みんなが自由に練習できるウィキです。

肇ちゃんかわいい


康 城 / 木 原 進


高等学校二年なるまで

五十分距離を歩いて行き

それの合わせるのに母は

早朝五時に毎日起きなさった


釜の火を火種で起こして

昨夜洗った水に漬けた麦を

節約するつもりで薩摩芋を

一口サイズに切り入れていた


手のひら位の庭の畑に

紫蘇青唐辛子大根白菜

植え野菜は殆ど自家生産

たんぱく質だけ買っていらした


電話は隣の旅館に

頭下げ頼みこんで使用

通話後使用料払い他の

急な用件は電報で行ってた


家にて楽しい時間は

ラジオから流れ聞こえる

いろんな音楽と多くの歌で

瞳孔の別世界を夢見ていた。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

フリーエリア

どなたでも編集できます