<イベントID>5
<ソース>CAPI2
<レベル>
<内容>
  <http://www.download.windowsupdate.com/msdownload/u...>からの
  サードパーティのルート証明書の取得を自動更新できませんでした。
  エラー:このネットワーク接続はありません。
<発生頻度>
不定。OS起動時には発生せず、運用中に頻発した。
<環境>
WindowsServer2008(非R2)Enterprise SP1 32bit
ワークグループ環境。
インターネットアクセス不可環境。
<原因>
不明。
<対処方法>
ファイル名を指定して実行→gpedit.msc
→コンピュータの構成→管理者用テンプレート
→システム→インターネット通信の管理→インターネット通信の管理→「ルート証明書の自動更新をオフする」項目を、
「未構成」から「有効」に変更する。



<イベントID>17113
<ソース>MSSQL$SQLEXPRESS
<レベル>エラー
<内容>
スタートアップ時に構成情報を取得するためにファイル'C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.1\MSSQL\DATA\master.mdf'を開いているとき、
エラー2(指定されたファイルが見つかりません。)が発生しました。
このエラーは、無効なスタートアップオプションが原因で発生した可能性があります。
スタートアップオプションを確認し、必要に応じてオプションを修正または削除してください。
<発生頻度>
OS起動時。
<原因>
下記の3要件に合致していると発生する。

1.OS起動時に、「SQL Server(SQLEXPRESS)」サービスが開始する設定になっている。
  ※当方の環境の場合、VisualStudio2008をデフォルト?で導入すると、
   MicrosoftSQLServer2005Expressも自動で導入され、
   その際に、上記のサービス名にあるように、「SQLEXPRESS」という名前の、SQLインスタンスが作成されていた。

2.ファイル'C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.1\MSSQL\DATA\master.mdf'ファイルが存在しない。
  ※当方の環境の場合、上記「1.」の環境にて、
   「SQL Server(SQLEXPRESS)」サービスを停止するのを忘れて、
    ARCserveBackup(SQLサーバオプションライセンス未購入)で、サーバのフルバックアップを取得し、
    それをARCserveBackupのWinPE DR方式でフルリストア(=惨事復旧)した後に、
    このファイルがなくなっていることに気づいた。
    おそらく、ARCserveBackupでSQLサーバオプションライセンス未購入な環境では、
    SQLEXPRESSインスタンスが動いたままでは、mdf(=データベースファイル)がバックアップできていなかったのが
    原因かと思われる。
    ちなみに、ARCserveBackupでフルバックアップを実施した際には、
    アクティビティログには、何の警告/エラーも表示はされず、正常に終了したので、この現象に気づけなかった。。

<対処方法>
不明。

※当方環境では、今回は、VisualStudioでデータベースはたぶん使わないだろうとことから、
「SQL Server(SQLEXPRESS)」サービスを無効にするという、後ろ向きな対処で対応した。


<イベントID>3
<ソース>vmdebug
<レベル>警告
<内容>
VMDebug driver (version 7.3.4.7) was was not enabled.
This driver is required by the replay debugging feature of VMware Workstation.
If you are using other VMware oroducts or not using replay debugging, please ignore this message.
<発生頻度>
<原因>
<対処方法>
ESXiでは使用しないドライバが有効にならないことを示すメッセージ。
VMware WorkStation以外の製品を使用している場合には、動作に問題ないため、
そのまま運用しても問題ない。
イベントログへの出力を抑止したい場合には、下記HP参照。
http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search...

<イベントID>4
<ソース>b57nd60
<レベル>警告
<内容>
Broadcom NetXtream Gigabit Ethernet #2: The network link is down.
Check to make sure the network cable is properly connected.
<発生頻度>
OS起動時。
<原因>
NICポートにLANケーブル未装着時に発生。

<対処方法>
ネットワークアダプタの設定画面にて、LANケーブル未装着のLAN接続を、無効にする。


<イベントID>10
<ソース>WMI
<レベル>エラー
<内容>
クエリ"select * from SPN_EVENTENTRY"のイベントフィルタを名前空間"//./root/WMI"内で(再)使用できませんでした。
原因はエラー0x80041010です。問題が解決されなければ、このフィルタではイベント表示できません。
<発生頻度>
<原因>
問題なし。
参照:「StoragePathSavior利用の手引き(Windows編)」
<対処方法>


<イベントID>12
<ソース>Oracle.xxxxx ※xxxxxの部分は、OracleDBのシステム識別子(=sid)が入る。l
<レベル>警告
<内容>
All process in instance ccdb stoped.
<発生頻度>
<原因>
Oracleのサービスが停止する際に出るログ。
バックアップの際などに、バッチ処理などでバックアップ前にオラクルのサービスを停止させたりすると出る。
<対処方法>


<イベントID>36
<ソース>TerminalService-PnPDevices
<レベル>警告
<内容>
サポートされた追加のデバイスのリダイレクトは、ポリシーによって無効にされています。
<発生頻度>
<原因>
リモートデスクトップでの、共有資源(プリンタ等)の扱いに関しての警告表示。
サーバ側にて、アクセスしてきたクライアントに対して、
サーバのプリンタの利用許可をしていないのに、クライアント側にて、"サーバのプリンタを利用する"設定にして、
リモートデスクトップ接続した際に、サーバ側のログにこの警告が記録される。
システムの動作に問題なし。
<対処方法>

<イベントID>36
<ソース>Time-Service
<レベル>警告
<内容>
使用可能なタイムスタンプがタイムサービスプロバイダによって提供されなかったため、タイムサービスは86400秒間、システム時刻を同期していません。
タイムサービスは、タイムソースと同期できるようになるまで、ローカルのシステム時刻を更新しません。
ローカルシステムがクライアントの時刻サーバとして機能するように構成されている場合は、タイムソースとしてクライアントにアドバタイズすることを止めます。
タイムサービスは継続してタイムソースとの同期を試みます。
詳細については、他のW32timeイベントのシステムイベントログを確認してください。
'w32tm /resync'を実行すると、時刻の同期を即座に強制実施できます。

<発生頻度>
不定期。
<原因>
同期先のNTPサーバと最後に同期を行ってから24時間、同期が行われなかった際に記録される。
<対処方法>

<イベントID>36
<ソース>TerminalServices-PnPDevices
<レベル>警告
<内容>サポートされた追加のデバイスのリダイレクトは、ポリシーによって無効にされています。
<発生頻度>
OS起動後に、リモートデスクトップで初回ログイン時。(VMwareのコンソール画面でのログイン時には出ない。)
<原因>
<対処方法>

<イベントID>50
<ソース>TermDD
<レベル>エラー
<内容>RDPプロトコルコンポーネントX.224は、プロトコルストリームにエラーを検出してクライアントを切断しました。

<発生頻度>
<原因>
RDPでログオンすると、
「このリモートコンピュータのIDを識別できません。接続しますか?」との証明書に関するエラーが表示される。
この画面で、「はい」をクリックすると、接続された側のサーバのイベントログに、このログが記録される。

<対処方法>

<イベントID>57
<ソース>NTFS
<レベル>警告
<内容>データをトランザクションログにフラッシュできませんでした。障害が発生する可能性があります。
<発生頻度>
ARCserveBackupで、バックアップサーバからVMware仮想マシンのフルバックアップを、VADPで実施した際、
VADPでバックアップされた側の仮想マシンのOSイベントログに記録される。
※この前に12289、この後に137のイベントログも一緒に記録されている。

<原因>
<対処方法>

<イベントID>129
<ソース>LSI_SAS
<レベル>警告
<内容>デバイス\Device\RaidPort0にリセットが発行されました。
<発生頻度>
<原因>
<対処方法>

<イベントID>134
<ソース>Time-Service
<レベル>警告
<内容>
’でのDNS解決エラーのため、NtpClientでタイムソースとして使う手動ピアを設定できませんでした。
3473457分後に再試行し、それ以降は2倍の間隔で再試行します。
エラー:要求した名前は有効ですが、要求された種類のデータは見つかりませんでした。(0x80072AFC)
<発生頻度>
OS起動時。(2回)
<原因>
AD環境にて動作するサーバにて、AD環境に参加していない状況下で出るログ。
AD環境で動いているはずのWindowsTimeサービスが見つからないため出る。
<対処方法>

<イベントID>137
<ソース>NTFS
<レベル>エラー
<内容>
ボリュームエラー!ハイパーリンクの参照に誤りがあります。}のトランザクションリソースマネージャで再試行できないエラーが発生し、起動できませんでした。
データにエラーコードが含まれています。
<発生頻度>
ARCserveBackupで、バックアップサーバからVMware仮想マシンのVADPフルバックアップを実施した際に、
VADPフルバックアップされた側の仮想マシンのOSイベントログに記録される。
※この前に12289、57、のイベントも一緒に記録されている。
<原因>
<対処方法>

<イベントID>1000
<ソース>VMware Tools
<レベル>警告
<内容>
[warning][vmsvc:autoUpgrade]vmx returned Autoupgrade is not supported for guest.initiateUpgradeAtShutdown.
<発生頻度>
OS起動時。
<原因>
VMware社技術情報:2044176

<対処方法>

<イベントID>1000
<ソース>VMware Tools
<レベル>警告
<内容>
[warning][vmusr:vmtoolsd]Failed registration of app type 2(Signals) from plugin unity.
<発生頻度>
リモートデスクトップでログイン時に毎回。
(VMwareのコンソール画面でのログイン時には出ない。)
<原因>
<対処方法>

<イベントID>1004
<ソース>
<レベル>警告
<内容>
IPMIデバイスドライバーは、通常の動作状態でIPMI BMCデバイスと通信しようとしましたが、タイムアウトしたため通信に失敗しました。
IPMIデバイスドライバに関連付けられたタイムアウト時間は長くすることができます。
<発生頻度>
<原因>
1.実機のBMC設定にて、デフォゲ、またはDNSサーバ項目に、IPアドレスを設定している環境で、
  ネットワーク上に、そのIPアドレスを持つ機器がないときに発生する。
  この際の発生頻度は、OS起動時、または、ESMPRO/SM起動時。
2.継続発生頻度が高いようなら、ハードウェアのIPMI機能の故障が考えられる。
  例>継続して、10〜20回以上、継続発生して終息する気配がない。
3.タイムアウトしている。この場合、発生頻度はかなりまれとなり、数回発生したのち終息する。
  この場合、タイムアウトしているだけなので問題なし。
<対処方法>
上記の、原因1の場合には、
実機のBMC設定にて設定した、デフォゲ、またはDNSサーバ等のIPアドレスを、
同一ネットワーク上の、適当なPC(=作業用PC等)に割り当てる。※サブIPなどへの割り当てでもOK。

<イベントID>1014
<ソース>DNS Client Events
<レベル>警告
<内容>
名前 xxxxx の名前解決は、構成されたどのDNSサーバからも応答がなく、タイムアウトしました。
<発生頻度>
OS起動時。
<原因>
DNSサーバからの返答がない場合に発生する。
<対処方法>

<イベントID>1209
<ソース>ADWS
<レベル>警告
<内容>
ActiveDirectoryWebサービスで、指定されたActiveDirectoryライトウェイトディレクトリサービスインスタンスの設定の読み取り中にエラーが発生しました。
ActiveDirectoryWebサービスは、この操作を定期的に再試行します。
当面このインスタンスは無視されます。
インスタンス名:ADAM_VMwareVCMSDS
<発生頻度>
OS起動後、延々と1分間隔で発生。
<原因>
該当KB:KB1023864。
vCenterServerをインストールすると、ADAM(ActiveDirectoryApplicationModeService)サービスもインストールされる。
ADAMサービスは、自動でADWS(ActiveDirectoryWebサービス)を起動し、
AD LDS(ActiveDirectoryライトウェイトディレクトリサービス)が使うための、LDAPおよびSecure LDAP(SSL)サービス用のポートを読みとりにかかる。
このポートを読み取れない場合に、この問題が発生する。
<対処方法>
・方法その1
vCenterServerを、本現象の発生を抑止したバージョンにUpdateする。
参照:http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search...
・方法その2
AD LDSが使うためのLDAPおよびSecureLDAP(SSL)サービス用の2つのポートについて、レジストリへ登録する。
参照:http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search...


<イベントID>2886
<ソース>ADAM[VMwareVCMSDS]LDAP
<レベル>警告
<内容>
このディレクトリサーバのセキュリティは、署名(整合性の確認)を要求しないSASL(ネゴシーエート、kerberos、NTLMまたはダイジェスト)LDAPバインド、
およびクリアテキスト(SSL/TLS暗号化がされていない)接続上で実行されるLDAP簡易バインドを拒否するようサーバを設定することで、大幅に強化することができます。
これらのバインドを使用するクライアントが1つもない場合でも、拒否するようにサーバを構成することで、サーバのセキュリティが強化されます。

