MSX

1983年に、マイクロソフトとアスキーによって提唱された、パソコンの共通規格の名前。また、そのパソコン本体。
(現在、規格の権利はMSXアソシエーションに委譲されている)
名前の由来はMicrosoftのMS+未知数の「x」とされている。
ソニーやパナソニック、ヤマハなど、たくさんのメーカーからMSXが発売された。

NECのPC-8801、富士通のFM-7、シャープのX1と並ぶ、当時ポピュラーだった8bitパソコンである。
しかしMSXは他と比べ、カートリッジソフトが使えること、TVに出力できて専用ディスプレイがいらないこと、ジョイスティックポートを備えていることなどにより、ファミコンやセガSGシリーズ&マークIIIと同じようなゲーム機としての利用に長けていた。ファミコン等と共通のタイトルやアーケードゲームの移植タイトルも多数発売されている。
コナミは、とくにMSXゲームに力を入れたメーカーであり、「グラディウス」シリーズはもちろん「メタルギア」「スナッチャー」など、人気タイトルを多数リリースし、MSX最盛期の立役者の一人であった。
2006年01月22日(日) 20:14:35 Modified by kei_kof




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。