法政大学市ヶ谷キャンパスを中心に活動している天体観測サークル「法政天文研究会」 のwebサイト

双眼鏡というと、望遠鏡よりも性能が劣る、代用品だと思ってしまう人もいるかも知れませんが、そんなことはありません。望遠鏡は遠くの小さいものを拡大して見るためのもの双眼鏡は遠くの景色を拡大して見るものです。それぞれ用途が違うので、一概にどちらが上等かという話は馬鹿げています

双眼鏡は、天の川や星雲等を見るための道具として、望遠鏡よりも優れているところがあります。それは、見たいと思った時に手軽に外へ持ち出せるということです。望遠鏡はセッティング等をしなければなりませんが、双眼鏡は空が晴れていれば素早く持ち出せる優れものです。

また、望遠鏡を欲しいと思っている人は、まず双眼鏡を買って星を見て下さい。それから望遠鏡を買っても遅くはありません。双眼鏡で天体観測に飽きて望遠鏡を買わなくなっても、レジャー等に使えますし、望遠鏡を買っても必ず双眼鏡は使います。

視点1 口径

双眼鏡の性能を第一に決定するのが対物レンズの口径です。双眼鏡の対物レンズの口径は、双眼鏡本体に明記してあります。大抵の機種は接眼レンズの横に「●×●●」というようにして書いてあり、右側の2桁の数字が対物 レンズの口径を示しています。単位はmm。(図1)


図1:口径の記述

一般に、倍率が双眼鏡の性能を決定すると思われていますが、倍率は大して重要ではなく対物レンズの口径が双眼鏡の性能を真に決定する要素なのです。対物レンズの口径が大きくなると、光を集める面積が大きくなるので暗い天体でも見えるようになる上に目標物の細かい所まで見えるようになります。具体的には口径が2倍になると、光を集める能力は4倍になり、対象の細かい所が2倍良く見えるようになります。


ですから・・・・

対物レンズの口径が大きくなればなる程、双眼鏡の性能は高いものになります。ところが口径が大きいということは、それだけガラスの塊であるレンズが大きいということを指しますので、双眼鏡の重量は増大して扱いにくいものになるというジレンマを抱えています。

実際に天体観測に用いるための双眼鏡は上記の理由により、対物レンズが30mm以上、50mm以下のものが多くなっており、60mm以上の双眼鏡は手で持つには重量的に厳しいので、あまり普及していません。従って天体観測のために買う双眼鏡は、口径が30mm〜50mmの間からチョイスするのが適当です。
まとめ
双眼鏡を選ぶ時は・・・
対物レンズの口径が30mm〜50mmのものを選ぶ

視点2 倍率

双眼鏡の性能を決める要素の一つが倍率です。双眼鏡の倍率は、双眼鏡本体に明記してあります。大抵の機種は接眼レンズの横に「●×●●」というようにして書いてあり、左側の数字が倍率を示しています。(図2)


図2:倍率の記述

世間一般では倍率が高いほど高性能という認識がありますが、それは大きな間違いです。

天体観測に使う双眼鏡の場合、倍率はどんなに大きくても10倍までが限度です。それは、双眼鏡の運用方法に密接な関係があります。双眼鏡は手で持って使う道具なだけに、どうしても視野が手ブレで動いてしまいます。この手ブレの影響は倍率が大きくなると比例して大きくなります。例えば倍率5倍での手ブレは倍率10倍になると2倍に増幅されてしまいます。ですので、あまりに大きい倍率を持つ双眼鏡は手ブレの影響が激しくて、視野の中に目標を留めておくことは非常に困難になるでしょう。経験的に手持ちで使う双眼鏡の倍率は10倍が限度と言われています。

また、高倍率は光量の低下を起こします。中学校の理科の時間を思い出してみれば分かると思いますが、顕微鏡で倍率を上げると視野は暗くなったのを覚えていますか?これが双眼鏡にも言えて、双眼鏡の倍率を上げると視野が暗くなります。(図3・4)これは天体観測をするうえで非常に障害となります。


