用語解説について

Glossary of How Basic Terms are Used In This Book

For those readers who are not familiar with these basic terms let us introduce you to the definitions under which this book uses them. Alter-Our usage is trying to follow the programmers usage of this word. A dissociated part of the mind which has a seperate identity and is given cue codes by the mind-control programmers to trigger that dissociated part of the mind to come to the front of the mind. The alter’s identity may be a gem, rock, a tape recorder, a poodle, a white kitten, a dove, a horse, or even think of itself as a person or a demon. It all depends on its programming. An alter is different from an alter fragment in that the alter fragment is a dissociated part of the mind which serves only a single purpose. The programmers will give an alter a history, and insure that shadow alters will provide a full range of accessible emotions. Sometimes the distinctions between alters and alter fragments is vague, but examples from the two ends of the spectrum are easy to tell apart. We use the word alter in this book to conform to what the programmers’ charts are encoding as alters. A typical main Mengele-created grid would be a grid of 13x13 principal A-coded alters, which is 169 principle alter personalities. In Illuminati systems, ceremonial "alters will consist of 3 alters placed on a spinning pedistal together into triad goddesses or gods. That means that an A-coded alter on some levels is actually 3 alters spinning together, which must be locked in place to communicate with, and then rotated to communicate to the other two.

【ベータ】ギリシャ語アルファべットで二番目に当たるこの文字は、プログラマにより作り出される性的な形態や人格を表す。こうしたプログラミングには、人間の脳の原始的な部分も含まれる。早期における性的虐待が、こうしたプログラムのためのアンカリングに用いられる。これら性的な奴隷たちの性的能力の開花は、一般に可能と考えられている時期よりも、はるか以前のものである。また、これらの奴隷たちは、多くの人が想像するものよりも、はるかに過酷な虐待を受けるのである。ベータ型は、通常、自身を猫と見ることが一般的である。

【評議会(イルミナティ)】イルミナティは数多くのミーティングをこなすが、そのうちの幾つかは、実際は綿密に計画されているにもかかわらず、指導者不在だったり、あたかも偶然に立ち上がったかのように仕組まれることがある。例えば、そうしたイルミナティ組織の一つのMJ-12(マジェスティック・トゥエルブ) nの場合は、以下のような名で呼ばれていたことがある:「グループ(the Group)」、「特別研究会(the Special Study Group)」、「賢人会議(the Wise Men)」、「計画調整委員会(the Operations Coordinating Board (OCB))」、「5412委員会(5412 Committee)」、「303人委員会(303 Committee)」、「40人委員会(40 Committee)」、「PI-40委員会(PI-40 Committee)」、そして、「政策立案研究会(Policy Planning Group (PCG))」などである。公の政策を協議したり、儀式を執り行う団体のうち幾つかは、一定以上の地位にあるイルミナティであれば、容易に察しがつく名が付けられている:「3人評議会(The Council of 3)」、「5人評議会(Council of 5)」、「7人評議会(Council of 7)」、「9人評議会(Council of 9)」、「グランド・ドルイド評議会(The Grand Druid Council)」、「300人委員会(The Committee of 300)」、「500人委員会(Committee of 500、別名『フォーチュン500』とも呼ばれている)」などである。これらの会議のうち、多くのものは秘密会議であり、公式の名前は持たない。「グランド・ドルイド評議会」は創作上の存在ではなく、私どもがそのメンバー構成を調査中である、実際に存在する公的会合である。この世界をコントロールするための決議を取り決める集団は、共にネットワーク化されている。それぞれの決議には、独自の決定元とルートが存在する。

【デルタ】微積分などで変化を表すこのギリシャ文字は、オカルト・エリート達が好んで命名に利用する文字である。デルタ・チームとは、4名で構成される秘密暗殺チームである。デルタ・フォースとは、統合参謀本部の指揮下にあるエリート部隊であり、完全にマインド・コントロールされた奴隷達により構成されている。デルタ型とは、暗殺をその唯一の目的とする奴隷達のことである。デルタ型人格とは、イルミナティ人格システム内において、暗殺者となるべくプログラムを受けた人格である。これらは多くの場合、人格システム内の奥深くにあり、魔人のランプ(Genie Bottle)・プログラムや、アンブレラ(傘)・プログラム内に存在する。

