「.hack//G.U.」と「コードギアス 反逆のルルーシュR2」と「LAS(LMS)」と「ゴッドイーター」と「仮面ライダーディケイド」の荒唐無稽恋愛活劇SSサイト(のつもり)。

≪前回までのあらすじ≫


全ては、あの日から始まった。


アルファワン達、神機使い(ゴッドイーター)の戦いは熾烈を極めた。


疑惑、怒り、迷い、悲しみ、別れ、裏切り。


数々の運命のカードが彼女らに配られた。


幾つかの出会いが在った。


それを上回る、数えきれない争いが在った。


そう言った試練を全て乗り越え、しかし今、彼女らは信じていた。


戦いの終わり、ノヴァの終末捕食は近い。


終末捕食を引き起こす特異点たるアラガミさえ封印すれば、全ては終わる。


だが、彼女らの知らない所で、最大の試練が目覚めつつあった。


切り札は何処だ? 切り札は誰だ? この世界は、やはり滅びに向かうのか? 


戦いは終わらない。


運命のうねりは今、最終局面(クライマックス)へと加速していく!



「この距離ならバリアは張れな―――――――きゃあぁああぁあああぁああぁっ!?」


「橘(たちばな)殿っ!?」


「サクヤさん……っ!!!^^; し、しっかりしてくれよっ!!」


「リンドウ……。
 貴方との思い出は、数える程しかないけど……貴方を思い出させるものは、数え切れないぐらいある……。
 そして……なにより、貴方の笑顔が忘れられない……遅すぎるかしら……? 今頃になって言うのも……。
 私は……私は……私は、貴方が、好きだった……貴方の事を……大切に思っていた……ぐふっ」


「サ、サクヤさ――――――――――――――――んッッッ!!!!^^;」


「阿呆! コウタ、大声を出すでないわ! 橘殿はまだ死んでおらぬわいっ!!!」


「で、でも、瀕死の重傷だぜ!? アリサもソーマも、もう限界だし……!
 リーダーの神機も動作不良で使いもんにならないし、ここは一旦撤退して態勢の立て直しを……^^;」


「……撤退は汝(なれ)らだけでせい。ワシは残る」


「残るって……おいおいっ!? 正気かよ、リーダー!!!」


「例え神機などなくとも、アラガミのコアを喰らい、封印出来るはずじゃ……ワシに、神機使い(ゴッドイーター)の資格があるなら!」


「アンタが強いのは俺も十分知ってるけど、今回ばかりはヤバいって!
 あ、あのアルダノーヴァの堕天種、マジハンパないって見て分かるじゃんかよっ!!!」


「心配せずともよい。ワシには、とっておきの切り札がある」


「き、切り札……?」


「ただ、一度使うと疲れ切って数日は寝込むハメになってのぅ……ま、やむをえまい」


「だ、大丈夫なのかよ!?」


「ワシが時間を稼いでおるうちに、汝らはさっさと去(い)ね! 
 迎えのヘリで、この一帯からうんと遠ざかるのじゃ! 分かったな!? 隊長命令じゃからなッ!!!
 状況が終了したら、ワシを拾いに戻ってくればよい! ……アリサを任せたぞ、コウタ!!」


「リ、リーダー……ッッッ^^;!!!」


























「……行ったか。
 コウタめ、ワシのアリサにちょっかいを出せねばよいのじゃが」


『■■■、■■■■■■―――――――――――――!!!!』


「吼えるでない。汝(なれ)の相手は、ワシがしてやるわい」


『■■■■■、■■―――――――――――――!!!!!』


「……さーて。ヴィーナスよ、汝の力を貸してもらうぞ」




ウフフ……気ヲツケテ? 私ヲ封印シタツモリガ、逆ニ支配サレナイヨウニネ……クスクス。




「ふん……是非も無いわ!」





ABSORB-KING !! EVOLUTION-QUEEN !!!





『■■■■■■■―――――――――――――――!?』


「じゃがな、ヴィーナスよ。
 ワシの体を動かすのは、義務とか使命ではない!
 そこに居るアリサを守りたいという想い……アリサを愛しておるから、ワシは戦っておるのだ!!
 ……汝の力を制し、今それを証明してやろうぞ」






















「これは……まさか、ありえませんっ……!!!」


「ヒバリ君、落ち着きたまえ! どうしたと言うんだ!?」


「あ、アルファワンと神機の融合係数が、規定値を超えて大幅に上昇!
 それに伴い、アルファワンを中心とした半径数百メートルに、未知の偏食場パルスが発生しているのですが……その……」


「……! アルファワンの周囲に、新たなアラガミのオラクル反応が多数!?」


「ヴァジュラ、シユウ堕天、ボルグ・カムラン堕天、ハガンコンゴウ、ディアウス・ピター、ツクヨミ、ヴィーナス……その他、多数!!!
 し、信じられません、実際にはアルファワンの周囲に……そんなアラガミ達の姿は、何処にも無いのに……!!!」


「……まさか! 彼女の使用している神機からか!!!」


「榊支部長、それは一体……」


「これまでアルファワンが、その神機でコアを喰らい、倒してきた数多くのアラガミ達。
 その中でも特に強大な力を持つ13体のアラガミ達の力が、どういう理由かは分からないが、
 今のアルファワンに神機を通して発現しているとしか思えない。
 ……その中核を担うのが、このアラガミ、ヴィーナスだ!
 一匹のサリエルが究極の美を求めるあまり、数多くのアラガミ達を捕食した成れの果てと言われる、アラガミの女王たる存在……!
 つい先日、極東支部にて初めて確認された新種であるヴィーナスを神機で捕食出来たのは、アルファワンだけだった……
 原因は分からないが、捕食したヴィーナスの意識が未だアルファワンの神機に残留し、今回の現象を引き起こしているとするなら……」


「ア、アルファワンは、どうなってしまうのでしょうか……?」


「……ここから先は、ヨハネスも予見出来なかった未知の領域だろうね。
 13体のアラガミを従える女王そのものとなったアルファワンは、その力を何に、どう振るうのか。
 人類を救う最後の切り札となるのか、それとも――――――――――――――」
 



【また見て 神喰い!!】

SSリストに戻る





コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます