「.hack//G.U.」と「コードギアス 反逆のルルーシュR2」と「LAS(LMS)」と「ゴッドイーター」と「仮面ライダーディケイド」の荒唐無稽恋愛活劇SSサイト(のつもり)。

トロンメル(???)/CV:三宅健太

.hack//Link」に登場。
2020年、新たに《The World R:X》のサービスを開始したCC社が雇ったスゴ腕集団シックザールのメンバーの1人。
レベル120。団員7、通称「怪力男」。
3mを越える規格外の巨体の持ち主で、をして「見たこともないくらい大きなPC」と言わしめている、シックザールのパワーファイター
(しかし単細胞というワケでもなく、事前に結界を張ってのガーディアンを封じるなど機転も利くようだ)。
本格的な登場は第3話(アクセス:3)から。

紫色の髪に全身を包むイエローとパープルのボディスーツ、黒いマントなど、その姿はアメリカンコミックのヒーローのような風貌ではあるが性格は冷酷非道。
任務達成の為なら相手が女性であっても手段を選ばない。シックザールの団長であるフリューゲルへの忠誠心もメンバーの中では随一。
必殺技は周囲のデータを右腕に吸収、巨大化させて放つ剛腕パンチ「怒りの砕槌(ドーンハンマー)」。
どれ程の威力があるのかは不明(レベル1、HP30のトキオに対して放ったため)。
声優はアニメ「.hack//Roots」で俵屋(藤太)役、「仮面ライダーディケイド」でアリゲーターイマジン役、「仮面ライダーアギト」で地のエル役だった三宅健太。

クロノ・コアの反応を追い、司の前に出現。
助太刀に入った昴を物ともせず司を拉致し、クロノ・コアの奪取を試みるも
司が言うことを聞かないため、彼女のプチグソを握り潰し、データの塊にしてしまった
(トロンメルが司を監禁した城の壁には幾つもの苦しそうな人間の顔が嵌め込まれており、恐らくトロンメルがこれまで気に食わない者を処分し、嵌め込んだものと思われる)。
結果、司のクロノ・コアが出現。トロンメルはクロノ・コアを奪おうとするもトキオが乱入し、混戦模様に。
業を煮やしたトロンメルは必殺の「怒りの砕槌(ドーンハンマー)を発動、後ろに司が居る為に避けきれず、トキオは攻撃をモロに喰らい戦闘不能に。
しかしトロンメルの一撃はトキオに変化をもたらし、改変された司の記憶を取り戻したばかりか、
司のガーディアン使役能力をコピーするディケイドシステムをも発動させてしまう。
司のガーディアンを操るトキオの一撃でトロンメルは致命傷を負い、勝利は確実かと思われたが、

「まだ終わってねえぜ……このまま帰るわけにはいかねえ……団長だけなんだ……俺を必要としてくれたのは……俺の居場所をつくってくれたのは!
 ここで負けたら……俺はどこにもいけねえ……だから絶対に倒れるわけにはいかねえんだよォォォ」

とフリューゲルに対する忠誠心を見せつけ最後の足掻きとばかりにトキオを締め上げるも、同じシックザールのメンバーであるガイストによって背後からバラバラにされ、殺された。

俺はトロンメル。おまえのクロノ・コア……いただきに参上した!!!


戻る

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます