廃船クイーンマリー号

ハンスリーム東の岩礁地帯に、船首を岩に乗り上げた姿のまま放置されている古い大型船がある。
この船は「クイーンマリー号」と呼ばれ、ちょっとした観光名所でもある。しかし船の中は悪霊の巣であるとされており、近づく者はいない。命知らずの冒険者以外は。


歩きにくい岩場を、慎重に進んでいく。
不意に、頭上から何が聞こえたような気がして見上げる。太陽の手前に何か黒い点のようなものが見え、その姿はぐんぐんと視界の中で大きくなっていく。
巨大な海鳥が、翼を広げて急降下してくるところだった!!


海鳥を叩き落として、呼吸を整える。
と、足元に鳥の巣があることに気付いた。
中には数個の卵がある。もしかしたら卵を守ろうとしたのだろうか。悪いことをしてしまった……。


近くで見るクイーンマリー号は、遠くから見ていたよりもずいぶんと大きく感じる。
傾いた甲板をよじ登り、船室に入ってみることにした。
中はカビ臭く、寒く、そして、真っ暗だ……。
明かりも持たずに中を探索するのは無謀だろう。とりあえず引き返すことにした。


4Gp手に入れた。
8Exp手に入れた。
海鳥の卵を手に入れた!
2005年08月27日(土) 09:16:44 Modified by lunatic_dog




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。