Linuxのファイルシステムを詳解します

FrontPage

hfsとは

Linux版マッキントッシュHFSファイルシステムです。~
HFSはMac Plusと全ての後のマッキントッシュモデルにより用い~
られるファイルシステムです。以前のマッキントッシュモデルは~
MFS(「マッキントッシュFileシステム』)を使いました。~
(MacOS 8.1のMFSはHFSと類似している。これをHFS+と呼んでいる)。~
Linuxからそのようなファイルシステムにアクセスするために、~
hfsplusファイルシステムドライバーを利用してください。~
HFSはUNIXファイルシステムではありません。
あなたが期待するだろう普通の特徴がありません。
主にフロッピーディスクでの実績がある。

ファイルの扱いはUNIXのinode管理と非常に似ている構造であり、~
カタログレコードと呼ばれるB*-Tree構造(reiserfsと同じ管理構造)~
で管理されてます。~

ライセンス : GPL~
ホームページ: http://www.mars.org/home/rob/proj/hfs/ ~
作者 : Paul H. Hargrovea (hargrove@sccm.Stanford.EDU) ~
       Roman Zippel (roman@ardistech.com) ~


~

hfsの使い方詳解

※カーネル2.6での説明です。~
kernel config~

マウント方法

hfs諸元の詳解

最大ファイルシステムサイズ
最大ファイルサイズ
最大ファイル数
ディレクトリ最大作成数
ファイルの作成
ファイルへの書き込み
ファイルからの読み込み
ファイルの削除
ディレクトリの作成
ディレクトリからの読み込み
ディレクトリの削除
シンボリックリンク
スペシャルファイル
クォータ
NFSエクスポート
sparse file
マウント
アンマウント
非同期I/O
キャッシュ
SELinux

linux2.6.16-rc5/Documentation/filesystems/hfs.txt~

hfs性能の詳解

hfsI/O動作の詳解

hfsの各種登録関数一覧

システムコールの関数呼び出し関係
super_operations
alloc_inode
destroy_inode
read_inode
dirty_inode
write_inode
put_inode
drop_inode
delete_inode
put_super
write_super
sync_fs
write_super_lockfs
unlockfs
statfs
remount_fs
clear_inode
umount_begin
show_options
quota_read
quota_write
file_operations
llseek
read
aio_read
write
aio_write
readdir
poll
ioctl
unlocked_ioctl
compat_ioctl
mmap
open
flush
release
fsync
aio_fsync
fasync
lock
readv
writev
sendfile
sendpage
get_unmapped_area
check_flags
dir_notify
flock
inode_operations
create
lookup
link
unlink
symlink
mkdir
rmdir
mknod
rename
readlink
follow_link
put_link
truncate
permission
setattr
getattr
setxattr
getxattr
listxattr
removexattr
address_space_operations
writepage
readpage
sync_page
writepages
set_page_dirty
prepare_write
commit_write
bmap
invalidatepage
releasepage
direct_IO

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

関連ソフト/文書

Firefox3 Meter  Use OpenOffice.org

管理人/副管理人のみ編集できます