グラディウス アルキメンデス編

グラディウスシリーズのソフトの中で、唯一市販品でないもの。
大塚食品のカップ麺「アルキメンデス」のタイアップ懸賞キャンペーンで4000本作られたFC用ソフト。

アルキメンデスとは?

  • 大塚食品が1985〜1987年頃発売していたカップ焼きそば。
  • 「お湯のいらないカップ麺」というのが売りであった。
  • 実際にはあんかけ焼きそばとか長崎皿うどんのように、袋に入った“あん”を麺にかけて食べるものだったらしい。
  • あまり美味しくなかったようで短命に終わった。
  • 名前の由来は「歩きながら食べられる」ことから。おそらく「アルキメデス」とも掛けているのだろう。TVCMはアン・ルイスさんが歩きながら食べている映像だったらしい。

FC版グラディウスとの相違点

  • パワーアップカプセルが「アルキメンデス」型。
  • 1周クリア後のメッセージが「アルキメンデスを食べて君もパワーアップだ!」になっている。(実際はローマ字表記)
  • 箱およびカセットの表面に「アルキメンデス編」と書かれた赤い三角形のシールが貼ってある。
  • 説明書と同サイズの、カプセルが「アルキメンデス」に変わっている旨の説明書きが入っている。紙の表面には当選番号が印字されている。
2006年02月20日(月) 15:03:14 Modified by kei_kof




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。