hack のためのネタ帳, etc,,,

Mozilla Calendar Project による Thunderbird 用のカレンダーアドオン
Sunbird が廃棄されたらしいので、Mozilla 製のスケジュール管理ツールとしてはこれがメインらしい。

公式ページ等

Tips

とりあえず、使い始める前にまず「オプション」を開き「Lightning」の設定から「タイムゾーン」のタブでタイムゾーンを設定した後、一旦 Thunderbird を再起動する。
タイムゾーン未設定(calendar.timezone.local=floating)の状態で運用すると、いろいろと困ったことが生じるので、絶対にこの設定はやっておく必要がある。

詳細は以下を展開。

2012-05-11: Lightning 1.4: タイムゾーン未設定時の問題点とその原因についての考察。

別途 Provider for Google Calendar ってアドオンを導入しても良いらしいが、標準状態でも CalDAV で操作が可能。
手順としては以下のようにすれば良いようだ。
  1. 「新しいカレンダー」を作成する。
  2. カレンダーの保存場所は「ネットワークのサーバに保存する」を選択し「次へ」。
  3. フォーマットは「CalDAV」を選択し、場所には「https://www.google.com/calendar/dav/[Google カレンダー ID]/events」を与える。オフラインでも使うなら「キャッシュ」にチェックを入れて「次へ」。
  4. 名前、色、アラーム通知、メールは適当に設定して「次へ」。「完了」で終了。
  5. 認証用のダイアログが出てくるので、Google のアカウント(@ を含む完全なメールアドレス)とパスワードを入力する。
上記手順 3. で必要となる「Google カレンダー ID」は Google Calenar にログインして、各カレンダーから「カレンダー設定」を開くと「カレンダーのアドレス」の欄にある「カレンダー ID」を参照。URL 内では念のため記号を以下のように表記する方が良い。
記号URL 内の表記
#%23
@%40

注意点としては、上記のタイムゾーンの設定を忘れずにやっておくこと。
参考:

不具合

自分に書き込み権限のない Google Calendar の予定を CalDAV で参照した場合に、〇分前の通知を「停止」しようとすると書き込みエラーになる。これは、設定上は書き込み可としているわけだから、まぁ仕方ない。ところが「カレンダーの編集」で「読み込み専用」にチェックを入れている場合でもなぜか書き込もうとしてしまうらしく、書き込みエラーを吐いてしまう。
Google Calendar の予定を iCalendar(ICS) で参照した場合、マウスオーバーによるバルーンヘルプで詳細を確認する場合はローカルタイムで表示されるが、ダブルクリック等で詳細を表示した場合、日時が UTC で表示されてしまう。

これは Google Calendar の ICAL 出力の仕方に問題があるように思う。
Goocle Calendar の ICAL 出力では X-WR-TIMEZONE フィールドが1つだけ存在しているようなのだが、これには例えば Asia/Tokyo のような値が埋め込まれている。ところが、個々の予定における DTSTART, DTEND, DTSTAMP フィールドには例えば 20120406T040000Z のような、タイムゾーン指定された形式の日時情報が UTC で埋め込まれている。Lightning は、わざわざ UTC が指定されている日時情報を、きちんと UTC で表示してくれているわけだから、処理としては至極真っ当なことをしてくれているだけである。
CalDAV 経由で Google Calendar を利用している場合、Lightning から iCalendar を出力してみると、少なくとも CalDAV でアクセスしている限りにおいては Google Calendar でもタイムゾーン付きの日時は、そのまま保存されていることが分かるので、これはやはり Google が悪い。

とは言え、これは若干使い勝手がよろしくないので、若干冗長にはなるが、タイムゾーン付きの日時は、タイムゾーン付きの日時そのものと Lightning 側に設定されたタイムゾーンに変換した日時を両方表示してくれれば、使い勝手が向上するのではないかとと思う。
Windows 7 Ultimate 上で Thunderbird 24.0.1 に update がかかって Lightning 2.6 が入ったんだが、登録してある Google Calendar に黄色の△に!のアイコンが出て、同期できなくなった。
マウスオーバーすると、「カレンダー〜は一時的に利用できません」とバルーンヘルプが出る。
一旦、Lightning への登録を削除して作り直しても改善しない。
他にも同じ症状になっている人がいる模様。 Ubuntu 12.04 LTS で Thunderbird 17.0.1 + Lightning 1.9.1 の組み合わせだと問題なく動いている。
ちょっと勘弁してください。

2013-12-13:
Thunderbird 24.2.0 + Lightning 2.6.4 に upgrade したら改善した。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

フリーエリア

編集にはIDが必要です