2chエロパロ板のけいおん! 作品のまとめサイトです。


琴吹紬の暴走(唯×梓)





ゆいあずシリーズ EP6
※『ラブレターパニック!』の続き






こんにちは、琴吹紬です。
最近困ったことに貧血気味な私.....
でもね、そんなことはどうでもいいの。
あの子達のらぶいちゃを撮り続けることが私の生きがいだから.........。

この道を極めるまで私の戦いは終わらない....。
そして今日も私の戦いは続くのでした。






(今日はどんな素敵なことがあるかしら♪)


ガチャっ
放課後、私はいつものように軽やかな足取りで音楽室の扉を開く。


(はぅっ!)


すると目の前に広がっている光景に危うく意識が飛びそうになる。


「あ、やっほー、ムギちゃん♪」


「む、ムギ先輩、どうもです」



.....なぜなら.....



「あれぇ? ムギちゃん、どうしたの?」


「だ、大丈夫ですか? ムギ先輩....」


唯ちゃんのお膝に梓ちゃんの頭が乗っていたから.....
そう、俗に言うHI・ZA・MA・KU・RAってやつです。


「な、なにしてるのかしら?」


私はそんなことをいいながらも鞄からビデオカメラを取り出し、早速撮り始める。
その間なんと0.1秒!
私の修行の成果です......うふふ。

ちなみにビデオを回してても二人が何も言ってこないのは、ひとえに慣れというものです。
最初のころは見えるところで撮ってると梓ちゃんがいろいろ言ってきて大変だったんですが.....。
ホント....慣れってこわいですねぇ....うふふ。


「あ、え〜とね....この前のアレで、なんでも一つだけ言う事聞くって約束しててねー」


唯ちゃんが照れながら私の問いに答える。


「それでひざまくらしてくださいってお願いしたんですよ」


その答えに梓ちゃんがさらに追加する。


「そ、そうなんだぁ〜」


あの恋文騒動でそんな約束を......
あの時の私は、薄れ行く意識の中で必死にビデオを回すことしかできなかった。
まだまだ修行がたりませんね....私。


「ほ、ホントはもっとすごいの言われちゃうかと思ったんだけどね...えへへ」


唯ちゃんは真っ赤な顔でごもごもと小さな声で呟く。
そんな呟きを私は聞き逃さない。


(す、すごいの?.....い、いったい何かしら?)


私は唯ちゃんの言う「すごいの」というのを想像してみた。
ピンク色の妄想が私の脳内を駆け巡る.....。


(や、やばいです......鼻血でそう......)


鼻血が出そうになるのを何とか耐え、私は無言で撮り続ける。


ジーーーー


見れば見るほど仲のいい二人ね.........
二人が結ばれてからそろそろ一ヶ月くらいかしら?
付き合って一ヶ月でここまでやっちゃうなんて、なんて進んでるの!

※注意※
もっとすごい事してます。

私はさらに二人の様子を観察する。


「ほ〜ら、あずにゃ〜ん♪ なでなでぇ〜」


「...ふにゃぁ...♪」


唯ちゃんはこれでもかってくらい優しい表情で梓ちゃんの頭を撫でている。
梓ちゃんにいたっては、ネコみたいに丸くなって気持ちよさそうにゴロゴロしている。
ほ、本物のネコみたいね......こ、これでネコ耳があれば完璧だわ!


(うはwwww)


ま、まずいわね....これは....私耐えられるかしら。
そんなことを考えていると、唯ちゃんが何かに気付いたように私に話しかけてくる。


「あ、そうだぁ! ねえねえムギちゃん....」


「な、なにかしら....」


私はビデオを回しながら唯ちゃんの問いかけに答える。


「.......耳かきってもってないかなぁ?」


サッ!

「はいっ! これ使ってっ!」


私の行動は早かった.....。
自分でもビックリするくらい。
私は鞄から耳かきを取り出すと唯ちゃんに差し出した。


「あ、ありがとぉ....よ、よくもってたね?」


さすがの唯ちゃんも驚いている。
だめもとで聞いてきたのかもしれない。


「え、ええ....まぁ...」


こんなこともあろうかと常に持ち歩いていてよかったわ....。
そそそ、それに耳かきと言えば、ひざまくらで耳かきと言えば....あ、あのお約束のアレですよね?


「それじゃあ、あずにゃん♪ 耳掃除してあげるね〜?」


「え、ええぇ!? い、いいですよ...そんな....」


(キ、キマシタワーーーー!!)


駆け巡る脳内物質っ!
アドレナリンが放出されるぅーー!
ふぅ....今日の私は本当についている!
ま、まさかあの伝説のアレを間近で見られるとは.....。


「えへへ、いいじゃん♪ せっかくなんだしー♪」


「もう.....じゃあ特別...ですよ?」


特別とか言いながらちょっと嬉しそうな顔をしているのがまたGJ!


