hack のためのネタ帳, etc,,,

# 生成
curl -u 'username' -d '{"scopes":["repo"],"note":"Help example"}'  https://api.github.com/authorizations
# 一覧
curl -u 'username' https://api.github.com/authorizations
# 削除
curl -u 'username' -X DELETE https://api.github.com/authorizations/XXXXXXX
削除に与えている url の XXXXXXX の部分は token id (7桁の数値?)を与える。

生成済みの token は の Authorized applications の Revoke ボタンからも削除出来た。
token 自体を web 上から確認する方法は分からなかったが、token id は上記 Revoke ボタンの url でも確認出来た。

参考:

Identicon

プロフィールの初期アイコンに使われているやつ

関連

タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

フリーエリア

編集にはIDが必要です