みどり・市民派をめざす 井奥まさきが収集した情報、書き込んだ情報を整理して公開するために作った公開用のウィキです。


公立病院の経営が大きく問題化している中、市の組織にも「支援課」を設けて医師確保に動いている例が増えてきました。

加古川市の事例は
「子育て、医療部門強化 加古川市」
http://club.kobe-np.co.jp/mint/article/kosodate/ko...

一人1億円〜1.5億円の利益をもたらすという医師確保は経営建て直しに必要な要素ですが、
全体的な医師不足の中、各自治体は懸命に努力をしています。
高砂市でも苦戦しているので、いいアイディアはありませんが、以下のような取り組みがあるようです。

(1)支援課設置、市長のトップセールス
(2)中心の大学を通さない求人〜特に出産後の女性医師確保〜
(3)地域ぐるみの支援
県立柏原病院の小児科を守る会が有名。他にも臨床研修医が「卒業」の際に地域で会合を持って見送る等
(ガイアの夜明け “命の絆”を再生せよ 〜崩壊寸前“地域医療”を追う
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview0...
 で最後にそのシーンが出てきました)

※参考になりそうなHPをあげておきます。みなさんからの情報もぜひ教えてください。
女性医師再就業支援センターのホームページ

http://www.hyogo-wdsupport.net/

ドクターバンク

http://www.hyogo-doctorbank.com/housin.htm

バンクのきっかけとなった計画

http://web.pref.hyogo.jp/contents/000036044.pdf

県立柏原病院の小児科を守る会

http://www.mamorusyounika.com/

厚労相、母親グループ激励 県立柏原病院  

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0001197934.sh...

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

ページ内検索

管理人/副管理人のみ編集できます