12回目を迎えた今回のどろんこ事業は、初めての場所でのチャレンジとしてYanasegawainkさんとの共同事業となりました。
      

 事業当日は天候にも恵まれ、参加した子ども達の笑い声を聞くことができたことを何よりも嬉しく思います。
      

 また、今回のテーマである『子どもも大人も楽しめる空間づくり』においては、多くの人と楽しい時間を共有することが出来ました。
 共催のYanasegawainkさんは、この地域を盛り上げていくという想いが非常に強い方々で青年部としても刺激を頂きました。今後、共同で行える事業、更には商売でのつながりを本事業、懇親会にて学ばせて頂けたことは貴重な財産となりました。
      

 志木ニュータウン町内会連合会の方々からも青年部がこの地域で事業を行うことが今までなかったため、お礼の言葉も頂きました。
 地域の方々が事業に参加することで、街への愛着が湧き、更に志木の街を好きになって頂くことで街への関心を持つ人が増え、街の発展に繋がることを本事業を通じ実感することが出来ました。
      

 前日準備からの多くの部員の皆様の協力が事業を成功に導いてくれたものと改めて感じました。ご協力頂いた部員の皆様に心より御礼申し上げます。

CLエンジョイ委員会  島田 昭

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

商工会青年部

個人たる商工会員、その後継者、親族又は従業員(法人の場合にはその役員、親族又は従業員)等である年齢満45歳以下の者により構成されております。

現在、全国で1,650部43,543名(平成27年4月1日現在)、志木市では約60名の部員が、
青年としての情熱と実行力を集結して地域商工業の振興発展及び社会一般の福祉の増進を目的とした活動を行っています。

Wiki内検索

管理人/副管理人のみ編集できます