Linuxのファイルシステムを詳解します

FrontPage

befsとは

Be社(1990年創業)で開発されたBeOS上のファイルシステム。~
BeOSはメディアOSのためのOSです。~
BeOSの特徴はマイクロカーネル採用している点です。~
~
Linuxでは読み取り専用。~
まだα版であり、テストも十分ではありませんっ。~

原作者: 加藤 誠< m_kato@ga2.so-net.ne.jp >~
< http://hp.vector.co.jp/authors/VA008030/bfs/ >~
http://befs-driver.sourceforge.net/~
だれか誠のために、より現在のEメールアドレスを知っていますか?~
彼は上に与えられたアドレスに応じません…~
by Sergey S.Kostyliov< rathamahata@php4.ru >~

~

befsの使い方詳解

※カーネル2.6での説明です。~

kernel config
CONFIG_BEFS_FS=m

マウント方法

mount -t befs /dev/fd0 /beos

bfs諸元の詳解

最大ファイルシステムサイズ
最大ファイルサイズ
最大ファイル数
ディレクトリ最大作成数
ファイルの作成
ファイルへの書き込み
ファイルからの読み込み
ファイルの削除
ディレクトリの作成
ディレクトリからの読み込み
ディレクトリの削除
シンボリックリンク
スペシャルファイル
クォータ
NFSエクスポート
sparse file
マウント
アンマウント
非同期I/O
キャッシュ
SELinux

linux2.6.16-rc5/Documentation/filesystems/befs.txt~

befs性能の詳解

befsI/O動作の詳解

befsの各種登録関数一覧

システムコールの関数呼び出し関係
super_operations
alloc_inode
destroy_inode
read_inode
dirty_inode
write_inode
put_inode
drop_inode
delete_inode
put_super
write_super
sync_fs
write_super_lockfs
unlockfs
statfs
remount_fs
clear_inode
umount_begin
show_options
quota_read
quota_write
file_operations
llseek
read
aio_read
write
aio_write
readdir
poll
ioctl
unlocked_ioctl
compat_ioctl
mmap
open
flush
release
fsync
aio_fsync
fasync
lock
readv
writev
sendfile
sendpage
get_unmapped_area
check_flags
dir_notify
flock
inode_operations
create
lookup
link
unlink
symlink
mkdir
rmdir
mknod
rename
readlink
follow_link
put_link
truncate
permission
setattr
getattr
setxattr
getxattr
listxattr
removexattr
address_space_operations
writepage
readpage
sync_page
writepages
set_page_dirty
prepare_write
commit_write
bmap
invalidatepage
releasepage
direct_IO

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

関連ソフト/文書

Firefox3 Meter  Use OpenOffice.org

管理人/副管理人のみ編集できます