このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
このウィキの読者になる
最近更新したページ
最新コメント
【AH協会】 by awesome things!
609 ◆dWeYTO/GKY小ネタ by check it out
609 ◆dWeYTO/GKY第9話02 by check it out
609 ◆dWeYTO/GKY第9話08 by awesome things!
775 ◆dWeYTO/GKY第1話06 by awesome things!
775 ◆dWeYTO/GKY第1話02 by check it out
609 ◆dWeYTO/GKY第6話02 by awesome things!
リンク
まとめサイト
http://ss.ga4.net/

2ちゃんねる
http://www.2ch.net/

FF11の板(蟹)
http://yy10.kakiko.com/ff11ch/

ネ実
http://live19.2ch.net/ogame/

ワイルドカード(アイコン素材)
http://www.aurora.dti.ne.jp/~keiko-t/
Wiki内検索

Kiesel ◆nu123wJPbk 33スレ目保守

ほんの気まぐれで始めた保守用の、あの兄弟他の話です。
メ欄はその時々のツッコミとかだったり。
投下する際、トリとコテははずしています。



64 名前: 既にその名前は使われています 投稿日: 2008/05/23(金) 16:12:21.06 ID:hdP2ZBEi
「時に、モーグリ」
「クポ?」
「今度から、お前の代わりにフェローが居候することになった」
「よろしくお願いします」
「クポ!?もももモーグリの代わりにクポ!?」
「だってお前、私のベッドで勝手に私の装備品をチェックしていたじゃないか」
「ご主人様の装備は布系が多いから、虫食いが出ないように気を付けているクポ!女性の身だしなみは大切クポ!」
「・・・ほぉ。だからワーロックタイツをかぶっていたのか」
「な、なぜそれを知っているクポ!?」
「カマかけだ」
「クポッ・・・」
「バスにいた頃のモーグリは今ボナンザのアルバイト中だからな。仕事が終わるまで呼び戻せない」
「だから私ですか・・・」
「主従契約の破棄はもう申請して受理された。あとはラバオのノマド見習いにするように、管理組合に言ってある」
「クポー!?あの暑くて乾燥してて砂ぼこりにさらされまくるラバオクポ!?」
「水もある。よかったじゃないか、砂漠のオアシスなんてリゾート地だぞ。その代わり日陰は少ないが」
「ご、ご主人様ー!!」
「誰が貴様のご主人様だ。もうお前は私のモーグリではないぞ」

84 名前: 既にその名前は使われています 投稿日: 2008/05/25(日) 18:48:02.05 ID:1VLq0Y7z
頭痛が痛い。
言葉がおかしいが、頭痛が痛いのだから仕方がない。
「・・・体調、崩したか」
かりかりと書類にサインを記し、ふぅっと息を吐く。
まったく、ここしばらく低レベルの冒険者が増えていると思ったら。モーグリたちが訳の分からんイベントなどをやりやがる。
参加資格は、レベル5以上なら誰でもOK。こぞって倉庫連中がレベル上げにいそしんでいるわけだ。
レベル上げで無茶をするから、またリージョンバランスがおかしくなっている。
三国に隣接したリージョンが獣人支配になるとかもうね・・・
それにしても。
「・・・1等は、1億ギルか」
1億。100,000,000。
いちおく、か。
ずずっ。カップの茶をすする。




「・・・あとでオレも、買いに行くかな」
ぽつりと呟いた。

205 名前: 既にその名前は使われています [理屈が分かると簡単なんですよね。] 投稿日: 2008/06/05(木) 17:31:19.87 ID:5LnSY/nY
「だから、こっちに1だろ?」
「んー・・・あ、でもそしたらこっちが3になるから、ダブっちゃう」
「え?・・・あー」
升目に数字が並べられた紙を前に、銀髪の王国騎士と金髪の神殿騎士が何やかやと話し込む。
その様子を眺め、
「あのふたりは何をしている?」
黒髪の王国騎士の問いに、神学生の青年は溜息をついた。
「それが・・・『スウドク』という、パズルをやっているそうです」
「INT"F"が何をやっているやら」
呆れも混じった独白を口にし、ふと外を見る。
しと、しと。激しくはないが気になる程度の雨が降っている。
『雨が降ったら仕事は休み』と言いながら現れた金髪の友人は、ほとんど神殿騎士としての仕事をしていない。
というのも、彼の本職は神殿騎士ではないのだが、地位があることは何かと便利だ。
互いに従騎士を従えない身だが、『特例』として認められているのだから問題はない。
しかし、こちらは仕事をやらねばならず、あちらはやらずでは納得がいかないのだが。
ぱたぱたと雨が強くなる。ああ、確かにこれは仕事を休みにしたい。
「雨がやんだら仕事をしろよ」
パズルに興じるふたりへ言葉を投げ、青年が淹れた茶を受け取る。
雨は、明日まで降り続けるらしい。

246 名前: 既にその名前は使われています 投稿日: 2008/06/09(月) 17:49:15.71 ID:ayjYNO+/
この声は、届かない。
光も闇もない、混沌の奥底。
落ちているのか、浮いているのか。五感すら用をなさない。
ただ分かるのは、この声は、届かない。
呑まれていく。
無意識がそれを訴えた。
何に呑まれていくのか。
無我夢中で伸ばした手に、何かが触れた。
その正体など知れたものではないが、必死にそれを掴む。
柔らかい。それは、そう、人の手に似た。
引き上げられる。いや、沈められる?
音ならぬ悲鳴を喚きながら手の先を一心不乱に凝視する。

「さよなら」

まったく同じ顔が、不気味なほどによく通る声で言った。
そうして気付く。
それは、ヴァナ・ディールでの自分だと。自分のキャラと同じなのだと。
もう、戻るところなどなく、戻るべき自分もないのだと。
2008年11月21日(金) 17:42:49 Modified by feathery_snow




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。