一部のクライアントは現在、署名されてないSASLバインド、または、非SSL/TLS接続を介したLDAP簡易バインドに依存している可能性があり、
構成を変更すると機能しなくなる可能性があります。
このようなバインドを使用するクライアントを特定できるように、このディレクトリサーバで該当するバインドが発生した場合、
発生件数を示す概要イベントを24時間ごとに記録します。
該当するバインドの使用を特定されたクライアントについては、そのようなバインドを使用しないように構成を変更することをお勧めします。
イベントが記録されなくなってから一定の期間が経過したら、該当するバインドを拒否するようにサーバを構成してください。

サーバの構成を変更する方法について詳しくは、
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=87923 を参照してください。

追加のログ作成を有効にして、クライアントがそのようなバインドを作成するたびに、
バインドの作成元のクライアントの情報も含め、イベントが記録されるようにすることもできます。
これを行うには、"LDAP Interface Events"イベントログカテゴリの設定をレベル2以上に上げてください。

<発生頻度>
OS起動時。※この後に、1400、1005のイベントも一緒に記録されている。
<原因>
無視しても問題なし。
(=署名なしのLDAP通信を拒否するように、ドメインコントローラを構成するように促す警告メッセージが表示されているだけ。)
※ドメイン環境の場合には、下記ページ参照。
 https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd9418...

<対処方法>

<イベントID>1400
<ソース>ADWS
<レベル>警告
<内容>
ActiveDirectoryWebサービスは、指定された証明書名のサーバ証明書名のサーバ証明書を見つけることができませんでした。
SSL/TLS接続を使用するには証明書が必要です。SSL/TLS接続を使用するには、信頼された証明機関(CA)からの有効なサーバ認証証明書がコンピュータにインストールされていることを確認してください。
証明書名:(ホスト名)
<発生頻度>
OS起動時。 ※この前に2886、この後に1005のイベントも一緒に記録されている。
<原因>
vCenterServerのSSL証明書が認証局に署名されていない場合に表示される。
ローカルエリアネットワーク内でvCenterServerを運用している場合には、
このイベントがでていてお、特に問題なし。
※参考:
ADWSは、ActiveDirectory管理のためのWebインタフェースで、TCP9389を利用する。
<対処方法>

<イベントID>1005
<ソース>ADWS
<レベル>エラー
<内容>
ActiveDirectoryWebサービスはアドバタイズ状態を変更できませんでした。
Netlogonサービスが実行されていない可能性があります。
Netlogonを再開してから、ActiveDirectoryWebサービスを再開してください。
必要な状態:True
<発生頻度>
OS起動時。 ※この前に2886、1400のイベントも一緒に記録されている。
<原因>
このeventは、ワークグループ構成のサーバにおいて、必ず発生する。
システムへの影響はないため、もんだいなし。

<対処方法>
レジストリを修正することにより、この警告メッセージを抑止することも可能。
HLEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\ADAM_VMwareVCMSDS\parameters
1.「Port SSL」を削除。
2.「新規」→「DWORD」押下し、名前を「Port SSL」にし、設定値を、636(10進値)にする。。
3.サーバを再起動する。
 参照HP:http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search...


<イベントID>1530
<ソース>User Profile Service
<レベル>警告
<内容>
レジストリファイルはほかのアプリケーションまたはサービスで使用されています。
ふぁいるはすぐにアンロードされます。レジストリファイルを保持しているアプリケーションまたはサービスはこ以降正しく機能しない可能性があります。
詳細-


<発生頻度>
OSシャットダウン時。
<原因>
OSの再起動やシャットダウン時に、「このプログラムは終了していません。〜」というようなメッセージが表示されたときにに記録されるログ。
システムの動作には問題なし。

<対処方法>

<イベントID>4105
<ソース>Winlogon
<レベル>警告
<内容>
Windowsは通知期間内です。
<発生頻度>
<原因>
Windowsのライセンス認証が切れている状態の際に記録されるログ。

<対処方法>

<イベントID>6005
<ソース>Microsoft-Windows-Winlogon
<レベル>警告
<内容>
winlogon通知サブスクライバー<GPClient>で通知イベント(CreateSession)を処理するのに長い時間がかかっています。
<発生頻度>
<原因>
OS起動に伴うサービス起動や、ネットワーク初期化等の負荷で、winlogonの初期化処理が60秒以内に終了しまかった際に記録されるログ。
このイベントの後に、イベントID6006が記録されていれば、問題なし。
<対処方法>

<イベントID>6006
<ソース>Microsoft-Windows-Winlogon
<レベル>警告
<内容>
winlogon通知サブスクライバー<GPClient>で通知イベント(CreateSession)の処理にxxxxx秒かかりました。
<発生頻度>
<原因>
イベントID6005の結果通知。問題なし。
<対処方法>


<イベントID>7023
<ソース>Service Control Manager
<レベル>エラー
<内容>
JobCenterServiceサービスは、次のエラーで終了しました。
プロセスを途中で強制終了しました。
<発生頻度>
OS起動時。
<原因>
LANケーブルが抜けた状態で、jobCenter導入サーバを起動したときに発生した。
LANケーブルを装着して、OS起動させると、本現象発生しなくなった。

<対処方法>

<イベントID>
<ソース>
<レベル>
<内容>
<発生頻度>
<原因>
<対処方法>

<イベントID>
<ソース>
<レベル>
<内容>
<発生頻度>
<原因>
<対処方法>

<イベントID>
<ソース>
<レベル>
<内容>
<発生頻度>
<原因>
<対処方法>

<イベントID>
<ソース>
<レベル>
<内容>
<発生頻度>
<原因>
<対処方法>

<イベントID>
<ソース>
<レベル>
<内容>
<発生頻度>
<原因>
<対処方法>

<イベントID>
<ソース>
<レベル>
<内容>
<発生頻度>
<原因>
<対処方法>

<イベントID>
<ソース>
<レベル>
<内容>
<発生頻度>
<原因>
<対処方法>

<イベントID>
<ソース>
<レベル>
<内容>
<発生頻度>
<原因>
<対処方法>

<イベントID>
<ソース>
<レベル>
<内容>
<発生頻度>
<原因>
<対処方法>

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

▼当HP内検索▼

▼メインメニュー▼



管理者用リンク
書籍(技術書)
・利用ソフト一覧
・Ethereal/Wireshark

転送速度




・powershell

・VBA










・Microsoft SQLserver








●CentOS6.9


▼動画サーバ関係

MP3について
DVDからのMP3変換について?
DVDからの動画変換について



▼自転車関係
・Panasonic CRAZY BOY

▼自動車関係
・SUZUKI エブリワゴンDA62W


▼Linux/Unix関係
・Linux基礎(パッケージ)
・Linux基礎(システム構成)
・Linux(Debian)基本コマンド
・Linuxコマンド(テキスト処理)
・Linuxコマンド(未整理)
・Linuxコマンド(ネットワーク系)
・FedoraCore OS メモ
・Debian Linux OS メモ
・Vine Linux OS メモ
・xPUD メモ

・CentOS6.4(minimal)


・solaris9 メモ
・solaris10 メモ

▼CCNA関係


▼ノートPC関連

液晶パネル

Fujitsu FMV-820MT
・Compaq Evo Notebook N110
・Panasonic Let's note CF-S51R
・Toshiba Dynabook Satellite 1800


▼デスクトップPC関連
・AOpen AX3S Pro-U
・ASUS CUSL2
・ASUS CUSL2-M


▼携帯電話
・NTT DoCoMo FOMA M1000
・FOMA P704iμ


▼モデム関連
▼ADSLモデム
・NTT ADSLモデム-NV
・NEC PA-WD605CV
・NEC PA-WD701CV
▼アナログモデム
・GVC F-1156IV/R9

▼ルータ関連
▼ルータ
・OMRON MR504DV
・FON La Fonera FON2100E
・Cisco Cisco2620
・Cisco4500M
・Cisco1601
  Cisco1603-R
  Cisco1605

・Cisco 共通メモ

・BUFFALO BLR3-TX4L
・I・O DATA NP-BBR
・NEC PA-WB7000/B (AtermWB7000H)
・マイクロ総研 NetGenesis OPT
・Persol PBR001

・YAMAHA NetVolante RTA54i
・FUJITSU NetVehicle-I

▼イーサネットコンバータ関連
・LINKSYS WET11

▼TA関連
・NEC AtermIT60D1L(S)

▼ハブ関連
・Cisco Catalyst 2924-XL-EN
・AlliedTelesis CentreCOM8216XL2
・BUFFALO LSW10/100-8
・corega FSW-5PM
・corega HUB-5PM
・CONTEC RT-1216S

▼NIC関連
・BUFFALO WLI-U2-SG54HP
・PLANEX GW-NS54GMX
・NTT-ME MN SS-LAN CARD 11 HQ

▼プリンタサーバ関連
・corega Pserver
・I・O DATA PLANT ET-FPS1E

▼デジカメ関連
・MINOLTA DiMAGE F100

▼携帯電話ケーブル関連
・BUFFALO IGM-UPDC
・OMRON ME64KTID
・OMRON ME96KTI
・SOURCENEXT SUS-USB-02 REV.1
・UP12 USB-PDC Converter
・DAISO D106

