雑誌媒体


『アイマス2』765プロダクション決起集会に乱入者!? 衝撃の発表に765プロが激震 http://news.dengeki.com/elem/000/000/303/303597/in...
最後に坂上Pが「みんな、団結していくぞー!」と会場に投げかけ、客席のプロデューサーたちも「おおー!」と返し、強大な961プロに立ち向かう意志を固めた。
『電撃オンライン』の記事ですが、事実とは異なっています。http://www.nicovideo.jp/watch/sm12146373の5分50秒あたりからを見ていただけばわかりますが、このセリフがあったのは最後の〆ではありません。このセリフのあとにCDの投票や9人のみプロデュースが匂わされるなどによって会場の空気は一変しています。実際は記事にあるような「団結」とは程遠い状況になっています。8分20秒あたりの「ついてこれるかー!」への受け答えからもわかると思います。その後の竜宮小町のプロデュースができないことが正式に発表されときの会場の空気は、映像からは感じ取れますが、現地の記者さんは感じ取ることができなかったようです。

ニコニコ動画

  • 石原氏がインタビューでニコニコ動画に直接言及。
ただ、閉じた世界のままだと、表現しにくいものがありました。それは、春香たちがアイドルであるということです。実際にユーザーが生活していて、現実世界でアイドルのCDのオリコン順位などを見る機会が増えると「ああ、やっぱり、アイドルはスゴイなあ」と感じることがあると思うんです。実際に自分がこの考えを今後の展開の指針としたのは、やはりニコニコ動画でのユーザー投稿の影響が大きいですね。
  • 続いてユーザーによる世界観の拡張について言及。
  • 制作の中心人物から指摘されたことによって、具体的に誰の動画が影響を与えたのかが話題になり、『アイドルマスター2』の展開と合わせて、いくつかの動画のコメント欄が非常に荒れた状態となる。

その他

アイマス大好きで知られるウメP(本名:梅田浩二)が編集長を務める総合ゲーム雑誌『ゲーマガ』のブログが、TGSがあったにも関わらず全く更新されていない。昨年はTGS初日から精力的に更新されていただけに、「ウメPも今回の発表で相当ショックを受けたのでは?」等の憶測が飛び交っている。


コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます