いつか降る雪

891 名前:名無しさん@初回限定 [] 投稿日:2006/02/22(水) 19:52:02 ID:3dt5elasO
いつか降る雪
簡単に説明すると…余命少ない医者(主人公)が5人の子供の最後を看取る話
5人の子供は癌・白血病・脳障害etcだが治療と称したセクースで全員と肉体関係を持ってしまう
主人公は余命少ないのに1日3回以上セクースする超人だが最後は必ず死亡…
登場する女キャラもgood&badend共にほぼ死亡という悪魔の様な話デス

279 名前:いつか降る雪 [sage] 投稿日:2006/03/13(月) 14:27:13 ID:wBwWZYrl0
人物その他は公式サイト参照。

基本的に一本道で一周で回想がほとんど埋まる。
ピュアエンドで生存、カオスエンドで死亡。

導入
ゲームは主人公が田舎の駅にやってきたところから始まる。
そこに無精ひげに白衣の高坂と名乗る男が現れ、蘇我博士の助手だと説明される。
連れてこられた場所は一面に赤い花の咲き乱れる庭園が目を引く白亜の館。
そこで主人公は不治の病にかかった5人の少女に出会う。

ネタバレ
主人公:病気のため余命わずか。
ちさと:蘇我博士の娘であるが、死んだ妻の脳を移植するために利用されている。
まこと:白血病
双子:ちさとと蘇我博士の子供。血液などを提供するために創られた。

蘇我博士は高坂とともに地下にこもり、一度も姿を見せない。
歓迎会や庭園内でのピクニックを通して未来とも仲良くなり、全員と関係を持つ。

281 名前:いつか降る雪 [sage] 投稿日:2006/03/13(月) 14:45:30 ID:wBwWZYrl0
数日後蘇我博士にはじめて会う主人公、いたずらがばれており杖で殴られる。
実は監視カメラですべて見られていた事を知る。

未来の吐血、ついでちさとの記憶障害がひどくなるがもう手遅れだからと高坂は取り合わない。
Hで心のケアを図るしかなかった。

主人公を好きになったちさとは検査を拒否し館内に隠れる。蘇我博士から検査しなければ
一週間で死ぬと予告されるが、ちさとはそれを受け入れる。ところがまことが拉致され、隔離室に閉じ込められてしまう。高坂が何とか助けようとするが時間が過ぎるだけだった。

数日後突然炎上する白亜館。全てをあきらめた蘇我博士が自ら火を放ったのだった。
主人公は一人の少女の所に向かい、助けようとする。生存or死亡は好感度。

個別エピローグでは全員生存。ちさとのみ例外で一緒に脱出できない。
2008年02月27日(水) 20:37:50 Modified by ID:ZndDGRMZsg




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。