放射能関連の資料を追加していきます (∂-∂*)ヨロシク〜☆ミ 『わくわく放射能ランド』『放射能 (б▽б;;)げ〜』から改名しました o(*б▽б*)oエヘヘ!

概要

政府・行政などの計算する外部被曝量は、複雑です。。

PR どぉぞっ♪ヽ(*б-б*)。

被ばく線量計算式(文部科学省開発か)

3.8マイクロシーベルト/時を学校の放射線量として容認

基準値の3・8マイクロシーベルトは、児童らが1日のうち屋外で8時間、室内で16時間過ごすと仮定。年間の積算放射線量が20ミリシーベルトに達するかを目安に算定した。
ニュース参照

(3.8×8+3.8×0.4×16)×365=19972.8
ですから、20ミリシーベルト/年を超えないという計算です。

※0.4は、木造家屋の低減係数

1マイクロシーベルト/時が校庭の除染の基準

(1×8+1×0.4×16)×365=5256
ですから、およそ5ミリシーベルト/年を超えるなら除染するという計算です。

※0.4は、木造家屋の低減係数

0.23マイクロシーベルト/時が1ミリシーベルト/年の除染の基準

自然放射線の分として、0.04を差し引きます。(この部分は確証がありません。足立区の計算式(0.05を採用)と常識で判断)
((0.23−0.04)×8+(0.23−0.04)×0.4×16)×365=998
ですから、1ミリシーベルト/年を超えません。

※0.4は、木造家屋の低減係数

さらに、緻密(いい加減)な文部科学省式計算式



ポイント:
学校に居るのは、200日です。
校庭にいる時間を少なくします。(鉄筋の校舎なら教室の放射線量は低くなります)
自然放射線量をできるだけ大きくして差し引きます。

ブログ記事も
学校において受ける線量の計算方法について(文部科学省) (〃бOб)ノ コラァ〜 文部科学省がマイナスの放射線量を新たに開発したYO!!
どぉぞっ♪ヽ(*б-б*)。

いるかちゃん所有のSOEKS-01M & オススメ放射線測定器

レポート:
【PR】放射線測定器 SOEKS-01M RD1503 DoseRAE2 Radi 比較 【SBM-20】の有効範囲を追加した。0.14μSv/h以上で使ってください。|
【PR】SOEKS-01M 国民生活センターデータも参考に

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

ツイッター

まもろう


管理人/副管理人のみ編集できます