図3:低倍率


図4:高倍率

この手ブレと視野の暗さの問題があるので、双眼鏡の倍率は10倍が限度です。通販広告などで売られている「驚異の倍率120倍」とかいう双眼鏡は、明らかに過剰倍率で、覗いても何も見えない詐欺同然の品物ですので、買ってはだめです。

まとめ
双眼鏡の倍率は10倍まで

視点3 射出瞳径

さて、瞳径とは耳慣れない言葉ですが、これは誰でも見ることができるものです。双眼鏡を腕に持って、30cm程離して接眼レンズを見ると、接眼レンズから光の束が出ているのが確認できます。この光の束の直径を射出瞳径と言います。(図5)


図5:射出瞳径

この射出瞳径は単位mmの数字で表され、双眼鏡の明るさの指標となるものです。そして、この射出瞳径は、対物レンズ有効径とともに双眼鏡の性能を左右する大事なものです。人間の瞳孔は天体観測をするときに、6mm程開きます。この大きさは加齢とともに小さくなってしまいますが、それでも4mm程度は開きます。射出瞳径がこの4mmを超えていると、天体からの光が目に満遍なく当るので、目の能力を100%生かすことができます。

従って天体観測に使う双眼鏡は射出瞳径が4mm以上となっているものを勧めます。逆に、射出瞳径が4mm未満となると、暗い場所では瞳孔の直径を下回ることになるので、目の一部分にしか光が当らず、目の能力を100%生かし切れなくなってしまいます。その結果、天体は射出瞳径が十分にある双眼鏡で見るのと比べて、暗く写ります。天体自体がもともと暗いため、この射出瞳径の不足による光量不足は大変なハンデとなります。(図6・7)


図6:射出瞳径7mm


図7:射出瞳径4mm

双眼鏡を選ぶ際には、必ず射出瞳径を確認するようにして下さい。ただし、射出瞳径は双眼鏡に明記されていません。従って、以下の式から射出瞳径を導き出す必要があります。
射出瞳径を求める式

口径÷倍率

なお、高倍率双眼鏡は買ってはいけないというのは、同口径であれば倍率が大きくなればなる程射出瞳径が小さくなるためでもあります。例えば口径50mmの双眼鏡で10倍の倍率ならば射出瞳径が5mmですが、100倍ならわずか0.5mmです(図8・9)。単位面積あたりの光量が同じなので、射出瞳径5mmの双眼鏡と0.5mmの双眼鏡のどちらが明るく見えるか一目瞭然ですね。


図8:射出瞳径5mm


図9:射出瞳径0.5mm

というわけで、まとめ

双眼鏡を買うときは射出瞳径4mm以上のものを選ぶ

視点4 視界

双眼鏡を選ぶ基準の最後は視界です。視界には「見かけ視界」「実視界」があります。

見かけ視界というのは、接眼レンズから見える視界のことです(単位は度)。この見かけ視界が広いと、接眼レンズを覗いたときに、広々とした視界が得られ、実に開放感溢れる見え方になります。例えるなら、船の窓から外の景色を見ているような感じです。

一方、見かけ視界が狭いと接眼レンズを覗いたときに、狭い視界しか得られず、実に閉塞感に溢れる見え方になってしまいます。例えるなら、井戸の底から外の景色を見ているような感じです。もちろん、見かけ視界は広い方が良いのですが、あまりに見かけ視界が広いと周囲の景色が歪んで見えてしまい、大変気分がよろしくない。ちょっと双眼鏡を動かすと酔ってしまいそうな感覚に襲われます。

従って、見かけ視界が広く、視野の周辺まで歪みのない双眼鏡というのは非常に高価になります。値段と視界の広さ、そして視野の歪みをうまく秤にかけて双眼鏡を選ぶ必要があります。見かけ視界50°程度の双眼鏡の多くは視野全体が歪み無く仕上がっている製品が多いです。これは視野全体の平坦性を優先した設計だからです。


