放射能関連の資料を追加していきます (∂-∂*)ヨロシク〜☆ミ 『わくわく放射能ランド』『放射能 (б▽б;;)げ〜』から改名しました o(*б▽б*)oエヘヘ!

ベラルーシ基準では、こんな感じらしい(参照など)

子ども

子ども:体重1キロあたり
70ベクレル 危険レベル
20ベクレル 注意レベル

大人

大人:体重1キロあたり
200ベクレル 危険レベル
70ベクレル 注意レベル
50ベクレル 「要注意」 子どもを生む可能性のある男女

適切な基準なのかを検証

セシウム137が1642ベクレル、134が462ベクレル、合わせて2104ベクレル。これが測定日(7月8日)時点で記者の体内に入っていた量だ。よく牛肉などで「1キロあたり×ベクレルが検出された」と報じられるが、体重72キロの記者の場合、1キロあたりだと約29ベクレルになる。
72マイクロシーベルト と計算できるようです。これは、生涯積算済みの預託線量ですね。
7〜70ミリシーベルト相当になります。

適切な基準と判断します


下記も参照してください。

体重1kgあたり20〜30ベクレルのセシウムによる内部被ばくで、不整脈が発生
検出限界が高すぎるという批判がありますが、改善はされないようです。

PR どぉぞっ♪ヽ(*б-б*)。

管理人/副管理人のみ編集できます