▼その他PC周辺機器
●キーボード
・Bluetoothキーボード BK3001BA
●ハンディターミナル
・ENSO BHT-6500
●ダウンスキャンコンバータ
・SC-TVEX
●CD-ROMドライブ
・NEC CD-2800D
・BUFFALO CDN-D24EX
・BUFFALO DVM-RDM16IU2
●MOドライブ
・ELECOM LMO-230-S
・FUJITSU MCF3064SS
・FUJITSU SMB-640WL2
●スピーカー
・Justy JSP-10W
●MP3プレーヤ
・SanDisk sansa e130
・NHJ V@mp VP-415
●インタフェースカード
・玄人志向 USB2.0+1394a-CB
・nbj IDE-3525
・Notebook Power Sharing
●ACアダプタ
・Universal AC Adaptor
●マウス
・Logitec Marble Mouse
・needs progres TN-30RFMOSG
●タブレット
・WACOM FAVO(ET-0405-U)
●その他
・IDEAL ME-320X(ME-320U2F)
・KY-05046S-12-H
・LifeView USB CapView
・ハードウェア(その他)
●シリアルレベルコンバータ
・シリアルレベルコンバータ


▼Windows系メモ
・DOS起動ディスク
・Microsoft OS メモ
・Microsoft 系ソフト メモ
・その他 ソフトウェアメモ
・Network Notepad
・Packet Tracerメモ
・パノラマ写真作成ソフト
・トラブル対処履歴


▼プログラミング関連
・言語比較
・VBS
・卒研事前メモ
・卒研メモ
・Windowsプログラミング
・JANコード・ISBNコード相互変換
●C言語
・文字列
・ファイル操作
●アルゴリズム
・再帰アルゴリズム
●JAVA
・Javaプログラミング
●その他
・初心者プログラミング
・ソフトウェア未整理メモ



▼家電関連
●テレビ
・SHARP AQUOS LC-20D10
・FUNAI TV-14CP
・BLUEDOT BTV-900K
・AKART AK-FTV913
・REAL LIFE JAPAN IQ-191LEDTV
AQUOS DZ3シリーズのDLNA機能
Viera V1シリーズのDLNA機能
●プロジェクタ
・crenova XPE470
●ビデオ
・FUNAI TV-14CP
●HDD&DVDレコーダ
・Toshiba RD-XS46
・NEC PK-AX10
●DVDプレーヤー
・GREEN HOUSER GH-PDV9AT
・情熱価格 DVDJ-DQ03
●メディアプレーヤー
・MINI HD MEDIA BOX 1080P
・1080P FULL HD Media Player
・1080P HD Media Player Mini 1080
・HD media player

●チューナー
・COMTEC DTW700
・HUMAX CI-S1

●アンテナ
・ADDZEST ZCP107
・マルハマ AGS-590

●ヘッドマウントディスプレイ
・VIRTUAL i/O i-glasses
●電動歯ブラシ
・ブラウン電動歯ブラシ
●電話機
・SHARP DA-C5-B
●コードレス電動ドリル、ドライバ
・BLACK&DECKER CSD300T
・RELIEF 30946?

▼カーナビ関係
Panasonic CN-GP510VD
Panasonic CN-G1100VD
▼カーステレオ関係
Kenwood U585SD

▼おもちゃ関連
●ラジコン
・ラジコンのプロポ改造


▼カー用品関連
●インダッシュTV
・ADDZEST TVS6250


▼DIY関連
・懸垂スタンド
・蓄光塗料


▼電子工作関係
・コネクタピンアサイン
・LANケーブルをAVケーブル化
・LANケーブルをRGBケーブル化
・地上デジタル放送アンテナ
・電子工作 メモ
・乾電池を充電


▼デザイン関連
●腕時計
・腕時計


▼その他

・HP製作関連メモ
・アイデアメモ

・コラム・メモ
・趣味・興味


・ToDo
・ネットインフラ?


▼資格・履歴書・マナー
・資格取得メモ
・工事担任者対策メモ
・履歴書・職務経歴書
・答辞


▼修学旅行 フランス(パリ)


▼掲示板
●掲示板
 意見・苦情・質問用に仮設置。

▼フリーエリア▼

▼おしらせ▼

管理人/副管理人のみ編集できます