唯ちゃんは耳かきをゆっくりと梓ちゃんの耳に差し入れていく。


「...んっ.....」


一瞬ビクッとなった梓ちゃんだったけど、すぐに頬を上気させていく。


「おぉ〜、綺麗な耳だねぇあずにゃん♪」


コリコリ

「ン......ふ.......はぁ......」


唯ちゃんが耳かきを動かすたびに梓ちゃんは甘い吐息を漏らす。


(あ...........鼻血が........)


すでに私の鼻からは、たらりと血が流れ始めていた。


(くっ.......まだまだ.....)


コリコリコリコリ

「はぁ......ん........ふぅ....」


さらに唯ちゃんの猛攻は続く。
その攻撃で梓ちゃんの顔が妙に色っぽくなっていく。


(はぁ....はぁ....も、もしかして....か、感じてるのかしら?.......)


そして長くて短い耳掃除が終わり、耳かきをゆっくりと耳から取り出す唯ちゃん。
しかーーし、唯ちゃんの攻撃はまだ終わっていなかったっ!


「じゃあ最後の仕上げだよー」


すぽっ

「にゃっ!」


唯ちゃんは耳かきの反対側のポンポンを耳の中に入れくるくると回していく。


「ひゃぁ........んはぁ.....やぁぁ.....」


唯ちゃんの攻撃に梓ちゃんは甘い喘ぎ声を上げていた。
梓ちゃんは私がいる事なんて忘れてるんじゃないかしら....?
私が目の前にいるんですよ?.....もしもーし。
うーん.......二人の将来がちょっと心配ね......でもGJ!

そして梓ちゃんの耳からポンポンを取り出す.....が、しかし!
唯ちゃんのポンポン攻撃が終わったのもつかの間.....
唯ちゃんのラストアタックが残っていたぁーーー!!


唯ちゃんは優しく梓ちゃんの耳をつかむと.....ゆっくりと自分の顔を近づけ....

.....そして次の瞬間.....


「ふぅぅーーーーーーーーー」


と、梓ちゃんの耳の中へ息を吹き込む。


「にゃうんっ!?.......はぁ.....はぁ......」


梓ちゃんはビクンビクンと身体を痙攣させると、荒い息をしながらクテッとなってしまった。


(た、たまりませんわ.....)


私はどうやら天国に来てしまったようです。


「よ〜し、終わりだよ♪ じゃあ今度は反対側ね?」


「はぁ....はぁ.....はぃ.....」


ですが私.....油断していたんです。
まさか唯ちゃんがさらなる追加攻撃をしかけるとは、夢にも思いませんでした....。
上気した頬ではぁはぁ言っている梓ちゃんが顔を反対側に向けようとした次の瞬間.....


ちゅっ

と、梓ちゃんの唇にキスを落としたのです。


「えへへ〜、すきあり...だよ?」


「も、もうっ....唯先輩の....バカぁ」


完全に不意打ちでした。
こんな不意打ちに私が耐えられるはずもなく.....。
そう......それが私が意識を保っていられた最後の瞬間でした.......。


薄れ行く意識の中で私は思いました。


(.....は、反対側のも.....見たかった....)



ガクッ





おしまい







〜あとがき〜
最後まで読んでくださってありがとうございます。
うちのムギちゃんがどんどんダメな子になっていきます....orz

このページへのコメント

マジですいません、二回同じコメント送っちゃいました

0
Posted by とある学生の百合信者 2011年03月12日(土) 00:00:27 返信

間違ってたらすいません、
金たろうさんですよね?
たい焼きアイスもいつもニヤニヤしながら見さしてもらってますよ!
というか、ハアハアしながら。
あと、ムギにゆいあずの(ぴー)の光景を見せてあげたくて仕方がないです……。
耐久力を高めるんだ、ムギ!

0
Posted by とある学生の百合信者 2011年03月11日(金) 23:59:09 返信

間違ってたらすいません、
金たろうさんですよね?
たい焼きアイスもいつもニヤニヤしながら見さしてもらってますよ!
というか、ハアハアしながら。
あと、ムギにゆいあずの(ぴー)の光景を見せてあげたくて仕方がないです……。
耐久力を高めるんだ、ムギ!

0
Posted by とある学生の百合信者 2011年03月11日(金) 23:58:50 返信

あぁ、ムギがどんどん素晴らしく…!
天皇陛下万歳!
ムギ陛下!

0
Posted by 平民 2011年01月02日(日) 23:08:29 返信

誰よりなにより、あなたの書くムギちゃんが大好きです!(笑)

0
Posted by にゃあ 2010年11月25日(木) 10:49:08 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

どなたでも編集できます