KishiWiki - ロハス【ろはす】
LOHAS(ロハス、ローハス)とはLifestyles Of Health And Sustainability (健康と地球の持続可能性を志向するライフスタイル)の略。健康や環境問題に関心の高い人々のライフスタイルとされる。

1998年、アメリカの社会学者ポール・レイと心理学者のシェリー・アンダーソンが、15年にもわたる調査により、カルチュアル・クリエイティブズ(en:Cultural Creatives)と呼ばれる環境や健康への意識が高い人々の存在を確認したことを元に、レイと起業家のジルカ・リサビ(後のGAIAM創立者)が協力して開発したマーケティングコンセプトが "LOHAS" である。アメリカでは毎年LOHAS市場を拡大するためのLOHAS会議が開催されている。
アメリカでの「LOHAS」はあくまでマーケティング用語であって、一般消費者には殆ど使われていない。アメリカ国民による「LOHAS」という「言葉」の利用状況を、検索サービスから分析すれば明白である。「LOHAS」という「言葉」は、アジア(日本、韓国、台湾)から発信されていると言える。

2000年9月に日経新聞が関連記事を掲載。その後、月刊誌『ソトコト』が2004年4月号でロハス特集を組むなど、マスメディアが注目したことでロハスが広まっていった。 2005年より、イースクエアがNMIと同様の調査を日本でも行っている。2005年の調査によると、日本の成人の29%がLOHAS層だという(他、NOMADICS:27%、CENTRISTS:28%、INDIFFERENTS:16%)。
日本では、「健康と環境を志向するライフスタイル」と意訳され、スローライフやエコに続いて広まった。