PIB - MSI H97 GAMING 3
ASRock H87 Pro4 がお逝きになられたので代替品として調達

公式ページ等

雑感

まず第一印象は箱がずしりと重い。
ASRock H87 Pro4 が ATX のねじ穴左2つしか使ってないのに対して、これは3つ使っていて、ちょっと大柄。
基板の見た目はマット処理してあってなんとなく高級感が漂う。
VGA 関連のポートにはキャップもついていた。
キャップは外しておかないとバックパネルがハマらないので注意。
気が付かず作業したせいで、キャップとバックパネル痛めて勿体なかった orz
付属品は SATA3 のケーブルが 2 本付属の他は、ノベルティグッズ的なアイテム(ドアノブにかけるメッセージカードとか、エンブレムとか、、ケーブルタグとか)。

起動時の EFI 通過は ASRock H87 Pro4 と比べると若干遅目。
Ubuntu 14.04.2 LTS は途中2か所引っかかって時間を浪費するが、一応立ち上がる。

GAMING と銘打ってあったので消費電力高目かと思ったら Ubuntu のデスクトップが idle 状態で 24 W 前後なので ASRock H87 Pro4 との違いは誤差の範囲じゃないかと思う。

DIYPC201306 の M/B 交換なのだが、
Scythe 楽々カーボンシート SCY-RK2CS05 (CPUクーラー用)
を使っていたので、そのまま再利用出来た。
念のため EFI で CPU の温度確認してみたら 42 ℃ 程度で安定(グラフ表示されてて驚いた)。
これはいいやと、先程 Amazon 確認してみたら、販売終息している模様。
地味に優秀アイテムなのに、残念。
EFI のロゴ画面が表示されるまでの間、右下に16進コードが順々に表示されるのだが、9c って表記で固まってしまう。
どうも、USB ポートに接続している機器が問題らしい。
PS2 ポートの傍にある USB ポートから USB-SATA アダプタ抜いたらロゴまでたどり着けた。

参考:

関連