図10:見かけ視界60°


図11:見かけ視界50°

なお、見かけ視界は通常双眼鏡には表示されていないので、以下の式で見かけ視界を求めることが必要です。
見かけ視界を求める式
倍率×実視界

実視界とは、実際に双眼鏡で見える範囲を表していますが、6°以上、できれば7.5°以上あるのが理想です。とにかく、以上の式で見かけ視界を求めて、双眼鏡を選ぶ目安にします。例えば倍率が10倍で、実視界が6.3°ならば、見かけ視界は63°ということになります。実視界は、双眼鏡の接眼部の脇に大抵表示してあります。(図12)


図12:実視界の表示

基本的に、見かけ視界は50°以上あれば実用的であり,60°以上あれば快適に使えます。中には85°程度見かけ視界がある製品もありますが、これほど見かけ視界が広いと、視野周辺の像の崩れが激しくてマトモに見られたものではありません。

まとめ
実視界は6°以上、見かけ視界は50°以上を選ぶと良い。見かけ視界60°以上なら広々感があるが視野の歪みもある。開放感を選ぶか像質を選ぶかは個人の価値観による。

視点5 コーティング

店頭で展示されている双眼鏡の対物レンズを覗くと、紫色や緑色の反射光が見えるはずです。これはレンズ表面にコーティングを施してあるからです。コーティングの目的は二つあります。一つはレンズ面保護。もう一つは透過率を高めるためです。

双眼鏡に使われているレンズは、光を100%透過させるものではありません。対物レンズに入ってくる光のうち90%以上はそのまま透過するのですが、4%〜5%程度はレンズ表面で反射してしまうのです。たかが、4%と侮ってはいけません。双眼鏡全体では空気接触面が10面程度ありますので、合計すると30%以上の光が反射によって目に届かなくなります。また、レンズ表面で乱反射した光は像のコントラストを落とす原因ともなります。ちょうど照明を点けたまま映画をみるようなものです。

この忌々しい表面反射を無くすためにコーティングはあります。コーティングが丁寧にしてある双眼鏡と、適当にコーティングしてある双眼鏡を見比べれば、その差は一目瞭然です。前者と比べて後者では視野全体がどことなく白っぽく、色の鮮やかさにも欠けて見えます。天体観測においては、特に光の透過率が重要となりますので、きちんとコーティングがされている双眼鏡を選びましょう。

一口にコーティングと言っても千差万別です。まず大事なのは全ての空気接触面にコーティングがしてあるかという点です。前述した通り、空気とガラスの接触面で反射は起こりますので、全ての空気接触面にコーティングがしてあれば、表面反射は最小限に抑えられます。一方、対物レンズだけにコーティングがしてある安価な双眼鏡では、中のプリズムなどでは盛大に表面反射が起きますので、コントラストは低下します。

次に大事なのは、マルチコートなのか、モノコートなのかという点です。マルチコートとは、異なるコーティングを何層にも重ねたもので、より広い波長を透過させるようにしたものです。一方、モノコートとは、1層だけのコーティングで、人間に最も明るく見える550nm付近の波長を良く透過するようにしたもので、他の波長は反射されてしまいます。単純に透過率という点で見た場合、マルチコートのほうが優れています。

また、ダハ型と呼ばれる一直線のスリムな形の双眼鏡では、プリズム面に位相差コートがしてあるかどうかも重要なポイントです。ダハ型の双眼鏡に用いるプリズムは、そのままだと明るい対象を見た時に1本の明るい線が見えてしまいます。これはプリズムの構造上から来る欠点です。この線の発生をなるべく押さえるための技術が位相差コートで、これがあるのと無いのとでは視野内のコントラストが違ってきます。

双眼鏡のコーティングを見分けるには、カタログの文句を参考にする他に、実際手に取って白色光にかざしてみてください(図13)。白い反射光が見えたら、コーティングをしていないところがある証拠ですのでNG。青紫色ならば大抵はモノコートです。赤とか紫とか緑の暗い反射光が見えたらマルチコートです。よく目を近づけて、内部のブリズムでも同様の反射の仕方をしているかどうか確認して下さい。

内部のプリズムでも同様の反射の仕方をしていれば、合格です。


図13:コーティングの差

まとめ
全面マルチコートの物を選ぶ(ダハ型は位相差コートをしてあるものを選ぶ)

視点6 重量

双眼鏡は人間が手に持って使う道具です。従って、なるべく軽いに越した事はありません。軽ければそれだけ長時間持っていても疲れませんので、より快適に観測をすることができます。

よく天文用に最適と言われている7×50の双眼鏡は、その瞳径の大きさから勧められているわけですが、大抵の機種では1kgを越えており、中には1.5kgを越える物もあります。こういった機種では長時間星を見続けていると、肩がダルくなってきます。私事で恐縮ですが、某天文台でフジノンの最高級機種の7×50を見せてもらったのですが、確かに像質は素晴らしいものの、1.5kgの重量がじわじわと肩にキまして、結局長時間持っていられなかったということがあります。

経験的に、大体1kgが長時間持ち続けられる境目のようです。ですから仮に天文用として7×50の双眼鏡を選ぶのであれば、1kg以下のものを選ぶと良いでしょう。実際には4cmクラスの双眼鏡の重量が700g程度で、程度口径もあるため、重量と口径のバランスが取れていると思います。このクラスならば女性でも十分長時間持ち続けられる重さです。


まとめ
1kg以下の物を選ぶ

視点7 合焦機構

双眼鏡でピントを合わせる方法は、大別して二つの方式に別れます。一つは「センターフォーカス式(Center Focus)」というもので、双眼鏡中央にある大きいダイヤルをグリグリ回してピントを合わせます。通常「CF式」と表記されます。

もう一つは「インディビジュアルフォーカス式(Individual Focus)」というもので、二つの接眼部分にそれぞれ備わっているダイヤルを別々に回して、片目ずつピントを合わせる方式です。通常「IF式」と表記されます。

CF式は素早いピント合わせができ、楽ちんです。一方、IF式は気密性を高める事ができるため、防水型双眼鏡に用いられています。天体観測に際しては、無限遠しか見ないのでIF式でもCF式でもどちらでも良さそうに思えますが、実際は他人に貸して見せる場合も多々ありますし、双眼鏡で風景や野生生物などを見る機会もありましょうから、圧倒的に使い勝手の良いCF式の双眼鏡を選択するのが無難でしょう。

本当に天体専用というのであれば、IF式でも特に問題はありません。

まとめ
センターフォーカス(CF)の物を選ぶと無難

視点8 価格

双眼鏡を選ぶ基準は性能以外にもあります。それは価格です。結論から言えば最低でも希望小売価格で3万円以上する双眼鏡ならば、失敗することは少ないでしょう。

えっ、高いよと思う方もいらっしゃるかと思います。ですがよく考えて下さい。レンズ2枚と細いフレームだけの眼鏡でさえ、きちんとした製品は2万円以上するではないですか。眼鏡よりもずっと精度の高いレンズと、プリズムなどを組み合わせ、頑丈なフレームに入れた双眼鏡ならば眼鏡よりも高くて当然ではないでしょうか。

もちろん、例外はあります。希望小売価格と実売価格の差が激しいものは止めておきましょう。これは主に高倍率やズームなどを採用した粗悪双眼鏡に多く見られる傾向です。大抵の双眼鏡は値引きしていても、希望小売価格の70%以上の実売価格のはずです。もっとも、価格以外の視点から見れば、粗悪双眼鏡を見抜く事ができますので、上記の例外は粗悪双眼鏡を見分ける視点のひとつに過ぎません。

まとめ
希望小売価格で3万円以上の製品を選ぶと間違いが少ない。

視点9 買ってはいけない双眼鏡

高倍率双眼鏡・ズーム双眼鏡

よく、最高倍率100倍!などと宣伝している双眼鏡があります。(図14)