【救済聖職者】(注意:この本の目的とは、マインドコントロールがいかにして行われるかへの説明である。(マインド・コントロール被害者への)具体的な問題解決方法を提供するものではない。)
この著書の中で、救済聖職者という語は、神への信仰を通じ、悪魔的な活動からその被害者を救済する行為を行うことが可能な、いかなる種類の人物をも含意するものとする。こうした人物は、生命との調和と神(Yahweh)への信仰からの自然な派生である。しかし、これらと、伝統的カトリック教会におけるエクソシズムや、呪文やまじないを特定の方法で用いる魔術の一種などとを混同するべきではない。

「救済」という語は、神聖な意を受けた信仰という意味を内包し、エクソシズムとは儀式を伴うものである。救済聖職者は、許しを得ることについてや宣誓の放棄、また、キリストの血をどのようにして人生に役立てるか、などを教える立場にある。こうした方法により、(被害を受けた)人物は、ペテン的な呪文や儀式からの効果ではなく、聖書の霊的な原理により救済されるのである。この本は、あらゆる種類の霊的戦い方について、総括的な保証を与えるものでは決してない。あえて付け加えるとすれば、この本は、こうした聖職者がマインド・コントロールというものに関してより学習し、全知全能なる神と共に成長し、より強くなることを目的ともしている。

【イルミナティ】
Illuminati--The Illuminati are 13 elite bloodlines which have maneuvered themselves into control over this planet. They lead double lives, one for society and a hidden one which is based on a gnostic luciferian philosophy which consists of lots of blood rituals.

Monarch Programming--This was a specific Project carried out by secret elements of the U.S. government and intelligence groups. There were, according to someone a few years ago who had access to the computer(s) which contains all the names of active monitored human slaves, 40,000 actively monitored Monarch slaves. However, this book uses the term generically to include all victims who have suffered this type of trauma-based mind-control. In the same way, that a brand name like "Hyster" is used to describe all lifts--when we use the term we use it in its broadest sense. This is the only way it can be used and technically correct, because as of this date, the authors have not seen who is on the active Monarch Program list of slaves.

System-- This term is used in several ways. It is frequently used to refer to a victim of total mind control because the victim consists of alters, programming, implant(s), internal computers, and numerous dissociative states which function together as a system. The word is also used in this book to refer to the body’s functional physiological units, such as the respiratory system. The word is also infrequently used to denote the established social-economic-political system controlling the world, also known insiders as the Network. Other standard meaning may also occasionally be used for the word. Multiple Personality/Multiple personalities or MPD Dissociative Identity Disorder or DID is the situation where different dissociative parts of a single brain view themselves as separate persons. The DSM-IIIR definition of MPD is the guideline for determining MPD for this book.

New World Order-- The New World Order is the global design for a One-World-Government One-World-Dictator and its constituents. Insiders call themselves the "network" and "the neighborhood".

Satanic Ritual Abuse (SRA)--This is used to represent all categories of ritual abuse which would be inspired by the desire to rob, kill, or destroy something worthwhile in a person, especially their freedom of thought. Many groups carrying out SRA do not mention Satan by that name. They may make Pacts to Baphomet, and call upon Rex Mundi, or Belair, or Lucifer, or the Father of Light, God, or Kali or even "Jesus" or "Jesus Christ" (there are demons which call themselves "Jesus", who are not to be confused with Yeshua or Yehoshua ben Joseph who is known as Jesus Christ of Nazareth.) SRA is not a value judgement by the authors against some group, the victims themselves on some level know that he or she is being abused.

Switching--This is when one part (fragment) of the mind takes over from another, or in simple terms, this is when one alter personality (or alter fragment) takes the body from the alter which is holding the body. Switching can occur via the Programmers’ codes for calling up alters, or by external or internal stimuli that trigger an alter to come out. Switching will usually cause at least a flicker of the eyes, and for outside observers, who know the different personalities, they will observe another personality take the body.
2006年03月30日(木) 13:38:39 Modified by lymnwqpa0




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。