「.hack//G.U.」と「コードギアス 反逆のルルーシュR2」と「LAS(LMS)」と「ゴッドイーター」と「仮面ライダーディケイド」の荒唐無稽恋愛活劇SSサイト(のつもり)。

自分の限界を考えたことはありませんし、限界の存在は悲しむべきものではありません。


─ヘレン・ケラー―




「ほぉれっ、どうしたハセヲっ!」


「(; 0w0)うぉっ!?」


「さっきから防戦一方のように、ワシには見えるのだがのぅっ!?」


「ちっ……レイザスッ!」


「ふふん、バクドーンッ!!」





ドォンッ!




「ザンロームッ!」


「ガンボルグッ!!」





ドドドッ!!




「(やべーな、どーにも呪紋の威力はあっちの方が上っぽいぞ……!)」


「ほれほれ、余所見をするでないわっ!」





べしっ!




「(; 0w0)ぶべらっ!?」


「こーんな良き女子(おなご)を目の前にして、不甲斐ない男子(おのこ)だのぅ……。
 サシの勝負だというのに、興を殺ぐような真似をするのは無粋であろう?」


「ってぇ……。
 何つー威力だ、あのシッポ……! ……ゴクッ、ゴクッ」


「お、もう癒創の水で回復かの?」


「HPゲージが半分キリそうだったんでな……緊急措置ってヤツだ」


「ふむ……それにしても、のぅ?
 てっきりワシを警戒してアビリティカウンターを防具に仕込んでおると踏んでおったのだが……
 毒もマヒも睡眠も無いトコロを見るに、お主、防具に何も仕込んでおらぬな?」


「テメーもな……。
 てっきり武器に何かのバッドステータス効果を仕込んでやがるかと思ったが……
 んな必要ねーな……タコ殴りにしてるだけで勝てりゃ世話ねーぜ……!」


「主のそういう潔いトコロ、ワシは嫌いではないがなw」


「くっ……伏虎跳撃っ!!」


「ははっ! ならばこちらもトラじゃっ、虎咬転身撃っ!!」





ドドドドッ!!!





「虎乱襲っ!!!」


「お次はライオンといくかのぅ、獅子連撃っ!!!」




ドゴゴゴゴゴッ!!!!





「にゃろう……全部、相殺しやがった……っ!」


「その程度ではワシはくたばらんぞ?
 主の放った技は虎を狩る為の技……だがしかし、生憎とワシはキツネだからのぅ? はっはっはw
 虎の威を借るキツネではのぅて、残念だったのぅ?」


「ちっ……うっせーよ、ロリババア!」


「これ、まーたババアと言うたな? 
 主は口の利き方がなっとらんのが玉に瑕(きず)だのぅ……顔は相応に可愛らしいというに」


「(; 0w0)ほっとけ!」


「ま、よいわ。……お喋りはこれくらいにしておくか、のっ!」




ひゅん! ひゅんひゅんっ!!





「のわっ!?」


「それっ、快速のタリスマンじゃっ!」




ひゅひゅひゅっ!!!




「(; 0w0)やべっ、アプドゥの効果で……速過ぎて、シッポの軌道が見えねぇっ!!」


「そぉりゃっ!」





べちっ!!!





「〜〜〜〜っ!!」


「おっと、今のはクリティカルだったかのぅ? ……回復せんで良いのか?」


「(コイツ、マジで強ぇ……!)」


「楽しいのぅ、ハセヲ。
 主と遊ぶのは、とても心地の良いコトだのぅ……。
 まるで人生の伴侶との初夜、その想像に胸を時めかす生娘(きむすめ)のような夢見心地じゃ」


「ワケの分かんねーコト言ってんじゃねーぞ、ババア……!」


「理解(わか)らぬか? これはのう、ヒトに誕(う)まれた本能じゃ。
 サバンナで暮らすケダモノ達を思い起こしてみよ。
 繁殖期に1頭のメスとの交尾を巡って、オス同士がケンカをするなど日常茶飯事であろう?
 メスはただ、黙ってオス達の争いを傍観しておるだけと思うか?」


「(; 0w0)……」


「メスにものぅ、選ぶ権利があるのだよ。
 例え生き残った方のオスであっても、メスは交尾してやる義理などないからのぅ。
 もっと強く、自分に相応しいオスがおるのではないかと……自身にとって、最高の存在が現れるまで、
 自らもまた高嶺の花であり続けなければならぬという自負の下、生きておるのだよ」


「……俺の知ってるヤツに、そーゆー回りくどい話し方するグラサンが居たけどな。
 テメーの話もソイツと同じくらい、回りくどくて分かりにくいぜ……!」


「まあ……つまりは、だ。
 ワシと主は、こうして拳を交えながら……擬似的ながらも性交にも似た感覚を共有しておるとは思わぬか?
 単純な快楽などではない……もっと奈落の深淵へと通じる、底知れぬ感覚を通してのぅ」


「……!?」


「想いは力じゃ、ハセヲ。
 ワシは、ワシという存在をここまで主に曝け出してやっておるのだぞ?
 男子(おのこ)ならば……女子(おなご)に恥をかかせるでないわっ!」





べしっ、べしっ!!!





「てっ!? っう……!!」


「見せてみよっ! 
 ……アリーナ三階級制覇を成し遂げた、男子(おのこ)の力というのをっ!!」


「っ……うぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおっ!!!」






バリンッ!!!!






「っ……何も無いトコロから、腕じゃとっ!?」


「……スケィス!?」


■■■■―――――――――――――――――!!!!』


「何じゃ、この物の怪はっ!?
 ……そうか、竜賢宮のPKトーナメントの折り、月の樹の榊がハセヲの不正の証拠だと言うて
 観客に見せおった映像に、こんな三つ目の物の怪が映っておったな……こやつかっ!?」


「……見えるのか、スケィスがっ!?」


「見えるとも。
 金毛九尾の型を会得して以来、普段は見えぬモノも見えてしまう程に、感覚が鋭くなったからのぅ」


「(感覚肥大……!)」


「くっくっく……ハセヲや、主は本当に楽しませてくれるのぅ。
 どんな樞(カラクリ)かは知らぬが……コレが主の本気、というワケじゃな?」


「……まーな」


「よいぞ……嗚呼、よいぞ、よいぞ、よいぞ、よいぞ、よいぞっ!!
 ははははははっ、この至福っ! 主のような異形が、この世界におったコトが、こんなに嬉しいとはっ!!
 我ながらはしたのうてすまぬがのぅ、ハセヲっ! 
 今宵だけはっ! 嗚呼、今宵だけはっ! ハセヲ、主こそワシの生涯最初の伴侶と認めてやろうぞっ!!」


「んだと……!?」


「さぁっ! 好きなだけ、その醜悪な怪者(けもの)に存分ッ、ワシを嬲らせるがいいっ! 
 ワシはそれを許そう! 嗚呼、許すともっ!!
 花嫁を初夜に嬲るは、花婿の特権だからのぅ! じゃが、ワシとてタダでは嬲られてはやれぬのだ、あいすまぬなぁ!!
 タダでは孕んでやれぬのだよ、我が婿殿っ! ハセヲよ、我が純潔を奪いし、異形の夫よっ!!
 どうか、どうか、どうか、どうか、どうか、どうか、どうか――――この至高の疼きをココで止めてくれるなっ!!
 ワシを失望させるでないぞ、婿殿っ!!!!」


「(後光(オーラ)が……更に膨れ上がって……! AINA……いや、それ以上かっ!?)」


「はははは……愉快じゃ、愉快過ぎてッ!!」




ズズズズズズ……!!!!




「(; 0w0)……!」


「まだまだ強ぅなれそうな気がしてきたわい……。
 主を強く想うだけで、ワシはこんなにも強く在れる……礼を言うぞ、婿殿っ!!
 我が伴侶となるべき男子(おのこ)よ……!!! くくっ、この拳でっ、この牙でっ、この脚でっ、この尻尾でっ!!!
 ワシの全てで以って……主を愛してやろうぞ、我が異形の良人(おっと)―――――ハセヲよッ!!!!!」


「(やべーな……とんでもねぇ化け物を相手しようってのに……妙にワクワクして来やがった……!)」




【また見て ハック!!】

SSリストに戻る】【vol.006に戻る】【VS九尾の少女編へ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます