることなく、
 どのvibモジュールが、導入(=install)、維持(=skip)、削除(=remove)されるか確認できる。

<1.プロファイルを指定してパッチ適用する場合(推奨)>
<1-1.SSHから実施する場合>
esxcli software vib update --depot=[datastore1]patches/ESXi550-201407001.zip
<1-2.vSphereCLIから実施する場合(ESXiに対して直にコマンド投入する場合)>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass software vib update --depot=[datastore1]patches/ESXi550-201407001.zip

★アップグレード(=例>5.0→5.5 や 5.5→6.0等)する場合
※アップグレードする場合には、esxcli software profile updateコマンドで実施する。

<1-1.SSHから実施する場合>
esxcli software profile update --depot=[datastore1]patches/ESXi550-201407001.zip --profile=ESXi-5.5.0-20140704001-standard
<1-2.vSphereCLIから実施する場合(ESXiに対して直にコマンド投入する場合)>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass software profile update --depot=[datastore1]patches/ESXi550-201407001.zip --profile=ESXi-5.5.0-20140704001-standard


<2.パッチファイルをそのまま適用する場合(非推奨)>
<2-1.SSHから実施する場合>
esxcli software vib update --depot=[datastore1]patches/ESXi550-201407001.zip --profile=ESXi-5.5.0-20140704001-standard
<2-2.vSphereCLIから実施する場合(ESXiに対して直にコマンド投入する場合)>
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass software vib update --depot "[datastore(hdd150gb)]patches/ESXi550-201312001.zip"

・メンテナンスモードへ移行
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass system maintenanceMode set --enable=true

・ホスト再起動
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server 192.168.20.4 --username=root --password=rootpass system shutdown reboot --delay=10 --reason=""

<備考>
・パッチ適用後は、既に仮想環境にて仮想マシンを運用している場合には、仮想マシンのVMwareToolsのバージョンアップを実施する。


ホストの設定ファイルのバックアップ・リストア系コマンド
 ※バックアップしているのは、あくまでESXiの設定ファイルのみなので、
  物理サーバ故障などの場合には、ESXiを再インストールした後、ESXiシェルでIP設定をし、設定ファイルをリストアする必要あり。

・設定ファイルをローカルにバックアップ
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vicfg-cfgbackup.pl" --server=192.168.20.4 --username=root --password=rootpass  --save ".\ESXiCfgBackup.cfg"
・設定ファイルをリストア
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vicfg-cfgbackup.pl" --server=192.168.20.4 --username=root --password=rootpass  --load ".\ESXiCfgBackup.cfg"


●仮想マシン系コマンド



●vCenter配下のホスト上の、パワーオン状態の、仮想マシンの一覧表示
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\esxcli.exe" --server=192.168.20.1 --portnumber 20443 --protocol=https --username=Administrator --password=Adminpass1 --vihost=192.168.20.4 vm process list


●ホスト上の仮想マシン一覧表示(vmxファイル一覧表示)
(対象がESXi1台時)
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.4 --username root --password rootpass -l
(対象がvCenterServer配下のESXi1台時)
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.1:20443 --username Administrator --password Adminpass1 --vihost 192.168.20.4 -l


●仮想マシンの電源状態表示(パワーオン状態か、シャットダウン状態か)
(対象がESXi1台時)
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.4 --username root --password rootpass /vmfs/volumes/549f5b2e-83f8cf23-9ab5-50e549824e28/testVM2_win2008R2/testVM2_win2008R2.vmx getstate
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.4 --username root --password rootpass "[storage1] testVM2_win2008R2/testVM2_win2008R2.vmx" getstate
(対象がvCenterServer配下のESXi1台時)
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.1:20443 --username Administrator --password Adminpass1 --vihost 192.168.20.4 /vmfs/volumes/549f5b2e-83f8cf23-9ab5-50e549824e28/testVM2_win2008R2/testVM2_win2008R2.vmx getstate
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.1:20443 --username Administrator --password Adminpass1 --vihost 192.168.20.4 "[storage1] testVM2_win2008R2/testVM2_win2008R2.vmx" getstate


●仮想マシンのパワーオン
※vCenterServer配下のESXiサーバに対して、ログインして仮想マシン起動コマンドを投入した場合には、vCenterServerのタスク画面には、起動させたというログは表示されない。
(対象がESXi1台時)
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.4 --username root --password rootpass /vmfs/volumes/549f5b2e-83f8cf23-9ab5-50e549824e28/testVM2_win2008R2/testVM2_win2008R2.vmx start
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.4 --username root --password rootpass "[storage1] testVM2_win2008R2/testVM2_win2008R2.vmx" start

(対象がvCenterServer配下のESXi1台時)
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.1:20443 --username Administrator --password Adminpass1 --vihost 192.168.20.4 /vmfs/volumes/549f5b2e-83f8cf23-9ab5-50e549824e28/testVM2_win2008R2/testVM2_win2008R2.vmx start
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.1:20443 --username Administrator --password Adminpass1 --vihost 192.168.20.4 "[storage1] testVM2_win2008R2/testVM2_win2008R2.vmx" start


●仮想マシンの再起動
※仮想マシンに、VMwareTools導入されている必要あり。
※「stop reset」で再起動、「reset hard」だとリセット処理(=リセットボタン押下による強制リセットと同義)なので注意。
※vCenterServer配下のESXiサーバに対して、ログインして仮想マシン起動コマンドを投入した場合には、vCenterServerのタスク画面には、起動させたというログは表示されない。
(対象がESXi1台時)
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.4 --username root --password rootpass /vmfs/volumes/549f5b2e-83f8cf23-9ab5-50e549824e28/testVM2_win2008R2/testVM2_win2008R2.vmx reset soft
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.4 --username root --password rootpass "[storage1] testVM2_win2008R2/testVM2_win2008R2.vmx" reset soft

(対象がvCenterServer配下のESXi1台時)
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.1:20443 --username Administrator --password Adminpass1 --vihost 192.168.20.4 /vmfs/volumes/549f5b2e-83f8cf23-9ab5-50e549824e28/testVM2_win2008R2/testVM2_win2008R2.vmx reset soft
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.1:20443 --username Administrator --password Adminpass1 --vihost 192.168.20.4 "[storage1] testVM2_win2008R2/testVM2_win2008R2.vmx" reset soft


●仮想マシンのシャットダウン
※仮想マシンに、VMwareTools導入されている必要あり。
※「stop soft」でシャットダウン、「stop hard」や「stop」だけだとパワーオフ処理(=電源ボタン押して強制ダウンと同義)なので注意。
※vCenterServer配下のESXiサーバに対して、ログインして仮想マシン起動コマンドを投入した場合には、vCenterServerのタスク画面には、起動させたというログは表示されない。
(対象がESXi1台時)
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.4 --username root --password rootpass /vmfs/volumes/549f5b2e-83f8cf23-9ab5-50e549824e28/testVM2_win2008R2/testVM2_win2008R2.vmx stop soft
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.4 --username root --password rootpass "[storage1] testVM2_win2008R2/testVM2_win2008R2.vmx" stop soft

(対象がvCenterServer配下のESXi1台時)
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.1:20443 --username Administrator --password Adminpass1 --vihost 192.168.20.4 /vmfs/volumes/549f5b2e-83f8cf23-9ab5-50e549824e28/testVM2_win2008R2/testVM2_win2008R2.vmx stop soft
"c:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin\vmware-cmd.pl" --server 192.168.20.1:20443 --username Administrator --password Adminpass1 --vihost 192.168.20.4 "[storage1] testVM2_win2008R2/testVM2_win2008R2.vmx" stop soft

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

▼当HP内検索▼

▼メインメニュー▼



管理者用リンク
書籍(技術書)
・利用ソフト一覧
・Ethereal/Wireshark

転送速度




・powershell

・VBA










・Microsoft SQLserver








●CentOS6.9


▼動画サーバ関係

MP3について
DVDからのMP3変換について?
DVDからの動画変換について



▼自転車関係
・Panasonic CRAZY BOY

▼自動車関係
・SUZUKI エブリワゴンDA62W


▼Linux/Unix関係
・Linux基礎(パッケージ)
・Linux基礎(システム構成)
・Linux(Debian)基本コマンド
・Linuxコマンド(テキスト処理)
・Linuxコマンド(未整理)
・Linuxコマンド(ネットワーク系)
・FedoraCore OS メモ
・Debian Linux OS メモ
・Vine Linux OS メモ
・xPUD メモ

・CentOS6.4(minimal)


・solaris9 メモ
・solaris10 メモ

▼CCNA関係


▼ノートPC関連

液晶パネル

Fujitsu FMV-820MT
・Compaq Evo Notebook N110
・Panasonic Let's note CF-S51R
・Toshiba Dynabook Satellite 1800


▼デスクトップPC関連
・AOpen AX3S Pro-U
・ASUS CUSL2
・ASUS CUSL2-M


▼携帯電話
・NTT DoCoMo FOMA M1000
・FOMA P704iμ


▼モデム関連
▼ADSLモデム
・NTT ADSLモデム-NV
・NEC PA-WD605CV
・NEC PA-WD701CV
▼アナログモデム
・GVC F-1156IV/R9

▼ルータ関連
▼ルータ
・OMRON MR504DV
・FON La Fonera FON2100E
・Cisco Cisco2620
・Cisco4500M
・Cisco1601
  Cisco1603-R
  Cisco1605

・Cisco 共通メモ

・BUFFALO BLR3-TX4L
・I・O DATA NP-BBR
・NEC PA-WB7000/B (AtermWB7000H)
・マイクロ総研 NetGenesis OPT
・Persol PBR001

・YAMAHA NetVolante RTA54i
・FUJITSU NetVehicle-I

▼イーサネットコンバータ関連
・LINKSYS WET11

▼TA関連
・NEC AtermIT60D1L(S)

▼ハブ関連
・Cisco Catalyst 2924-XL-EN
・AlliedTelesis CentreCOM8216XL2
・BUFFALO LSW10/100-8
・corega FSW-5PM
・corega HUB-5PM
・CONTEC RT-1216S

▼NIC関連
・BUFFALO WLI-U2-SG54HP
・PLANEX GW-NS54GMX
・NTT-ME MN SS-LAN CARD 11 HQ

▼プリンタサーバ関連
・corega Pserver
・I・O DATA PLANT ET-FPS1E

▼デジカメ関連
・MINOLTA DiMAGE F100

▼携帯電話ケーブル関連
・BUFFALO IGM-UPDC
・OMRON ME64KTID
・OMRON ME96KTI
・SOURCENEXT SUS-USB-02 REV.1
・UP12 USB-PDC Converter
・DAISO D106

▼その他PC周辺機器
●キーボード
・Bluetoothキーボード BK3001BA
●ハンディターミナル
・ENSO BHT-6500
●ダウンスキャンコンバータ
・SC-TVEX
●CD-ROMドライブ
・NEC CD-2800D
・BUFFALO CDN-D24EX
・BUFFALO DVM-RDM16IU2
●MOドライブ
・ELECOM LMO-230-S
・FUJITSU MCF3064SS
・FUJITSU SMB-640WL2
●スピーカー
・Justy JSP-10W
●MP3プレーヤ
・SanDisk sansa e130
・NHJ V@mp VP-415
●インタフェースカード
・玄人志向 USB2.0+1394a-CB
・nbj IDE-3525
・Notebook Power Sharing
●ACアダプタ
・Universal AC Adaptor
●マウス
・Logitec Marble Mouse
・needs progres TN-30RFMOSG
●タブレット
・WACOM FAVO(ET-0405-U)
●その他
・IDEAL ME-320X(ME-320U2F)
・KY-05046S-12-H
・LifeView USB CapView
・ハードウェア(その他)
●シリアルレベルコンバータ
・シリアルレベルコンバータ


▼Windows系メモ
・DOS起動ディスク
・Microsoft OS メモ
・Microsoft 系ソフト メモ
・その他 ソフトウェアメモ
・Network Notepad
・Packet Tracerメモ
・パノラマ写真作成ソフト
・トラブル対処履歴


▼プログラミング関連
・言語比較
・VBS
・卒研事前メモ
・卒研メモ
・Windowsプログラミング
・JANコード・ISBNコード相互変換
●C言語
・文字列
・ファイル操作
●アルゴリズム
・再帰アルゴリズム
●JAVA
・Javaプログラミング
●その他
・初心者プログラミング
・ソフトウェア未整理メモ



▼家電関連
●テレビ
・SHARP AQUOS LC-20D10
・FUNAI TV-14CP
・BLUEDOT BTV-900K
・AKART AK-FTV913
・REAL LIFE JAPAN IQ-191LEDTV
AQUOS DZ3シリーズのDLNA機能
Viera V1シリーズのDLNA機能
●プロジェクタ
・crenova XPE470
●AVセレクタ
・DataSystem AVS430
●ビデオ
・FUNAI TV-14CP
●HDD&DVDレコーダ
・Toshiba RD-XS46
・NEC PK-AX10
●DVDプレーヤー
・GREEN HOUSER GH-PDV9AT
・情熱価格 DVDJ-DQ03
●メディアプレーヤー
・MINI HD MEDIA BOX 1080P
・1080P FULL HD Media Player
・1080P HD Media Player Mini 1080
・HD media player

●チューナー
・COMTEC DTW700
・HUMAX CI-S1

●アンテナ
・ADDZEST ZCP107
・マルハマ AGS-590

●ヘッドマウントディスプレイ
・VIRTUAL i/O i-glasses
●電動歯ブラシ
・ブラウン電動歯ブラシ
●電話機
・SHARP DA-C5-B
●コードレス電動ドリル、ドライバ
・BLACK&DECKER CSD300T
・RELIEF 30946?

▼カーナビ関係
Panasonic CN-GP510VD
Panasonic CN-G1100VD
▼カーステレオ関係
Kenwood U585SD

▼おもちゃ関連
●ラジコン
・ラジコンのプロポ改造


▼カー用品関連
●インダッシュTV
・ADDZEST TVS6250


▼DIY関連
・懸垂スタンド
・蓄光塗料


▼電子工作関係
・コネクタピンアサイン
・LANケーブルをAVケーブル化
・LANケーブルをRGBケーブル化
・地上デジタル放送アンテナ
・電子工作 メモ
・乾電池を充電


▼デザイン関連
●腕時計
・腕時計


▼その他

・HP製作関連メモ
・アイデアメモ

・コラム・メモ
・趣味・興味


・ToDo
・ネットインフラ?


▼資格・履歴書・マナー
・資格取得メモ
・工事担任者対策メモ
・履歴書・職務経歴書
・答辞


▼修学旅行 フランス(パリ)


▼掲示板
●掲示板
 意見・苦情・質問用に仮設置。

▼フリーエリア▼

▼おしらせ▼

管理人/副管理人のみ編集できます