図14:高倍率ズーム双眼鏡

一般には倍率が双眼鏡の性能の目安と思われているのですが、こんなものは芥同然。その理由は、前述してあると思いますが、あまりに高倍率ですと手ブレの影響でまともに対象が視野に収まらないばかりか、口径50mm以下で100倍もの倍率をかけるということは、射出瞳径が非常に小さくなることを意味し、従って視野は思いっきり暗くなります。(図15)


図15:高倍率双眼鏡の見かけ視界と暗さ

ですから、まともに見えたものではなく、塵芥同然というわけです。

こんな産業廃棄物を10,000円も出して買うのは、金をドブにすてるようなものです。上の広告を見ると、おまけで付いてくる7×18の双眼鏡のほうが余程実用になると思うのですが・・・ちなみに、メーカー希望小売価格59,640円とありますが、この価格で販売している業者は寡聞にして聞いた事が無く、明らかに景品表示法違反の二重価格ですね。

謎のコーティングがしてある双眼鏡

ときおり、ルビーコートとかIRコートとかいう名目の双眼鏡が売られています。対物レンズを見ると真っ赤なコーティングがしてあります。これも買ってはダメ。というのも、対物レンズに見るからに光を通しにくそうなコーティングがしてあるからで、絶対の光量が必要な天体観測に用いるのには、明らかに間違い。実際にその双眼鏡を覗くと、明らかに光量が低下し色がおかしくなっているのが分かるとおもいます。(図16)


図16:ルビーコート双眼鏡の視界

また、このコートがしてある双眼鏡の売り文句に「有害な紫外線をカット」と書いてありますが、そもそも普通の双眼鏡で紫外線が問題になったということは寡聞にして聞きませんし、仮に双眼鏡使用時の紫外線の影響が問題となっているならば、並みいる一流メーカーの製品には全てこのルビーコートとやらが施されているはずです。ていうか、夜に太陽出てないから紫外線も何も問題にならないのですがね。従って、光量を落とすだけの怪しげなコートをした双眼鏡は買ってはいけません。


免責事項
このページに書いてあることを鵜呑みにして双眼鏡を買い、何らかの不具合が生じたとしても当会は一切の責任を負いません。ここに書いてあることはあくまで双眼鏡購入の参考として利用することを目的としたものであります。実際に購入する際には販売店などによく相談して、自分自身の責任において購入を決断して下さい。また、当会では購入の相談にも乗りかねますのでご了承ください。

このページへのコメント

現在「見かけ視界」の計算式は変更されていて、実視界の半分の正接に倍率を掛けた値の逆正接をとった値の倍となっています。

0
Posted by くれい 2009年10月03日(土) 06:44:30 返信

宮内BH742はもう入手できないと思います。2007年初めでもKYOEIでも入荷予定無しでしたし。ページから外したほうが良いのでは?

0
Posted by Arcturus 2009年07月05日(日) 23:06:42 返信

「買ってよい双眼鏡」のページの更新をお願いします。読みにくいです。

0
Posted by   2009年04月09日(木) 16:03:50 返信

べんきょになりました。

0
Posted by にわか天文ファン 2008年08月09日(土) 21:25:29 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

コンテンツ

 * はじめに *

 天文研とは 天文研のプロフィール
 活動内容 写真付で紹介してます

 入会案内 入会をお考えの方必見!
 FAQ よくある質問

 規約 当会の規約

 天文研の歴史 創設〜今までの歩み

   ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 所有機材 望遠鏡などの所有器具を紹介

 主な観測地 観測に適した場所一覧

 過去の観測地 合宿などで訪れた場所

   ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 * 活動報告 *

 観望報告 合宿や観望会の報告

 プラネ製作記録 プラネタリウム製作の記録

   ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

 * その他 *

 掲示板
  どなたでも書き込み出来ます♪

 展示コーナー
  会員撮影の天体写真を見ることができます

 リンク
  当HPのリンク・ブログ&天文関係サイト様一覧

   ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

天文TOPICS

天体観測についてのこまごまとしたトピック集です

フリーエリア






法政天文研究会 on the web


















Wiki内検索

メンバーのみ編集できます